無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 独り釣行 網代 カイワリ・ハナダイ メダイ | トップページ | 楽しくも痛い釣行記(笑) »

2016年9月18日 (日)

釣り物が決まらない釣り

2016/9/17 土曜日に時間ができたので釣りがしたい。そう思って富士丸に電話・・・。

「メダイ?? 今誰もやってないよ。カイワリ・ハナダイ? 昨日出たけど、型見ることはできたけど、後はサバサバサバ~、jマダイ?隣の鈴喜丸が釣ってるけど小さいよ?」

と、どれをとっても前回と同じ釣れない釣りか、サバ祭りに終わりそう・・・。

結局、午後船に乗るので、午前船の真鯛釣りが3人いるのでこの結果を見て決めることになりました。

天気予報は台風の影響か、コロコロ変わりますが、今のところ大丈夫そうです。

20160917tenki

で、17日釣りの支度をしていると網代湾60mと思われるポイントに遊漁船が・・・。
早速、カメラで撮ってみると富士丸・・。
真鯛ポイントは良くなかったのか、アジポイントで釣りです。
これって行く前からダメじゃん・・・。(笑)

Dsc_635801

12:30、船に到着、とりあえずダメ元でメダイ、ハナダイ・カイワリ、真鯛用と3本の竿を持参。

メダイは試してみたいことがあるので外せない、後を何にするかだったのだけど、船長が鈴喜丸が真鯛を上げていたことから真鯛に決定、出発です。

Imgp1533

予定では15:00まで釣れても釣れなくてもメダイ、そして後半は真鯛、そう、真鯛は夕間詰狙いです。以前大船長たちと一緒に釣ったときも15:00からが良かった、そんな思いがまたできるでしょうか?

ここから、忙しくて写真はありません。
結果から行くと、メダイ不在、最初にユメカサゴ、次がサバとオオアジ、サバサバサバ~、サバとオオアジでした。(笑)
サバ、やはりいるんですねーー。
始末が悪いのは、オオアジと同じ棚にいるのです。
オオアジは外道ですが、我が家では大人気、持って帰りたい魚なんです。
でも、アジが食ったと思われる当たり直後にギュンギュンとサバの当たり、上がってきたのはサバだけというのが何回も・・・。

またややこしいのは結構でかいサバなので2匹もかかるとかなり重く、一見小メダイかと思う位のがメダイの棚で食ってくる・・・。
最初は小メダイ??と思いつつ上げてくるのだけど、途中での引き込みが無いのでわかってしまいます。(笑)

しかし、一度だけ見せ場がありました。

160mまで落として巻き上げた瞬間、ドスンと重い当たり、そのままピクとも動かず、根掛かりかと思わせる当たり・・・。しかしわずかだけどグッグッとトルクフルな引き込みがあります。

底ということからおおよそサメと推定できるのだけど、今までに味わったことのない引き込み、下手をすると持っていかれそうな感じだし、マッドバイパースティングは満月。
それもありったけの力で支えて、最初は手巻きでポンピングで巻上げ。
柔い竿ならとっくに折れてる状態です。
底から離せたので電動レバーを低で巻き上げ開始、ウイーーーーとモーター音はするけど一向に巻き取れない、仕方なくポンピングで巻き取り魚を引きずりあげます。
ドラグはガチガチに締めこんで、竿を下げると糸が巻き取れ、竿を立てるとモーターはウーーーと止まったまま。100mまで上げるのに何回ポンピングしたかわからないし、疲れるーー。(笑)
一瞬、宇佐美 嘉丸の42kgのイシナギが頭に浮かびます。(アリエネーとは思いつつも・・)
しかし、サメの引きとは明らかに違う、グッグッと細かだがトルクフルで負けそうな位強い引き、いったい何だろう?

際限なく続くかと思われた巻き上げも70m、50m、30m、次第に上がってきました。
やがて10m、6mと来たとき、船長が「サメの尾掛かりだわ。道理で引かないわけだ。(笑)」
見ると1m位の茶色のサメ、この辺によくいるサメですが尾びれの付け根辺りに刺さっている。底取りして巻き上げた瞬間グサッと刺さったのでしょう。
重い理由も、グッグッとトルクフルな引き込みもこれで理由がわかりました。
頭に少しだけ描いていた42kgのイシナギがガラガラと音を立てて崩壊した瞬間でした。(笑)

Imgp1539

15:00です。真鯛ポイントへ移動、船長も釣るのか、竿の準備をしています。
これって今までに何回か一緒に釣ったことかあるのですが、良い経験ですよ。

横で先生が釣りの手本を見せてくれるわけですから・・。

特に大事なのは釣っている間隔。

自分はあまり真鯛釣りをしたことがないので、実際がどうなのかを知りませんが、イメージだと棚まで下したら竿受けに竿を置いてのんびり待つイメージなのです。

船長、操船しながら2分おきにコマセを詰めて、下しています。

2分おきだとかなり忙しい釣りです。

Imgp1541

自分の竿は3mの海攻 マダイリミテッドS-300 あまり使わない竿ですが調子は好きな竿です。

釣りだしてわかったのですが電動リールにトラブル発生。
水深は液晶でわかるのですが、巻き上げようとしてjogダイヤルを回してもモーターが回らないというかウンともスンとも言わない。

深さは45mなので手巻きで問題ないのですが、前回は使えたのにどうしたのでしょう?
結局、あれこれいじくっても回復しないままでした。
修理だすか・・・。(笑)

Imgp1546

鈴喜丸です、午後も釣っているんですね。
網代港、現在工事中で船の停泊位置が変わっていて、鈴喜丸は富士丸の隣になっています。

Imgp1551

最初は全く当たりどころかカスリもしなかったのですが、そのうちキュンと竿先が引き込まれます。上げてみると付けエサのオキアミが無い。
明らかに何かが食ったのです。
で、何回かコマセ詰め替えてやっているとキュン・・。
付けエサ取られています。
オキアミは一匹の尾っぽから針を刺して使っていましたが、どうやら針の無い部分を引っ張って食っている模様。
ならばとオキアミのしっぽ側の部分だけにして針が全部隠れるくらいの付け方にして投入。
キュン、グーッ、食いました。

Imgp1552

型は小さい物の真鯛釣りました。
いやー、真鯛釣り、忙しいし、神経戦あり、楽しいですね。
これははまるなーー。

この間、船長は真鯛2匹、ハナダイ1匹を操船しながら釣っています。
さすが、プロですね。

Imgp1554

瀬戸丸、喜久丸そして鈴喜丸と時間になったので帰っていきます。
色々な体験ができた釣りでした。

今度はアジ-真鯛リレーにしちゃおかな?(笑)

Imgp1555

今日の釣果です。
ユメの下のハナダイは船長からのプレゼント。
そして写真は無いですが、山のようなサバサバサバ~。(笑)

Imgp1558

今日の潮汐

今日も大潮でした。前回も大潮に近い中潮でしたが、帰ってきて富士丸から下りるとき、かなり高くなっていて、足が悪い自分には少し怖かったですね。

20160917tide01

« 独り釣行 網代 カイワリ・ハナダイ メダイ | トップページ | 楽しくも痛い釣行記(笑) »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

短いスパンで釣りされてますね。
メダイは留守で残念でしたね。
自分も8月11日にメダイやりましたが回りは掛けてもサメの餌になってました。自分はクロムツ、アジで終わってしまいましたが。
その後真鯛釣りだったみたいなのでワラサが混じったか知りたかったのですけどまだみたいですね。今年は遅いですね。例年ならもうポツポツ釣れるハズですけどね。早くワラサが回ってこないかなと待ちわびています。いまは釣り物が無いのでワラサが回ってきたら釣り行こうと思います。
それにしても今年はどこも真鯛が好調ですね。
今年は当たり年でしょうか?

スズケンさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。
メダイやられましたか、サメの襲来ありますねー。
大概サメの食いつくのは底なので、錘が落ちたら即巻き上げが必要です。
それでもたまに中層でも食ってくるから始末が悪いですけどね。(笑)
サメを避けるため、船によっては底からの棚取りではなく、上からの棚取りをする船もあります。行ったことはないですが、鈴喜丸の釣り方は上からのようですね。
クロムツとアジが釣れたということで、おそらくオキアミ餌だと思いますが、イカタン、サバタン、特エサとしては餌屋で売っているホタルイカはメダイにいいようです。また試してみてください。

マダイ釣り、久々でそれも人生で4回目くらいだと思います。
これ、けっこうハマる釣りですね。いつもならもっと遅い10月後半位から11月と思いますが、自分でも釣れる真鯛が9月にいるのは珍しいかなと思っています。
富士丸の何回か前のマダイ釣りでワラサが上がっていましたね。
自分もひょっとしたらと思っていましたが、混じりませんでした。(笑)
そろそろ来てもいい頃だとは思いますが、どうしたのでしょう?
去年はかなり凄い群れでいい釣りが出来たようですが、年によってムラがありますね。

スズケンさんはワラサ大好きと聞いたのから、自分も伝染したのか、釣りたくなり、かなりの仕掛けを作っています。こんな時に限ってこないのかもしれませんね。(笑)

早く来ないかなーー。(笑)

こんばんは!のりべんです(^-^)

今年はどうしちゃったんでしょう?秋らしい釣果が見れる日があるものも波があり、続かないなぁ〜、と船宿の釣果速報を見ております。
そのような中でマダイの釣果です!好釣果じゃないでしょうか。
サバサバサバ〜もある意味例年通り、秋らしい釣果が聞けてほっとしている自分がおります(笑)

本当に異常気象ですよね。。そのポイントに釣れる筈のお魚が居たり居なかったりする。

ついに福浦はアマダイが途切れませんでした。

そのまま例年通りにサバが釣れ盛って欲しい気持ちもあり…複雑ですね(^◇^;)

のりべんさん、おはようございます。
今回は釣れる魚が決まらなかったため、船長と相談してでの釣りでした。メダイはちょっとやりたいことがあったので外せない、カイワリ・ハナダイはサバの邪魔、マダイはここの所釣れているが、型が小さいでした。結果的には午前中のマダイがまあまあだったことから決定したのですが、カイワリ・ハナダイも棚まで届けば食っていたと思います。もし行っていればどうだったでしょう?やはりサバサバだったでしょうかね。笑
マダイ、あまりやっていないですが、面白い釣りですね。
のんびり出来ない、数打ち勝負のところもあり、神経戦でもありと何でもありのつりと見ました。
今回の1匹では貧家ですが、0より大成果、次に繋がる釣りとなりました。これからが楽しみです。マダイは10月後半からが例年だと思いますが、そういう意味では異常気象なのかもしれません。
そろそろ来ててもいいワラサの回遊、今年はまだですしね。
うーーーん、釣ってみたい・・・。笑
サバ、数が釣れてあまりうれしくない魚ですが、今の時期の初島のサバ、プリプリで大きいのが特長。竜田揚げ、ソボロ、煮付けと大活躍でおいしくいただきました。笑

お早うございます。
行ってらしたんですね。
狙い撃ちの真鯛、凄い!
私に出来ない釣りの一つです。
オキアミの頭をとっても、食いつくのですね?
勉強になりますm(__)m

メダイの棚は鯖の嵐でしたか?
餌を鯖短にしても、やはり鯖が食いましたでしょうか?
鯖対策、どうすれば良いのか、未だに悩みます(^_^;)
いっそのこと、中鯖を用意して丸まんま付けてみたくなります(笑)!

秋の陣開始に相応しい真鯛、良いものを拝ませて頂きましたm(__)m

APさん、お早うございます。
APさんも含めて、みなさんの釣りに対する気持ちはすごいですね。
メールのやり取りから熱い気持ちがこちらにまで伝わってきてますよ。(笑)

今回は久しぶりの真鯛でした。面白いですねー。そして今の初島周辺は真鯛が調子いいです。上手い人ならもっと釣るのでしょうけど、私の腕で正味1時間半で1匹なら上出来だと思います。

オキアミ半分の釣りは実は2回目の体験です。針に普通にオキアミ刺すと、針の無い部分のオキアミが長く、この部分をかじられ、引っ張られます。前回も竿がクンッて突っ込むのにオキアミが無くなるばかりの時があって、ならば、全部針にかかってるようにしようと考えたのです。

これは大昔、磯釣りしている先輩からの教えで、「オキアミは1匹がけだけではない、時には2匹掛けもいいときもあるし、大きめのオキアミがいい時もある。臆病な真鯛は小さいオキアミしか食わない時もある。そんな時はできるだけ小さいオキアミを選ぶのも有効だし、更に半分のエサがいい時もある。」と聞いていたからです。
人の教えってやはり聞いておくものですね。(笑)

メダイはどうも不在だったようです。
まぁ、これは行く前からわかっていましたが、再確認に行ったようなものでした。(笑)

サバいますね~、メダイがいるべき棚はオオアジとサバの群れでした。
サバはオキアミ、サバタン、イカタンもれなく食っていました。
APさんも言っておられるように、サバを避けるのは簡単で、サバ節をエサにすれば食わないようですが、初島周りはそんな大きな餌を食べるメダイがいないので、これまた無理ですね。(笑)

初島周りのメダイで試してみたいことがありまして、まだまだやってみたいのですが、不在だとどうしようもないです。
前回意外と面白かった中アジと真鯛リレーもいいかなーなんて思っています。

メダイやカイワリ・ハナダイ釣れだしたらまた一緒に行きましょう。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576072/64218854

この記事へのトラックバック一覧です: 釣り物が決まらない釣り:

« 独り釣行 網代 カイワリ・ハナダイ メダイ | トップページ | 楽しくも痛い釣行記(笑) »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ