無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 修行と験担ぎ(ゲンカツギ)の釣り | トップページ | こんな日もあります・・・・(笑) »

2016年7月 9日 (土)

びっくりしたなーーもう・・・(笑) 宇佐美 嘉丸メダイ釣行

2016/7/8 以前からメダイの大きいのを釣りたくて調べていました。初島でも3.5kgは釣ったことあるのですが、毎回とは行かず、伊東の加納丸なども乗ってみました。
加納丸も全然悪くは無いのだけど、もっと近くに無いかなと探し出したのが、宇佐美の嘉丸(よしまる) です。

2016/06/20(月)の釣果では2.8-8kgが竿頭で14匹も上がっています。これはなんとしても行かなきゃ・・・。(笑)

天気予報も大丈夫そうです。

20160708tenki02

宇佐美港は初めてではありません。カイワリ・アカムツで知られている、治久丸(はるひさまる)に何度かお邪魔したことがあります。
しかし、初めての船となるといささか不安・・。(笑)

船長に電話で聞いた場所を探してみました。

Imgp1237

ありました。大きな船です。しばらくすると一緒に乗られるお客さんと船長が来ました。
お客さん、今回かなりブログの中に出てこられるので仮にKさんとしておきましょう。

Imgp1238

嘉丸は130号ステンカンMを使いφ2.5mm-1mのクッションを使います。
ステンカンMは持っていないとあらかじめ船長に伝えていましたが、乗船者には天秤、クッション、ステンカンのくっついたものを配ってあったので借りることとしました。
これ、意外と大助かりなのです。
この3点借りるだけで、掃除と洗い、そしてコマセの匂いを持ち帰ることなく、綺麗さっぱりした状態で帰れるのです。
これからも嘉丸では借りることにしましょう。

Imgp1242

竿受けは船に取り付けてあるのでありがたい。しかし尻手ロープは付いていたり、無かったり、中には壊れているものありです。自分のは無かったので最後まで無しで行きましたが、ちょっと落としたことを考えると怖いですね。
黄色の尻手ロープあるじゃないかと思えますが、これは冷凍オキアミを崩すヘラが結んであります。
次回からは持って来よう。

Imgp1243

で、ここまで用意して気がついたことが・・・。
実は仕掛けを忘れてきていたのです。
こんなことは初めてですが、フロロ10号やナイロン24号で作った仕掛け全部置いてきちゃった・・・。(笑)
これらの仕掛け巻きが大きいので、後から入れようと玄関に置いたのが運のつきです。
年取ってきたら物忘れが出てくるといいますが、まさにそれのようです。

良かったのは、小さい仕掛け巻きに巻いていたフロロ8号の仕掛けだけは6個ほどあったこと、なんとか釣りにはなりそうです。

4:00出船です。

Imgp1246

4:34川奈沖、船は急がず、安定した状態で南下していきます。

Imgp1250

船の支給餌はサバタンとイカタン、イカタンは真ん中あたりまで切れ目が入れてあるのがいいですね。
これ以外に、自分で作ったサバタンがあります。

Imgp1252

船長がスパンカを張りました。
いよいよポイント近し。

Imgp1255

着いたのは富戸沖のようです。
「はい、やってみてー、深さ164メーター、じゅう×××・・・・。」船長のマイクが良く聞き取れなかった。とりあえず、15m位までと出る前に聞いていたので、その辺まで探ってみる。

Imgp1256

いきなり、ガツッときたのだけど、メダイらしきグイグイが無い・・・。
上がってきたのは良型のクロムツでした。
嬉しい反面、狙いのメダイではないことが、ちょっと残念・・。

Imgp1259

その後、サバの猛襲、小キンメの一荷、そしてサバ、サバ・・・。(笑)
もう一人のKさんは小さいながらもメダイを釣っています。
ちょっと焦り・・。(笑)

Imgp1260

凄い良い引き、しかし最初だけ・・。上がってきたのは見たことないくらい大きいウスメバル。
でもまだメダイは釣れていません。
この間、Kさん4匹ほど釣られてます。 って、結構チラ見してました。(笑)

Imgp1261

遂に、その時が・・。
ここまでどちらかというとサバタンメインできていたのだけど、イカタンとサバタンのサンドにしてみました。
グインッ、曲がる竿、そのうち電動のリールが止まり、少し引きずり出される・・。
メダイ間違いなしです。

Imgp1262

やったー、3.5kgくらいかな?
久々の引きでした。

Imgp1263

この後、見たことないくらい大きくて、うろこがこんな凄いシキシマハナダイは初めて。(笑)

Imgp1265

ふと、振り返るとKさんファイト中・・・。

乗ったときからの印象なのですが、かなり手馴れている感じの方です。
乗って始めたのは魚の捌き、サンマでしょうか、これで特大エサを作っておられたし、メダイをサクッと上げ、釣っている間に釣ったサバを捌いてます。
三枚に下ろしたサバの半身を背側と腹身に更に分けて、これを2ツ巨大短冊にしてチョンがけ・・。見たことねーーー。(笑)

そしてこの竿、とってもやわらかい竿なんです。
私のマッドバイパースティングの2.4mより長いから2.7mでしょうか?
コルクが持ち手部分に多用されていて、一見、MPGのプライムゾーンぽいが違うようです。

その竿が逆Uの字。
底で当たったと言っています。

Imgp126601

この状態がかなり続きます。
この間、自分も釣っていましたが、仕掛けを上げて邪魔しないようにします。
しかし、なかなか巻けないし、上がらない。

Imgp126701

そこでKさんが出した技、手で手繰っています。

もうそろそろ、魚が上がるのかなと思いきや、まだ100mほどあるとのこと。

Imgp126801

つまり、何をしているかというと、おそらく竿で魚を起こせないから、手で手繰り上げている。もちろん電動のスイッチは入っていて、手繰った分リールは巻き取っていくという技。
うーーん、凄いな、急にこんなことができるなんて、びっくりです。

Imgp126901

いよいよ、魚が見えてきたようで、船長も駆けつけています。

Imgp127001

「サメか?」「いや、違う。でっけえーー。」と言ったか言わなかったか、記憶が無いですが、浮いてきたのは巨体のイシナギでした。
10号の仕掛けで釣ったそうです。

Imgp1271

「タモに入んないか?」なんとか入りました。

Imgp1272

二人でよいしょ、私はカメラ小僧。(笑)

Imgp127301

ドスン。船長「タモから出せねーな。」

Imgp1274

「いいよ、タモ切っちまおう。」チョキチョキチョキ

Imgp1276_2

で、自分の座っている船首側には船の大きなクーラーが二つ。
白いのは氷のクーラー。

Imgp1283

ここへ、ズルズルズル。

Imgp1284

船長、フック?手鍵?でよいしょっと持ち上げるが、イシナギはズルッとまた元に・・。

Imgp128501

フック?手鍵?が伸びちまったワイ。
いったい、どんだけ重いんだ。(笑)

P_20160708_112715

代わりのフックで船長再挑戦。

Imgp1286

結構しんどそう・・・。(笑)

Imgp1287

ドタッとクーラーに入りました。

Imgp1288

尻尾が入りきりません、なんとか入れなおしても、こんだけはみ出しです。
いやぁ、凄かった。

Imgp1289

この後、直後に自分の竿にメダイがかかります。
前より手ごたえ十分のかなりの大物なのですが、全然気合が入りません。(笑)
あんなの見た直後だから、自分にとっての大物メダイもメダカのように感じます。(笑)
それでも水面まで上げてきて、ハリスを手繰って、いざタモ入れ、タモ入れはKさんです。
突如、メダイは沖に向かって走り出す、上げる直前の状態だったので、ハリスを送り出す余裕が無く、綱引き状態・・・プツッ・・・。切れちゃったーー。最後まで気を許しては駄目ですね。

また静かな海面になりました。

Imgp1291

いい時間になってきたので移動です。
富戸は宇佐美から遠いので、10:00位になると北側へ移動していくようです。
着いたのは川奈沖、ここは川奈の港から急激に落ち込んでいるところ。
少しの流しでもあっという間に深くなります。
船長の指示は常に底から10~13mが多かったですね。

Imgp1294

いきなりのW掛け、小さいですがWは初めて、こりゃあ楽しい。
この後も2匹釣りました。

Imgp1296

11:10帰りです。いやぁ、面白い一日でした。

Imgp1297

今日の釣果、十分すぎる釣果です。

Imgp1299

11:35宇佐美港に着きました。

Imgp1301

うーーむ、大きい、クーラーでつぶされた尾びれが可愛そう? (笑)

P_20160708_113649

いい面構えです。
いつかは釣ってみたいなと思う反面、捌くのはどうするの?
荒煮の鍋はどうするの?としか考えない自分は凡人ですね。(笑)

P_20160708_113718

このイシナギ、127cmですが、それよりこの腹の厚みでしょう。凄いの一言です。
Kさん、船長に大きなクーラー借りて持って帰りました。
また、ご一緒することがありましたら、宜しくお願いします。
お世話になりました。

P_20160708_113950

さて自分の釣果です。
サバ数え切れん、サバタンが嫌というほど作れます。
小キンメ2、ウスメバル2、シキシマハナダイ1。

Imgp1302

メダイ5、クロムツ2でした。

Imgp1306

あとでわかったのですが、冒頭で、2016/06/20(月)の釣果では2.8-8kgが竿頭で14匹も上がっていたと書いていましたが、実はこれ、Kさんだったのですね。

さすが、恐れ入りました。

今日の潮汐です。

20160708tide01

これで、またメダイ釣りの奥深さがわかりました。
次につなげたいですね。

« 修行と験担ぎ(ゲンカツギ)の釣り | トップページ | こんな日もあります・・・・(笑) »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!! 昨日はおつかれさまでした。
UMEさんの協力があってゲットすることができました。
ありがとうございました♪
検量後、43キロでした。
またよろしくお願いします(゜)))<<

使用ロッドですが、バスケス パンタナール270って竿です。

こんばんは!
メダイ、クロムツ、金目、シキシマと大漁、流石です!
メダイ大王健在ですね。

ところで…
凄いものを見せて頂きました。
底もの偏愛者垂涎の石ナギ!
一目だけでも見てみたいと憧れていたものをumeさん、見たんですね!
羨まし過ぎます。
その場に居たかったな~(*_*)

次は私も行きたいです♪ヽ(´▽`)/

Fさん、おはようございます。
先日はお世話になり、ありがとうございました。
43kgですか?! 凄いですが、量るだけでも大変ですね。(笑)
船長も言っていましたが、そう簡単に拝める魚、大きさではないので、貴重な体験をさせていただきました。料理も大変でしょうね。(笑)

バスケス パンタナール270という竿は初めて知りました。
最初MPGかなと思ったのですが、調べてみてわかりました。
以前のキャロナックをさらに格調高くした竿なんですね。作りも見事で凄い竿です。

しかし、それよりFさんの見事な釣り技に感心しました。
臨機応変、冷静沈着、普通ではいくらパンタナール270を使っていても上がらなかったと思います。

またご一緒に釣ることがあるかもしれませんが、その時はよろしくお願いいたします。

後ほど撮った写真、送らせていただきます。

APさん、おはようございます。
メダイ大王はこのFさんの前では恥ずかしいです。(笑)
いやぁ、凄いですよ、イシナギを別にしてもメダイだけでも凄いと思います。
メダイ釣りの概念を変えなきゃいけないかもです。

今回はどうしても金曜日に行きたくて、皆さんをぶっちぎってしまって申し訳ありません。おかげさまでいいもの見ることができたし、楽しい船を見つけた気がします。
APさんの言っていた選挙いや鮮魚(笑)、これも期日前選挙に行って、金曜日という期日前鮮魚にも行って来た事になります。(笑)

イシナギ43kg、凄いですよ。いいもの見ちゃいましたが、反動も凄くて、良い型のメダイかかっても嬉しさ半減。(笑)自分の欲深さにアングリです。(笑)

船は釣り座に余裕があって、広く感じられる船です。船長も良い方だし、どこかしらのんびりした気分で釣ることができる船です。
次回は是非一緒に行きましょう。よろしくです。

こんにちは。

いや~、凄いものを見せていただきました。
でも私はいらないな、そんなの釣ってもどうしようもない(笑)。
メダイも2kのが1本でいいです。

それよりウスメバルとクロムツがうらやましい!
その船に次回行くときはぜひお声掛けをお願い致します。
都合が合えば是非行ってみたいと思います。

メダイが大量に釣れたら、aさんの75リットルクーラーに引き取ってもらいます(笑)。

腰痛持ちさん、おはようございます。
イシナギ、狙ってもなかなか釣れそうにない魚です。特にあんな大物は・・・。(笑)私も凡人なのでどうやって料理するんだろ?とか鍋や醤油の量を気にしました。(笑)自分がもし釣ったら家内に「いったいどうするのよ?」なんて言われそうですね。

クロムツ、昨日いただきました。煮付けで食べたのですが、溶けるような身と、脂がたまらないですね。この魚は絶品だと思います。そしてウスメバル、今までそんなにびっくりするほどのもんじゃないと思っていましたが、このサイズは概念が変わりました。クロムツの逆の美味さなんですね。3日間置いてから、刺身、マリネで食したのですが、しっかりした身、あと2日ほど置いた方が旨味が出そうです。でもマリネなど薄く切った身はばっちり合いました。絶品はウスメバルのアラで作った味噌汁、これまた脂ギンギン、最高です。

しかし、釣りの時困ったのはこのウスメバルでした。
かかったのを150mから引き上げる際、平らな体が災いしてクルクル回って上がってきます。丁度ハナダイや真鯛の掛かりが変なときのような感じです。でもハナダイより深いところからの引き上げなので、ハリスがチリチリによれてしまうのです。お祭りしたわけではないのだけど、よりを解くのが大変。(笑)解いてもハリスにはクセがついたまま。(笑)そんなヨレヨレで3.5kgのメダイも釣れたから良かったですが・・・。(笑)

結局仕掛けは2本使っただけでしたが、チリチリヨレヨレの仕掛け、8号なのにほんとに釣れるんかい?と思っちゃいますね。

是非次回一緒に行きましょう。
よろしくお願いします。

こんばんは!のりべんです(^o^)

いやあ、凄いご釣果でしたね。。こういう釣りがあるからたまらないです。
多彩なお魚、それもなかなか見られない魚、美味しい魚です。最高ですね。

しかしシキシマハナダイ、そんなデカくなるんですか。自分が持つイメージがいかに凝り固まっているのか気付かられた思いでした。

イシナギ…はまだ自分の釣り人生には予定も妄想も無いお魚です。全くイメージが出来ないのはマグロとクジラとイルカと…そのお魚ぐらいですかね??(笑)自分が釣るのではなく、まずは目の前で、実物を見てみたいです(笑)

のりべんさん、おはようございます。
はい、色々釣りました。笑
シキシマハナダイ、自分のイメージではスルッとした綺麗なお魚という感じだったのですが、ここまで大きいと鱗がごつく、おばあちゃんが厚化粧したような感じ・・・。笑 でも味は良かったですよ。特にアラの味噌汁絶品でした。身は五目あんかけでいただきましたが、こういう料理にはぴったり、大きいので家内と2人でおなかいっぱいになりました。
自分もこの姿は始めてみました。写真でイシナギは知っていたものの、実際に見た瞬間「これ、なんと言う魚ですか?」と聞いていました。
とにかく、圧倒的な厚みです。浜値でいったいいくらだろう?なんて思いますね。
しかも技のある方だったのでいとも簡単に釣られています。
自分が釣れなかったから残念とか、くやしいとかの気持ちはまったく起きませんでしたね。その後のメダイ見ても、なんだメダイかとしか思えませんでしたが・・・。笑
やはりうまい方は見事な釣りをされますね。
今度一緒に新しい魚を釣りに行きましょう。笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: びっくりしたなーーもう・・・(笑) 宇佐美 嘉丸メダイ釣行:

« 修行と験担ぎ(ゲンカツギ)の釣り | トップページ | こんな日もあります・・・・(笑) »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ