無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年9月

2018年9月25日 (火)

釣りに行かない釣り?

2018/9/24 ほぼ月一でのK君との手漕ぎボート釣りをやっている。

最初はキス釣り、二回目はブイに係留してのコマセ釣り、これが結構受けたので三回目もブイ係留コマセ釣りだった。

K君の釣りの経験は防波堤からの穴釣りの経験はあったものの、手漕ぎを使った釣りは初めてで、おそらく磯釣りなどもしたことがない本当の初心者だった。

見ていると、最初から手漕ぎの釣りをすんなりできたわけではなく、いろんな経験をしてきている。

最初のキス釣りでは手漕ぎボートの操船から学ばなければならず、これはちょっとドキドキしたかもしれない。 何せいきなり港から「行ってらっしゃーい。」とスロープから押し出されるのである。誰も助けてくれないし、とりあえず港から出なければいけない。そして船を流しながらの釣り。ぎこちなく行ったり来たりでやがて操船を覚えていく。でも覚えた頃に船酔い・・・。いろんなことを経験して、それでも嫌にならず、次も行こうと思った頃から釣り師の誕生だ。

二回目はコマセ釣り、網代のコマセ釣りにロングハリスは欠かせない。真鯛が食ったりイトヨリが来たりと、6mの仕掛けの先端に嬉しい魚が飛びついてくる。(6mがロングハリスではないとの見方もありますが、初心者にとっては超ロングハリスです。)狭いボートの中、ロングハリスの処理が悪いと途端にパズルのはじまり。ハリス解きに魚を釣る余裕はどっかに飛んで行ってしまいます。

三回目もコマセ釣りなのだが、さすがにロングハリスの裁きも板についてきた。じゃあ二本竿で大物狙いもやってみようと思っていたのだが、竿を忘れてかなわなかった。今回は大物竿でのコマセ釣りとなっていたが、できることなら魚種に合わせて竿を選択し、小物は小物竿で引きを楽しみ、大物はそれ用の竿で楽しむ。魚の引きを楽しむことこそ釣りの醍醐味かもしれない。

今回は四回目の釣り、K君は意欲満々、さて何を釣ろうかとなった時、このシーズンはアオリの新子が出る季節。一年で一番釣りやすい時期なので、うまくすれば釣れるかも。でも1日餌木をしゃくっているのも辛いものがある。他に何かないかなと思ったらカサゴ釣りが浮かんできた。釣り場もほとんど変わらない。よしこれで行こうと決定した。

釣り方でかなり悩んだ・・・。アオリだけなら手漕ぎでもOKだが、カサゴは根の魚。岩礁際を攻めるため、後ろ向きに漕ぐ手漕ぎはちょっと難しい。オールも二本両手で扱うので、釣りをしながら操船するのを初心者に期待するのは事故の元だ。

そこで考えたのがカヤック釣り。これなら常にパドルを膝に置いて釣りが可能。前方向いて操船するので、岩礁地帯が近づいてもサッと逃げることができる。

長くなったが、今回のK君との釣り、彼が釣りに行くのを自分がサポートする、自らは竿を出さない釣りとなった。(笑)

天候も風も問題なし、そして風向きも陸側へ吹く風だ。

Getimageashx16

長浜の防波堤、台風12号の高波で柵が押し曲げられています。

Dsc_7104

歩道の分厚いブロックも引き剥がされている。

富士丸もここで係留していて手摺部分が壊されていたけど、柵とブロックの状況からもその力の大きさにびっくりします。

Dsc_7106

初めてのカヤック、まずは長浜湾内での試し乗り、フル装備での練習だけど、乗った瞬間「わっ。」(笑)

乗るまでわからないのだけど、カヤックに乗って浮いた瞬間、海面の近さとその安定感に驚いたのかな?

海面を座った状態で移動できる、新感覚に驚いたのかもしれません。

Dsc_7092

もう少し練習させたかったけど、一周したら出て行っちゃった。(笑)

おそらく、これなら大丈夫と分かったので、出て行ったのでしょう。

いきなりエギングやってるけど、オーーイ、ポイントじゃぁねーぞーー。(笑)

Dsc_7111

しばらくするとエギング終わって岩礁地帯へ。

カサゴ釣りを始めた模様。

カサゴ釣りは根を釣れという位、厳しい岩礁地帯を攻める釣りです。

当然仕掛けが、引っかかる確率も高く、仕掛けとオモリは十分すぎるくらい用意する必要があります。

今回仕掛けは胴突きが14、ブラクリが5位。オモリも10個ほど用意。

Dsc_7186

この辺りで何時間も頑張っているところを見ると釣れているようです。

仕掛けが引っかかった時の対応、一般的にはギューッと引っ張るだけでは外れることはありません。よくやる手はギューッと引っ張った後、急にテンションを緩めてやるとスッと外れることが多い。

カヤックだと更に奥の手があって、引っ張って外れない方向と逆の方向へ漕いで行き、引っ張ると外れる。それでもダメならギューッと引っ張ってフッと緩める行為をすれば外れることもあります。引っかかった時の半分以上はこれで外せるでしょう。

また大事なことは引っかかりは竿で煽って外そうとしないことです。

地球を釣っているので無理にやると簡単に竿の穂先は折れてしまいます。

外す時は道糸を手で掴んで上記のやり取りで外しましょう。

Dsc_7201

約五時間後かな、帰ってきました。

Dsc_7222

大物カサゴ三兄弟?(笑)

837

合計十三匹、まずまずの釣果。

結局アオリはやらなかったようです。

煮付け、唐揚げとあっという間に無くなったとか・・・・。(笑)

83202

今日の潮汐です。

Getimageashx15

そういえば、今日は中秋の名月、網代の突端に月への道ができていました。

Dsc_7256

2018年9月16日 (日)

久しぶり、メダイ一本釣行

2018/9/15 お盆休みに釣りに行きたかった。何せ、みんなが帰ってくる時期である。地元の美味しい魚を釣って食べさせてやりたい。そして初島周りではズッと釣れなかったメダイが大瀑釣中。うーーん、行きたい、なんとしてでも行きたいと思って富士丸に電話したのだが・・・・。

なんと船が修理中だとのこと。なんでも、変なコースの台風12号、熱海の赤穂のホテルや有料道路が高波の被害に遭っていたのだけれど、富士丸もあっていたのだ。右舷の手摺部分が防波堤を越えた高波でバキッとへし折られたらしい。

行きたいと思った頃には修理中・・・・。しばらく我慢状態となったのです。

Taifu12

そしてようやく修理も完了、こちらも魚をいっぱい欲しいなという気分がモリモリ。(笑)雨の中でもいいやと釣行決定となりました。

Getimageashx13

さて富士丸です。このロッドホルダーの付いている手摺部分が根元の位置からバキッといったらしい。

Rimg0001

さらにロッドホルダーと電動リールの間のパッチの当たっている部分は縦に裂けたとのこと、高波恐るべし力です。いつもと同じコースならそれほどの被害にもならなかったらしいのですが、真逆からのコースのため、高波の力が倍増したというところでしょう。

Rimg0002

さて釣りです。いつものタックルですが、前回の釣行でガイドが取れちゃつた竿はバッチリ修理済み。

やっていいよーの声に投入、180mの棚へ下ろします。今回はイカタン、サバタン、そして支給のオキアミと三種類の餌を三つの針につけています。

クン、クン、グーンと一発目からアタリ、かかったようだが軽い、1キロ位のメダイです。しばし、引きを楽しみながら巻いてきます。

船長が「タモは?」「いらないよ、小さいから。」なんて、やりとりして上がってきたメダイを抜こうとしたら、空中で針外れ・・・・。1キロを抜いちゃあいけませんね。結構抜くには重すぎました。(笑)

Rimg0007

で、やり直してやはりキロちょっとのメダイ、今度は確実に自分でタモ取りでした。

この頃から、オキアミやイカタンに大アジがかかってきます。この大アジも引きからメダイではないとすぐ分かるアタリ。メダイだと最後近くまで竿を手で操って楽しむのですが、アジだと置き竿のまま上げてきます。40センチ越えの大アジ、またまた抜いてみたら、空中でバイバイ・・・・。口が切れたようです。(笑)船長「ダメだよーー、タモ使わにゃあ・・・。」

この抜き上げる癖、どうもカイワリ・ハナダイの大物を釣るのに号数の太い仕掛けを使い出してからの癖。なんでも抜いちゃう癖がついたようです。イカンイカンとこの後からはすべて自分でタモ取りに変更しました。(笑)

Rimg0008

この後は嬉しい黒ムツや大アジが釣れだし、一時はメダイ釣りならぬ大アジ釣りに来たの?っていうくらいメインになっちゃいました。

で、忘れた頃にギューーーン。結構いい引きでやりとりしたメダイは2.5キロくらいでしょうか。この辺になると薄っぺらいキロメダイとは変わって肉厚なメダイになります。

Rimg0010

で、またまた、忘れた頃にギューーーン。

Rimg0014

やはり2.5キロクラス。このクラスが初島近辺では標準だったのだけども最近の爆釣はキロ前後だったようです。群れが違うのでしょうか?

Rimg0013

最後には底でアタリ。やばい、海底のアタリはサメが定番。ダメだろうなーと思いつつ、上げてみるとキロクラスのメダイと深海鮫のダブル。

ここまででキロクラスのメダイ二匹、2.5キロクラス二匹です。これ以上釣っても処理に困るだけ、10:30で帰ることとしました。

Rimg0015

クーラー満タン。(笑)

Rimg0018

朝のうちは意外と雨は降らず、後半はかなり降っていました。

でも釣れているので全然苦にならず。(笑)

Rimg0019

雨の中、網代の手漕ぎボートも頑張っています。

Rimg0021

今日の釣果、メダイ4、大アジ6、黒ムツ2、尾赤ムロ1、サバ多数。

メダイの餌ですが、今回一番良かったのはイカタン、サバタンも釣れましたが、小さいの一匹でした。小さいメダイはオキアミをよく食うのだけど、今回は無し、もっぱら大アジ専用餌になっていました。

Rimg0025

今日の潮汐です。

さて次はいつにしようかな。

Getimageashx14

« 2018年8月 | トップページ | 2018年12月 »

最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ