無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月24日 (日)

2016/1 網代富士丸仕立て船

2016/1/23 明日はANさんが前々から計画してくれた富士丸のメダイ、オニカサゴ釣り。
ワクワクしながら11:00頃、準備も終えて寝ました。

そして、深夜の1:31、なんだか飼い猫のミーちゃんが襖に体当たりしたような音がして目が覚めました。でもまだ何が起こったのかはわかっていないし、ミーちゃんも布団の上で寝ていたようです。

Atamijishin02

次は1:33、なんだか「ドーン」と1回のみの縦揺れでしたが、これは地震だとわかる、しかもかなりでかい衝撃。
これにはたまらず、家内とテレビをつけて地震情報確認。
なんと、熱海港から1~2kmほど沖が震源地の×が付いているでは・・・・。

Atamijishin03

地震がしかも熱海の海底で・・・・。釣れるわけないやろ・・・。
と思いつつ布団に潜り込んだのですが、2:09、3回目の地震。
「えーーっ、久しぶりの釣りなのに、よりによって・・・・。」と思いつつ寝てしまいました。

Atamijishin04

朝の5:00です。
大体の人は集まって、どんな釣りになるかの楽しい時間です。
集まったのは幹事のANさん、スーパー底物師のAさん、奇抜な釣り考案では誰も真似できないIさんとIさんjr、手漕ぎボートでは皆さんご承知のT先生、釣り船から手漕ぎとあらゆる釣りをされるYさん、そして今回、富士丸初挑戦のOさんとBさん、そして私の8人です。

Imgp0700

富士丸の船長はこの後やってきて、船の準備をしています。
朝、地震があったことを知らない人もいたので、そんな話をしながらの時間でした。

Imgp0701

で、5:34、港の自分たちが立っているコンクリートがグラグラッと揺れて、全員が地震を確認することができました。
この時点で釣れるわけがないと確信したのですが・・・。

Atamijishin05

乗船前にアミダくじで釣り座の決定です。
一人ずつ自分の名前を書き込み、横線を1本追加していきます。
Iさんに続いて引いたくじは右舷トモ、左舷トモにはANさん、私の隣はYさんです。

肝心の船が出てからの写真は1枚もありません。
忙しくて撮っている暇がありませんでした。

最初はメダイからということで、初島北東沖、水深180mの棚を攻めます。
通常、自分はメダイを釣るとき、エサとしては配られるオキアミをメインに使います。
仕掛けは富士丸推奨が6号6m、2本針なのですが、今回は8号を大量に作っていたためこれで開始です。

コマセはオキアミで付けエサは今回このオキアミからいいものを選んで付けることになっていました。
いつもなら2~3人で釣ることが多く、そんな時はオキアミの1匹かけなのですが、よりアピール度を上げるためWにしておろします。

しーーん、なーーんにも釣れません。(笑)

時折、隣近所では外道のクロムツとかが釣れてきます。
これ、外道って言っても、欲しいし、美味い魚なんですよね。

たまらず、エサを変えようと、持参したサバタンとオキアミを一つの針につけておろしました。

180m着底、素早く巻き上げ、底立ちします。


自分の釣り方は・・・。
着底→仕掛け分6mまでは素早く巻き上げ(ゴムクッションは使っていません)→ここから2.4mの柔らかめの竿をうまく利用して、静かに上へ上と誘い上げます。

竿を上げる→竿先が遅れながら上がってくる→停止したら、しばらく5秒ほど待ってみる
→リールを巻きながら竿先を下げていき、次の巻き上げの準備をする。→竿を上げる

の繰り返しです。

ポイントとしては、今まで経験上、当たりが多かった、8m、11m、15mでのステイは比較的長く、15mで当たらなかった時、場合によっては17m、時には20m近くまで探ることがあるくらいでしょうか?

15mまで上げてこなかった場合、もう一度底まで落として、再度同じ探りをします。
この時も、船の流し方によって刻々と底が変わるときは、錘を海底まで落としますが、根掛かりの心配とサメもいるので素早く6m巻き上げるのは言うまでもありません。

また比較的底が変わらない流しの時は、最初見つけた底より6m高いところまで仕掛けをおろすだけにして根掛かりとサメを避けます。

大船長の釣り方は棚取りすると置き竿、しかし、今まで見ていた釣果では2本針にメダイを2匹かけて釣り上げるなど、静の釣りですが良く釣られるのです。いつかは大船長みたいな釣り方がしたいのですが、自分の釣りはどうしても誘いの釣りになります。

コマセはあまり気を使っていません。
大船長のコマセは無くても関係ないなんて話を聞いているせいか、ぎっちりオキアミを詰め込んで、上がってくるときは空になるなんて設定をとことんやってはいません。

今回も上半分、下は2mmほど開けてやっていましたが、2回15mまで誘い上げて、戻ってきてもかなりのオキアミが残っている状態でした。

さて、釣りの続きです。

サバタンとオキアミを1つの針に付けた釣りで、着底、誘い上げ、15mで待ってしばらくすると竿先がコーンと引き込まれました。

かかった棚が15mなことと、猛烈な引き方から明快にメダイと確信できる当たりです。
メダイの引きは最後まで衰えることはありません。
時たま下へグイグイグイと引き込みますが、わずかドラグが効いて滑り出すくらいの固めの設定と竿の弾力でかわして巻き上げます。
大船長のサポートで釣りあがったのは2.8kgの初島ではベストともいえるメダイでした。

2回目はトラブルの時の釣果です。
サバタンが有効なので、オキアミと一緒に付ける付け方を続けていたのですが、着底して底立ちした瞬間、電動リールの液晶が消えてしまった・・。(笑)

これ、予想していないだけにかなり泡食います。(笑)

原因はバッテリーのワニグチが外れたのが原因なのですが、カバーを被っているため見えない。

どうやら、隣のYさんと絡むことがあってはと釣り座の位置にバッテリーは置いているのだけど、トモのトモまで移動して釣っているため、コードが伸びきって外れちゃったようです。
しかし、そんなことは考えてもいず、あれやこれや原因を探すのだけどわからずじまい。
時折、ワニグチが接触していたのでしょう、液晶が付いたり、消えたりするから余計にわからなくなる。

液晶がつきだしたので巻き上げてみる、液晶が消える、原因を探しているうち、またつく、巻き上げる、消える、原因探す、ワニグチ外れているの見つける→船長がメダイ釣れてんぞーーーと声かける。→そんなこと言われても、巻けないですーと手巻きで巻き上げだす。

そのうち、電源しっかりと繋いで電動で巻き上げだしたのだけど、深度計はすでにめちゃくちゃな値になっていて、どこで巻上げ完了かが全く見えてこない。(笑)

これ、ほんと怖いです。巻き上げすぎると天秤がガイドに突っ込み、竿が折れちゃいます。

右手は電動レバーにかけたまま、左は少しでも竿を持ち上げて、海面から出ている糸の量を長くして、巻き込まないよう注意しながらの巻き上げです。

しばらくして、サポートに入っていた大船長が「ビシーッ」て言ってくれた瞬間、レバーを下げた、天秤は竿先数センチのところでストップ。大船長に助けていただきました。

そしてメダイも2.8kgの良型を取り込んでいただきました。

電動のコード、気を付けないといけないなと改めて思った次第です。

この頃から、ほかの人たちもメダイが上がりだしました。
ただ、ほかの人と絡むことが多く、その間にメダイが逃げるというのも多かったようです。

自分の釣り座はトモだったため、この点でもラッキーだったのでしょう。絡んだのは一度だけで済みました。

皆が釣れだしたとき、自分には来ていません。
でも何人かが釣れたとか、ばらしたとか聞こえてくるので、食い気のあるメダイの中に自分のエサがあるのは事実。
思い切って17mまで棚を上げてみるとグンッと当たり。少し軽めの引きでしたが、釣れたのはメダイ、約1.5kgの小型でした。

そして最後にも15mの棚取りした瞬間、メダイの引き込み、上がってきたのはやはり2.8kgです。

久しぶりのメダイ釣り、2.8kgの良型が揃ったのは初めてではないでしょうか?
この引きを覚えるとメダイ釣りはやめられなくなります。
メダイ4本、クロムツとかの外道もあがって上々の釣りでした。

そして9:00になり、次の釣り物のオニカサゴのポイントに移動します。
初島西北の100m前後の深さです。

オニカサゴ、約1年ぶりです。
大好きでよく釣っていた魚ですが、カヤックに乗っていないと、たやすく手に入る魚ではありません。
自分の徳餌はイワシなのですが、今回も持ってきたのだけど、着脱式の孫針、脱のままで忘れてきちゃった。(笑)

そんなわけでイワシの顎に刺したムツ針1本と、サバタン1本、ANさんからいただいたアナゴタン1本の3本針です。

結果的にはオニカサゴはお隣のYさんが良型を上げたのみで、船中1本。
時間が限られていたこともあったのでこんなものでしょう。

自分はここで小さいながらもアヤメカサゴ1匹でした

Imgp0706

今日の釣果です。メダイは幅広で良い型です。

2016012304

で、持ち帰ったのはこの3匹。
ずいぶんと大きい、クロムツとアヤメだと思うでしょう?(笑)

メダイは一番小さい1.5kgなんです。
2.8kgのメダイ、食べてみたいとも思ったのですが、残念ながら今の自分の家庭ではこれが限界。
でもたくさんの魚で、いろんな料理が楽しめます。
クロムツの煮つけ、美味いだろうな・・・。(笑)

Imgp0710

今日の潮汐 大潮だったようです。
地震の影響もなくて良かった。

皆さんとの楽しい釣り、ありがとうございました。
特にANさん幹事ご苦労様でした。
企画していただいてありがとうございました。

20160123tide

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ