無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年9月

2015年9月22日 (火)

メダイ・ハナダイ仕立て船

2015/9/19 今回はAPさんが幹事で仕立て船を出してくれることになりました。

メンバーはAPさん、ananさん、腰痛もちさん、芋焼酎さん&芋焼酎の息子さん、COZYさん、つりキチ先生さん、サビキ小僧さん、そして私です。

APさんのくじ引きで釣り座の決定です。左舷ミヨシはCOZYさん、自分は左舷の中前、腰痛持ちさんが中後、トモはサビキ小僧さんとなり、

出発前、準備中のCOZYさん。
Imgp0455

右舷はミヨシがAPさん、芋焼酎さん家族、APさん、釣りキチ先生だったかな?(笑)
これだけの人が集まると話が弾んで楽しいですね。

出発前の腰痛持ちさん。
Imgp0456

初島近くのハナダイポイントへ到着。
最近、カイワリは全く顔を見せなくなり、ハナダイは最初の流しくらいしか釣れないという、あまりいい条件ではありません。

Imgp0462

・・・・・・・・・・・、で、8:00頃までやってみたものの、釣果はこの小さい沖メバルのみ・・・・。(笑)
他には腰痛持ちさんがハナダイ1匹、右舷でも1匹上がっただけだったようです。

Imgp0468

次のメダイ、前回ananさんや五目漁師さんと釣った時は釣れていたのですが・・・・・・。
何度誘っても当たりがありません。
やっと大きな当たりと思うとサメ・・・・。自分は結局サメ二匹でした。

こんななかで気を吐いたのは、まずはAPさん、蛍光色のエビのワーム?をエサにしてメダイを釣り上げます。そして圧巻は芋焼酎さんの息子さんが良い型のメダイを釣り上げます。

APさんの写真より
1442621884132_3

結局メダイもこの二匹だけ、今日は激シブのようです。
左舷は一匹も釣れず仕舞でした。

1442621897015_2

そして9:30頃には船長が特別に用意してくれたイサキ五目に変更です。
ポイントは網代側の深さ30m位のポイントです。

Imgp0463

ここでも、やや渋め、竿をしゃくっても魚が釣れません。
そのうちいい引きで上がってきたのはカワハギ、これはうれしい魚です。

その後はソーダガツオの猛攻、棚まで落ちないうちに掛かってしまいます。
そうこうしているうち、本命のイサキもかかりだし、なんとかクーラーに魚が入った状態になりました。

Imgp0469

結局、自分の釣果は、イサキ2匹、カワハギ1匹、ソーダガツオ7匹、沖メバル1匹の釣果でした。
上がってから、ほかの人の釣果を見ると、型の良いイサキやメジナが上がっていたようです。

うーーむ、どうやら、自分が一番ダメだったような・・・・。(笑)

修業が足りんな。(笑)

また、修業のために乗りに行きます。(笑)  全然懲りてない・・・・

Dsc_2624

ということで、残念な結果でしたが、皆さんと楽しい時間が過ごせて、面白く過ごさせていただきました。ありがとうございました。
またご一緒しましょう。

APさん、お疲れさまでした。

2015年9月 8日 (火)

久々の3人釣行 ハナダイ&メダイ

2015/9/5 今回はananさんと、五目漁師さんの3人でウィリー五目とメダイを釣りに行くことになりました。もちろ船はいつもの網代 富士丸です。

天気はちょうどこの日だけ恵まれた天気、良い釣りになりそうです。

Screenshot_20150904185226

今回はananさんに迎えに来ていただき、4:00に到着、港は富士丸近くに水銀灯が付いたため、明るくなっています。

Imgp0403

お客さんが1人追加となり、合計4人と大船長、そして船長の6人です。
五目漁師さんが左舷のトモ、ananさんは右舷のミヨシ、そして私は右舷のトモです。

五目漁師さんは今回初挑戦のメダイ釣り。

Imgp0404

ananさんは、メダイ竿を新調しての釣行、気合いが入っています。

最近、ウィリー五目は数が伸びず、カイワリは全く釣れず、ハナダイのみの釣果が続いているようです。

こんな時、富士丸の釣りはありがたい、1目だけしか狙えないのではなく、今回のようにメダイとハナダイが同時に1回の釣りの中で楽しむことができます。

Imgp0405

まずは。ハナダイから、船長の「やって、40から30.」という声で投入。

41mでSTOPし、仕掛けが落ちて安定してからシャクリ開始です。

2mほどしゃくって2秒ほど静止したところで、穂先がククン、ハナダイです。
しかし、それっきり・・・、
どうやら、エサには飛びついたものの、針がかりしません。

そうこうしているうち、五目さんが「おっ、きたぞ。」という声。
どうやら、ハナダイをかけたようです。
その後も何枚か釣られていたようでした。

こちらは、焦ります。2回目の投入でなんとか1匹釣りましたが、その後、3回ほど、当たりはあるものの、針がかりしないのです。
やむなく、仕掛けを交換、そしてやっとの思いで2匹目をGET。

後で調べてみると、針がかりしなかった仕掛けは前回の残りの仕掛け。
何かに引掛けたのか、針が変に曲がっていました。

今回のハナダイは渋いと聞いていたので、この釣れる時間に集中して釣らないと、あとはわかりません。些細なこともきっちりやっておかないと、釣果に結びつかないですね。

Imgp0408

結局、最初の流しでバタバタと釣れたものの、その後は全く釣れません。

シャクリのピッチを変えたり、ステイを長くしたりと変えてみるのですが、反応なし。
通常、ウィリーにはオキアミ付けないのですが、食い渋り時は全ての針に付けます。
今シーズンはずっと悪い状態なので、全ての針に付けていましたが、思い切って空針のみにオキアミ付けます。

これが良かったのかやっとの思いで、ハナダイ2匹と初島名物巨大ウマヅラ1匹追釣です。

結局、、ハナダイはここまで、早めのメダイと切り替え、8:00過ぎには開始しました。

一投目でananさんの竿が曲がります。
上がってきたのはこの辺では大き目のメダイ。

(初島近辺で釣れるメダイは、俗に言うアオメダイと呼ばれる3kgまでのものが主体です。)

Imgp0414

五目さんも・・と思ったのですが、残念・・、サメでした。
五目漁師さんはメダイ釣りは今回初めてなので、なんとしてでも釣っていただきたかったのですが、最初の時からサメ、残念な結果となりました。

自分は最初から調子が良く、良型のメダイをGET。
二匹目はタモ取りまで来たのですが、船の下へ入られ、ハリス切れ。
メダイは深海から上がってきても、最後まで鋭い引きで抵抗します。
糸が切れても、お腹が水圧の変化で膨れたりしないので、そのまま元気に帰っていきます。

Imgp0415

そしてまたまたいい当たり、竿が満月になり、船も傾いています。(嘘 嘘)
ananさん、撮影。

Img_940302_2

11:00までが午前の釣りですが、ananさんは絶好調、3匹のメダイを釣り上げています。
中には、ananさんがトイレに行っている間に、船長が放送で「ananさん、釣れてるよ~。」(笑)

見ると、新調したメダイ竿が主人の留守の間に頑張って満月のしなりを見せています。

「な~んだ、ananさんが3匹釣ったのじゃなくて、新調の竿が釣っていたんだ。」と心の中で理解したのは言うまでもありません。(笑)

ananさんが3匹、自分が2匹となり、11:00の沖上がりを迎えました。

Imgp0416

ananさんのメダイが大きかったので検量です。
2.3kg、この辺ではまずまずの大きさでした。
これからすると、自分のは2kg弱といったところでしょうか。

Imgp0419

自分の釣果、メダイ2匹、ハナダイ4匹、ウマヅラ1匹、オゴ1匹、沖メバル1匹、タマガシラ2匹でした。

P_20150905_110746

食べきれないので、のりべんさんにおすそ分け、残ったのはこれだけです。
タマガシラからすると、そんなに大きくないと思われるかもしれませんが、そうではありません。
このタマガシラ、タマガシラの中では今まで見たこともない大きさ、BIG1なのです。
ハナダイも良型、これは後の料理が楽しみです。

P_20150905_165844

メダイは刺身、漬け、昆布締め、アラの煮つけ、ハナダイは五目あんかけで頂いています。
タマガシラ、沖メバルはメダイのアラと一緒に煮つけです。

まだまだ食べきれていなくて、うれしい日が続きます。

今日の潮汐

Screenshot_20150905032330_2

五目漁師さん、ananさん、楽しかったです。

お世話になりました。

また、行きましょう。

« 2015年8月 | トップページ | 2015年11月 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ