無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« こんな日もあります・・・・(笑) | トップページ | ウィリー仕掛け 初挑戦 »

2016年8月 7日 (日)

またまたメダイ・カイワリ・ハナダイ釣行

2016/8/6 前回、宇佐美嘉丸でアオザメ襲来で思うような釣りができませんでした。

色々、試したいことがあって仕掛けなど用意していたのだけど、少しの感触を得ただけ。何とも不完全燃焼で再度の思いがあったのですが、大きな夏休みを目前に、子供達が帰ってくることを考えるとメダイ一本よりカイワリ・ハナダイも釣れれば更に楽しい夏休みになりそう。

そんな訳で網代、富士丸のメダイ・ハナダイ・カイワリ釣りと決定。そしたら我も我もと結局6人での釣行となりました。

予報は風も無く、好条件です。

20160806tenki

朝の集合です。網代港、ただ今工事中でいつもなら船の前まで直行なのですが、細い路地を通っていかなければならず、少しわかりにくい状況になっています。

ん?一人アンブレラ社員がいるな? (笑)

Imgp1400

4:30には出船です。荷物の積み込み開始です。

Imgp1401

アミダで決まった場所に座ります。
右舷は前から芋焼酎さん、釣吉先生、そして私です。

Imgp1403

左舷は前から腰痛持ちさん、ananさん、APさんです。

Imgp1404

まずはメダイから、目指すは初島北沖、180mです。

Imgp1405

ポイント到着、大喜丸が先に着いています。
大喜丸は富士丸の隣に停泊していた船、どうやらメダイはこの二隻で釣るようですね。

Imgp1410

5:18釣り開始です。

さて、この後は毎回同じですが、写真がありません。

結果的には良く釣れました。

指示棚は初島ではおなじみの海底から15mまでを探るか、15mで待つ釣りとなります。

何箇所かメダイ釣りを楽しんでみましたが、探れる範囲がこんなに広いのはそうありません。(といっても、宇佐美と伊東、網代のみで、このうち宇佐美と伊東はほとんど同じポイントです。)
自分の場合、海底から仕掛け分浮かせた位置から15mもしくは少し上の18mまでが釣り範囲となって、この間を誘う、そして待つという攻め方ができます。
これって釣ってる感が強くて凄く楽しい。

誘い上げているとき、わずかだけど触れてるような前当たり、そしてズゴン、これははまりますよ。またまだ15mに達していないところでいきなりグーッと押さえ込むような当たり、これも楽しいですね。

今回は他の船で覚えたアイデアを仕掛けに取り入れています。

初島スタンダードは6mの仕掛け、先端から一ヒロの位置に40センチの枝スを付ける2本針が一般的ですが、今回は先端から2m毎、40cmの枝スで3本針としました。狙いは3匹かけることより、エサの種類を増やし、どれにくるかを見定めること。

初島のメダイは俗に言う青メダイで若いメダイが多く釣れます。(たまにハリスをぶっちぎる大物もいたり、今まで会った人では5kgを釣った人もいますが、これは稀です。)
富士丸の支給エサがオキアミなのは若いメダイに合わせたものだと思います。
だから必ず最初はオキアミは付けて効果を見るのが必要。で、それで釣れてくるのは2kg前後の小さいものになるのですが、このままだと小さいものだけで終わってしまいます。

サバタンは比較的大きなメダイが食ってくることが多いけど、大きいメダイがいないと空振りで終わってしまうことになってしまいます。

もうひとつ、イカの威力も捨てきれないものがあります。他の船で中乗りさんはイカしか使っていなかった野を見ています。

これらのことを考えると3つ針があれば、オキアミ、サバタン、イカタンと同時に使えますからね。

最初からオキアミに小さいメダイがかかりました。でもこれはあくまでも保険みたいなもの。
できることなら大きいのをとサバタン、イカタンも併用し続けます。

12mで少し軽めだけどかかった、引きからするとメダイっぽい、しかし、巻き上げはせず、18m付近まで、緩めないよう誘い続けます。そしてグーンと良い当たり、2匹目です。上がってきたのは1.5kgと2kgくらいでしょうか、小さくてもWは重いですね。(笑)
そのうち、イカタンの当たりが良いことから、サパタンとイカタンのみでの釣りとなります。

釣れてる時間帯はそう長くはありません。だから釣れている間に集中して釣ることが必要です。オキアミでも釣れるけど、イカタンやサバタンで大き目のメダイ狙い、まんまと成功。
8mでガツンと当たり、その前に良い当たりだと思ったらサメだったので、棚も違うしサメに間違いないなんて船長と話しながら上げていると、なんと3kg の良型。

仕掛けはナイロン20号、これは特にどこかで教えられたというものでもないのだけど、ナイロン安くて最近気に入っています。なにせ500m1600円はフロロと比べて破格です。(笑)

Imgp1412

先生もメダイのWもあり3匹GETです。

Imgp1413

8:30メダイの魚信も途絶えたこともあり、次の釣りカイワリ・ハナダイのポイントへ移動です。

Imgp1414

メダイ5匹でした。

Imgp1416

深さは80mくらいでしょうか? 75~60mのウィリー釣り、先生大きなハナダ、ポンポンと2枚釣っちゃいます。内心焦り・・・。(笑)
面白いものでこの後も先生、絶好調。しかし、次第に疲れられたのか、休憩が多くなってきます。
この間に追いついちゃえと思うのだけど、ポツポツとしか釣れず、なかなかぶっちぎりと行かないどころか、追いつけません。(笑)

Imgp1417

左舷側、こちらではananさん絶好調、ハナダイ11枚とダントツです。
どうやらどちらも真ん中の席がいいらしい、と腕の違いを置いといて席のせいにしておきます。(笑)

Imgp1418

やがてこちらもananさん以外は釣れなくなり?終わりが近づいてきました。
ここまでの釣果、満足のいく結果です。

Imgp1419

10:40沖上がりとなりました。

Imgp1422

ん? アンブレラの社員が・・・。

Imgp1423

ハナダイ、カイワリ、ソーダ、それぞれ1枚ずつのりべんさんへ、今度は一緒に行こうね。
ハナダイ5、カイワリ3の釣果でした。

Imgp1426

メダイも3匹がのりべんさんたちに貰われていきました。

Imgp1428

今日の潮汐、そういえばメダイ釣りは中潮が良い成績が多いですが、なにか関係あるのでしょうか?

20160806tied

皆さんお疲れ様でした。
魚釣り、一人で行っても面白いが、みんなで行くと更に面白い。
今後ともよろしくお願いします。

« こんな日もあります・・・・(笑) | トップページ | ウィリー仕掛け 初挑戦 »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

お早うございます。
土曜日は有り難うございました!
すっかりお世話になってしまいました。
棚を間違えるミスを犯しましたが、umeさんに頂けたので結果オーライ(笑)!?

今回、ミスをしたおかげ?でメダイが釣れる時間が限られていることがよ~く理解できました(^_^;)

メダイが食わなくない時間にumeさんに棚の勘違いを教えられた時には、時すでに遅し。巻き返しにかかって、鯵が来るのも驚きましたがサイズも驚き。

今回のananさんの釣果は座席もあるかも知れませんが、それ以上に竿を使いこなしてリズミカルにしゃくった誘いとシャクリ幅が素晴らしかったです。
ほぼ50cm間隔でコマセの帯が出来て、コマセの帯に針が止まるイメージが頭に流れ込んできました。

まるでビデオのお手本を見ているかのような感動を覚える見事なシャクリでした。

ところでメダイのハリス、太くて良いですね。
延縄結びを覚えたいと思います。

次回は一発狙いたいと思います。

umeさんおはようございます!

改めまして、先日はメダイ、ハナダイ、カイワリ、そしてソーダガツオと
美味しいお魚を頂きありがとうございました!!
両親宅にメダイとカイワリを。我が家でメダイとハナダイを頂きました!

期待を裏切らない美味しさですね〜。我が家ではハナダイのお刺身が大好評。
両親宅は今回のメダイの煮付けの美味しさに驚きだったようです。
まだ両家とも半身が残ってます。残りは西京漬け、唐揚げの予定
楽しみです♪

棚取りは釣果の明暗を分けますね。。地形や底質にも寄りますが、やはり底からの棚取りが確実だなぁと改めて思いました。
潮の流れ、強さも棚をこまめに刻んだ方が分かりやすいというのもあります。また、コマセワークと同時に展開できるのも強みですね。
なかなか大きく移動できない貸しボート、カヤックでなければ、サメを恐れずトコトン底を攻めるのがイイのかもしれません。

次回、きっとご連絡ください!お待ちしております(^o^)

おはようございます

すっかりお世話になりました。
お陰様で、メダイにハナダイ、カイワリと、
大満足の釣りができました。

しっかりとメダイを狙って釣る釣りが、
さすがだなと読ませてもらいました。
釣るべきして釣りあげたメダイですね♪

PS umeさんのこの記事も、勝手にリンクさせていただきました。
   ご了承ください。

こんにちは。

お疲れ様でした。そして、本当にありがとうございました。
今回は富士丸に乗って最高の良い釣りでした。
メダイもハナダイ、カイワリもセーブしたくらいです(笑)。

魚のお味も最高でした。
全てが脂のりのりで、特にカイワリの塩焼きとクロムツの炙りは絶品でした。

クロムツ、美味しい魚ですね?
もっと釣りたくなりました。
その上のアカムツも、、、(笑)。

umeさんはまだまだメダイを追いかけるんでしょ?
私はこれからはアカムツを追いかけます(笑)。

お疲れ様でした。

メダイ釣りは、umeさんに勝てません。
私の負けです!(笑)

ブログを読ませて頂きましたが、エサに関しては同感です。
先程、芋さんのブログで書いたのですが、初島のメダイは小さいので、オキアミは外せないですね。
その先が、私とumeさんとの違いで、umeさんはより大きなメダイを狙うエサを使う
私は、その日食うエサを探し、オキアミで良ければそれを使い、冒険はしない。
その日、その時判らなかった事が、こうしてブログを拝見する事で判るのは意義深いですね。

更に、同じ3本針でも、手返しの差が大きい。
メダイをすくった網に仕掛けが絡み、私がトロトロやっている間にテキパキ再投入が早いので、地合いを逃さずあの時間で5匹の釣果、本当に素晴らしい!
対して、私は2匹
まだまだ修行が足りません。m(_ _)m

メダイの楽しみは、あの前アタリからズドンと食い込む間
竿先を見つめていつズドンが来るかワクワクします。
これがあるから、やめられないと言えます。
前アタリで、メダイかそれ以外かも、かなり判る様になりました。

また、地合いは確実にあって、その間にいかに釣るかが肝心な事は、今回の状況でもハッキリ分りました。
とにかく、釣れる時は釣る、これしかない無いですね。

先日は胴の間の私と先生が当たりの場所だった模様、有難う御座いました。
メダイのズドンも、ウイリーのガツンもタップリ堪能させて頂きました。
35Lのクーラー満タンは2回目
次回は、もう二回り大きなクーラーを持参しようかと思っています(ウソ)

ズドンを味わいたくなったら、また行きましょう、メダイに。(^ ^)

APさん、おはようございます。
メダイは少し残念でしたね。自分ももっと早く気づけば良かったと思っています。

APさんの竿、見ている限りでは一番メダイに合っているかもと思っていました。宇佐美の嘉丸に初めて乗ったとき、一緒に乗られて巨大イシナギ釣った人はまさにその曲がりだったのです。その人曰く「固めの竿は掛け損ないがどうしても出るが、この竿だとまったくそれが無い。」とのことでした。
それ以来どんなものかと一度味わってみたいなと思っていた曲がりが、APさんのまさにその竿だったのですね。

着低して仕掛け分できるだけ早く巻き上げた後は、ソフトに誘い、待つを繰り返しつつ15mまで誘い続けます。

この時、自分の竿だと10時か11時までなのですが、APさんの竿だとイシナギさんがやっていたように12時近くまで持っていかないと誘えないと思います。APさんに「もっと」とシャクリのとき言ったのはその意味でした。
もう少し早い時間で気づいていれば、結果が見れたのにと思うと残念です。

ただAPさんが修正したあと、巨アジが釣れた棚はまさにメダイの棚でしたので、食い気があれば確実に食っていた棚だと思います。
是非、次回メダイ釣り、バンバン釣っちゃいましょう。

ananさん、絶好調でしたね。(笑)
良いシャクリしてたんでしょうね。
一匹かかったら暫く待ってみるというWがけもやっていたみたいだし、今度は自分もメダイだけでなく、カイワリ・ハナダイでもやってみなければと思っています。少しずつ自分もテクニック付けていきます。

また行きましょう。

のりべんさん、おはようございます。
今回は来たかったと思いますが、都合が付かなくて残念でした。
メダイだけでなく、ハナダイ・カイワリと二度美味しく、しかもどちらも釣れたという好条件はなかなかありません。でもそれはそれ、次の釣りに期待しましょう。

以前はカヤックでオニカサゴやカンコばかりを追いかけていましたが、今はメダイとハナダイ・カイワリばかりです。(笑)元々ハナダイは大好きな魚だったし、東京湾から釣りに行くハナダイ船でカイワリ釣れた事もあったので、こちらは昔からの好きな釣りです。その点、メダイはまだまだ釣り方、大きさ、数と覚えたいことがいっぱいあります。暫くはメダイが続くと思いますので次回釣行もメダイが濃厚な気がします。もしそれで良ければご同行ください。

今回のメダイ、ちょっと失敗かなと思ったのが、氷の取り扱いです。
行く時にクーラーにかなりの氷を入れて行きました。釣った魚は船の生簀で生かしておき、後からまとめてクーラーに入れようとしたのですが、入れようとしたとき、既に氷は冷たい水に変わっていたようです。
しようがないし、冷たいものだから海水と混ぜて入れたのだけど、これはまずかった、浸透圧の関係で魚の中に水分が吸収され、水っぽくなったようです。刺身にして暫く置くと水分が出てくるのです。家内には「今回のはおいしくないね。」と言われました。
APさんとのりべんさんにはそれぞれ魚を渡していたので、どうかなと心配していました。大丈夫だったらいいのですが・・・。
暑い時の魚の保存ももっと考えなければならないですね。

さて次回の釣り、どんな釣りになるか楽しみです。
仕掛けなどまた教えますので良かったら作ってみてください。

釣キチ先生、おはようございます。

釣れましたねーー。メダイもハナダイ・カイワリも。(笑)

どの魚もまったく釣れない事もあるので、こちらもホッとしています。(笑)
ハナダイ・カイワリはまだポイントがいくつかあるので、一番釣れるポイントへ移動すればいいのですが、初島のメダイはポイントがひとつしかなく釣れなきゃそこでジ・エンドの釣りです。(そんなこといいながら、ハナダイ・カイワリも既に初島寄りの好ポイントには姿が見えず、今回のポイントは真鯛ポイントの少し南寄りのここしかなかったようです。)

でも何故か、船長は今回最初から釣れることに確信があったようです。
メダイポイントはここのところ大喜丸が釣らせていて船長はそれを知っていた。ハナダイ・カイワリは新たに自分で見つけたと言っていたので、自信があったのでしょうね。

最大の釣りの条件、食い気のある魚がいたということでしょうか。(笑)

他にも釣りたい魚は山ほどありますが、ポチポチ釣っていきましょう。

今後も宜しくお願いします。

リンクありがとうございました。

腰痛持ちさん、おはようございます。
クロムツ、美味い魚ですね。まだ炙りはやったこと無いですが、煮つけでもあのとろけるような味、何ともいえません。
ですが、自分はまだ初島ではたしか釣ったことがありません。
その代わり、宇佐美 嘉丸では2回釣行で2回とも朝一に釣り上げています。
それもかなりデカイ、初島で上がっているものよりサイズアップしています。クロムツ狙いなら、宇佐美もおもしろいかもしれませんよ?
もうひとつ、網代の富士丸船長の友達なのかな? 水弘丸は半夜黒ムツをやっています。黒ムツ7枚から25枚なんてのもあります。
http://mizuhiromaru.naturum.ne.jp/
網代で前からやっているのはつちそう丸でしょう。
http://www.fishing-v.jp/premium/81_2.html
http://www.fishing-v.jp/premium/106_4.html
どちらも良さそうですが、富士丸も話をすればやるのかもしれませんね。
腰痛持ちさん、期待のアカムツは宇佐美の治久丸が専門狙いもありますが、水弘丸のライトキンメは富戸沖まで行くキンメ、型がよくて、アカ、クロも釣れる釣りのようです。まぁ、これは本との狙いではないので何ともいえませんけどね。(笑)
いずれにせよ、クロもアカもそしてやっぱメダイも釣りたい魚ではあります。
また行きましょう。(笑)

ananさん、おはようございます。
ズドンはいつでもOKなくらい、大好きですねー。(笑)
しかし、初島のメダイは遊泳層が広いです。
宇佐美の嘉丸の指定はせいぜい2m、12から14狙ってぇーって感じですかね。加納丸もそんなに広くないでしょ?

今回当たりがあった棚は一番下が8mで、11m、15m、くらいですかね。このうちでかいのは8mでした。6mの当たりもでかかったがこれはサメ、船長の言う、底にはサメがいるからはまさにこのことかもしれませんね。

初島のエサ、オキアミはある意味ホントに外せないエサではあります。小さいメダイしか相手にしてくれないことも多々ありますからね。初島のメダイを知るパイロット的なエサですね。そしてオオアジなども食ってくれるエサなので五目的な感じには一番。(笑)

でもね、これだけじゃあね詰まんないというのが自分の本音。
小メダイを一匹ずつ釣ってもなぁと思い出しているのです。そうすると小メダイの数釣りか少し大きいの狙い、初島だって5kgも上がっているし、ハリスをぶっちぎるのもいるらしいとの考えで針数を三本に、エサの種類を多く、でかくと考えてました。

針の数は3本は大正解、エサの種類も大きさもためすことができました。これからは自分の定番になりそうです。
でも三本針、まだまだ進化中、バリエーションを変えて試してみたいものがあるので仕掛けの種類を増やそうと思っています。

後はナイロンかな? 以前、磯釣りの先輩にナイロン信者の方がいましたが、これ、やってみてわかりましたが、信者になりそうです。(笑)
今回のように、太ささえ魚が気にしなければ、いいことずくめなのです。
なんというか、安いだけでなく、扱いやすい、トラブルが少ない、伸びてくれることなのでしょうか? 当分ナイロン追及もしなければ・・・。(笑)

しかし、ananさんのハナダイ・カイワリマスターには恐れ入りました。(笑)
全然当たりが無くなっているのに、オキアミが投入のまんま上がってくるのに、反対側ではチャッチャカチャッチャカ釣ってるんだもんなーー。もっと資源を大切にしてください。(笑)自分のメダイは差し置いて・・・。(笑)

また行きましょう。いっぱい釣りに・・・。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576072/64022910

この記事へのトラックバック一覧です: またまたメダイ・カイワリ・ハナダイ釣行:

« こんな日もあります・・・・(笑) | トップページ | ウィリー仕掛け 初挑戦 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ