無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 伊東 加納丸 メダイ釣り | トップページ | メダイと心中のつもりが・・・・(笑) »

2016年3月13日 (日)

久々の富士丸 メダイ、カイワリ釣行

2016/3/12 前回、伊東の加納丸にメダイ釣りに行ったが、サイズ、数共満足でない結果だった。

加納船長の、底潮が動くこと、濁りが出ることがメダイの好釣果に繋がるとの情報もいただいた。なんでも、春先の赤潮の時などは条件がいいらしい。

それと富士丸の大船長の言っていた、メダイは長い餌が大好き、イカをらせん状に切って60cm位に長くしたもので釣ると、うどんを食べるような感じで吸っていく?っていうのも試してみたい。

そして大きなメダイ、願わくば3.5kg以上のメダイを3匹以上釣りたい。

なーーんて、欲望ばかりが頭の中を駆け巡り、ここんところは慣れた富士丸で思う存分、メダイ1本勝負をしようと船長に電話をしたのてあった。

「船長、メダイ釣りに金曜日行きたいのだけど・・・。」

「金曜日?? 天気悪いよ。土曜日にしなよ。前日の低気圧がまだ残ってっから・・。」

「へっ?土曜日ですか?」暫くぶりに会社休んで釣るつもりだったのである…。(笑)

「それとさ、ハナダイ、カイワリ深場で釣れるよ? やってみない?」

船長は自分がカイワリ、ハナダイに目が無いことは先刻ご承知である。(笑)

「えっ?カイワリ、ハナダイ釣れるんですか? じゃあ、お願いします。」って、どこがメダイ一本勝負なんだい・・・。(笑)

で、天気は低気圧が過ぎ回復傾向にあるものの、風の強い一日でした。
20160312tenki

港について5:00の出発を待っていますが、なんとなく臭い・・。
腐ったようなにおいがします。
そして海面に何か浮かんでいる。

Imgp0859

水銀灯に照らされた海面は色が変だけど、間違いなく赤潮・・・。
普通だったらがっかりするところだけど、今回は条件ぴったり、メダイ釣果に心が弾みます。

Imgp0860

一人で出るときは、船長が見易いミヨシの右側で釣るのだけど、今回はそこで用意をしていると・・・。
「今日は荒れているから船の中ほどがいいよ。」
「移動中はコマセバケツは外に出さないで。」といつもに無い指示が出ます。
走り出すと、確かに海は荒れてる。
ミヨシにいたらずぶ濡れだし、船が煽られるから危ない。
コマセバケツも外に出してたら吹っ飛んじゃう感じです。
慌てて操舵室の後ろ側へ入って移動です。

Imgp0864

やがてメダイポイントに到着、こうして写真で見ると荒れていない感じですが、実際はかなりのもので、踏ん張りながらの投入。

まずはオキアミWがけでおろします。
底取りして直ちに6mまで巻き上げ、ここから誘いをかけながら15mまで上げていきます。
しかし8mでモゾモゾッと前あたり。
メダイ、興味を持つとエサをガブッといかないで、触りに来る感じがあります。
この時点で合わせるとまずかからない。
そのまま自然と止めるか、同じリズムのままスーッと誘いを続けていると、ガツガツ、ガッツンと食ってきます。これで完全に針掛かりした状態となるので、ファイト開始となります。

この前あたりのある時、自分の少ない経験では型が小さい時ではないかと思っています。
大きいといっても初島近辺の大きいサイズなので3.5kg位の話ですが、これ位になるといきなりガツンで竿先を曲げてしまう、前あたりの無いことが多かった気がします。

メダイ特有の釣り上げるまでのやり取りは、他にはなかなかない釣りではまってしまいますね。

結局、8mでの前あたりの後、ガツンときてやり取りが始まったのですが、電動リールの巻上げレバーを中位にセットするのだけど、巻き上げが何か変?

ウーと小さな音で、巻き上げ速度がなんとなく遅い。

レバーを少し強めに上げるのだけど、ウー、回転が変わらない。
そのうち液晶画面がスーッと消えて、またついて、スーッと完全に消えてしまった。

「???」

前回、バッテリーに繋いだワニグチが抜けて巻き上げ途中に何もできなくなったトラブルがありましたが、今回は抜けないようにセットしたので問題は無いはず。

メダイは暴れて、竿を曲げてるは、今深度が幾らなのかもわからず、仕方なくゴリゴリ手巻きで上げてる。(笑)

で、180m全部手巻きかよと思いながら、どんだけ巻いたかわからん時に、フッと液晶が点灯、ウーッて巻き取れる。深度は100mを指している。

船長が下りてきて、タモの用意をしだしたのだけど「船長、まだ100mもあるんよ。」

言ったか言わないかの間にフッと液晶が消える。エーーーッと思いつつ、手巻き開始。
100m手巻きはきついなーと思いつつ、ゴリ巻きしてるとコマセカゴガ竿先に・・・。

素人みたいなことをしていると、横で何も知らない船長が「巻きすぎだよ、あわてんなよ。」(笑)

100mあるって表示出てたのに、いきなりコマセカゴがスポンと出てくりゃ、これは慌てますよ。(笑)

無事、小さいですがメダイを釣ることができました。

さて、液晶が消えた原因ですが、バッテリーとワニグチは外れていませんでした。
リール自体はこの前と変わらないから、おそらく問題ないだろうと思われます。
バッテリーは充電完了のランプが消えたのを確認して持ってきているから大丈夫。
残るは電源コードです。
いつも予備を持ってきているので交換してみました。

この後、トラブルは発生しなかったので、コードの中で断線しかかっているのでしょうか。
予備を持ってきていて良かった。
Imgp0870

2匹目は来ない・・・。(笑)
この後、まったく釣れなくなります。
自分の釣り方はほとんど置き竿にすることはありません。

着底、6m素早く巻き上げたら、15mまで誘いをかけながら巻いていきます。
これで来なければ、上を探ることもありますが、もう一回落とし込んで、15mまで上げる。
これを5分位てやって、ダメなら上げて、仕掛けの確認、コマセの充填となります。

餌ですが、いつもはオキアミメインでサバタンも試すことがあります。
大体はオキアミがいいのだけど、オキアミ食わない時はサバタンが有効な時もあります。
大船長曰く、サバタンは大きいのが食うよとも。
しかし、今回は最初のオキアミ以外は全く食わない。

オキアミとサバタンのサンドもやってみたが駄目。

今日はスルメイカの短冊も持ってきたのでオキアミとイカタンのサンドでやってみた。
着底、6m巻き上げ、8m誘い、10m誘いでモゾモゾッ、12m誘いでガツン。
やり取りを楽しみながら、上げてくると船長が「メダイ?」「ウン、12m」とさっきの大慌てはどこへやら、スマートな釣り方でタモ取りでした。

上がってきたのは、少しましな、でも小さいメダイとユメカサゴかな?
イカタン、60cmとはいかないものの20cm位のも作ってきてました。
調子が良かったら、太い仕掛けにこれ付けて、どんな大物が来るか試してみたかったのだけど、使うことはありませんでした。
Imgp0872

朝から一緒だった船。
やはり釣れていないようです。
一人釣ったようだけど、取り込みで逃げられた模様、残念でしたね。

Imgp0875

結局、好転はしないだろうとの判断、9:00近くにカイワリ、ハナダイにチェンジです。
山伏峠や熱海の山の頂上はうっすらと白くなっています。
昨日までの低気圧で雪が積もったようですね。
淡々と書いていますが、実際は波が大きく、風は強くて寒い日です。
オキアミ付けるときは手がかじかんでうまくつかない。(笑)

Imgp0878

メダイのエサのイカタンとサバタンはカモメたちのエサとなりました。(笑)
彼らの空中キャッチは見事ですね。

Imgp0880

で、カイワリ、ハナダイですがチーーンでした。(笑)
一回目のポイントは釣れず、即移動。
次のポイントはカイワリが釣れたのだけど、後が続かない。
船長曰く「潮が濁っていて、手前まで持っていっても見えてないようだ。」とのこと。
ウィリーで釣っているので10m位の範囲をしゃくりあげるのが普通だけど、それでは釣れないと見た船長「40mで止めてみて。」投入、指示棚、そのまま待ちという変則的な釣りをしてもダメ。(笑)
何十回といろいろやってみたが針のオキアミがそのまんま上がってくる。

終了間際になってそのオキアミが半分だけかじられた。
すかさずオキアミ付けなおし、同じ棚のちょっとしたへ投入。
小さくシャクリ、棚に合わせて2秒待ったら、ギュンと来た。
かなりの引き、だけどカイワリ、ハナダイの引きじゃない。ドラグが滑って巻けない。

上がってきたのはウスバハギクラスのウマヅラ。(笑)
ウスバならペラペラだけど、ウマヅラのこのクラスは初めてかなぁ。(笑)

ウマヅラで今回の釣りは終わりとなりました。

Imgp0884

クーラーの中。
少し寂しいですね。(笑)

Imgp0886

網代の港はこの通り、赤潮です。
結局、どうだったのでしょう。
メダイは濁っているといいというのは、今回は立証できませんでした。
しかし、急激に寒くなったことなど考慮すると、釣れないことはほかの理由があるからかもしれません。
まだまだ、やってみないとわからないですね。

カイワリに濁りは駄目でしょう。(笑)

Imgp0887

釣果、これ、うまく表現できません。(笑)
ウマヅラが巨大すぎて、メダイの型が少し小さいものだから、スケール感が狂います。

このウマヅラ、デカ肝で卵もありました。
薄く切った刺身に肝醤油で食べてみましたが最高。肝をつぶしているとき肝から脂が出てくるのですが、これが美味いのでしょうね。大きい肝なので、一部は肝醤油になりましたが、多くは卵と煮付けてみました。めっちゃ美味いです。
ウマヅラ侮るべからず。
カイワリの刺身も絶品、メダイはこれからの楽しみです。

Imgp0890

今日の潮汐、しかし寒かったし、荒れた海でした。

20160312tide

そうそう、帰ってきて、家内から海難事故があったらしいことを聞きました。
どうもボートの転覆?らしい。
海保の大型ヘリ、スーパーピューマのようです。
この機体だと羽田から来たのだと思いますが、時速200km/hは出るので30分もかからずに来たのでしょう。
今日の富士丸の船で、横波食らったときはオーッと思う位の波だったので、湾内と言えども小さな船だと危ないです。
安全第一ですね。

Img_0659_2

« 伊東 加納丸 メダイ釣り | トップページ | メダイと心中のつもりが・・・・(笑) »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

土曜日、なかなか波風があって大変でしたね。
南房総のほうも浅場なのに、ずっとけっこう揺れました。

赤潮、気になります。
いよいよ春の海なんでしょうが、ボートではあまり沖に行けないので赤潮、微妙です。

小ぶりとはいえ、メダイ2匹、厳しい状況の中ではまずまずでしょうか。
一年で一番釣れない季節、早く暖かくならないかなー。

おはようございます!のりべんです(^-^)
メダイご釣行、大変お疲れさまでした〜。

難しい海でしたね。。オキアミ以外は反応がありませんでしたか。
ニオイが無いものが無いということは、いつものメダイ釣りには利する
濁りがひどすぎた感じがしますね。流石のメダイの大きなお目々でも
ダメだったか…でした(^◇^;)

海難事故は怖いですね。翌日も予報とちがい酷いウネリの海でしたが、
umeさん、こうじ兄貴のこの事前情報のお陰で
細心の注意をもって無事帰宅でした。
ありがとうございました(^o^)

あらら、またお一人様で富士丸に乗ってらっしゃいましたか(^^)?
そして、しっかり釣果有り!
流石です。
赤潮が匂うほど寄せているのは驚きです(@_@)!!
海面に近いほど酸欠になっていることでしょう!
海水温は不安定ですね。
暫くはメダイが一番固い釣りものになりそうな予感です。
最後の転覆写真、明日は我が身にならないように無理はしまいと思います(..)

芋焼酎さん、おはようございます。
結構、荒れていました。(笑)
船ですから帰れなくなるなんてことは考えもしないですが、カヤックの時の自分を思うと、ゾッとしますね。
?? 南房総?? 浅場?? あれ? シマアジかな?? (笑)
これは後で見なくちゃ…。(笑)
ananさんからの情報で、赤潮が出ているかもしれないと聞いていたのですが、ここまでとは思いませんでした。しかし、港を出ると荒れていたので、赤潮はわかりませんでしたね。たまたま、湾内に吹き寄せられていたのでしょうか?
なんとか、メダイGETしましたが、元々の狙いは大きさと数でしたから、ちょっと期待外れでした。カイワリもあと2~3匹は欲しかったなぅ。
欲を言えばキリがありませんが、次回に期待ですかね。
また行きましょう。

のりべんさん、おはようございます。
そうですね、自分も考え付きませんでしたが、濁りが好きでも、エサも変わるかもしれません。見えなくなれば、アピール度の高い、臭いか色という点も考えなければなぁとのりべんさんの言葉から思い出しました。さすが、のりべんさんですね。

芋焼酎さんのコメにも書きましたが、カヤックやってたおかげで、富士丸で釣っている時さえ、荒れた海を見ていると、ふっと船から離れて、海の真っただ中にカヤックで浮いている自分を連想する時があります。

そんな時、今回の荒れ方だったら、チキンなのでビビりますね。
でもそんな考え方ができる、カヤックの経験はありがたかったと思います。
まだ完全に止めたわけではありませんが、気を付けて自分も乗りますね。

APさん、おはようございます。
へへ、一人で行っちゃいました。
ananさんに今週の予定を聞かれていたのですが、今週は用があって行けないし、かなり行っていないのでこの日になりました。
久しぶりの富士丸独占の釣り、それはそれで楽しかったですよ。
いつもと違うのは、富士丸のソナーが新しくなったので、ポイントに着くと、ピッピッピッと船長がソナーをいじくる音がズーッとしていたことです。
船長に新しいソナーはどうですかと聞いたところ、「今までより魚がいるところといないところがはっきりしたので、釣る所が少なくなった。」だったかな?
ということは、今まで釣れないところで釣らしてたんかい??(笑)
確かにカイワリの時など「40mで止めてみな。」と言うほど、魚の群れがくっきり見えるようです。これからは大漁間違いなしかもしれませんね。
あ、只し、魚に食い気があればですが・・・。(笑)
また行くときは連絡します。
一緒に行きましょう。
次はカイワリかもです。(笑)

おはようございます。

そうですか、東伊豆はもう赤潮が出ましたか?
それじゃアマダイは終わりましたね。

カイワリ、オニカサゴも不安定だし、、、マルイカ、アカムツにはちと早い、、、。
次は何を狙えばいいんでしょ?(笑)

やっぱシマアジかな?(笑)

腰痛持ちさん、おはようございます。
そうですよ、湾内真っ赤でしたが、網代湾が真っ赤ではありませんのでこれからだと思います。
でもおっしゃるとおり、不安定な時だと思います。
メダイも期待はずれだし、カイワリ釣れただけましくらいでしたから。
ただ、宇佐美や網代の船でアカムツは結構上がっていますね。
数が上がる魚ではありませんが、一度は釣りたい魚です。
そういえば15日から網代でイサキ解禁のようです。
脂ののったイサキ、良いでしょうね。

腰痛持ちさんはやはりシマアジ? 魅力じゃなく、魔力のある魚ですから・・・。笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々の富士丸 メダイ、カイワリ釣行:

« 伊東 加納丸 メダイ釣り | トップページ | メダイと心中のつもりが・・・・(笑) »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ