無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

グルメ・クッキング

2014年10月13日 (月)

あたふた釣行 料理編

2014/10/12 昨日、そして今日と風が強く、ウネリが出ている伊豆多賀です。

昨日も海が悪いので長浜に来ていたゴムボ出られなかったのでしょう。11時近くになって待ちきれなくなったのか、3艘同時に出てきましたが、25m水深のところで釣り始めたようです。本来ならボートが溜まる場所ではないので、出たものの、それ以上行けなかったのでしょう。

カヤック、ゴムボ、手漕ぎ、なんでも無理は禁物、安全第一ですね。

Dsc_5428

こうやって、写真を撮っている時、大型の鳥が湾上を旋回しているのをよく見かけます。
ここの住人ですね。(住鳥?)
精悍そうな鳥なので鷹だとばかり思っていましたが、バチ型の尾からするとトンビのようです。
伊豆多賀には、カラスも住んでいます。トンビの方が大きいのですが、そのカラスによくいじめられています。(笑)

Dsc_1560

まずは鯖、うまく皮が剥けたものは炙りシメ鯖、うまく剥けなかったものは単なるシメ鯖となりました。家内の評価は炙りシメ鯖の勝ち。(笑)

この皮剥ぎ、なかなかうまくできません。なにかコツがあるのでしょうか?

Dsc_1585

真鯛の刺身、自己暗示にかかっているのもあるのか、真鯛の味は格別です。

Dsc_1588

皮と小葱のポン酢和え、刺身作ったら作らにゃ損です。
ただ、メダイの食感のほうが良かったですね。

Dsc_1618

小さな真鯛の頭でお吸い物です。
潮汁もしたかったのてすが、メダイでやったので吸い物になりました。
三つ葉が欲しかったなぁ・・・。(笑)

Dsc_1621

刺身作れば、漬けも絶対ですね。
品のいい漬けになりました。

Dsc_1647

当然のごとく、真鯛のアラの煮付け、身をほじくり出すのが楽しみです。

Dsc_1648_2

アクアパッツアに続き、家の定番、五目あんかけです。

今回は以前、のりべんさんに頂いた、キクラゲの投入です。
この干しキクラゲ、戻し方を知らなかったのでインターネットで検索。
どうやら水の入った鉢に入れて電子レンジで1分間チンで良さそうです。
分量を多めに戻したら、キクラゲ主役の五目あんかけになりました。(笑)
しかしキクラゲの食感もいいですね。

肝心の真鯛の味はソフトであんかけの味に染まり、何とも言えない美味しさでした。

この五目あんかけ、面倒だと思われる方は市販の五目あんかけのレトルトで済ませると簡単。レトルトを湯で温めてかければ簡単です。

Dsc_1644

3日間かけて、アラ以外、完食です。
ごちそうさまでした。

2014年10月 7日 (火)

新たな釣種を求めて(料理編)

2014/10/5 さて、釣ってきた魚を如何に食すかですが、ブログを書かれている方たちには名だたる名人がおられるので、まぁ、こんなものかいといった感じで見てください。

魚は3種類、メダイ、オオアジ、サバと釣りましたが、サバは今回サバタン用の皮となり、身は家内の料理でそぼろ煮となりました。
これが結構いけるのです。ご飯食いのところがある私は、こういうご飯に乗せるものは大好きです。サバタン取るのが目的か、そぼろ取るのが目的か、正直言ってそぼろかもしれません。(笑)

そうすると、次はオオアジとなります。定番の刺身ですが、今回のオオアジは外洋性のノドグロアジですので、見た目は大きくていいのですが、キアジと比べると少し味が落ちると思われます。

そこで、自家製パプリカのスライス等とオリーブオイルやドレッシングでカルパッチョとなりました。

Dsc_1412

もちろん、刺身も作りましたが、そこそこ美味い。(笑)
で、この中から、味醂やごま油、ゴマ、醤油で作ったタレに漬ける漬けを作りました。
3食も漬けが出ることになりましたが、全然飽きません。
後は定番ナメロウですか、これも美味しいですね。

Dsc_1414_2

メダイのアラ煮です。写真には載っていませんが、頭の部分は食べがいがあります。

Dsc_1410

メダイのアクアパッツア。
またかい、と思われるほど良くやっています。(笑)
とにかく家内に大好評なのです。今回は卵を持ったヤリイカのボイルがスーパーで手に入ったので入れました。
メダイの三枚おろしの半身が入っています。あまりにも大きいため、写真の10インチのダッジオーブンで調理するのですが、身をオリーブオイルで炒める時、大き過ぎて底だけに入りきらず、ダッジオーブンの側面にもオリーブオイルを塗り、半身をコの字型に焼いてます。調理が終わる頃、身が縮んで底いっぱいになりました。(笑)

自家製バジルの香り、トマトの酸味、ニンニクのスライスの香り、アサリから出るスープとオリーブオイルと白ワインが混ざり、メダイの素直な味に絡み、美味しい出来となりました。

とても二人で食べきれませんが、残った具材とスープでパスタを作ると美味しいシーフードパスタの完成。二度美味しさが味わえます。

Dsc_1425

後の半身は昆布締めです。
写真は半身の半身、一度に食べきれません。
昆布のねっとりした味がメダイの素直な肉に絡み、これは美味い!!

前にも書きましたが、ご飯食いの私、昆布締めに使った昆布はもったいないので、酢、味醂、醤油、砂糖、日本酒で佃煮にしました。熱々のご飯に四角い昆布を載せて食す、これではまたデブになっちまう・・・。(笑)

Dsc_1434_3

昆布締めの前に剥いた皮ですが、メダイのこの部分は捨てられません。
サッと沸騰したお湯に入れて、湯を切った後、細く切り、ネギとポン酢であえます。食べるまでに冷蔵庫に入れていたのですが、皮下のゼラチン部分が固まり、ブルンとした食感と皮のコリッでもないな、なんて感覚だろう、とにかく美味いのです。お酒があったらどんどん進んじゃう一品になりました。

Dsc_1428

昆布締め作る時の半身で出たアラ、これを一旦沸騰したお湯で臭い消しをして生臭さをとり、潮汁にしてみました。吸い物とはまた違った、繊細な味を味わうことができます。
三つ葉があればそれも良かったのだけど、ネギを落してみました。
ネギの香りとほんのりの塩味がいいバランスになった一品でした。

Dsc_1436_2

初めて釣る魚、準備で楽しく、釣ってなお楽しい。
そして料理して、またまた楽しい、いい釣りができました。

さて、次はどんな釣りでしょう?

お楽しみに・・・・。

2013年12月29日 (日)

コショウダイ、食べてみた

2013/12/28 家内のお供で伊東のショッピングプラザ デュオへ。
ここには鮮魚の専門店が2件入っているので楽しみです。

Duo01

そして今回見つけたのはコショウダイ。
40cm位でしょうか、2人で食べるには大き過ぎる魚ですが、880円と大きさにしては手ごろな値段なので買ってみることにしました。
熱海で買ったゴソ(ゴソ、ゴソ、ゴソ)以来の店であまり見かけない魚です。

Imgp73490001

図鑑で調べたところ、どうやらイサキの仲間です。
背中と尾びれにコショウを振りかけたような黒点が名前の由来かな?
市場価格は高く、高級料亭では懐石などに使われると書いてありましたが、昔は雑魚として扱われていたようです。

しかし、その割には安かったなぁ・・・。

鱗は固い、なかなか剥がれない、台所に鱗が飛び散ります。
家内に見つからないよう、こっそり片付けです。(笑)
そしてオニカサゴのような棘、これは気を付けないと、捌く時、刺さりそうです。

Imgp73520001

背中もこのとおり、捌く時の感触は、身がかなり固いこと、皮はがっちりくっついているタイプで、剥がすのに苦心します。皮下に脂があるので、皮つきのままの刺身が美味いかも。

Imgp73530001

で、出来たのがお刺身です。相変わらず、あんましいい出来栄えではありません。(笑)

食べてみた感じでは、癖がなく脂のりのりです。固い身なのですが、噛んでると脂が溶けて次第に旨味が出てくる感じ。家内の一言「美味しい!!」がコショウダイの評価になると思います。わさび醤油でいただいたのですが、ポン酢でも合う感じがします。

刺身の時に出た皮ですが、普通なら塩をふりかけ炙って酒の肴にすることもあるのですが、今回はアマダイで娘が作ったニンニクスライスをオリーブオイルで炒めて香りづけしたところで焼いてみました。(今回は鱗ないよ(笑))ほんの少し磯っぽい香りがわかるかどうかの癖はあるものの、十分肴としていけました。

次、見つけてもこれは「買い」ですね。(笑)

まだ、半身の刺身とアラが残っています。楽しまなくっちゃ。(笑)

Imgp73550001

2013年12月28日 (土)

紙面では伝えきれないこの美味さ…

2013/12/28 釣りから帰った日、家内と娘とでどんな料理で食べるか相談しました。
3枚のレンコは鯛飯も候補だったのですが、あいにくご飯が炊いてあり断念。
それならばというこで候補に挙がったのがアクアパッツア。

Imgp72610001

娘の料理です。畑に残ってた最後のバジル、タイムのハーブを効かせた一品。
あの小さな魚が立派な料理に変身しました。

Imgp72740001

3匹は多過ぎるので、塩焼きになった1匹、これはこれで美味いですね。

Imgp72800001

アマダイのアラ、潮汁とか色々候補があがったものの、家内の案と料理で・・・。

Imgp72630001

定番、アラ煮、既に頭半分は娘に取られています。(笑)
これをポチポチほじくりながら一杯やるのは最高ですね。
アマダイの煮付けてしっかりとなった身をほぐすのは時間がかかり、楽しい時間が増えます。

Imgp72720001

さて、巨大アマダイの身、どうして食べようかと議論した結果、鱗焼きが食べたいと娘の発言。どないなもんかなぁと思いつつも娘の発案、料理で半身は鱗焼きと決定しました。

Imgp72650001

そしてこちらがその鱗焼き、オリーブオイルでスライスしてニンニクを狐色にまで焼いて香りづけをします。そこへ鱗の付いたアマダイをいれて焼きあげます。
皮が突っ張り、肉が厚いので丸くなってしまうのですが、丹念にオリーブオイルをかけながら焼き上げました。3つの皿に分けてあるのは、それぞれ塩が違うためです。
ハーブ塩、トロピカル塩、クレイジーソルトです。家族で皿を交換しつつ食べます。(笑)
どの塩もいい味でしたが、一番はやはりハーブ塩でしょうか。
そして鱗の感想は、かなり焼きこんだものだと鱗のサクサク感、皮の下の脂、そしてモッチリ味の肉と旨味が何層にもあり美味しいです。
ちょっと焼きが甘いと鱗のモシャモシャ感があってイマイチといったところでしょうか。

そしてもう半身の皮を鱗付きで剥いだものがあったので、これも娘がカリカリに同じオリーブオイルで焼き上げました。これは美味い・・。鱗のサクサク感と皮の下の脂のハーモニー、そしてニンニクの香りとハーブ塩の味、これは捨てないで良かった。(すぐ食べてしまい写真はありません。)(笑)

Imgp72690001

そして残るは半身です。全員の意見で昆布締めと決定。
軽く塩を振って昆布を巻いた状態で一晩寝かせました。(ちょっと長かったかな?)
次の日、昆布をはがして切ろうとしたら、身が締まって切れない刺身包丁がうまく入らない状態・・。(笑)アマダイの身は柔らかいのだけど凄い変化です。しかも表面は昆布でねっとりした感じです。

食感は、ねっとりとして、噛むとアマダイの旨味と昆布の旨味が口の中で広がります。そしてモッチリとした適度な噛みごたえ・・。
実は刺身をたくさん作っても、いつも食べきることが出来ずに漬けにすることが多い家庭なのです。しかし、美味しいので今回は一気に食べきってしまいました。(笑)

Imgp72770001

いやぁ、アマダイ、凄いです。美味過ぎです。
こりゃあ、また釣りに行かねば・・・。(笑)

2013年8月 6日 (火)

ブラジル塩の味試し

2013/8/6 前回浮かなかったものだから、なかなか浮くチャンスがありません。
もっとも、盆休みの前なので、何もしないようでいて、それなりの準備などでそれどころではないというのが事実です。お盆の休みは皆が集結しますからね。

集結するとなると始まるのがバーベキュー、大勢で楽しむバーべキューは楽しいものです。

そこでネタ切れの今日は「気分はブラジル」で購入した塩の別バージョンの紹介です。

まずはシュハスコ用シーズニング 500g 【ラテン大和オリジナル専用シーズニング】

普通便

商品説明
名称シュハスコ用シーズニング
内容量500g
賞味期限約1年(未開封)
保存方法高温多湿、直射日光を避けて保存して下さい
説明肉の味付けに不可欠な岩塩やスパイス、ニンニクなどをブレンドしたラテン大和オリジナルの専用シーズニングです。ベースが結晶塩なので味の調節がしやすく、バーベキュー・シュハスコはもちろん様々な調理に活用できます。

Imgp6495

説明にも書いてあるように封を開けると、真っ先にニンニクの香りが飛び込んできます。
最初に感じたのは「うん、行ける。絶対肉に合う。」ですね。
実際に豚肉にふりかけ、暫く置いてからフライパンでそのまま焼いてみましたが、行けます。最初に嗅いだニンニクの香りはきついと言えるほどだったのですが、肉にかけて焼いてしまうとそんなに感じません。ブラジルの塩は他のもそうだけど、そのままでは香りが強すぎるけど、焼いてしまうと頃合いの加減になるように調整されているようです。

次に紹介するのがSAL GROSSO のTROPICAL SALT with herbs です。
残念ながらアンジェリカのお店のネット販売には載っていない商品ですが、電話注文で買えます。

Imgp6492

この塩、ハーブが入っていますが、前に紹介した塩とは全く違う香りです。
さわやかで気持ちのいいといってもメンソレ系ではありませんよ。まさしくトロピカルな雰囲気万点の香りなのです。

何に使うかですが、意外にも最初に浮かんだのがサラダ、塩でサラダを食べた経験はありませんが、行けそうです。そんなこと思いながらラベルを見ると、サラダの写真が載っていたので、あながち間違いではなさそうです。

もちろん、魚、肉も合いそうです。試しに豚肉にかけて、焼いてみました。香りはかなり飛んでしまいますが、美味しい塩味の肉になります。

塩のミルですが100円ショップの岩塩入りを購入、分解できない構造らしいですが、ふたの部分にマイナスドライバを入れてこじると簡単に開くので、塩を入れ替えて使っていました。

Imgp6498

しかし、使うことが多くなってきて、このミルではちょっと不便なので大きいのを購入。残念ながら100円では買えません、7倍しました。(笑)でもラクチンです。

Imgp6500

今年のバーベキューはどうやらたれより塩が多くなるかな?(笑)

2013年7月12日 (金)

気分はブラジル 2 (笑)

2013/7/9  日曜日に家内から指令が・・・。

「夏休みが近くなって、そろそろ親戚や子供たちが来るわ、あんた、ハーブ塩持って帰らしたいから買ってきて・・・。」

というわけで、仕事を定時で終えたら東武電車の若葉駅へ・・前にもブログで紹介した
アンジェリカのお店にようこそブラジルストア へ

Img_0885_2

これがお目当てのハーブ入り SAL GROSSO !!!

Imgp6270_2

店に置いてあった5袋全てGET !! (笑)
そのほかにもお試し品を購入です。

(塩1袋750gなんです。その他の買い物と合わせると4.5kgの重さ・・・、会社の鞄と両方で汗だく電車になりました。隣に座った女性の白い目線が気になりました・・・。(笑))

Imgp6304_2

まずは TROPCAL SALT 一体どんな味なんでしょう?
楽しみです。

Imgp6309

こちらは、コーヒーです。店員さんの女性にお勧めを聞いたら、これがいいよと言ってくれたので決定です。

Imgp6311

紅茶系もお勧めを聞いたらマテ茶のレモン葉入りとシナモン入りを勧められたのでレモン葉に決定しました。

Imgp6310

なるほど、これもハーブ茶なんだ。
マテ茶はコカコーラの発売で自販機で買ったことがあります。

Imgp6312

早速、ハーブ茶試してみました。
確かに自販機のマテ茶と似た味・・・。レモン葉はあまりレモンレモンしていないのでわかりません。自販機は冷たいけど、これは温かいからちょっと違う感じです。
感想としては・・。うーーーん、次に進んで買うほどではないかな?? (笑)

Imgp6316

ここで朗報です。
アンジェリカのお店 NETでは ハーブ塩 SAL GROSSO は取り扱っていません。
しかしこの下の電話番号に直に電話して注文くれれば代引きで発送してくれるとのことでした。

Brasil0101

今回の使ったお金は2983円です。
ハーブ塩 SAL GROSSO の単価は345円 !! クレイジーソルトと比べてもめっちゃ安いです。
でも、代引きで頼むとなると送料のほうが高くなるので、まとめ買いがいいかもしれません。

Brasil02 

2013年7月 2日 (火)

200mから帰って・・・その後

2013/7/2 ノコギリザメですが、釣れた時はかなり焦っていました。(笑)
それでイカがサメの近くに浮いていたから、てっきりイカを食べたものだとばかり思っていました。

しかし写真を良く見るとイカに付けた針はサメにかかっていません。
どうやらノコギリザメはイワシを食べたようです。

この後、インターネットでノコギリザメを調べたところ、サメの仲間の中では最も高級だとか・・・・。
一瞬、しまった、持って帰るのだったかな? とも思ったのですが、暴れられて傷を負うのも嫌だし、何度も空気でふくらましたフロート近くに来るのは冷や汗もの。フロート破られると帰りが大変ですからね。(笑)
それに高級といってもサメの中での話なので、どの位の美味しさなのかは見当付きません。事実、ノコギリザメ 料理でインターネット調べたけども満足なヒットはありませんでした。

Imgp6178

さて持ち帰った魚ですが、鯖は煮付とシメ鯖になりました。
ゴマサバですが大きいのでそこそこの味です。(笑)
アラ以外はハーブ塩を使って焼こうと思っています。

そしてアラですが、超高級魚だとか幻の魚だとか言う呼び方がある魚。
しかし、釣ってきたのはアラと言っても幼魚、40cmに満たない魚です。
この魚もあまり料理方法の詳しいものは載っていませんね。それより名前がアラなので魚のアラでヒットしてしまいます。(笑)
とりあえず、3枚におろそうとするのですが、細かな鱗ははがれにくく、3枚におろす時、皮から粘液がでてかなりやりにくい魚です。
なんとか、3枚におろしたので、半身を刺身に、半身を中華あんかけにしてみることにしました。

Img_0865

刺身はしっかりした皮が引きやすく自分でもそれなりに刺身らしくなります。(笑)
皮をはいだ途端、今まであんまり美味しそうでなかった身が急に美味しそうになったのは少々びっくり・・・。(笑)

中華あんかけは半身にハーブ塩を振りかけ、暫く置いておきます。
あんかけは野菜を生姜とニンニクで香りづけしたフライパンでサッと炒めます。
中華スープの素を水に入れてスープの素を作り、味付けに醤油をちょっとたらします。
これに炒めた野菜を入れて頃合いで片栗粉を溶かした水を混ぜてあんかけにします。
魚の半身に小麦粉をつけて、生姜とニンニクで香りづけしたフライパンに投入。
十分火が通ったら皿に移して、アツアツのあんかけをかけるだけで出来上がります。

Imgp6198_2

食べてみての感想・・・。

まずは刺身、1日置いての調理でしたがモッチリ、こりっとしていて、なおかつ甘い・・。
幼魚だから大したことはないと思っていたのは大外れでした。
この刺身、今まで食べた刺身でもトップクラスです。
さすが幻のとか超がつくだけのことはありました。

こんなのが伊豆多賀で釣れるなんて夢にも思いませんでした。

中華風あんかけですが、これもすごい、下手な自分の料理でもこれだけの味が出るのは魚自体の力によるものだと思います。
まず全体の感想だとオニカサゴのカマの部分の食感が半身全てにあるということです。
オニカサゴのカマの部分、焼いたりすると弾力のある鶏肉のような食感がするときがあります。まさにそれが魚全体にあるのです。プリプリの食感で旨みがあるというのかなぁ、しっぽ側でもカマの部分でも変わりません。

これにハーブ塩の塩分が絡んで、あんかけが更に絡んだ味は絶品といっていいでしょう。
家内と黙々と食べていました。(笑)

これだから釣りはやめられない・・・。(笑)

2013年6月 3日 (月)

のんびり過ごした休暇でした(笑)

2013/6/1 休暇のうちに前から行きたかった クレマチスの丘|Clematis no Oka に行きました。
クレマチスの花とバラを中心とした庭園、そして美術館から構成されたところですが、三島駅の北、長泉の東名、新東名を横切った丘の上にあります。

美術館のこの空間はいいですね。

Dsc_8133

今が盛りのクレマチス、色々な種類があるので覚えきれません。(笑)

Dsc_8149

花は白系から紫の範囲の物が多く、豪華な花から愛らしいものまでこれまた豊富。
家内と花めぐりは良くやっていたのですが、最近はご無沙汰していたので、いいリフレッシュでした。

Dsc_8208

さて、釣ってきた魚の料理です。
使うはハーブ塩。

Imgp5880

かなり大きな塩の塊もあるのでミルを買ってきました。

Imgp5882

まずは小魚で・・・・。ミルで塩をまんべんなく裏表に振りかけ20分ほど置きます。

Imgp5889

アルミホイルの上に魚を置いてフェンネル、バジルを置いてオリーブ油たらします。
フェンネル、バジルは無くても結構、オリーブ油は必要です。

Imgp5895

包んでしまいます。

Imgp5896

13分、魚焼きにいれて焼きました。

Imgp5897

食べたのだけど、皮の部分が最高に美味い!!
ハーブの香りが浸み込んでいます。
え? 写真はどうしたって?? すんません、カンコもそうだったのだけど皆でワーッと食べちゃって完成写真撮り忘れでした。(笑)

シメ鯖も作りました。見栄えは悪いけど味はまあまあです。(笑)

Imgp5891

カンコの半身はあり合わせの具材で中華風あんかけです。
こちらもあっという間に無くなりました。

Imgp5900

また釣ってこなくっちゃ・・・。(笑)

2013年5月29日 (水)

気分はブラジル !? (笑)

2013/5/27 ハーブな世界 で種まき、芽が出たバジル(basil)の話をしましたが、ごらんのとおり、更に芽が出て、大きくなりました。(笑)

Dsc_8068

この調子で育つとバジルで食っていけるかもしれません。(笑)
4/13の種まきから1ヶ月半です。
水を与えるだけだから簡単、簡単。

Dsc_8076

さてと今日の本題はバジル(basil)ではなくブラジル(Brazil)

ポルトガル語では “Brasil”です。"r"が入るか、入らないだけのつながり??(笑)

向かった先は東武東上線の若葉駅です。

Imgp5664

駅を降りて向かうは・・・。

Imgp5665

アンジェリカのお店というブラジルのスーパーです。

Imgp5825

ハーブな世界で紹介していた GRIL Capim Dourado というブラジル料理の併設店です。

Imgp5826

駅を降りてすぐのビル、1,2階はパチンコ店、3階に目指す店はあります。
実はここへ来たのは4回目、ハーブ岩塩を買いたくて来たのだけど、1回目は物がなく、2回目は届いたものが希望の物でなく、3回目はハーブ岩塩の袋の写真を持っていき予約、そして今回の4回目です。

Imgp5800

店内は知らない商品ばかり並んでいます。

Imgp5803

ここは塩のコーナー、岩塩、ハーブ入り、いろんなものが置いてあります。

Imgp5806_2

SAL GROSSOです。買いたいものと同じ名前ですが、こちらはハーブが入っていない真っ白な塩です。買う時は間違えないように・・。

Imgp5807

ブラジルは肉料理を塩で食べるとブラジルから来た人に聞いたことがあります。
肉やソーセージも色々な種類を売っています。

Imgp5808

こちらのコーナーは主にサゾンという調味料を置いています。
魚、肉、豆、サラダ、パスタ、米用と色々な種類・・・。

Imgp5810

アンジェリカさんでしょうか? 日本語は全く問題ありません。
他にもシルビオさんだったかな?
男性の方、女性の方が交代で店に出ているようですが、日本語は問題ありません。

Imgp5804

こちらはレストラン、主に肉料理の GRIL Capim Dourado  です。
うーー、食べたいが太るからなーー。(笑)
知り合いの話だとめっちゃ美味いとのこと。

Imgp5812

これが探していたハーブ岩塩です。
やっと会えた・・・。(笑)
どうも肉料理用ですが、これが魚にも良く合うのです。

Imgp5817

うん??? 天日塩て書いてある?? どうも岩塩と思っていたのは勘違いだったようです。

Imgp5819

一緒に購入したのはサゾンです。
これは魚、肉用、左上にAJINOMOTOと書かれているように、ブラジルのAJINOMOTOが作っていて、ブラジルでは一般的な調味料と聞きました。

Imgp5821

こちらはサラダ用、アンジェリカさんがとっても美味しいと勧めてくれました。
そのまま粉末をかけるか、ドレッシングに混ぜるかの使い方をするようです。

Imgp5823

こちらは肉用、これをチキンに使ってみました。
スーパーで赤っぽい色づけになった調味チキンを売っていることがありますが、あの味でした。
悪くないです。

Imgp5789

中は5gごとの袋に入っています。1袋で約4人分となっているようです。

Imgp5798

色々と料理が楽しくなりそうです。
魚を釣ってこなければなりません。(笑)

2013年5月 6日 (月)

ハーブな世界

2013/5/6 連休最後の日です。結局、野暮用が重なり浮いたのは1回だけに終わりました。
しかし楽しい釣りだったし、次の機会の楽しみとしていいのかなと思っています。

前回の釣りでさぞかし美味しい料理を食べたんだろうと思われるでしょうが、実際は仕事に出ていたため、ほとんど食べることができませんでした。(笑)

でも家族の中では大好評!! 

特に娘の作ったタイム、オレガノ、バジルをのせて、オリーブオイル、ブラジルハーブ岩塩のアルミホイル焼き、これはめっちゃうまかったとのことです。これ、その前の日にみんなでで食べたブラジルハーブ岩塩でアルミホイル焼きのバージョンアップ版とのこと。
バージョンアップ前は自分が食べてた味なのでうまかったのはわかるのだけど、こいつは知らない・・・。うーーむ、悔しい・・・。(笑)

そんな訳で塩の味とハーブの世界にはまりそうなのです。(笑)

ここで話に出てくるブラジルハーブ岩塩ですが、知人から頂いたもので、どこで売っているかもわからないものでしたが、そのハーブの香りは強く、鞄の中に入れて持って帰ったのだけど、帰ったら鞄の中はいい香りでいっぱいになっていました。

料理のあとであまりにも美味しい塩だったので何処で買ったのか聞いたところ、「 GRIL Capim Dourado」というブラジル料理の併設店で買ったとのこと。
ブラジル料理と言えばシュハスコなど、美味しい肉料理がありますが、いずれも味付けは塩が多いところです。なるほどと納得した次第です。

さてもう一つのハーブの件ですが、自宅でもハーブを育てています。

まずはスイートバジル

Dsc_7862

こいつで、バジルペースト作って魚を焼くと、バジルの香り漂う豪華な料理になります。
去年6株購入したら有り余るほど収穫できました。
葉を取っても次から次へと出てきて11月まで楽しめます。

いい思いをしたので今年も4株購入したのだけど、そのうち2株は腐ってしまいました。
気候が寒くなったりしたので駄目になったのでしょう。

そこでスイートバジルの種を撒いてみました。
約2週間後・・・・・・。

Dsc_7945

出た出た、芽が出た!!! (笑)
200円位の種からものすごい数の芽が出てきます。
こ、これって、く、食いきれねーってなるんじゃないかな??(笑)

Dsc_7977

他にもあります。フェンネル、魚料理に良さそうなんで去年植えました。
去年はひょろ~んとしてたのだけど、2年目はガンガン大きくなり70cm位の高さ、赤ちゃんの腕位の茎になっています。これも釣ってくる魚より多そうです。(笑)

Dsc_7852

次がイタリアンパセリ、葉っぱが縮れていないから、なんとなくパセリに見えません。どちらかというとセロリ風、そんな訳でサラダにいっぱい入れて食べたら、強い味のパセリそのものでした。(笑)サラダに添えるとかいいですが、これもなかなか食べきれないかも…。(笑)

Dsc_7859

これはハーブではないけど、楽しみにしているトマト。
これはまだどの位採れるか、未知数です。

Dsc_7867

ジャーマンカモミールかな? どちらかというとハーブティーかな?

Dsc_7869

カレープラント、去年1年大きくなって、今年もまた元気に伸びています。
何かの料理の香りづけといったところでしょうか?

Dsc_7872

これもハーブではありませんが、花のつぼみです。
さて何でしょうか?

これはレモンの花のつぼみです。
一昨年買ったレモンが今年はつぼみをつけました。
レモン収穫が出来るのかどうかはまだわかりませんが、楽しみな花です。

Dsc_7917

他にも何種類か、食べることが目的のハーブがあります。
料理の準備はばっちりです。
後は釣ってくる腕だけが、少々心もとないのが心配の種???(笑)

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ