無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 釣り物が決まらない釣り | トップページ | またまた見果てぬ夢シリーズ復活 (笑) »

2016年10月 9日 (日)

楽しくも痛い釣行記(笑)

2016/10/8 3週間釣りから釣りをしていないのでメチャクチャ行きたくなっていましたが、釣り物が決まらない・・・。(笑)
前回、メダイは不在だったし、さすがにメダイとは気持ちが動かない。(笑)
真鯛は釣れているらしいので候補だけど、カイワリ・ハナダイはサバサバ攻撃で無理らしい・・。
ならば前回やりかけた、中アジ釣り、これをやるかと決めました。

アジは大好きなんだけど、網代で釣りに行ったのは前回が最初、時間が少なく、釣ったものの数的には不満足でした。

今回は朝一マダイ狙いで、その後中アジの数釣りといつもの欲張り2目狙いです。
二兎追うものは・・・とも言いますがうまくいくでしょうか?(笑)

天気はあいにくの雨、でも大したことなく、風が無いのが何よりです。

20161007tenki

朝5:30、いつもの富士丸で出発です。

Imgp1573
昨日、富士丸の中乗りさんが8kgの真鯛を上げたと船長からの報告。
同乗の中乗りさんに聞いたところ、別の中乗りさんとのことでした。
「危うく抜かれる所だった。」との中乗りさんの話を聞くと、9.1kgが自分の記録だとのこと。
8kgにしろ9kgにしろ、自分とは遠い話だと思いながら聞いていたのですが、初島周りでかいのがいるんですね。
4号の糸で上げたとのことで、更にびっくりです。
私の腕ではなかなか上がらんでしょう。もっともかからんですが・・・。(笑)

Imgp1578
網代の山をバックにポイント到着、港で隣に停泊している鈴喜丸も真鯛のようです。
ポイントに着いたけど10分ほどグルグル・・。
どうやら6:00が釣り開始の時間らしい。

Imgp1579

ここからは細かい写真一切なし。とにかく忙しいです。
真鯛釣りってもっとのんびりした釣りかと思っていましたが、かなり忙しい・・。
コマセ入れて投入、3分も経てばコマセもエサも無くなるから、上げて入れて再投入の繰り返し・・。
それだけならそんなでもないだろうと思われるかもしれませんが、その間は竿先見つめたり、棚の細かい位置は?シャクリは?集中している間に、次のこと考えて、あっという間です。

そのうち中乗りさんがやや小ぶりの真鯛GET。
そして自分のも竿先がクンクン、そこそこの手ごたえで上がってきます。中乗りさんもサポートに「おっ、真鯛でしょう、やりますねー。」と言ってタモを構えてくれます。
しかし上がってきたのは茶色の魚体、ウマヅラでした。(笑)
その後は、サバサバサバ・・・・・・・。
たまらず、ポイント移動、船長から「外道が来るからコマセのオキアミは少なくしろーー。」の号令。
L80号に1/4ほどのオキアミで開始。
クンクン、ギューン、なかなかいい引き、イナダかい?(本人真鯛が掛かるなんてちーとも思ってません。)
何度かの引き込みでこいつは真鯛だワ、なんて思い出し、自分が今までに釣った真鯛では一番引きがいいと感じ始めました。(なにせ、釣った真鯛の数が一桁、どれも可愛い。)

何度かの抵抗をドラグと竿でかわし、見えてきたのは赤い魚体、真鯛でした。

厚みのある食べごたえ十分の真鯛、嬉しいですね。

Imgp1581

雨はシトシト降り続けていますが、波は無く、魚も相手してくれていたので、気になりません。

ところが、この後、パタッと食いが止まり、真鯛どころかサバさえも来なくなります。
ほんとにものの見事というくらい、食いません。
船長「アジ釣りに変更しまーーす。」

Imgp1583

着いたのは網代湾沖の60m、アジのビシ釣りで底から仕掛け分上げた位置でアジを狙います。
着底後すぐに当たり、巻き上げると25cm位の中アジと小鯖。
アジは良いけど小鯖はどーにもならん、と思いつつ続けていると、その後はどーにもならんコサバコサバコサバ・・・。(笑)

Imgp1586

そのうち、やたら重いのがかかった。
上げて見ると、小鯖二匹の尾っぽに仕掛けがぐるぐる巻き・・・。
ショウーガネェーナと解きにかかったところ、小鯖の一匹が猛烈に暴れ、はずみでムツ針が小指先端にグサッ・・・。

痛い・・・、なんとか抜けないかなと、ペンチで引っ張るも、ムツ針特有の先端の曲がりとカエリが邪魔をして痛いだけ・・。
ヤッベェ・・・、こりゃあ病院かな?と思いつつ、針の入り加減を見てみると、Uの字の底まで入っている、ならばそのまま押し込めば、先端が出てくるかな?
ちょっとやってみるとそんなに痛くもないし、少しで中から皮膚を突き破りそう・・。
グッと押せば、皮膚が富士山のように尖り出し、頂上が白くなって、やがて針の先端が出てきた。
引き抜こうとした時は痛いだけで抜けなかったのか、ここまで痛みは全く無し、不思議なものです。
そこまでわかれば、糸が結んである部分が指を通ると痛そうなので、針を折らねばとペンチ思いっきり切ってみる、切れないが、大きく傷がついた。

ちょうどペンチを二つ持っていたので、片方を押さえて糸側を折ろうとするのだけど、腕が3本無いとできない。(笑)
そのままペンチを持って船長に俺が針先側をペンチで握ってるから、糸側を持って折ってくれと頼み、簡単に折ってくれました。

後は飛び出しているムツ針の先端を引っ張ると、痛みもなくスッと取れた。ヤレヤレでした。

船長がバンドエイドとユビサックを提供してくれて手当完了です。

小鯖とは言え、油断大敵、身に染みて教わりました。(笑)


アジ釣り、最初は好調と思われましたが、小鯖攻撃が続き、どうにもなりません。
ポイントを変えて近くのハナダイポイントへ移動、中層の30m前後を釣ります。
中乗りさん、良型のハナダイGET。
こちらもハナダイ竿に変更し、ウィリーで誘うのだけど、これが大失敗。
実は前回の真鯛釣りの時、電動リールのレオブリッツ300が故障、液晶表示は出るものの、巻き上げできない状態となり、修理に出していたのです。
代わりに選んだリールはダイワ リール イッツ  icv150 コンパクトでカヤックの時は好きで使ったこともあったのですが、いざウィリーで使ってみると使いづらい・・・。

ベアリングが入っていないのか、滑らかに回せないため、普段のレオブリッツのように下げながら巻き取るリズムが取れない。
当然、シャクリもアンバランスとなり、全体的な流れがギクシャクギクシャク、同じ竿を使って釣りをしているとは思えないほど、うまくいきません。

リール選びの時に、タナセンサーかオクマかicvのどれかにしようと思ったのですが、バッドチョイスでしたね。
icvの名誉のために言っておきますが、ほかの釣りでは面白い釣りができるいいリールだとは思います。

結局ハナダイポイントは中乗りさんもハナダイ以外釣れず、70mのアジポイントに移動です。

ここで35cm位のオオアジが釣れて時間となりました。

Imgp1587

11:00過ぎたので帰ります。
色々ありましたが、思いもかけない真鯛、オオアジ、そうそうイトヨリやソーダも釣れました。
これだけ釣れれば後が楽しみです

Imgp1590

今日のサバ以外の釣果です。
真鯛は船長の検量で1.4kgでした。
これは嬉しいです。

小指ですが、帰ってからも再消毒、カットバンで治療していますが、触っても痛くはないし、よかったです。

Imgp1593

小潮でしたが、結構釣れました。
あまり関係ないなかな?(笑)

20161007tide




« 釣り物が決まらない釣り | トップページ | またまた見果てぬ夢シリーズ復活 (笑) »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!

umeさん、また一人で…(笑)!

それにしても見事な真鯛です!
丸々と肥って美味しそう(^q^)

ハナダイはそうでしたか、リールの操作性が異なるとリズム感が変わりますよね(^_^;)?

最後に大鯵は諦めないumeさんへの神様のご褒美ですね(*^^*)?

針が刺さる、押し出して抜く…私も経験しました。痛かったです…唇でしたから(^_^;)

大事にならず、不幸中の幸いです。

こちらは同日、平塚で甘鯛釣りでした。
雨も気にせず釣りを楽しむ…釣り○○だから仕方ないですよね(笑)!

APさん、こんばんわ。
ははは、行っちゃいました。3週間行っていないとムズムズしてきますね。(笑)
真鯛釣り、最初はむつかしそうだったので、おっかなびっくりでしたが、上手とは言えないまでも、釣れだすと面白い釣りとわかりました。けっこうはまりますね。刺身、昆布締め、荒煮、色々と楽しんでまだ半分あります。楽しみが続くのは嬉しいです。
ウィリー、竿だけではないですね。リールもタイミングや滑らかさが無くてリズム感が出せませんでした。アジ釣りは餌でしゃくらない釣りが楽しいかもしれません。アジは家内の大好物、今回はアジ釣りもすると言って出てきたので、これで坊主だったらやばいところでした。(笑)
アジ連れて良かったです。

針を刺したのはは今回で2回目ですね。前回は真鯛針だったので少し痛かったけど、引き抜きましたが、ムツ針は抜けませんね。(笑)痛さが増すばかりでした。仕方なく自分で押したのだけど、不思議と痛くない、正解だったと思います。ペンチ2つは必要ですね。(笑)

APさんも雨の中お疲れさまでした。
アマダイ大漁で自分より釣果的には多いですよ。
さすがAPさんだと思いました。

またご一緒しましょう。釣れだしたら連絡します。

こんにちは。

良型マダイに大アジと美味しい魚ゲットですね。
1.4kgはうらやましいサイズです。

またハナダイやらカイワリがぽんぽん釣れるようにならないかなあ。
秋の釣りシーズン、まだまだこれからが楽しみですね。

芋焼酎さん、おはようございます。
真鯛、それなりに狙って釣れるようになりました。
もちろん、真鯛のご機嫌の良い時の、ほんの一握りだけですが・・。(笑)
でも釣れると釣る気になりますね。1.4kgは初めてですが、これくらいになると美味しいのがよくわかります。3kgや4kgだともっとおいしいのかなぁ、未知の領域ですね。
ハナダイ・カイワリ情報ですが、今も釣れているようです。前回芋焼酎さんたちとハナダイ・カイワリ釣ったポイントは真鯛ポイントでもあるようで、真鯛仕掛けの1針10mを2針に替えるとハナダイやらカイワリが釣れるそうです。
ただ、すぐにサバが邪魔するので、ビシに詰めるオキアミを極力少なく、例えば1/4とかにして、針の夜光玉を取り除いて、やれば釣り続けられるとのことでした。
ウィリー釣りは勧められませんでしたが、おそらく真鯛が好調なので、両狙いなのでしょうね。
ワラサポイントでもあるので、ワラサが来るとマダイもハナダイ・カイワリも釣れなくなってしまいそうですが、今年はワラサの便りがありません。
いいんだか、悪いんだか、やはり例年通りでないということは悪いのでしょうかね。

また来てください。一緒に釣りましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576072/64320010

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しくも痛い釣行記(笑):

« 釣り物が決まらない釣り | トップページ | またまた見果てぬ夢シリーズ復活 (笑) »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ