無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 釣り方を忘れた?? | トップページ | 久々の3人釣行 ハナダイ&メダイ »

2015年8月30日 (日)

針の結びについて

2015/8/30 富士丸でいろいろな魚を釣っていますが、狙った中で一番大きな魚はブリ。
しかし、3~4回試みましたが、残念ながら釣れず仕舞。
かかればかなりの引きでしょう、味わってみたいものです。

では次に大きいものといえばメダイです。初島近辺で釣れるメダイは大きいものでなく、俗に言う、アオメダイで大きくても3kgでしょうか。
(メダイの若魚、青っぽいことでアオメダイと言われる。これに対して大型のものをアカメダイとも言う。)

大きくなくても、メダイの引きは抜群です。180mの海底から、タモ取りまで引っ張り続けるのです。

初めてメダイを釣ることになったとき、仕掛けがわからず、船長に聞いたら、「針は真鯛の10号、6mでPE6号、2本針」とのこと。

で、たまたま、真鯛針の10号が無く、12号の物をずっと使っています。

この針、鋭くてお気に入りなのです。

P_20150829_043043_2

この紙の裏側を見ると針の結び方が載っていて、内掛け結び、外掛け結び、漁師結びのやり方が載っています。

メダイ釣りを始めたころはなんでもかんでも外掛け結びでしたが、去年あたりから外掛け結びの信頼性に疑問を持ち始め、今は南方延縄結びに替えました。

南方延縄結び、よく大物釣りに使われる結び方ですが、結び方がかなり難しそう・・・。

でも、やり方があって、外掛け結びと変わらない位、簡単に結べることが分かったのです。

一度覚えると、その強度にびっくり・・・。

外掛けは無理に引っ張ると抜けてきますが、外掛け結びと打掛結びを合成した南方延縄結びの威力は抜けない、さらに引っ張るとハリス切れになります。

今回はそんな南方延縄結びの紹介です。

P_20150829_043107_2

わかりやすいように糸も針も大きいものを使っています。
まずは普通に外掛け結びを作ります。

P_20150823_102932_2

3回ほど巻けばいいでしょう。

P_20150823_102952_2

先端を輪っかに入れて外掛け結びの完了です。

P_20150823_103021

ここで、外掛け結びを崩さないよう、指で押さえつつ、針先側を表に出してきます。

P_20150823_103038

形が崩れなければ赤い矢印側を引けば、輪っかが大きくなります。
そして、その反対側を糸の先端と針先に被せます。
わかりにくいようでしたら、この後の写真を見てください。

P_20150823_103051

これが、被せ終わり、巻き付けた状態、これで1回巻いたことになります。

P_20150823_103104

2回目、こんな感じで輪っかを針先に被せます。

P_20150823_103120

同じことを繰り返して、3回巻き付けた状態。
この間巻き付ける側は、常に引っ張っても輪っかが大きくならない側を巻き付けてください。
3回巻き付けたらハリスになる側を引っ張り輪っかを縮めていきます。

P_20150823_103206

糸の位置を確かめ、糸の両側を引っ張り締め上げていきます。
次にハリスと針を引っ張り、がっちり締め上げ、結び完了。
余った部分を切って完成です。

P_20150823_103338

これは、実際の真鯛針12号に結んだ南方延縄結びです。

Dsc_2609

この輪っかを針に被せる巻き方で、打掛結びだけでも結べます。
外掛け結びに比べると打掛結びの方がより強いので、小さな針は打掛結びがいいかもしれませんね。

« 釣り方を忘れた?? | トップページ | 久々の3人釣行 ハナダイ&メダイ »

仕掛けづくり」カテゴリの記事

コメント

umeさん

こんばんは、

これは有難い、勉強になります。
ただ、今は、仕掛けを自作する時間も、気持ちも余裕がありません。
次回も、市販の仕掛けでメダイを狙います。

それでも、市販の仕掛けで、「南方延縄結び」で針と結ばれたタイプをいつも購入しています。
2個仕掛けが入って、税込¥525円です。
自作だと、1個幾ら位で出来るものでしょうか。

メダイ釣り、下手すると3〜5袋の仕掛けを使う事あり。
キンメ仕掛けには負けますが、なかなか良い値段します。

ananさん、こんにちわ。
525円ですか? やったせ゜。(笑)
どうですかね、針とハリスサルカンとビーズ位、全部合わせて100円位になりますかね。仕掛けが2つ入っているなら、約半値というところでしょう。暇が無い人は買ったほうが安い、暇がある人は作る楽しみといったところでしょうか。
結構ハマりますよ。(笑)
そして使ったハリス以外は回収して再使用しています。ハリスは捨てますが、それ以外は結構再利用が出来ます。そういう点では安上がりですね。
この仕掛け、このままでも、1本針に換えてもワラサなら使えるかと思っています。8号ならもっといいですかね。

今から釣りに行くのが楽しみです。(笑)

こんばんは!
なるほど、南方延縄結びですか?
スッポヌケ防止には持ってこいですね。
勉強になります。
太いハリスだとどうしてもスッポヌケが心配になるのですが外掛けした後、輪っかを巻いた外掛けの螺旋の上にさらに内掛けに被せて巻く感じでしょうか?
かなり締め込みがきつくなり抜けなさそうです。

どっかでやってみます。

APさん、おはようございます。
外掛け結び、簡単で結び安いのですが、ほんのたまに抜けちゃうのですね。
カヤックで鬼カサゴを狙っていたときいい当たりにも、フッとPEの張りがなくなった瞬間、ガクッときたことがありました。
そんなことが何度かあって、南方延縄結びにしました。
今まですっぽ抜けは無し、このガッチリ感は何とも言えない安心感をもたらせます。
一つだけ面倒なのは、使った針の回収時、結び目をカッターで切るのが少し難儀なことくらいですかね。それほどガッチリ結べます。
鬼カサゴやメダイ、赤むつ、キンメ、真鯛、ワラサと富士丸の釣りでは万能になりそうです。
APさんの言われる通り、外掛けに内掛けが更に巻いた結び、一見難しそうですが、針の持ち方を変えて、ハリスの回し方を変えるだけで劇的に簡単に結べます。

最近は釣りに行かれた時だけ更新かと思っていましたが
記事が新しくなっていたんですね。

私は昔は内掛け結びでしたが、最近はもっぱら外掛け結びです。
どちらも基本的に摩擦系の結びですが最後の締め付けが肝で
内掛けは巻回数を増やすと締め付けが悪くなりチモトに乗り上げて切れてしまうことが多いですね。

南方延縄結びの切断限界はハリス強度の80%とも言われていますので
大物狙いで今よりも太いハリスを使う様になれば私もやってみようと思っています。

五目漁師さん、おはようございます。
コメント遅くなりすみませんでした。
最近、ブログの内容、単調ですよね。自分でもダメだなぁと思いつつ、やれていません。
温存しているネタもあるので、ポチポチ出していこうかなと思っています。

この結びを覚えたとき、内掛けと外掛け、南方延縄結びと強度試験をしたのですが、打掛結びと外掛け結びとの間に大きな差があることに気が付きました。
(これだけでもブログネタになりますね。)
内掛け結びがしっかりしているのです。これから、小さな針は打掛結びだなと思っていたのですが、巻回数が多くなると切れやすいですか?
勉強になります。そんなことも考慮しつつ、結びを考えてみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 針の結びについて:

« 釣り方を忘れた?? | トップページ | 久々の3人釣行 ハナダイ&メダイ »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ