無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« メニューにない釣り ドタバタ釣行 | トップページ | びっくりしたなー もー »

2018年3月27日 (火)

アコウダイ釣行 反省と対策

2018/3/27 無事、アコウダイを釣ることができた。

刺身、炙り、鍋、アラの煮つけと食べてみたがおいしいですね。
意外とイケるのがポン酢。
炙りでも刺身でも、そして鍋でもポン酢は合いますね。わさび醤油も悪くないけど、個人的にはポン酢に軍配が上がるでしょうか。結構皮が固いのはびっくりしました。

身は固めなので何日か置いた方が良さそうです。

一番好きなのはアラの煮つけ、こりゃあたまらん。(笑)
肝や胃袋も食しましたが、オニカサゴなどに負けず劣らず美味い。

しかし、今回の釣行、反省点も多い釣行でした。
ちょっと振り返って、対策を考えようと思います。

さて問題点は・・・
 1.ミヤマエCX-9 PEが400mくらいしかなく、520mの深さまで落とせなかった。
 2.タナコン750 のPEが嚙み切られたこと。スミヤキと思われる。
 3.枝スが噛み切られる?スミヤキ?

この3点でしょう。

ではまず ミヤマエCX-9のPEです。
PE14号が9割方巻いてあるとのことでしたが、PEの直径を測ると1mm。

0.966mmで30号相当と思われるので、おそらく30号でしょう。
CX-9に30号巻いたら500m位。
このリールは深海用として使われていたのではなく、マグロ用か何かだったのでしょう。

P_20180303_112618

富士丸の船長が「もったいないから、繋げば? 深海、底からだから、色表示がおかしくても関係ないよ。」と・・・。

最初は全部巻き直し、10号1600mと12号1400mとどちらが高いんだろうなんて思っていた。でも。甘い言葉に誘われて、「継ぎ足しちゃお・・・。」(笑)
だって割引考えてもいいとこ1500円×14か16でしょう?
25000円はキツイ・・・。(笑)

そこで結ぶとなったのだが、結びはどうしよう?
電車結び? ブラッドノット?いろいろ考えたが問題は30号に対して8号しかない。
直径で1mmと0.5mm位の差があって結び方法が限られてしまうこと。
結局オルブライトノットに決定したがチチワ結びでも良かったかな?

約300mを足して700mは確保出来た。

P_20180327_041118

次の問題はPEが嚙み切られたこと。

スミヤキと思われる内容で3の枝スが切られるのもスミヤキと思われます。
以前、富士丸でイカブリに出たことがありますが、スミヤキの猛攻を受けたことがあります。イカブリは夜の釣りなので40m位の深さでも出てきているのです。

イカブリの仕掛けはイカ1杯をかけて釣るので少々お高い仕掛けなのですが、これがバツバツ切られちゃう。何度か行って知っていたので、よつあみのケブラー繊維で作ったけどこれまた切られちゃった。
何回かに1回スミヤキの間抜けさんが釣れるので犯人はわかるのだけど、こいつにゃホント腹が立つ。(笑)
そもそも、なんで高価なリングやチェーンを付けているのかと思っていたのですが、一つは深海から吊り上がってくるときの回転でPEが切れたりしないこと、そのためにペアリング付きのリングやチェーンを使っているようです。
そしてそれだけでなく、PEを切られないようにするために、チェーンで長く、仕掛けとPEの距離を開けているようです。

場合によってはPEのm毎の色表示も目立つので、真っ黒のPEも販売されているとか・・・。

お金があれば真っ黒PE買うのですが、やっと繋いで700mにしたくらいなのでこちらは却下。

スミヤキが最初に気づくのは水中ライトか仕掛けのエサ、ならばこれを極端に話してやればいいのではとステンレスワイヤーを考えた。
かなり以前にヒラメ釣りの仕掛けづくりで購入した石鯛用のワイヤーです。

大洋ワイロン 黒 #37

P_20180327_041528

HARP 7本縒り 黒 #38

P_20180327_041710

釣り武者 とけこむ赤 7本縒り 37番 なんでこんなに持ってんの・・・?

P_20180327_041451

じゃあ強度はどんな位とHARPで調べたら#37で33kg、#38で27kgだった。
チェーンの強度は135kgなのでかなり弱いが、どうなんだろ?

P_20180327_041822

で、釣り武者の赤で作ってみた。一緒にホムセンで買っていたステンレスワイヤーΦ1.0mmもあったので作成。
ステンレス製のΦ1.0mmの強度は不明だが、釣り武者より多いのは確かと思われる。

釣り武者はヒトヒロ、ステンはあった長さで作ったからヒトヒロ半の長さです。

P_20180327_041334

最終的に選んだのはステン1mmのワイヤーでした。
理由は仕掛けを揚げるとき細いのは持ちにくいから。
リングとチェーンの先に付けてみました。
水中ランプの付いてる側の別のフックに80号の中錘が付いて仕掛けと300号の錘が付きます。
PEからフタヒロ以上水中ランプが離れました。

P_20180327_042351

予備のリングも買ってきたので、サブ用も完成。
購入したリングはベアリングレスの安モン。(笑)
P_20180327_043022

ここまで作ってワイヤーの端末処理の部分、ワイヤーがチクチクするので改良。
輪っかには強化チューブを入れて完成です。

P_20180327_140248

さてと、最後は枝スが噛み切られる問題。

一瞬、ワイヤー仕掛けも考えたけど、そこまでするのはどうか?
本来のアコウダイ釣るには問題が無いわけで、変にいじくって釣れなくなるのも考え物。

切られたら、予備の枝スを用意して結び直すこととしました。

さーーて、行きたいといってもこの間、午前午後乗っちゃったしなーー。

暫くは我慢ですね。(笑)


« メニューにない釣り ドタバタ釣行 | トップページ | びっくりしたなー もー »

仕掛けづくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576072/66542790

この記事へのトラックバック一覧です: アコウダイ釣行 反省と対策:

« メニューにない釣り ドタバタ釣行 | トップページ | びっくりしたなー もー »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ