無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 楽しくも痛い釣行記(笑) | トップページ | う、う~~、痛いなぁ~、でも針は刺してません(笑) »

2016年10月23日 (日)

またまた見果てぬ夢シリーズ復活 (笑)

2016/10/22 約一週おきの釣り、これが自分のパターンとなっています。

主にメダイやカイワリ、ハナダイが大好きなのでそれを中心とした釣りをやっていたのですが、最近のメダイはご機嫌斜め、ハナダイ、カイワリはサバに邪魔されてサバサバサバの釣果になってしまいます。(笑)

そんなわけで、最近は富士丸の真鯛釣りをやってみたのですが、これはこれでハマる釣りなんです。やらない時の感覚だと仕掛けを落としたら、ドカッと竿受けに竿置いて、のんびり待つ釣りなのかと思いきや、コマセの交換が忙しかったり、神経ピーンと張り詰めて棚取りしたり、誘ったりとなかなか忙しく、面白い釣りだとわかりました。

しかし、2回続けてなのでそろそろ3回目も真鯛でなく、何かないかなと富士丸の釣果を見ていました。

これは14日の釣果、まだまだ真鯛が釣れ続いているようです。
でかいカイワリ、うーーむ釣りたい・・・。(笑)

20161022chyouka0101

しかし、15日からアカムツの釣果が載り、16日ではかなり釣れている。
しかも富士丸の看板が真鯛からアカムツに変わってしまった。

元々、船長が赤ムツの試し釣りをしたり、看板としてやり始めたことは知っていたのですが、どちらかというとアカムツは宇佐美の治久丸など、専門の看板上げているところの釣り物だと思っていたので、気にかけていなかったのです。

治久丸でも一人2匹も釣れれば上出来の釣り、自分も2回ほど行ってみたものの、未だに見果てぬ夢なのです。(笑)
それが3人で7匹、しかも2~3匹ということは坊主なしで2匹2匹、3匹ってこと?

これは、狙うしかないでしょ?(笑)

20161022chyouka0102

更に19日の釣果では午後船で2人で12匹、1人6匹ずつ・・・・。わぉ!!(笑)
治久丸でも午後船で釣れないことは無いのですが、朝が一番なので、通常は午前船、午後はカイワリ狙いの船になるのです。
それが午後でこの釣果はすごい!!

早速、富士丸に聞いてみました。

今までと仕掛けや棚取りなど全部見直したとのこと。
それが釣果に繋がっているようです。

速攻で空いていた土曜日午後を予約、仕掛けを作りました。
今回も1人釣行でしょう。(この時はそう思っていました。(笑))

20161022chyouka0103

天気予報は曇りで、午後は風もありません。

20161022tenki

で、当日、12時に着いてみると、3人ほど準備をしている模様。
話を聞いてみると、どうやら急きょ日曜日の仕立て?の方が変更されたとのこと。
乗り合いなので、これは仕方がありません。
初めての釣りだったので船長にいろいろ聞きたかったのだけど、少し難しそうです。

Imgp1614

港の工事、始まってからかなり経ちますが、まだまだ続きそうです。

Imgp1617

出発前の準備、船長自らサバタン作ってます。

Imgp1618

12:22いよいよ出発、200~300mの深さと聞いているのだけど、どの辺でしょうか?

Imgp1619

船は初島の方向へ行かず、熱海側へ行きます。
200号の錘で釣るのだけど、竿はいつものメダイ竿、ダイワ マッドバイパー スティング 240です。

Imgp1623

最初のポイントは網代湾沖の250m、船長の「はい、やってーー」でスタート。
いきなり、クンクンと小さな当たり、アカムツではありません。
巻上げてくるとシロムツ、でも反対側の人とお祭りしていて、解いているうち外れちゃい、バイバイ。(笑)
周りはシロムツが少し釣れたようです。

Imgp1625

何度かやっているうち、少し深めの265m。
リールの糸巻きが金色に見えます。ヤバイ、PEがギリギリやん。(笑)
そういえば、伊東の加納丸で5号350mで高切れしたのを思い出した。
ちょうど100m位と思っていたけど、まさにそんなとこでした。
マッドバイパーの調子とPEの細さは釣りにあっていたのですが、ディープインパクト、8号500mに交換です。

Imgp1628

網代沖のポイント、あまり芳しくなかったのか、移動です。
目指すは熱海沖のようです。

Imgp1632

他のお客さんの対応もあって、船長とコンタクト取りにくい状況だったのだけど、やっとここで話ができて、マッシュルームボールを貰うことができました。

Imgp1633

で、釣れたのはスミヤキ、この後、結構仕掛けをバツバツ切られます。
おそらくこいつでしょう。
こんな時、今回のような胴付き仕掛けは予備のハリスを準備しておくと、交換がすぐにできていいですね。
自分も予備を作っていたので、サルカンから先だけ結び直して対応できました。

Imgp1636

結局、最後までアカムツが自分の竿に来ることは無かったのですが、シロムツ2匹、オキギス1匹、スミヤキ1匹と貧果に終わりました。

しかし、最後の最後、暗くなり沖上がりになるかどうかの時間帯、バタバタッとアカムツが周りに来ました。

Imgp1638

一人は反対側の方、もう一人は自分の隣。(隣と言ってもミヨシとトモですが・・。)
4人で2匹の釣果・・・。うーーん、アカムツはなかなか釣れませんね。
また、次でしょう。

Imgp1639

海底地形図を見ると真鶴と初島の間はすり鉢状になっていることがわかります。
アカムツはこのすり鉢状の250m位の縁にいるんでしょうね。

反対側に乗っていた方の説明で、今頃のアカムツは回遊していると言っていました。
冬場は特定の場所にいるのだけど、それまでは時間帯によって、場所を変えるそうです。
このすり鉢の縁を回遊しているのでしょうか?
釣ってみたいものです。

20161022atami02

船長、「今日は潮が悪かった。いるのだけど食わなかったね。」
確かにそんな気がしました。
当たりはあっても少しだし、何よりほとんど微妙な当たりばかり・・。
潮汐でも小潮、あまり食い気が出ない潮なのかもしれません。

帰り間際、もう、これで終わりだろうと思ってた、最後の投入で鋭い当たりがあっただけでした。

この鋭い当たり、キュン、キュンと当たった後、食い込むかと思ったのだけど、ここまで・・・。

アカムツだったのかな?(笑)


20161022tide

« 楽しくも痛い釣行記(笑) | トップページ | う、う~~、痛いなぁ~、でも針は刺してません(笑) »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまでしたm(__)m
今回の釣行結果、楽しみにしてました。
釣果は残念でしたが、興味は大きくなりました。
マシュマロボール…アイナメには使いますがアカムツにも良いのですね。

アイナメと同じ使い方ならば、錘を時々、根に当てながら、根の間を探るように竿を上下させる釣りになりますが、当たってからのやり取りは違うのでしょうか?

アイナメは根に強引に潜ろうとするのでとにかく早く根から抜きあげないと行けません。
アカムツは口が柔らかいと芋さんのブログに書いてましたので、強引なやり取りはダメかしら(^_^;)?

一度トライしたいですので仕掛け等、教えて頂けると幸いです。

アカムツ残念でしたね。やはり博打のような釣りなんで赤いダイヤと呼ばれる所以なんでしょう。
仕掛けは堂つき三本針でしょうか?。いろいろ聞くと枝ハリスが多少浮力があって誘い過ぎない、竿は柔らかめがいいみたいですね。
自分は8月以降沖には出ていません。回りの成果を見ていてもあまりそそられる成果ではないので。ただそろそろうずうずしてきましたので、何か釣りに行きたいです。ワラサを待ってますが、駄目そうだったらイカかヒラメでも行きましょうかね。

もう一回行っときますか(^^)?さん、おはようございます。
あはは、ダメでした。アカムツ、縁が無いのかなぁ・・。なんて弱気になってませんよ。
でも釣れた方が何倍も楽しくていいですよね。(笑)
マシュマロボール、自分は名前を聞くのも初めてで、時間が無かったので、買うこともできませんでした。船長が用意しておくと言っていたのでそれを使いましたが、浮力があるみたいですね。
自分の反対側で釣っておられた方は、かなりいろんなことを知っておられる人でしたが、最後にアカムツが釣れた時、「赤に来たよ。」と言っていたのはマシュマロボールのことだったようです。自分の横だった人は船長が仕掛けを作っていたので付いていたのは確実。効果がありそうですね。
上がってきたときのアカムツを見ると、かなり元気に動いていたので、上まで暴れながら上がってきそうです。口切れはありそうですね。
今回のしかけは胴付き仕掛けと天秤の複合でした。
仕掛けについては細かく書こうと思ったのですが、いろんな考えを船長がして、作ったやり方のようだったので、公開をわざとしませんでした。
もし必要ならメアドいただければ、お教えしますよ。
またチャレンジしたいですが、少しだけ問題がありまして、時間が掛かるかもしれません。
問題については次の方のコメントで書いてみます。(笑)

すずけんさん、おはようございます。
いつもコメントありがとうございます。
アカムツ、なかなか釣れません。
船中2匹しか釣れなかったので、坊主もしょうがないのですが、よりによって一番釣れないときに釣行したのかもしれないですね。(笑)
竿ですが、固めは合わなさそうな釣りですね。錘負けする位の竿がいいと思います。釣っていた感覚だとダイワ マッドバイパー スティング 240Mで丁度の感じです。
しかしこの竿のリールのPEがこんなに無いとは思いもしませんでした。
そしてもう一つの竿のリール、こちらはPE8号が巻いてあったのですが、最後の巻き上げであっけない高切れ・・・。高価なよつあみのPE500mがパーになりました。(笑)リール2台分のPE交換、これは痛いです。(笑)
今まで何度か経験していますが、深場釣りはスミヤキかサメか突然切れるのが怖いですね。今度は作戦を変えて、少しだけ細い糸を長く巻いてみたいと思います。
すずけんさんが待ちに待っておられるワラサ、中々来ませんね。去年はかなり長い間釣り続いたのですが、今年は話にも上りません。魚次第なのでどうしようもないですが、群れが来るといいですね。
自分はどうかな?ワラサが来れば行きますが、PE直してやはりアカムツかなぁ。懲りないやつです。(笑)

umeさん

お疲れ様でした。
アカムツ、釣れそうでなかなか釣れないですね。
私も、銚子まで行きましたが、釣れずに終わっております。
マシュマロボールですが、その銚子の釣りで、常連さんが皆さん使用しているのを見て、次回はで私も購入しましたが、まだ試すチャンスはありません。
アカムツ釣りの常連さん曰く、とにかく誘いはソフトに、アカムツは上からふわっと落ちてくるエサに食いつくからと聞きました。
結構ヘビーな仕掛けですし、船だから揺れもする中で、このふわっとした誘いは、なかなか難しいと実感した次第です。

ブログを拝見すると、オモリは200号、水深も300m未満のもようですね。
この範囲なら手持ちのタックルで対応が可能です。
アカムツは寒くなると深場に移動すると聞いていますので、「行くなら今でしょう!」でしょうか?
頂いて食べた事がありますが、確かに美味しい!
また、行ってみたい釣りです。

お疲れ様でした。

あははのは~!
前日私も波崎でボーズを食らってきました。
ま、幻の魚なんでこんなもんでしょ(笑)。

同行の芋さんは1本釣りましたよ。詳しくは芋さんのブログをご覧ください。

波崎は今季はもう終わりなんで、また来年です。
多分6月頃から始まると思います。
一回行っときます?
東伊豆よりはめぐりあう確率は多いと思います。

富士丸はまだワラサは始まりませんか?
東京湾はやっと本格化してきたようです。

始まったらお知らせください。
今年は東京湾でなく、初島周りのワラサを釣ってみたいと思ってます(笑)。

ananさん、おはようございます。
前の日まであれだけ釣れていて、この日だけは船中2匹、言ってしまえば魚釣りってそんなものですが、食わないときは何してもダメですねー。(笑)
船長が帰り際に、「魚はいるんだけど、口を使わない。潮が悪かったねー。」と言っていましたが、まさにそんな感じでした。
そして教訓は最後まで油断するなですね。特に午後船は最後の最後がおいしい時間帯、上がったアカムツ2匹も終了10分前くらいだったでしょう。
気持ちは緩んでいませんでしたが、どことなくダメかなーと思う自分だったのでこりゃアカンです。(笑)
マッシュルームボール、地元のキャスティングでは見つけることができませんでした。しばらくこの釣りの時は船長にお世話になるかなー。しかし、あれってそんなに効果あるのかな?浮力があるとのことですが、付けるサバタンやホタルイカを考えると漂うまで行くのですかね?何か実験してみたくなります。(笑)
まぁ、釣れない釣りは大得意。(笑)まだまだ懲りずにやってみますよ。
ananさんも仲間になります?(笑)
竿は柔らかめがいいですよ。

腰痛持ちさん、おはようございます。
え~っ、腰痛持ちさんが坊主だったの?これは信じられない、やっぱ潮ですね。最初はね、芋さんや腰痛持ちさんに、ひょっとしたら勝てて、やっぱ網代に行くんだったと言わせちゃろかーーなんて思っていたんですよ。(笑)
でもなんだか様子がおかしい、さっぱり釣れない、そのうち腰痛持ちさん5匹は釣ってるんだろなーーなんて釣りながら考えてました。(笑)
後で芋さんのところ、見てみますね。
釣れなかったけど、宇佐美でアカムツ釣っているより、なんとなくしっくり来ていました。だって網代湾や熱海沖ですからね。とりあえず、再来年からは地元になる地域で釣りができるのが嬉しい。この沖のさらに深いところにアコウがいるようなので、さらにこれも狙うつもりです。
なんだが坊主×2や3になりそうですが・・・。(笑)

一緒に乗っていたベテランさんの話では熱海周辺の沖では元々白ムツ五目乗り合いというのがあったそうです。白ムツと書いてあってもとりあえずたくさん釣れる白ムツがメインになっているたけで、実際はアカムツやクロムツ、メダイにアラなど多数の中深場狙いが目的だったらしい。最近はなくなっていたけど、釣れていた魚なので、船がたくさん出なければ今後も続くのではとのことでした。
幻の魚、今回は釣れたのが見れたということで、少し近づきました。
ポチポチ釣れればいいですね。

ワラサ、来るかなーー、来れば休んででも行っちゃいます。
釣れたら教えますね。(笑)

おはようございます。

波がある日は、「捨て糸」で底からの距離を調整できる「胴突き仕掛け」はアカムツに限らずとても釣りやすい仕掛けだと思います。
長さを変えた「捨て糸」を何本か用意しておくと、その場で臨機応変に交換・変更できてよいのかもしれません。

相模湾・網代港のアカムツ釣り、もっと盛んになって情報がほしいなぁと思いますが、人気が出すぎると魚がスレて枯渇しだすので、本当は今のうちが一番ビッグチャンスがあるのかもしれませんね。

私もやりたい、食べたいでーす。

おはようございます!のりべんです。
最近何かと忙しく…遅れてのコメントさせて頂きます(^^;)

やっぱり…umeさん、狙いはソコですよね(笑)その辺りをイメージされてご釣行されているのでは?と思っておりました。

まだ場所は掴めておりませんが、アコウはいるようです。。時期的には春先に浮上してくるので、今の時期はなかなか難しいようですが、チャンスはありそうですよ。今週末(というか、今週末こそ浮かびたい…)調査したいと思っております。

仕掛けの件、後ほどメールしますね(^-^)

芋焼酎さん、おはようございます。
捨て糸の長さで棚を安定した高さで変える、なかなかいいアイデアですね。
胴付き仕掛けは確かにそういう棚に関しては取りやすい仕掛けだと思います。加えて仕掛けが切れた時でも、サルカン連結なので予備のハリスが用意してあれば、すぐ新品に戻ります。富士丸の船長などは仕掛けを細かく聞いた時「船に乗ってから作ればいいよ。」なんて言っていました。(笑)
トモのお客さんは貸し竿のお客さんでしたが、糸を切られるたび船長が針結びやっていましたね。(笑)
芋さんの言われる通り、網代のアカムツは今が未開拓の状況で一番いい時でしょう。このまま釣り続ければ、我も我もとなって本当の幻の魚になるのかもしれません。今のうちに釣っておきたい魚ですね。(笑)
これで2~3回通えば釣れそうな気がしますが、問題は電動リール2台分のPE交換がかなりきつい、特に号数を一段落として長さを長くした分、費用がかさんでしまい、二回分の釣行費となってしまいました。
しばらく行けんかなーーー。(笑)

のりべんさん、おはようございます。
最近は色々小さなトラブルがあって、カヤック釣行むつかしいようですね。
無理をせず、楽しんでください。コメントは残せませんが、時折ブログは拝見させていただいてますよ。(笑)
アコウ、実際は真剣に狙うつもりでもないのです。大好きな大船長が釣ってきたという話から、どんな深さでどんな釣りなんだろうと興味がわいた感じですかね。
船長の話でも一匹上がればいい方というくらいですから、アカムツより幻でしょう。でも、熱海の町を見ながら350m深海のアコウを狙うなんてのは良さそうではないですか?
船長に相談してgoが出れば行ってみます。
究極の見果てぬ夢シリーズになりそうですね。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576072/64386335

この記事へのトラックバック一覧です: またまた見果てぬ夢シリーズ復活 (笑):

« 楽しくも痛い釣行記(笑) | トップページ | う、う~~、痛いなぁ~、でも針は刺してません(笑) »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ