無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月25日 (日)

久しぶりの午前釣行、結果はいかに?

2018/2/24 最近のいつもなら、午後の船でのんびり出かける午後釣行、昔は午後なんて釣れないだろうと思っていたのだけど、これもやり始めるとそれなりの面白さがある。

午前釣行だと・・・・

  • 朝一にドカンと大物が来そう。
  • 午後に比べてたくさん釣れそう。
  • 帰りが早い。

午後釣行をやってみての感想は・・・

  • 午後も釣れる、大差ない。
  • 今時までなら夕間詰めが最高のクライマックス。
  • 帰りは遅いが、近いので問題なし。遠くの人も7時以降に帰るなら、渋滞レスの道路になる。

と思い出したこの頃です。

やってみてわかったのですが、意外とこれもありだななんて思い出しています。

しかし、今回は腰痛持ちさんグループとの久しぶりの午前釣行です。

前日までは寒かったのですが、この日だけはこ雨天に恵まれました。

釣り目は船長に無理を言って、メダイ・カイワリ釣行です。

20180224tenki

みよし右舷側には芋焼酎さん、ともは私。

Imgp2716

とも左舷には大津さん、そしてその前には腰痛持ちさんと4人の釣行です。

自由に席を選んで、残ったところを自分がいただきました。

Imgp2717

6:25出発です。

Imgp2719

最初はメダイ狙い、いつもならマッドバイパースティングとMAGMAX500のリールですが、MAGMAX500が入院中のため、DEEP IMPACTとタナコン750の組み合わせ。

Imgp2721

7時頃ポイント到着。
。。。。。。。。。。。。。。。アタリなし。
腰痛持ちさんが大アジを釣ったとの話を聞きます。
おそらく、オキアミ餌かな?
。。。。。。。。。。。。。。。アタリなし。
最後にDEEP IMPACTがわずかに動く、上がってきたのは15cmのユメカサゴ、生きていたのでリリースです。

Imgp2725

約一時間ちょっとでメダイ終了、船長の指示でカイワリに向かいます。

Imgp2729

芋さん、カイワリGET、自分はこの時ゼロ。
しばらく経ってやっとカイワリ1匹。

Imgp2731

そのうち、妙な重さの魚が釣れた。上げてみるとフグのようだ。
船長に何だろと聞いてみると「ミズフグだわ、あんまし食うとこ無いなー。こいつは悪さしないんだが、こいつのいるとこにはハリス噛み切るのが一緒にいるから移動するよ。」とポイント変更。
ミズフグ、ヨリトフグの別名のようです。食べられるフグらしく、伊豆ではぶつ切りにして味噌汁などで食べているようです。肝も食べている地域があったようですが、現在はダメなようですね。
リリースしたのですが、海面に返した途端、吸い込んでいた海水と一緒にオキアミの塊を吐き出した。こいついっぱい食ってたんだ。(笑)

Imgp2733

周りはそこそ釣れているのだが、自分のところは何故かあまり釣れない。
(本当は腕の差だとは絶対思わないことにしている。)
ここで、真鯛仕掛け10m1本針に変更した。
途端に真鯛が・・・・じゃなくて良い型のハナダイが釣れた。
うん? なんだか針の刺さり具合が変?

Imgp2734

アッブネェーー、皮一枚じゃん。口じゃあないし・・・。

Imgp2735

この時点で、カイワリ1、ハナダイ1。9:40

Imgp2736

最終的にカイワリ2枚追釣したのみ。これ、クーラーというより水槽みたい・・・。(笑)

Imgp2738

さて帰りです。大津さんはカイワリ20、隣同士でこの差は?
きっと腕ではないと信じています。(笑)
前回の釣りで運を使い切ったんじぁないかとか、今年いっぱいはダメだろうとかは思わぬようにしています。(笑)

Imgp2739

小潮か・・・潮は関係ないのでしたね。みんなも釣れているし。(笑)
次に期待です。

20180224tied

2018年2月10日 (土)

イナダ地獄にカイワリ地獄、ハナダイはどこ行ったの?

2018/2/9 またまた、ハナダイ・カイワリ釣りです。とにかく飽きもせず、ひたすらこればかりを追い求めています。

というとカッコよく聞こえますが、実はメダイもやりたいなと船長に言ったら、2目狙いはどっちつかずになるからやめた方がいいよと言われ、只今実績のある会話リ・ハナダイにしただけ。

しかも、ここんところ、2回も中乗りさんに真鯛を釣られちゃつてるので、そいつも狙っちゃおうと欲深プランです。

天気予報は晴れ、風もなく冬場の荒れた海がしばらくぶりに見せた凪の日になりそうです。

20180209tenki

今日も午後船、朝が起きられないわけじゃないけれど、家内に港まで送り届けてもらっているので、楽チンな午後にしています。

Imgp2697

タックルはいつものレオブリッツに海攻3mです。

Imgp2699

そして今回新調、改造したステンカン、船長に穴の大きさを確認してもらいOK。

Imgp2700

ポイント到着、ご覧の通りの凪。こんな海はこの季節では珍しい。

棚は大体が80m前後を狙うことが多く、船長の指示は85mまで落として75mで待つというような指示が多いですね。

自分の場合、ハナダイ・カイワリ釣りは基本4号2本針、6mの仕掛けを使用。

船長は10m下まで落として棚まで上げるというやり方を、10mの仕掛を基本にして言っていると思われますが、じゃあ、6mの仕掛けなら6m下まで落として棚で待てばいいんかいという気もするのですが、余計なことは言わずにひたすら10m下まで落として棚まで上げるを繰り返しています。

なぜならこれで釣れるから。

最近、ウィリーからエサ釣りに変えて、知らない世界なので全てを船長の指示通りにすることにしています。

それは、釣り方だけでなく、ステンカンのような道具まで同じにすることで、どんだけ釣れるかを試してみたいというのが本音。

今日も最初から型の良いカイワリ。

この後もカイワリが続きます。結構いいじゃん。

しかし、ハナダイ来ないな、カイワリも大好きなのですが、ハナダイは同じかそれ以上に好きなのです。なぜってウィリーのめりこんだのもはなだいが好きだったから。

そんな思いに関係なく、カイワリは釣れ続け、Wヒットも・・。

そしてグンッと強い当たり。3mの竿が満月に・・・。

とにかく引く、強烈な引きをなんとかかわして上がってきたのはイナダのW。

さすが、イナダも2匹だとメッチャ重い。(笑)

この後、イナダW、カイワリWが続きます。

そろそろハナダイ来んかなーー。

Imgp2703

港の製氷機が壊れちゃって、たくさんの氷が用意できないため、船長の指示で座席下の生け簀にぽんぽん放り込んでいきます。

そのうち、生け簀がいっぱいになりはじめ、船長がさすがにここまでくるとクーラーに入れないとまずいかななんて言い始めた。(笑)

でも、ハナダイは釣れていません。

イナダとカイワリのみです。

Imgp2704

伊東港からのフェリーかな、近くを通過して波が打ち寄せ、富士丸が大揺れ。こんな時も、指示棚まで落として、3回しゃくりあげてくるのだけど、1回目で食っちゃった・・・、イナダです。(笑)

棚まで上げきらないうちにイナダ、そしてカイワリまでもが食ってきます。

ハナダイはさっぱり影も形も見えません。

赤いの、そろそろ欲しいんですけど・・・。(笑)

Imgp2706

15:30、ここを境に仕掛けをチェンジ、4号10m、1本針、真鯛8号針を使った真鯛仕掛け。ここからは真鯛狙い。前回は空振りでした。

コマセはステンカンにいっぱいではなく、かなりガサガサ位に少なめ、投入して3回降り出しながら10m巻き上げ、棚で待機。

そうか、10mという船長の指示は、3mの竿で3回しゃくりあげるので9m、実際には竿が曲がるので9mは上がってこないが、3回分のしゃくりを考慮すると10mということかと半ば納得したりしながらの釣り。

レオブリッツはカウンターに投入後からの時間が表示されるので3分経ったら、巻き上げるを繰り返す。

今まで釣れ続けていたのが、15:30からパタッと釣れなくなった。

そして終了は16:30ですよと言われ、16:15頃かな、竿先がグンと引き込まれる。

引きの感じはWのイナダをより重い引きにした感じ。

棚は70mだったのだが、引きずり出され、カウンターは78mになっていた。

こらえて、無理せず、リールの巻上げもゆっくりに設定し、引けば耐えて、引かない時は巻上げを繰り返す。

船長から「大事にいけよ。」とアドバイス。

次第に何がかかっているかがわかり出す。

待ちに待っていた赤いやつだ。イナダじゃない、でもハナダイじゃない、真鯛だわ。(笑)

竿が3 0号負荷位の柔らかさなので満月になって和らげてくれるのと、2mm1mのクッションもグニョーーンと伸びてるのだろう、ブチっと行きそうな感覚は感じられない。でもかなり時間かかるなー、40mまででもかなりかかった気がする。

そして30、20、10mと上がってきた時、不安が湧き上がってきた。

竿で対処している時は心配ない気がするが、ハリスを掴んで手繰る時は無理なんじゃないかという不安だ。

イナダWでもハリスをたぐる時は振り回されているのに、2本針の6mではなく10mのハリスを手繰れるんかい????

8、6、5mここから手巻きで2mまで巻き上げる。ここからハリスを掴んで手繰り寄せ。

船長もタモ持って待機してくれている。

ハリスをたぐる、真鯛の抵抗を覚悟しながら・・・。

あれ??軽い??

覚悟していた強烈な引きは感じられない。

今までの引きが嘘のように消えてしまった。

かといって、逃げられたわけではなく、しっかりと魚の重みはあるのだが、引き込みが感じられないのだ。

どうやら真鯛の抵抗は上の方では無くなるようだ。

ドンドンたぐる、やがて薄赤い大きな魚体が海面に浮かびあがった。

デッケェーー。

Imgp2708

船長がタモ取りで船に上げてくれた。

この時になって、今まで何でもなかったのが、体が震えちまった。(笑)

船長に聞くと「5〜6キロだろ?船の記録は9キロだよ。」とコトもなげ。

でも、ワタス的には最高記録ですけど・・・・・・。(笑)

ここら辺に、プロと素人の差が現れますな。

Imgp2709

危なかった。のされてた。外れる寸前じゃないの?

P_20180210_052731

大きさ、全長もさることながら、厚みがすごいです。

船長が血抜きをしてくれました。

Imgp2710

この時点で、16:25だったかな、まだ少し時間があるものの、もー赤いのも釣ったし帰ろーです。

Imgp2712

秤で計ると5kg、船長当たっています。

Imgp2713

尻尾が床に当たり軽くなるので、避けて軽量。

Imgp2714

クーラー横幅いっぱいです。

船長曰く「このクラスならしゃぶしゃぶが美味いよ。」
頭の中はしゃぶしゃぶでジャブジャブ・・・。(笑)

1518195594762

イナダとカイワリ、おそらく10匹ずつといったところですか。

これだけでも嬉しい釣果です。

Imgp2715

晴れ、凪、こんなに全てが揃う釣りはなかなかないです。

天候が良い時、魚はいないなんてのは何度も経験してますからね。

でも今回は小潮だったんですね。どちらかというと潮が動かない日、釣れないなんて思いそうですが、船長がよく言ってる「潮は関係ない。」というのがよくわかった日でした。

20180209tied

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ