無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月18日 (日)

釣り物が決まらない釣り

2016/9/17 土曜日に時間ができたので釣りがしたい。そう思って富士丸に電話・・・。

「メダイ?? 今誰もやってないよ。カイワリ・ハナダイ? 昨日出たけど、型見ることはできたけど、後はサバサバサバ~、jマダイ?隣の鈴喜丸が釣ってるけど小さいよ?」

と、どれをとっても前回と同じ釣れない釣りか、サバ祭りに終わりそう・・・。

結局、午後船に乗るので、午前船の真鯛釣りが3人いるのでこの結果を見て決めることになりました。

天気予報は台風の影響か、コロコロ変わりますが、今のところ大丈夫そうです。

20160917tenki

で、17日釣りの支度をしていると網代湾60mと思われるポイントに遊漁船が・・・。
早速、カメラで撮ってみると富士丸・・。
真鯛ポイントは良くなかったのか、アジポイントで釣りです。
これって行く前からダメじゃん・・・。(笑)

Dsc_635801

12:30、船に到着、とりあえずダメ元でメダイ、ハナダイ・カイワリ、真鯛用と3本の竿を持参。

メダイは試してみたいことがあるので外せない、後を何にするかだったのだけど、船長が鈴喜丸が真鯛を上げていたことから真鯛に決定、出発です。

Imgp1533

予定では15:00まで釣れても釣れなくてもメダイ、そして後半は真鯛、そう、真鯛は夕間詰狙いです。以前大船長たちと一緒に釣ったときも15:00からが良かった、そんな思いがまたできるでしょうか?

ここから、忙しくて写真はありません。
結果から行くと、メダイ不在、最初にユメカサゴ、次がサバとオオアジ、サバサバサバ~、サバとオオアジでした。(笑)
サバ、やはりいるんですねーー。
始末が悪いのは、オオアジと同じ棚にいるのです。
オオアジは外道ですが、我が家では大人気、持って帰りたい魚なんです。
でも、アジが食ったと思われる当たり直後にギュンギュンとサバの当たり、上がってきたのはサバだけというのが何回も・・・。

またややこしいのは結構でかいサバなので2匹もかかるとかなり重く、一見小メダイかと思う位のがメダイの棚で食ってくる・・・。
最初は小メダイ??と思いつつ上げてくるのだけど、途中での引き込みが無いのでわかってしまいます。(笑)

しかし、一度だけ見せ場がありました。

160mまで落として巻き上げた瞬間、ドスンと重い当たり、そのままピクとも動かず、根掛かりかと思わせる当たり・・・。しかしわずかだけどグッグッとトルクフルな引き込みがあります。

底ということからおおよそサメと推定できるのだけど、今までに味わったことのない引き込み、下手をすると持っていかれそうな感じだし、マッドバイパースティングは満月。
それもありったけの力で支えて、最初は手巻きでポンピングで巻上げ。
柔い竿ならとっくに折れてる状態です。
底から離せたので電動レバーを低で巻き上げ開始、ウイーーーーとモーター音はするけど一向に巻き取れない、仕方なくポンピングで巻き取り魚を引きずりあげます。
ドラグはガチガチに締めこんで、竿を下げると糸が巻き取れ、竿を立てるとモーターはウーーーと止まったまま。100mまで上げるのに何回ポンピングしたかわからないし、疲れるーー。(笑)
一瞬、宇佐美 嘉丸の42kgのイシナギが頭に浮かびます。(アリエネーとは思いつつも・・)
しかし、サメの引きとは明らかに違う、グッグッと細かだがトルクフルで負けそうな位強い引き、いったい何だろう?

際限なく続くかと思われた巻き上げも70m、50m、30m、次第に上がってきました。
やがて10m、6mと来たとき、船長が「サメの尾掛かりだわ。道理で引かないわけだ。(笑)」
見ると1m位の茶色のサメ、この辺によくいるサメですが尾びれの付け根辺りに刺さっている。底取りして巻き上げた瞬間グサッと刺さったのでしょう。
重い理由も、グッグッとトルクフルな引き込みもこれで理由がわかりました。
頭に少しだけ描いていた42kgのイシナギがガラガラと音を立てて崩壊した瞬間でした。(笑)

Imgp1539

15:00です。真鯛ポイントへ移動、船長も釣るのか、竿の準備をしています。
これって今までに何回か一緒に釣ったことかあるのですが、良い経験ですよ。

横で先生が釣りの手本を見せてくれるわけですから・・。

特に大事なのは釣っている間隔。

自分はあまり真鯛釣りをしたことがないので、実際がどうなのかを知りませんが、イメージだと棚まで下したら竿受けに竿を置いてのんびり待つイメージなのです。

船長、操船しながら2分おきにコマセを詰めて、下しています。

2分おきだとかなり忙しい釣りです。

Imgp1541

自分の竿は3mの海攻 マダイリミテッドS-300 あまり使わない竿ですが調子は好きな竿です。

釣りだしてわかったのですが電動リールにトラブル発生。
水深は液晶でわかるのですが、巻き上げようとしてjogダイヤルを回してもモーターが回らないというかウンともスンとも言わない。

深さは45mなので手巻きで問題ないのですが、前回は使えたのにどうしたのでしょう?
結局、あれこれいじくっても回復しないままでした。
修理だすか・・・。(笑)

Imgp1546

鈴喜丸です、午後も釣っているんですね。
網代港、現在工事中で船の停泊位置が変わっていて、鈴喜丸は富士丸の隣になっています。

Imgp1551

最初は全く当たりどころかカスリもしなかったのですが、そのうちキュンと竿先が引き込まれます。上げてみると付けエサのオキアミが無い。
明らかに何かが食ったのです。
で、何回かコマセ詰め替えてやっているとキュン・・。
付けエサ取られています。
オキアミは一匹の尾っぽから針を刺して使っていましたが、どうやら針の無い部分を引っ張って食っている模様。
ならばとオキアミのしっぽ側の部分だけにして針が全部隠れるくらいの付け方にして投入。
キュン、グーッ、食いました。

Imgp1552

型は小さい物の真鯛釣りました。
いやー、真鯛釣り、忙しいし、神経戦あり、楽しいですね。
これははまるなーー。

この間、船長は真鯛2匹、ハナダイ1匹を操船しながら釣っています。
さすが、プロですね。

Imgp1554

瀬戸丸、喜久丸そして鈴喜丸と時間になったので帰っていきます。
色々な体験ができた釣りでした。

今度はアジ-真鯛リレーにしちゃおかな?(笑)

Imgp1555

今日の釣果です。
ユメの下のハナダイは船長からのプレゼント。
そして写真は無いですが、山のようなサバサバサバ~。(笑)

Imgp1558

今日の潮汐

今日も大潮でした。前回も大潮に近い中潮でしたが、帰ってきて富士丸から下りるとき、かなり高くなっていて、足が悪い自分には少し怖かったですね。

20160917tide01

2016年9月 4日 (日)

独り釣行 網代 カイワリ・ハナダイ メダイ

2016/9/3 前回、8月に宇佐美 嘉丸でメダイ釣行を計画するも、海が荒れて出ることができず、20日ぶりの釣行。

さて、どこに?と考えるまでもなく、自作したウィリーを試したいことと、もう一つの楽しみ、メダイの引き、この二つなら富士丸。(なんだかんだと言っていつものパターンですが・・・・。)

前日になって富士丸に電話「どうですか?釣れてますか?」「カイワリ・ハナダイだけど調子よかったけど、9/1では駄目でアジに切り替えたよ。アジじゃダメ??」と船長。

アジはどちらかというと好きな魚で釣りたいのですが、それは別の機会として、今はウィリーでカイワリ・ハナダイ狙いたい。とりあえず午前のグループのウィリー結果で釣り物を決めるということで予約完了。

天気は雨は大丈夫だけど、風か強い釣りとなるようです。

20160903tenki

当日の朝、景色としては綺麗なんだけど、山に吹く風がピューーーッと音を立てて吹いています。

午前中の釣りでは初島近辺にウサギが飛び交い、とても釣れる状況ではなかったのですが、昼頃になるにつれ、次第に治まってきました。

Dsc_6350

網代港、港の工事が続き、船に乗るにはかなり細いところを車で抜けなくてはいけません。

Imgp1489

船の係留場所も工事により変更になり、富士丸の小さなほうが係留されていた場所には鈴喜丸が係留されています。

Imgp1491

なんとなく、船が少なく、がらんとしているのは前回の台風で長浜避難している船があるのだけど、また来そうだからとそのままにしているからとか・・・。

Imgp1493

13:00近く、出発です。

Imgp1496

風はかなり治まってきているのですが、それでもかなり船は揺れます。

Imgp1497

メダイポイント到着、第一投目から、8mでいい当たり、かなり糸を引っ張るし、ガンガンと竿を揺らせます。
しかし、上がってきたのはサメ・・・、この後外道と交互して底近くではサメがかかります。

オキアミにはオオアジ、クロムツがポツポツとかかり、上層では型の良いオオサバが釣れてきます。

しかし、肝心のメダイの反応はまったくありません。

誘いをかけようが、棚で待とうが、落とし込んでみようが、全て空振り、クロムツとオオアジの良いおかずができたことから、15:00でウィリーに変更です。

Imgp1499

今日のタックルはいつもと違い、海攻 S300という長い3mの竿です。A-ブリッツは控えとしました。

理由はうねりが出ていて短い竿だとリズムが出せず、うねりが吸収できないと思ったからです。

振った感じでは意外とやり易そう、柔らかい竿のため、うねりは吸収するが、振った分跳ねずに上がってくる感じです。

へーー、意外でした。大勢で釣るときなど、長めの竿だとお祭りしにくくなりそうで使えるかもしれないですね。

Imgp1501

ポイント到着、船はぐるぐると最良ポイントを探します。
かなり長く探しているのですが、後で聞いたところ、午前中はハナダイ・カイワリの反応があったが、午後にはそれさえも薄くなってしまったとのこと。
やはり今日は魚の調子がイマイチのようです。

そして自作のウィリー、普通なら3本針ですが、自作なので4本針。

鈴なりのハナダイ・カイワリをイメージして作っているのですが、カスリもしない・・。(笑)

ウィリーが自作の性? 

いえいえ、オキアミ付けた空針もつついた形跡が無く、そのまま上がってくるのです。

Imgp1503

船長、たまりかねて「アジじゃ、ダメ??」「OK、OK」ということで網代湾口に移動。

「下まで落として、仕掛け分巻いて待ってえーー。」

深さは60mでしょうか、一投目は何も釣れず、コマセ詰め替えるため、高速巻上げしたところ、途中で何かが食った。

上げてみるとイトヨリ、そういえばカヤックでタイラバやっていた時、イトヨリはこんな感じで食ってきました。

嬉しかったのは茶色のウィリーを食っていたこと。

ほーーっ、自分の作ったこんなウィリーでも食ってくれるんだ・・・。

この後、底から仕掛け分巻いた棚で中アジがウィリーの茶と青食ってくれました。

ウィリーに自信がつきそうです。(笑)

Imgp1510

このままアジを釣っていたいけど、時間です。
結局、カイワリ・ハナダイは予想通り×、そしてメダイも不発でした。
うーーんこんな日もあります。
また゛クロムツやアジのお土産があるだけ良かった。

そしてウィリーは使えそうなこと、長竿も面白そうなこと、アジ釣りも選択肢として良さそうなことです。これはこれで次につながります。

Imgp1511

本命は一匹も入っていませんが、一日遊んで、これだけの食材、楽しめそうです。

Imgp1516

今日の潮汐、中潮なのですが、中潮と言ってもいろいろ。
昨日までは大潮で、今日は中潮だから、ほとんど大潮と言ってもいい位の感じです。
船を港に着けるとき、ちょうど満潮と重なったため、係留しにくくなっていて、船長がかなり苦労していました。

網代の釣りで以前から自分はあまり大潮が好きでは無いのです。(あまりいい釣果でないことが多いから。)
船長に聞くと潮は関係ないとのこと、魚の食い気だけだそうです。

うーーん、まだまだ分からんことが多いですね。

また次だな・・・。(笑)

20160903tide

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ