無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« そろそろカイワリ食べたいな | トップページ | びっくりしたなーーもう・・・(笑) 宇佐美 嘉丸メダイ釣行 »

2016年6月26日 (日)

修行と験担ぎ(ゲンカツギ)の釣り

2016/6/25 昨日6/25は2週間ほど前からananさんが企画してくれたカイワリ・ハナダイ仕立ての日でした。

前回のブログでのカイワリ釣果が良かっての仕立て、メガカイワリが目的なのはいうまでもありません。

しかし天気予報は・・・。悪い・・。雨です。

Screenshot_201606240432201

それだけでなく、もっとも嫌な風が強くなりそうなのです。
この予報では7mなのですが、他では9mや10mの予想もあり、船が出せるのかからの始まりでした。

直前まで皆さん心配していたのですが、船長は全然問題なしという感じ・・。(笑)

Screenshot_201606240433391

時たま、ピューッという強風の音、そんな中での準備、アミダで自分は右舷のトモ、隣はburuさん、センセイ、APさんと続きます。

Imgp1171

左舷トモはflex-pさん、芋焼酎さん、ananさん、腰痛持ちさんです。

Imgp1172

5:00出発です。真っ黒な雲、大粒ではないがやまぬ雨。そして時折ピカッと光る雷、ピューッと吹く風と最悪の環境にもかかわらず、うねりが無いだけ何とかなりそうな海です。
ここまでは・・・。

Imgp1177

網代から初島までの海ですが、網代側は風裏になるのか、大体いつでも穏やかです。
しかし初島近くになると波はざわめき、うねりが多くなることが多いのです。
カイワリ、ハナダイのポイントはまさにその荒くなったところにあるのです。

いつもならポイント直行なのですが、どうも今回は初島北側方向へ走っています。
どうやら風と波を横からの直撃で受けないよう、走らせているみたいです。
そんなことを考えていたら大きなうねりと突風、次第に海面が自分の座っているデッキと同じ高さになってきました。

カヤックやっている時、経験したことあるのですが、風に逆らって真っ直ぐポイント向かうより、逆らわずポイントに近いところまで行き、最後の短い部分だけポイントに向かって走らせるのが楽なやり方です。
それと同じことをするなら、この突風とうねりの中で船を方向転換しなければなりません。
今は何とか走れるけど、そのターンはかなり悲惨だなぁと考えていたとき、方向転換が始まりました。

死にそう・・・。全員思ったのではないでしょうか?
今だから笑っていますが、波が入ってきたのか、雨なのか、それともしぶきなのか不明なびしょぬれ状態・・。そして青ざめそうな突風、真っ黒な空は閃光が走り、雷がどこか遠くに落ちたとか。誰かが言っていました。

横から波を受ける状態なので、上下左右に船は激しく揺れます。先ほどは海面が自分より高いところにあると思っていたら、次ははるか下に・・・。(笑)

たまらず全員が船の中と後部とに別れて逃れます。
さすが笑いは出ませんでした。

船長はなんとかポイントに入れようとするのだけど、船が落ち着かない、もしこれで、はい、やってーー。なんて言われても、仕掛けを落とすこともできません。

Imgp1179

そのうちエンジンの音が大きくなったかと思うと、初島が遠ざかっていきます。
しばらくして船長が「風がやむまでイサキやります。」
さすがに風裏の網代側なのでうねりも無く、他の船も一艘います。
でも風は強くて写真の一番奥がAPさんなのですが、風でカッパがめくられて、背中丸出し状態、まぁ、カッパ着ててもずぶ濡れですが・・・。(笑)

Imgp1180

何回か仕掛けを落として、小物が釣れた人もいましたが、10分も経たないうちに船長が「初島に行く」とのこと。

Imgp1181

全速力で初島へ・・。

Imgp1182

で、幾分良くなったものの、ドンブラコ状態・・・。
でもなんとかやれそうな感じです。

Imgp1184

深さは50m~35mとのこと、前回のハナダイのポイントと同じ深さです。
立って釣ることができない状態なので、座りながらのウィリーシャクリ・・。(笑)
隣のburuさんが調子よくハナダイをGETしていきます。
しかし自分には当たりすらありません。
聞いてみるとflex-pさんも同じとのこと。
そのうち40m位だったかしゃくってきたらいい当たり、キタッと思ったのだけど竿先は元に戻ってしまう。外れた・・・、やばいなー、こんなときに限って食いが浅いのか?
次第に負のスパイラルに入りそうな予感がします。
buruさんが4~5匹釣った頃、やっと小さなハナダイGET。
その後はサバ祭り。(笑)

その後も何回か外れてしまうことが続き、ハナダイは1匹のまま。

小さなあたりで上がってきたのは沖メバルの一荷。

ふっとburuさんを見るとキントキ釣ってる、即効で仕掛けを落として自分もキントキGET。
こいつはうまいんです。

何回も流し換えがあって仕掛けを落としたとき、二回くらいしゃくった時だったでしょうか、カイワリらしいいい当たり、上がってきたのは30cm位の良型でした。

ここで、やっと自分のスイッチが入ります。
すぐさまエサを付け直し、コマセがまだ十分入っているのを見ると、追加で入れることもせず、速攻で落とします。

釣れたのが指示棚の一番深いところだったので、指示棚より2~3m深く落として、しゃくりを安定させた状態で、上げてくる。

すると前回と同じ深さで明快なカイワリの当たりです。

とにかく仕掛けを落とすまでの時間を短くして、数で稼ぐ方法、そして一度当たり棚で釣れなかった場合、指示棚の上限までしゃくらず、当たり棚の少し上まで探ったら、すぐ落としなおすというやり方に変更して、徹底的に当たり棚を攻撃しちゃうのです。

これで3匹目もGET。

Imgp1185

flex-pさん、最初は釣れていなかったようですが、そのうち何匹かのハナダイを上げていたのを確認していたので、カイワリ釣れたよと報告。

で、ふっとflex-pさん見ると大きなカイワリ3点がけでニコニコ・・・。(笑)
(下の写真は3点がけの後の写真、その時は撮れませんでした。)

ず、ずるいぞ、こちらはコツコツ上げているのに、1回で3回分釣るなんて・・。(笑)

buruさんも凄い、メガカイワリを釣り上げている。
Imgp1186

一時は自分だけ坊主?なんて思うほど不調でしたが、この後良いハナダイやカイワリも追釣して、最終的にはそれほど悪くは無い釣果でした。

Imgp1187

センセイのメガウマヅラ42cm。すげぇーーー。

P_20160625_105610

これまたセンセイのメガカイワリ31cmかな?
でも写真は無いですが、これよりもっと凄いのをセンセイは釣っています。
なんとカイワリ34cm 0.7kgです。これは悔しい・・。
是非自分も釣りたいものです。

P_20160625_105814

そしてこれまた、センセイの釣果ですが、正体不明の魚。
色々調べたのですが、どうやら「チョウセンバカマ(トゲナガイサキ)」ではないでしょうか?
今はトゲナガイサキが正式名称でチョウセンバカマは前の名前らしいです。
なかなか取れない魚のようです。
P_20160625_105958

最後に幹事のananさん、ホントにお疲れ様でした。
徹夜での釣り、大荒れの釣りの判断をした直後、バタンキューだったようです。
今度は一緒に釣ろうね。

P_20160625_110214

今日の潮汐です。

Screenshot_201606240437581

サバ8本、キントキ1、カイワリひとつananさんへあげて5、ハナダイ2、沖メバル3でした。
サバは捨てませんでした。
何故って次のメダイ餌に必要でしょ?(笑)

Imgp1194

おっと、題名の験担ぎ(ゲンカツギ)の話が出てきませんでした。
危うく忘れるところでした。
実は今回いつもの50リットルのクーラーをやめて、25リットルのクーラーにしました。

最初に富士丸に乗ったとき、このクーラーに入りきらず、8:30に早帰りしたことがあるクーラーです。
今回は人が多く、こんなときは埋没しちまって釣果が冴えなくなることが多いので、ゲンカツギをしたのです。
でもクーラー満タンならず、かえって下手をしたら。早帰りのクーラーになるところでした。(笑)

やはり、釣りはゲンカツギではなく、絶え間ない努力と、折れない心、釣りに集中することが一番だと思いました。

まさに修行の釣りでしたね。(笑)

« そろそろカイワリ食べたいな | トップページ | びっくりしたなーーもう・・・(笑) 宇佐美 嘉丸メダイ釣行 »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。お疲れ様でした。

チョウセンバカマ、良く出てきましたね?
私もWEB魚図鑑で調べてみましたが、出てきませんでした。
てっきりフエダイかコショウダイのなかまと思ってましたから(笑)。

いやいや今回のきっかけはumeさんですよ。
umeさんの記事を見たananさんに、アカムツに行く予定だった所を強引に引き込まれてしまいました。
確かメガカイワリ1尾で手を打ったんですが、本人ほとんど寝てましたので、逆にカイワリ1尾とハナダイ1尾引き取っていただきました(笑)。

まあでも、二度目に初島周りに行った時、船長に「どうする?」と言われて「ここでやってみる」と言ったのはananさんですから、、、。
しょうがないなと思いつつ、とりあえず座りながらしゃくってみると、カイワリ30cmとハナダイのWですっかりやる気になりました(笑)。

お二人のお蔭様にて、久々の楽しい釣りになりました。
ありがとうございました。

次はメダイ情報をよろしくお願い致します。
あ、私はメダイ1本で充分ですので、よろしくお願い致します(笑)。

腰痛持ちさん、こんにちわ。
ホント、お疲れ様でした。
全員、良い釣果だったので結果オーライでしたが、これで釣果が悪かったらと考えるとコワイですね。(笑)
ananさんの目的を追う姿勢は凄いなと思います。自分が幹事だったらねきっとイサキで我慢したと思います。恐れ入りました。ananさんには思いっきり世話になっちゃいましたね。
船尾で釣っていたとき、腰痛持ちさん調子よく釣っていると聞いていましたよ。
この時化の中、さすが腰痛もちさんだなぁと感心していました。
そして皆さん凄い人ばかりですね。
この雨と風の中、誰一人腐るどころか、自分なりの工夫で釣り上げていく、皆さん負けず劣らず名人だと思います。
今回は駄目と思われる環境からの大逆転、すばらしい人たちだなぁと感心しました。

そうですね、次回はメダイかもしれません。
でも他にもへー?と思うことを見つけています。東伊豆の釣りも色々奥が深そうです。また知らせますね。

チョウセンバカマ、自分は知りませんでした。ただ、どこかで見た顔つきだなぁという感じがあったので、何かで見たことはあったのかもしれません。
てっきりフエフキかなぁなんて探していたのです。でも見つからない、タカノハダイからコショウダイまで稚魚を調べてわからず、海の魚を販売してるところで見つけました。珍しい魚で飼育レベルはやや上級だそうです。世界中で1科1属1種しかいない珍しい魚、そして美味いということですが、味はセンセイのブログで見てみましょう。(笑)

また一緒の釣り、よろしくお願いいたします。(笑)

昨日は御世話になりました。

umeさんに出会ってから私の釣り人生に「初島」の2文字が刻まれてしまいました。
船釣りなんて、全くやるはずではなかったのに…(笑)!

お陰さまで苦手種目のコマセウィリーまで手が広がってしまいました(*^^*)

仕掛けの長さ、太さ、針数、棚を探って、シャクリを替えて、これでもかと試行錯誤して嵌まった時の気持ち良さは、してやったり感抜群ですね(笑)!

朝の大荒れの海況と痛いほどの雨と波しぶき、船内に避難した際の船酔いをすっかり忘れて、「もう一回戦良いですか?」と帰りに思ったのは、ここだけの話です(笑)!

次はメダイですか?それとも鮮魚いや選挙ですか(^^)?

私は、毎週釣りになってしまったので、その週は行けませんが、選挙速報いや鮮魚速報をお待ちしてます(^3^)/

umeさん、おはようございます。

富士丸仕立ておつかれさまです。

このようなドラマティックな遊漁船釣行は初めての経験でした。
初島に近づいたときの時化っぷりは、ここでデカイ三角波が来て転覆したら、
英国のEU離脱に負けず劣らずの特ネタとなるだろうな、とか真面目に考えてしまいました(笑)

釣りの方はと言うとumeさん同様、最初は周りでポツポツ上がってあるのに自分は全くあたりがなく、
内心ヤベェ〜と思いました。
そのうちハナダイが上がり始めて正直ホッとしました。

終わってみれば皆さんカイワリも釣れてお土産ゲットで良かったですね。
終わり良ければ全て良し、という事で(笑)

それでは、また。

文字通り、お疲れ様でした。

遊漁船の事を良く知っているumeさんだからこそ、心配も大きかったと思います。
それに対し、船長が大丈夫と言っている事ともう一つ、雨は止むし、風も弱くなると思っていた事だけで、釣り続ける判断をしました。
知らないとは言え、大変ご心配をお掛けしました。
その上、やっと釣りになる頃には、釣ると言った私は座ったまま夢の世界へ
サバ3匹しか釣っていないハズの私が、気づけばカイワリ4匹、ハナダイ2匹が追加されて、それこそ夢の釣果
有難う御座いました。m(_ _)m

2週前、伊東からボートでカイワリを4匹釣りましたが、お皿一つ分の刺身で一晩で終了
今回の4匹は、お皿2個分あり、刺身も流石に残り、後は漬けにしました。
大きくなるにつれ、厚みを増して、食べ応えも、旨味の増しますね。
今回の釣果、umeさんにはご不満だったとは思いますので、次回xxxx釣りではその憂さを晴らして下さい。
さて、xxxx、何を釣りに行きましょうか?(^ ^)

こんにちは。

最初はどうなるかと思いましたが(中止か?)、予想外によい釣りができてラッキーでした。
カミナリが光ったときは、危険を感じましたが、すぐにおさまってくれてよかったです。
これも実はumeさんのゲン担ぎのおかげかな?

そうそう、flex-pさんの3点がけ、私もいいな~と思いました。
やはり船で釣るカイワリ、釣っても食べてもでっかくて堪えられません。
網代のカイワリ釣り、また行きたいですね。

APさん、おはようございます。
お疲れさまでした。そして、お世話になりました。

今まで荒れた時化の日に出たことはありますが、こんなのは初めてです。(笑)
しかし、こんな日だったから釣れたのかなぁ?(笑)
忘れることのできない日になりましたね。(笑)

ウィリーは掛けた感がある釣りです。シャクリのスピードとポーズ、止めてる瞬間にクックッと来たら、まさに釣ったという感じがします。あれが楽しくてウィリーは好きなのですが、最近少し悩みが・・・。
次の日、腰がパキパキなのと、両腕が水平にあげられなくなるのです。(笑)実は今も少し動くのに体中が痛い・・。(笑)

ウィリーは80号だからいいものの、これがスルメだったら130号を1日しゃくってなきゃいけません。もー、スルメは無理かもですね。(笑)
富士丸は午前午後の釣りですが、千葉の船だと1日釣りで3時上がりです。これももう持たないでしょう。若い時はやっぱいいですね。

APさんのガッツのある釣りは、釣りたい意欲が満ち満ちているからなんでしょうと思っています。すごいです、見習いたいですね。
APさんと行けなかった、西湖のヒメマス、また計画したいですね。
色々釣りましょう、メダイこれもやりたい。是非一緒にそのうち行きましょう。

こんばんは!のりべんです(^-^)

いやあ、まさに嵐の中でのご釣行でしたね。。
大変お疲れ様でした(^^;;

30cmオーバーの引き、メガカイワリ…想像がつきません。
どんな引きなんでしょう??早く体感したいです♪

チョウセンバカマ…どこかで聞いたことがあるな?
って思い出しました。結構前のお話なんですが、まだ水槽飼育が過熱していた頃(笑)イザリウオやメクラウオが差別的な名前だとして一切変更されることがあったのですが(それぞれカエルアンコウ、ホソヌタウナギになった)チョウセンバカマが何故か改名されなかったことがありまして、それで印象強く覚えていたんですね。
そっか。。晴れて改名。トゲナガイサキに、ですね(^o^)


flex-pさん、おはようございます。

昨日の朝、APさんのコメントを返そうとしたのですが、何故かniftyが反応せず、17:00頃になってようやく返せた次第です。
遅くなりました。

今まで時化の海、何回か出たことありますが、これはトップクラスです。船長も風裏のイサキでなんとかなるかと思っていたのじゃないかななんて考えたりしています。
でもそこはananさんが引かず、こんな風な展開になったのでしょう。
それがうまい方向に向いて、今回の釣果につながったのでしょう。

釣果と言えば、自分は釣れていなかったのですが、コソ見しているとflex-pさんも釣れていない。
こりゃあこちらの席は運が悪かったのだろうと内心安心していました。
しかし、コソ見を続けていると、密かにflex-pさんハナダイ握りしめている。(笑)それもかなりでかいの・・・。(笑)
ここから、笑いが消えまして、少しマジ釣りになりました。しかし、一度サボッた釣り、そう簡単に追いつけるものではありません。
ならばカイワリでとコツコツ3枚釣り上げると、一度に3匹の多点掛けをやられちゃう。(笑)これにはコーサンしました。(笑)
山あり谷ありの釣りでしたが、終わってみれば上場の出来。
皆さんにでかハナダイとメガカイワリが釣れたのは最高に嬉しかったです。
またご一緒しましょう。ありがとうございました。

ananさん、おはようございます。
幹事お疲れさまでした。
今回の釣りの流れはananさんの判断が無ければ体験できなかったことでしょうね。(笑)
でも大本は船長、かなりの時化でも対応しているようだし、本来ならば客のことを考えて風裏イサキを釣らせたかったのかもしれませんが、ananさんには通用しなかったということでしょう。
そういえば大船長と話していたとき、西風はダメだけど東風なら時化ていても出ないと駄目のようなことを言っていたことを思い出します。
いろんな条件が重なって東風は大漁の風なんだそうです。大船長の教えがあって船長も漁をしていたでしょうから、かなりの時化でもでていたのかなぁなんて思っています。

そして釣りが開始される頃、ananさんは夢の世界へ旅立ちましたが、ananさん一週間の仕事と釣りの心労、前日の盛り上がり過ぎで遂に折れちゃったんだろうと思いました。
今度の釣りはサクッと決めて、サクッと釣りましょう。できるだけ凪の海でね。(笑)

ハナダイとカイワリ、皆さんの情報からおいしいと聞こえてくるのがうれしいです。
この2種類の魚、アジも食感も見事に違うのがいいのかもしれません。それにいろんな料理に使えますね。
今、自分ちは殆ど食べつくし、アラの煮つけのみとなりましたが、これが晩酌にマイウーです。(笑)
もう少し楽しめますが、食べきったころ次の釣りを考えます。
また相談させていただきますのでよろしくお願いします。

芋焼酎さん、おはようございます。
お疲れさまでした。
芋焼酎さんの釣り、今回は全く見えない位置関係だったのでよくわかりませんでした。
でも帰ってからの釣果だと普通に釣られた魚だったのでアリャリャ?と思った次第です。(笑)
だって芋さんなら特餌と特性仕掛け、釣法で違う魚がゾロゾロだと思ったのですが・・。(笑)
でもここではカイワリとハナダイが良いですから、それでよかったのかもしれません。
おいしいですよね。カイワリのこの大きさはなかなか他では釣れないと思います。
そこへデカハナダイも釣れるのですからたまりません。
ハナダイはいろんな料理に使えるので大好きだし、カイワリは素材の味を生かした刺身や寿司がいいのかなぁなんて思っています。

しかし今回ほどの時化はもういいやです。(笑)
次に釣るときは凪でなくても、立ってきちんとしゃくれる海が良いですね。(笑)
へたりこみながらしゃくったのは初めてです。(笑)
あまりわからなかったけど、雷近くで落ちたら釣りどころではなかったですね。

また行きましょう、次回もよろしくお願いします。

のりべんさん、おはようございます。
どうですか?良いでしょう、是非釣れているうちに行きましょう。
メガカイワリ、リールを止めるどころか、糸を出すくらいの力があります。
釣りが終わって釣果を見せ合っていたとき、先生の35cmのカイワリ見ながら腰痛持ちさんが「これはシマアジといってもいいなぁ。」なんて言っていました。
腰痛持ちさんたちは千葉でシマアジ釣りを経験されています。その方たちがそう言っているくらいですから、よほどなんでしょうね。

さすが、のりべんさんは知っていますね。
自分はチョウセンバカマは知りませんでした。それと差別的な名前の廃止があったのは知りませんでした。
これは面白い話です、イザリウオやメクラウオですね。
ミシマオコゼなんかも候補に上がりそうだけど差別用語ではないかな?(笑)
チョウセンバカマを見つけるのに色々探して見つからず、探し当てたのは海水魚販売の店からでした。
やや難しい魚だそうです。かえって飼育している人たちにはよく知られた魚ですかね?

しかし、いろんな知らない魚がいますね。
つくづく海の大きさを感じました。

のりべんさん、行きましょう。(笑)

umeさん、こんにちは。

思い出に残る釣行でしたね。
カイワリの引き存分に楽しめました(^-^)/

左舷トップは私じゃなくて実はumeさんだったんですね。

umeさんの隣でウィリーのシャクリじっくり拝見させてもらえたのはラッキーでした。
シャクリからステイまでウィリーの基本が少しわかったような気がします。

またご一緒しましょう🎵

buruさん、おはようございます。
いやいや、左舷トップはburuさんですよ。自分は大きいのも、数も上がりませんでした。
ハナダイはずっと釣れず、小さいのが1匹のみ、最後にカイワリの棚でハナダイのデカいのが来てくれただけです。
ハナダイは若いころから釣り味も食味も大好きなのですが、これが釣れないとガッカリなんですよ。
最後に来てくれたので何とか体裁は保てたのですが、これが無ければボロボロでした。(笑)
カイワリも同じです。自分のペースより周りのペースが速いので、置いて行かれた感が強く、最後に釣るピッチを速めて数を揃えただけですから。

そんなわけで、前半暇なので、buruさんの釣り、チラ見していました。(笑)
シャクリは申し分なかったですよ。
ここへ来て色々試してみて、わかってきたことなのですが、シャクリも東京派のようなスタイルと範囲が何処までかわからないので網代-宇佐美派のようなものがあるようです。
東京派は腰痛持ちさんのようにきれいなシャクリとステイを繰り返すパターン。
網代-宇佐美派はどちらかというとあまりしゃくらずステイが長い、地元の船長などが勧めるタイプです。
自分が東京派というより、自分のは古くて旧東京派かもしれませんが、これで釣っているとそんなにしゃくらなくても釣れるよと富士丸の船長も言いますね。
宇佐美のカイワリ専門の船も自分のスタイルを怪訝そうな雰囲気で見ていました。そしてこの船に乗る人たち、一見あまりしゃくらず、東京派から見るとなんて下手なんだと思う釣りでバンバン上げるのです。
話が長くなりましたが、buruさんの細い最初の手巻きの竿の釣り方はまさにこれに近い釣りなんです。
自分は両方が混在した釣り方をしているのですが、自分よりうまく釣っていたと思います。
竿のしなやかさとしゃくるタイミング、スピードなどうまくマッチしていたのではないでしょうか?
自分ももう少し網代-宇佐美派を勉強して、「この親父、下手なシャクリだけど、釣るなー。」と東京派から思われるような釣りがしたいですね。

是非、また行きましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 修行と験担ぎ(ゲンカツギ)の釣り:

« そろそろカイワリ食べたいな | トップページ | びっくりしたなーーもう・・・(笑) 宇佐美 嘉丸メダイ釣行 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ