無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月31日 (金)

またまた今日もボート

2018/8/30 手漕ぎボートの釣りを月一でやり始めた。

特に月一と決めたわけではないのだけど、なんとなく月一となっている。
理由としては一人の釣りではなく、ご近所さんのK君と一緒の釣行であり、こんなくらいの間隔かなぁとなっているだけなのだ。

8月はお盆休みもあり、何かと忙しく、遂に月末となってしまったが、前回と同じくブイに係留してのコマセ五目となった。

前日の予報だと9時から風速5m、12:00からは7mの予報。
手漕ぎの楽しく釣る限界は5mなのでやや苦しいとこだけど、係留しての釣りなので、悪くなる前に退散ということにして決行することとした。

ここで注意したいのは、風速5mが判断材料だけどそれだけではありません。
もう一つは風向き、怖いのは西風で、網代湾では沖へ流される風です。
今回は南西の風ですが、沖合へ吹くという意味では西風と同じです。
皆さんも無理をしないようにしてください。

20180830tenki

今日も利一丸。
グラントで利一丸で釣ると言ってエサを購入すると利一丸で500の割引となります。
アミコマセはグラントで予約しておくと解凍してくれるので、ありがたいですね。

Rimg0003

準備を済ませ、6時ちょっと前に漕ぎ出します。
目標はブイですが、利一丸のおやじさんの話しでは、できるだけ沖目のブイがいいとのこと。棚は底から6~7mがいいとのこと。

Rimg0009

前回は仕掛けパズルにハマってなかなか釣りの時間が少なかったK君。
今回はパズルはやらないと頑張っています。

仕掛けが絡んでパズルになっちゃうのは・・・・

仕掛けを順に取り入れて、そのまま出せば殆ど絡まないのだけど、触って絡む、餌付けで上下が絡む、上げた仕掛けの上に魚が落ちて跳ねて絡む、竿で仕掛けを引っ張る、場合によってはサバがグチャグチャにしちゃうなどが考えられます。

このうちサバがグチャグチャはどうしようもないのだけど、それ以外は全て自分で蒔いた種と言ったところでしょうか。

狭いボートの中だけど、仕掛けを下ろすスペースを大きくとって絡ませないようにするなどの工夫が必要ですね。

また直接は関係なさそうだけど、ビシを竿先まで巻き上げすぎると、竿の置き場に困ったり、ビシがブラブラすることで仕掛けが絡まったりします。
できるだけ、竿を建てたときビシが手元に来るくらいの巻き方がいいでしょう。
これは結構大事で、船釣りでは巻きすぎると、魚の取り込みで苦労したり、時には逃げられたなんてことになります。

Rimg0011_2

前回は最初からイトヨリが釣れたのだけど、今回はサバ。
サバでも大きいのならまだいいのだけど、小サバばかりが釣れ上がります。
ここで11PMと言ったらK君は知らなかった。(笑)

オープニング曲 サバダバサバダバ~ウィーサバダバなんてね。

周りには船外機付き、手漕ぎと5隻位はいたでしょうか。
どこの船も20cm位の細い魚体が釣れています。(きっとサバだ、そうに違いない・・・・)

Rimg0013

底でサバ、6mでサバ、7mでもサバ、10mなんてやってもサバ。
餌を付けず空針でやってみたところ丸アジGET。
こりゃあいいやと続けるも2匹で続かず・・・。

そのうち海面近くで、かっさらっていく魚が現れる。
釣り上げてみると丸ソーダ、右へ左へギュンギュン走ります。
サバだけでは可哀そうと丸シリーズが始まったかなと思うと、サバシリーズスイッチオン。(笑)
サバ、丸ソーダ゛サバ、丸ソーダ、サバ、サバ・・・・。(笑)

K君もサバサバで困り顔、聞いたところリリースしているとのこと。
自分もリリースしていたのだけど、ひょっとしたら逃がしたのがまたかかるのでは?
まずいじゃん、ならぱカモメにやっちゃおと、サバを投げるとカモメ同士で争奪戦。
飲み込みかけているカモメを空中で脅かして吐き出させ、それを食っちゃうカモメまで出る始末。
カモメの世界も大変です。

そうこうしているうち、風が強くなってきた。
やばくなったら帰ろうと話をしながらの釣りとなる。
しかし、強くなったと思えば弱くなったり、その逆もありでなんとか12時過ぎまで釣ることができた。

実際、利一丸も船外機付きで迎えに行こうかためらっていたようです。

Rimg0014

結局、丸ソーダ7、丸アジ2、比較的大きいサバ1が釣果となりました。

P_20180830_143349

小さいソーダ、アジ、サバは刺身でも困るので南蛮漬けに・・・。
美味いんだなこれが・・・。
大きな丸はタタキでいただきました。

P_20180830_17002801

今日の潮、中潮だったんですね。

20180830tied_2

K君、お疲れさまでした。
また行きましょう。
よろしくお願いします。

2018年8月 1日 (水)

今日もボートで釣り 動画編

今日もボートで釣りの動画をKくんから頂きました。

大物釣りのシーンです。(笑)
39602
39702_2
39802
映像はこちら

今日もボートで釣り

2018/7/31 真逆コースを走った台風12号の威力はかなりのものだった。

いつもなら西側からくる風が東側から押し寄せてくる。これは、ここ伊豆多賀では山から風が吹かず、海側からとなる。

山から海へ風が吹いた場合、海には大きな波が立たず、うねりも出ないが、海面に波紋がわきたち、陸側から沖へカッ飛んでいく。カヤックなどで一番恐れる、冬の風などがそれにあたる。

今回は海側からなのでうねりと波がすごいことになり、窓ガラスにもバシバシと雨が当たってくる。

P_20180728_180954_hdr

家の横の木々も折れんばかりのしなり様。

山側からだと樹木や建物があるのでダイレクトにかぜが家に当たらないのだが、海側からだと持ち上げる風になるので、家自体もビシッ、ぐらっと持っていかれそうな感じ。

P_20180728_181023_hdr

窓越しに夕方6時の長浜を撮影してみた。

いつもなら長浜にはそこそこの砂浜があるのだけど、満潮と高潮でほとんどの砂浜に波が被っています。

熱海や湯河原、そして小田原にも被害があった様ですが、かなり怖い台風でしたね。

20180728nagahama

一夜明けて、30日の湾内。

写真は撮っていなかったのですが、朝の内は川から流れ込む茶色の海と、台風でかき乱されたクリームソーダの様な海が混在した湾でしたが、次第に浄化されて澄んできます。

そして、澄んできたなと思った時には、赤潮が発生していました。

一気に流れ込んだ川からの濁流とかき回された海水でプランクトンが大発生したのでしょう。

P_20180730_101200

さてそんな中、近所のK君と約束していたコマセ釣りです。

風、気温とも問題なしです。

Getimageashx11

お世話になったのは、網代の利一丸。

今回は、キスの様な流し釣りでなく、網代いけす沖のブイに係留しての釣り。

キスがポイント開拓で釣る釣りなら、こちらはコマセを撒いて寄せる釣り。

狙いはカイワリ、ハナダイ、イトヨリ、アジ、サバといったところでしょうか。

Rimg0001

第一投目からイトヨリがかかってきます。

そのあとも丸アジ、小サバなど飽きさせないくらいに釣れてきて、なかなかいい感じ。

K君はまだボート釣りを始めたばかりで長い仕掛けの扱いに一苦労。

釣るたびに仕掛けパズルにはまっています。(笑)

自分も大昔、仕掛けがぐちゃぐちゃになり困ったことがありました。

取り込んだ仕掛けはそのまま下ろせば問題なく絡まないのですが、魚が上に落ちたり、餌付で仕掛けを絡ませたりと始めはやってしまいます。

慣れてくるとなんでもないのだけど、時間をかけて慣れましょう。

Rimg0003

今回使用しているリールは手巻き。

タナセンサー SS-30なんてリール、知らないでしょうね。

40年位前の製品です。K君は生まれていなかった頃のリール、倉庫から取り出してきたのだけど、カウンターまだ動いていた。

さすがにPEは無理かと思いながら引っ張ってみたら強い、切れない。

色付きのPEだけど脱色して白っぽくなってるので、全部引っ張り出して逆に取り付けた。

結果的には全然大丈夫、もう一つの置き竿にもグレードの低い棚センサーの手巻きリールを使っています。

Rimg0004

やった、K君。真鯛ヒット。このあとも丸アジや中サバと釣り上げてます。

でも合間に仕掛けパズルに再挑戦。(笑)

Rimg0005

近くには船外機付きの人たちや・・・。

Rimg0006

少し沖で釣って いる方もいます。

Rimg0007

小サバかかったので、ヒラメのワイヤー仕掛けにつけて下ろします。

小サバと言っても20cmちょっとあるのでまさかこないだろうと思っていたら、大バトル開始。(笑)

海底まで28メートルなのに、34mまで糸が出てリールが巻けない。

根がかりかと思うほどガッツリ、ピクともしないが、そのうちトルクフルな力でグツグッと持っていくので、あー魚なんだとわかる。

リーデングの竿はグニョオーーンとUの字、グレードの低い棚センサーはギクシャクして巻くこともできません。PE持つんかいとこれまた40年前のPEが心配になってきます。竿はカヤック時代にノコギリザメや深海ザメを釣っている竿なので大丈夫ですがロートルリールはベアリングも少なくギクシャク・・・。

それでもポンピングで1回転ずつ巻いていきます。

28mを切った辺りからちょっと形勢逆転、要は底を切ることができたのでしょう。今まで負けなかったロートルリールが俄然頑張りだし、ギックシャックと巻き上げます。

頭の中には両手いっぱいに広げた大ヒラメが浮かんできます。ウッシッシ・・・。

Rimg0011

4m、3 m、2mと上がって見えたのは?

ガックシ・・・、エイかぁ?????????(笑)そっちかい???

針がエイの胴体左側の腹部に刺さっている。

要するに背掛りならぬ腹掛り・・・。

海面まで持ってくるとビュンと尾っぽを振り回します。

よく見るとトゲは無さそうな気がするが、一瞬の間の確認なので自信がない。

座布団以上の大きなエイを危険を冒して取り入れるのもどうかと思われるので、ワイヤー仕掛けもろとも外して逃がそうとした時、腹部に刺さっていた針が腹をえぐりながら抜けた。これで仕掛けも無事回収。

自分で作ったワイヤー仕掛けとロートルリールの強さを感じた瞬間でした。

Rimg0012

そして釣りを継続、ポツポツと釣れ続け2時に終了となりました。

今日の釣果、ソーダ4、イトヨリ4、丸アジ1、中サバ1、真鯛1、カイワリ2だったかな?

Rimg0013

今日の潮汐です。

1日楽しく遊べました。

K君、また行きましょう。

Getimageashx12

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ