無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年10月

2019年10月24日 (木)

なんだかなぁ・・・・・・

2019/10/23 23日の朝日、よく見ると初島と網代の間に遊漁船らしき船が・・・

Dsc_844703_20191024044901

船団組んでいますね。

Dsc_844803_20191024044901

そう、ワラサ船団です。前回の釣りでマダイ以外にワラサが釣れていましたが、次第に本格的になってきたようです。
まぁ、本格的と言っても大昔の雰囲気ではありませんが、そこそこ釣れるといった感じでしょうか。

Dsc_846503

ということで、今回はワラサ釣り。
自分としては珍しくワラサ一本に絞った釣りとなりました。
船長と相談したところ、午前と午後でどちらがいいか?
朝のうちは船が多くてワラサがバラけるから午後でしょうと午後狙いとなりました。

台風明けで、昨日まで大荒れ、この後も次の台風があるため、ここしかないタイミング。

20191023-62208

実はいうと、ワラサとの相性はあまり良くありません。
ビギナーだった頃(今でもビギナーのようなもん)下田の須崎で大爆釣、次の日行ったら全員0っていうのが始まりでした。(笑)
須崎ではブリも釣ったけど、なぜか自分だけ1匹のみ、他は3本ほど上げているのに・・・・。
初島のイカブリでも確か3タテか4タテ食らってスミヤキしか釣れないってのも経験。

イナダクラスならカッタクリでも大爆釣しているのに、少し大きくなっただけで縁がありませんでした。

今日の予約は、ブログでは二人になっていたのだけど、到着してみれば4名に増えていました。
さすがワラサの人気は平日でも人を呼びます。
到着した時にはすでに二人がいたので三番目。
右舷のミヨシ側が空いていたのでキープ、後で来られた方が左舷となりました。

Rimg0001_20191024042501

右舷のトモの方はどうやらビギナーさん。
左舷のミヨシとトモの方はどうやら知り合いらしく、ベテランの雰囲気。

Rimg0002_20191024042501

準備中の船長に仕掛けについて聞いてみた。
「5号、8号、10号ハリスの6m持ってきたのだけど、どれがいい?」
「短けぇなぁ、、5号10mなら、タイと両狙いだなぁ。一つ作ってやるよ。」とスルスルっと仕掛けを作ってくれた。
船長、恩にきます。

Rimg0005_20191024042501

ワラサポイント到着、すでに3隻ほどいますが、朝の10数隻に比べると少ない。

いよいよ仕掛けを落とすのだが、スルスルッと出ていったハリスが手の感覚でモゾモゾッ。
うん?とハリスを見ると縺れたまま海中へ・・・・。
縺れないように、順に足元に置きなおしたのだが、どうやら足元をホースの海水が流れているので、降ろす前に絡んだようだ。
まずいなぁ・・、とりあえず棚まで降りたら上げ直すかと落としてみる。
竿降って、棚に置いてほんのしばらくしたら、ズドンッ。
あちゃーー、かかっちゃったよ・・。
ギューンッギューンッとかなりの引き、ワラサは間違いないのだが、なかなかの引きです。
フッと力が抜ける。!?
外れた?! 上げてみると途中で切れていた。
どうやらハリスが絡んでいたのでその部分から切れたようだ。

考えてみれば当たり前で、ワラサの強い引きは絡んで弱くなったところをぶち切ったという大きなミス。
せっかく船長に作ってもらった仕掛けがパァ。

慌てて、自分の5号6mの仕掛けを取り出し、切れた部分とをサルカンでつなぎ10mを作る。ちょうど切れた部分で10mだった。
さすが、しばらく来ない・・・・。
やっぱ最初逃すと痛いですね。

しばらく経って何度かポイントを流し変えた結果。ズドンッと炸裂。
先ほどの引きもかなりのものだったが、今回はいきなり10mくらい引きずり出される。
この後も何度も引きずり出され、棚の48mに戻ってくるまでかなりかかった。
それでもなんとか引き上げてきたが、今度は右舷の方も釣れたのか、自分の魚とお祭り状態。
なんとか船長のサポートでお祭りも無事解けた。
釣れた魚を見て、船長「こりゃあ、ブリだわ。」
右舷の方も無事キャッチしたが、わずかながら自分のが大きいとのこと。
これがこの日の最大となりました。

Rimg0009_20191024044901

この後、左舷のトモの方が大きなマダイを釣り上げる。
そしてまたいい引き。

Rimg0014_20191024044901

ブリ級だ。

Rimg0020_20191024044901

この後、自分も引くのだが、途中ハズレ。
針を見るとマダイ11号が伸ばされていた。
やはりワラサにはマダイ針では少々心もとないようです。
そして悪夢のようにすっぽ抜け、チモト切れと続きます。
やはり仕掛けの準備がまずかった。
ワラサにはヒラマサのような軸の太い針を使うべきですね。

P_20191024_074956_sres

隣では戸又港のちとせ丸。ルアーのようです。

Rimg0022_20191024044901

ビギナーさんも釣り上げています。
合計でワラサクラス以上だと4匹釣っていたでしょうか。

Rimg0024_20191024044901

なんとも上手くいかない釣りでしたが、ワラサクラスを1匹追釣、2匹のみで裾となりました。
タハハ。。。釣り逃がしたのが大きな痛手ですね。

Rimg0027

いけね、魚の写真がありません。
ワラサ2匹のサバ1匹が自分の釣果です。
ちなみに船は5時前に早上がり。
みなさん釣れてました。

帰ってからの計量で、ブリと言われていた自分の魚の大きいのは5.06kg。
ブリとは言えずデカワラサでした。(笑)

やっぱりワラサは相性が悪いのかなぁ。
いつかどこかで崩さないといけないですね。

今日の潮汐です。
20191023-62717


« 2019年9月 | トップページ | 2019年12月 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

ウェブページ