無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月30日 (日)

針の結びについて

2015/8/30 富士丸でいろいろな魚を釣っていますが、狙った中で一番大きな魚はブリ。
しかし、3~4回試みましたが、残念ながら釣れず仕舞。
かかればかなりの引きでしょう、味わってみたいものです。

では次に大きいものといえばメダイです。初島近辺で釣れるメダイは大きいものでなく、俗に言う、アオメダイで大きくても3kgでしょうか。
(メダイの若魚、青っぽいことでアオメダイと言われる。これに対して大型のものをアカメダイとも言う。)

大きくなくても、メダイの引きは抜群です。180mの海底から、タモ取りまで引っ張り続けるのです。

初めてメダイを釣ることになったとき、仕掛けがわからず、船長に聞いたら、「針は真鯛の10号、6mでPE6号、2本針」とのこと。

で、たまたま、真鯛針の10号が無く、12号の物をずっと使っています。

この針、鋭くてお気に入りなのです。

P_20150829_043043_2

この紙の裏側を見ると針の結び方が載っていて、内掛け結び、外掛け結び、漁師結びのやり方が載っています。

メダイ釣りを始めたころはなんでもかんでも外掛け結びでしたが、去年あたりから外掛け結びの信頼性に疑問を持ち始め、今は南方延縄結びに替えました。

南方延縄結び、よく大物釣りに使われる結び方ですが、結び方がかなり難しそう・・・。

でも、やり方があって、外掛け結びと変わらない位、簡単に結べることが分かったのです。

一度覚えると、その強度にびっくり・・・。

外掛けは無理に引っ張ると抜けてきますが、外掛け結びと打掛結びを合成した南方延縄結びの威力は抜けない、さらに引っ張るとハリス切れになります。

今回はそんな南方延縄結びの紹介です。

P_20150829_043107_2

わかりやすいように糸も針も大きいものを使っています。
まずは普通に外掛け結びを作ります。

P_20150823_102932_2

3回ほど巻けばいいでしょう。

P_20150823_102952_2

先端を輪っかに入れて外掛け結びの完了です。

P_20150823_103021

ここで、外掛け結びを崩さないよう、指で押さえつつ、針先側を表に出してきます。

P_20150823_103038

形が崩れなければ赤い矢印側を引けば、輪っかが大きくなります。
そして、その反対側を糸の先端と針先に被せます。
わかりにくいようでしたら、この後の写真を見てください。

P_20150823_103051

これが、被せ終わり、巻き付けた状態、これで1回巻いたことになります。

P_20150823_103104

2回目、こんな感じで輪っかを針先に被せます。

P_20150823_103120

同じことを繰り返して、3回巻き付けた状態。
この間巻き付ける側は、常に引っ張っても輪っかが大きくならない側を巻き付けてください。
3回巻き付けたらハリスになる側を引っ張り輪っかを縮めていきます。

P_20150823_103206

糸の位置を確かめ、糸の両側を引っ張り締め上げていきます。
次にハリスと針を引っ張り、がっちり締め上げ、結び完了。
余った部分を切って完成です。

P_20150823_103338

これは、実際の真鯛針12号に結んだ南方延縄結びです。

Dsc_2609

この輪っかを針に被せる巻き方で、打掛結びだけでも結べます。
外掛け結びに比べると打掛結びの方がより強いので、小さな針は打掛結びがいいかもしれませんね。

2015年8月13日 (木)

釣り方を忘れた??

2015/8/11 帰省ラッシュのお盆、我が家も長男夫婦が来ることになった。
これは、魚を釣って食べさせてやりたい。家内も既にその気らしく、GOサインも出ました。
予報では晴れで風もないので釣りにはもってこいの日です。
ただし熱中症には注意が必要ですね。

Screenshot_20150810213422

今回は午後船、12:30出船なのですが、御覧の通り晴れ、暑くてしょうがないので、電柱の影で冷たいお茶を飲みながら待ってます。(笑)

P_20150811_115044

12:30出発です。今日も狙いはカイワリ、ハナダイ&メダイですが、最近の釣果ではカイワリは全く釣れていないようです。

Imgp0324

今回はいつもより竿を柔らかいものにしています。
ダイワ A-GRIP NERAI 210 錘負荷 20~100(号)です。
ハナダイ釣りには合っていそうな竿なのですが、網代のビシは80号が指定のため、通常のウィリーの60号に比べ重いのです。
100号まで耐えられるので大丈夫なのですが、かなり竿が曲がるので使いませんでした。
しかし、今回はどんなもんだろうということでトライ。(笑)
リールもいつもよりワンランク下の
レオブリッツ 150です。

Imgp0328

さて、ここから写真がありません。

何故って? とっても忙しいからです。(笑)
ビシを落とす、しゃくる。アミコマセ詰める、・・・めっちゃ忙しいのです。(笑)

最初に掛かったのはウマヅラ。
船長か「棚は30から40」と言われてしゃくってくると30辺りでもやっとした当たり、そしてグイッと引きます。巻いてくるとそんなに抵抗しないで上がってくる。こんな時は大体ウマヅラ。
引きが弱いからといって小さいものではありません。30cmはあるでしょうか。

この後も、ウマヅラが続きます。

そして40m当たりでもやっとした当たりがあるのですが、針掛かりしません。
おかしいなと思いつつ、しゃくっていると・・・。
船長「シャクリ早すぎだよ。」
「・・・」
そーいえば、治久丸でカイワリ釣っていたシャクリモードで釣っていました。(笑)
カイワリがメインの治久丸では、かなり早いシャクリで良い思いしていたのでついついそのモードに。

しゃくって2秒ほど待つモードに切り替えると、40mくらいからハナダイが釣れ出しました。
今回のハナダイ、五目漁師さんが釣られたような、40cmではなく、30cm切るくらいのサイズです。

ハナダイがかかって、鯛特有のキュキューンと引くこのやり取りがたまりません。
竿が柔らかいので、キュキューンと引いた時は竿が曲がり、リールはSTOPするくらいのドラグでしのぎます。引きがおさまると電動が巻き上げるの繰り返しです。今までこの竿を使わなかったのが間違いでした。楽しい、実に楽しく釣れます。

やがて、猛烈な引き、ギュンギュン、ドラグは止まりっぱなしなので、やや締め加減で引き上げてきます。それでもギュギューーン。こりゃあ絶対40cmのハナダイだわ・・・。(笑)

5m、3m、2mと上がってきて魚体が見えた。

あれ? 茶色い・・・・・。

ウマヅラだ。

40cmを超える巨大ウマヅラの尾びれのつけ根に針掛かりしていました。
こりゃあ、引きますわ。(笑)

この後、ハナダイ入れ食いモードに突入です。

珍しいものではキントキ、オゴダイ、沖メバルが釣れています。

船長「そろそろメダイ行く?」
富士丸の嬉しい所は2目狙いができるところです。
時間は16:00、1時間の勝負です。

Imgp0330

第一投目はポイントをずれたのか不発。

2投目は180m着底後、仕掛けの分6mを早巻きしてから15mの棚まで誘い上げます。
15mまで来た時、グッグーンとメダイの当たりです。
今回はオキアミ付けていたので当たりがあれば確実に食っています。
ここからがたのしい時間、メダイの引きを楽しみつつ、巻き上げていきます。
上がったのは約1kgの小さなメダイでした。

このあとオキアミが切れたのでサバタン付けてやったのだけど、餌だけ取られてOUT。
5:00まで頑張ったのですが、1匹で終了となりました。

Imgp0332

もう少し釣る時間があったようですが、家内が迎えに来ていることもあって、17:00で帰ってもらいました。魚は十分釣れてますからね。

Imgp0334

今日の釣果、富士丸のホームページより。

Imgp033502

実際に並べてみると、ハナダイは11匹でした。
ウマヅラはでかいです。(笑)

Dsc_2524

今日の潮汐です。

Screenshot_20150810213819

2015年8月 3日 (月)

ブルームーンの次の日は・・・

2015/8/2 昨日7/31はブルームーンって家内が言っていた。

ブルーのムーン?って思ったのだけど意味不明。

チョコっと調べたら月に二回満月が見られることを指すのだそう。
月齢は29.5日、1ケ月は30~31日、この差で3年に1度位の周期で1ケ月に2回満月になることがあるらしい。7月は2日が満月だったので31日が満月となる訳。

だから、特別の月が見れる訳ではないのだけど、英語に「once in a blue moon」という表現があって「めったに・・」とか「時たま・・」って意味を言うらしい。
どうやらここからブルームーンってきたらしい。
ブルームーンってなかなか見ることができないけど、見ると幸せになるとかそんなことのようです。

7/31富士山にて

Dsc_6170

8/1は会社の古い友達との釣行。
元々は同じ会社で釣りに行っていたのだけど、彼は福島の工場へ、そしてそれぞれ違う会社に組み込まれたため、最近は中々釣りに行くこともありませんでした。

たまたま、彼が湘南の仕事になり、近くになったことからの釣行です。

天気は快晴、風も無し、絶好の釣り日和、それとブルームーンの次の日なので大潮なのはいうまでもありません。

Screenshot_20150801070553_2

今回の釣りは宇佐美の治久丸、午後の船です。
しかも、道路の混雑を考えて、電車釣行。
自分は伊豆多賀駅から9分の電車でした。

自分たち以外に2名のお客さん。
このうち一人は、雨の午後船でカイワリ、ハナダイの大釣りをされた方、皆さんと気楽に会話しながらの釣りとなりました。

友人と自分は両トモに入ります。

Imgp0285_6

今日は電動リールではありません。
治久丸のカイワリ、ハナダイは水深が浅いので、竿も軽めのダイワ A-GRIP NERAI 210。
錘は50号、片テンは30cmと軽いしかけです。

Imgp0287

船が出たのは12:00でしょうか。ポイントまでは10分もかからないところ。
国道135号線もよく見える30m前後の浅場です。

船長の「はい、やってーー。」の声で投入・・。
第1投でクイッ、クイッとしゃくるとキュ、キューンとカイワリ独特の引きです。
なかなかの型のカイワリGETです。
どうも今日は高速シャクリが合ってそうです。

まだこの釣りは初めての友人、釣り方がわからないので竿を借りて釣り方を教えます。

着底し、2回、クイッ、クイッと高速シャクリ、

キュッ、キューンとカイワリ。

掛かった竿を友人に返して引きを覚えてもらいます。
残念ながらカイワリは途中で逃げたようですが、釣り方はわかったようです。

この後、2匹ほど追釣したのでしょうか、30分ほど誰も釣れなくなります。

天気は快晴、無風・・・・、物凄く暑い・・・。ミヨシから暑い、暑いの声が・・・。

そして自分もなんとなくヤバイ気分・・・。

船酔いではなく、苦しいのです。

熱中症・・・そんな言葉がチラチラと脳裏を過り出します。

全身、波も被らないのにびっしょり、汗が吹き出し、止まりません。

編笠なので、頭の中を空気が通るので蒸れはしないのですが、それでもボーッとしてきます。

船の向きが国道側を向いているため、左舷の自分は日陰ができません。

たまらず持ってきたお茶を飲むのだけど、それでも苦しい。

船長「釣れないねー、イサキポイントに移動します。」

船が動き出し、風が体にあたると気持ちがいい、普段の体調に戻ります。

Imgp0288

イサキのポイントへ着いて、「上から14m、上下2m探ってみてー。」と船長。
16mからシャクリ、STOP、シャクリ、STOPを繰り返してみると14mでクン、ククンとイサキの当たり。20cm位のイサキが釣れます。

シャクリは普通で、しゃくったあとのポーズは長く置くとクン、ククンと当たってきます。
何mで当たったかを記憶して、それより2~3m下へビシを落としてしゃくってきます。
前回と同じ棚までくれば、ポーズでクン、ククン。もし当たりが無ければ、そのまま待つとクン、ククン。(笑)それでも当たらない場合はそのまま2mほど落とし直して繰り返すと当たります。

当たりがあったら少し巻いて、ポーズ。竿はクンクンと引いたままですが、さらにグングンと引き出します。要するにW、2匹目がかかった。

こんなことをしているとダブル、トリプルと型は大きくないものの釣れてきます。
あっという間に10を超え、友人に調子を聞いてみたら、やはり同じ程度釣っています。

ふっと気がつくと、気持ち悪い・・・。

たまらずお茶を飲むのだけど、いつもはそんなに飲まない自分、2本もあれば上等とたくさん持ってきていない、最後の1本がもう半分・・・。

まだ13:00なのに飲み物が無い・・。たまらずたくさん持ってきていた友人に分けてもらい、なんとかしのぐことになりました。

トモの自分たちは船の向きでスパンカの日陰に入ることができるのですが、ミヨシの人たちは遮るものがありません。
かなり辛そうで、船長も「バケツの水に足突っ込んで、少しでも冷やした方がいいよ。」とマイクで言っています。

結局、これ以上やったら持たないと思うところまできたので、釣りを止めて友人の釣りをスパンカの日陰で見ていることにします。

そして船が潮に流され、入れ直した時だけ釣ることにして、2回釣ったら日陰で休むの繰り返しです。
Imgp0290

イサキをしばらくやると次はカイワリポイント移動。
移動中の風がこんなに極楽と思ったのは初めてです。(笑)

で、移動中にオキアミ付けることと、アミコマセ充填だけは必ずやります。

カイワリポイントに着くと、2回だけ釣る。あとはスパンカの陰で休み。(笑)

イサキポイントでも同じことの繰り返しです。

それでもクーラーには次第に魚がいっぱいになってきます。

Imgp0291

前回、一緒だった方も辛そうだけど、自分以外の人は休みもせず、釣り続けています。
自分だけが弱いのかなぁ・・・。

Imgp0292

この頃になるとミヨシとトモの中間の日陰で休んでいます。
友人が小さなハナダイを釣り上げた瞬間。

Imgp0297

相変わらず、ポイント移動、最初の2~3回しか釣らないを実行中。
でも、魚はどんどん釣れてくる。

特にイサキはダブル、トリプルで釣りあげるので、休んでいても釣れてる量は少なくないのです。

それと休んでいる間は大潮で船がかなり流されているので、努力の割には釣れない時間帯でもあるのです。

この氷で冷やしたお茶のうまいこと・・。それも一口だけで、口の中で冷たさを十分味わって飲み込みます。

Imgp0298

最後に入ったイサキのポイントでは良型のイサキが上がりました。
浅場なので小さいのだけだと思っていたら、良い型もいるんですね。
船長の話だとシーズン初めはもっと良い型だったそうです。

カイワリの最後のポイントで高速シャクリに3匹釣れました。

面白く、辛かった、そしてこんなに釣らなくて、こんなに釣った釣りは初めてです。

これってブルームーン??(笑)

Imgp0299

友人からお酒をいただきました。
これは楽しみです、

Imgp0305

外道としてウマヅラ、ソーダガツオも釣れました。

Imgp0307

友人はカイワリが釣れなかったので2匹プレゼント。
カイワリ8匹、イサキ20匹、ソーダガツオ1匹、ウマヅラ1匹です。
一番大きなイサキは33cm、カイワリは23cm。

Dsc_2521

大潮の釣り、船が流される時は釣らず、ポイント移動した直後だけ集中的に釣る。

こんな作戦を立てたわけではなく、熱中症対策で休んでいただけ。
しかし、釣り欲だけは落ちなかった。

こんなところが釣果につながったようです。

Screenshot_20150801070714

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ