無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 久しぶり 富士丸釣行 | トップページ | ブルームーンの次の日は・・・ »

2015年7月18日 (土)

決戦 !!?? じーじ対決 初島 カイワリ、ハナダイ編

2015/7/17 台風11号が過ぎ去り中の7/17(金)、会社が5連休で平日釣行ができることとなりました。

Taifu

この時点で、まだ台風は四国辺りだったかな?
伊豆多賀の空も真っ黒で、時折土砂降りとなる始末。
昨日の夜は、小雨になったのを見計らって伊豆多賀にたどり着いたものの、途中では車が進めなくなるほどの雨にも遭遇していました。
17日の朝の状況では昨日使えた圏央道も通行止めです。

P_20150717_071819

そんな中、朝一の電話で、船長に出船できるか聞いたところ、「問題ない。」とのこと、確かに予報でも傘マークですが、雨の量も大したことなく、風も大丈夫そう・・・。
しかし、昨日の状況がひどかったので、出船は午後に変更していました。

Screenshot_20150717062607

海の状況を見ていると、何かしら巨大な船が・・・・。

Fune

最初はアメリカの空母かと思いましたが、艦橋の大きさからすると、最近ニュースなどでよく聞くヘリ護衛艦のようです。
この日は自衛艦が目につく1日で、伊東にも護衛艦が入港したようです。

今日の同行者は五目漁師さん。
五目漁師さんは手漕ぎボートの世界では知る人ぞ知るお方。
めっちゃ釣り上手の釣り○○です。(笑)

五目漁師さんと私はブログで知り合った仲ですが、なんと田舎が隣町、五目漁師さんが○○○○市で私が○○○市。
そして務めていた会社は五目漁師さんが○○○○で、私が○○○。これってある部門では世界の1位2位のライバル会社なんです。

いつもは五目漁師さんは手漕ぎボート、自分はカヤックとそれぞれ違う釣り方をしていましたが、去年はカヤックで釣り対決??
「スーパー・カヤック・フィッシャーマン、五目漁師登場!!」
この時はお互い、大物を取り逃がし、決着がつきませんでした。(笑)

今日こそ自分の得意なカイワリ、ハナダイで釣り勝ってみせるぞっと、一応気合いだけは十分。(笑)

どっちが釣りが上手いか、雌雄を決するって・・どちらも雄というよりじーじなんですが・・・。(笑)

Dsc_6064

今回のカイワリ、ハナダイはウィリーで釣る釣りです。
去年7/27だったでしょうか?
初めて富士丸に乗って大爆釣した釣りです。
「初島沖、カイワリを求めて」
今日もそんな日になるのではと期待はかなり膨らんでいます。

写真は五目漁師さんが釣り船の素人と見た大船長がロッドキーパーの取り付けをレクチャーしているところ。(笑)
五目漁師さんは昔は遊漁船も乗っておられたようで、決して素人ではありません。

この時もビシの開け方を教えられていたようですが、元々五目漁師さんにはウィリーをする気がなく、エサ釣りをしようともくろんでいます。(笑)


Imgp0266

12:15 出航です。

Imgp0267

五目漁師さんと自分がどんだけ違うのか、うっすらと観察してみました。

まず名前、五目漁師さんは漢字、自分はローマ字

身なりも・・・  
 Hikaku01
                        見ようによっては短い長ズボンかも・・

釣りは・・・
 Hikaku02_3

他にも・・・
 今日は五目漁師さんの運転で自分は助手席
 育った環境は五目漁師さん海の街、自分は山の中

・・・なんて、ことごとく違うのです。(笑)

Imgp0269

大船長と3人だけの釣り。

こんなゆったりの釣りに慣れちゃうとコミコミの船に乗れなくなってしまいます。

Imgp0270

沖へ出てくると、今まで穏やかだった海もかなり荒れていて、うねり、風ともかなりのもの・・。
釣りとしてはかなりやりにくい釣りとなりました。

Imgp0272

ここからは写真がありません。
何故って? 釣りでめっちゃ忙しいから・・・。(笑)

でも、面白いのは、自分がかかった時、五目漁師さんも釣っている。
大体、同時期に釣れているのです。

最初に自分はソーダガツオ、これは外道ですが、自分は捨てない魚。
そのあとハナダイ、カイワリのWと好調。
出だしは悪くありません。

そのうち、かなり良い引き、見れば五目漁師さんも同じような引きをしています。
何度かの突っ込みをかわして、上がってきたのは30cmは超えようかと思われるハナダイ。
うーーん、抜くのはちと無理かな?と思いつつ勢いをつけて抜きあげようとした瞬間、プッツン・・・。

無理だったようです。

自分はこの抜くのが大好きで、よくやらかしてしまいます。
ほんとはタモがいいのですが・・・。(笑)

五目漁師さん、良い型のハナダイGETです。

この後、4回ほどかかっては外れが連続、どうやらカイワリのようですが、かかりが悪くて口切れしているようです。

伊東に向かうフェリーが通ったこの前後が、結構釣れた時間帯だった気がします。

Imgp0273

堅調な釣りを見せる五目漁師さんに追いつこうとここでハナダイを追釣・・。
ウマヅラも釣れました。

Imgp0274

時折、五目漁師さんと会話。

「台風だったのに、こんな天気で良かったですね。五目漁師さん晴れ男ですか?」

「いんや、おりゃ、雨男だよ。」

と言ったか言わないかの内に伊東の方角から怪しき雲が・・・。

雨です。雨男の実力発揮の瞬間でした。(笑)

晴れ男のananさんがいたらどっちが勝ったろう・・・・???(笑)

雨も一瞬で止み、波も風も比較的よくなったようです。
Imgp0275

ここでトラブル発生!!
どうやら穂先が折れたようです。
糸を張り気味にしていて、穂先が曲がった状態にしていただけなんだそうですが、何も変化がないまま、急に折れたようです。
傷でも入っていたのでしょうか?

Imgp0278

大船長が救援にやってきて、修理中。
しかし、この頃になると魚の食いは全くなくなり、すでに終わったかのような雰囲気が漂い始めます。
Imgp0279

結局、そのまま回復せず、5:30で終了となりました。

Imgp0283

さて釣果です。
私の釣果はハナダイ3、カイワリ1、ウマヅラ1、ソーダ1でした。
大きいハナダイ抜きあげなければ、もう少し良かったのですが・・・・。

Imgp0282

五目漁師さんの釣果、型もいいし、数も圧倒的多数です。

Imgp0284

まだ五目漁師さんとの違いがありました。

Hikaku03

こんなところのようです。(笑)

カイワリは刺身でソーダガツオもポン酢で、ウマヅラは芋焼酎さん推薦の煮つけになりました。
美味い!!!
ハナダイはやはりアクアパッツア、五目あんかけでしょうか?(笑)
楽しみです。

五目漁師さん、ありがとうございました。
また一緒に行きましょう。
それまで、腕を磨いておきます。(笑)

Dsc_2509

今日の潮汐です。

Screenshot_20150717062825

« 久しぶり 富士丸釣行 | トップページ | ブルームーンの次の日は・・・ »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

umeさん、昨日はありがとうございました。
久々の船、しかも二人だけの大名釣り楽しかったです。

いやいや、umeさん釣りに集中かと思ってましたが
余裕で私の事よく観察されてますね。

私などumeさんのベトコン風編笠しか覚えていません。

魚は私もこの日は全てごぼう抜きでした。
幸いに抜き上げ時でのバラシはありませんでしたが
巻き上げ時のバラシはいくつかありました。
あれだけ錘が重いとバラシはノーコントロールです
仕方ないです。

またお誘いください。 
今度はあまりわがままは言わずどこにでもついていきますよ。

五目漁師さん、おはようございます。
お疲れ様でした。
あまり釣果は芳しくありませんでしたが、楽しい釣りでした。
やはり、こうして2人位で好きにやれるというのはいいですね。
これでも結構集中していたのですよ。(笑)
同じタイミングで五目漁師さんも釣りあげているから、自分がかかった時はどうかな?釣れてるのかな?と振り返ったりしていました。(ていうことは集中してないやん・・・(笑))
五目漁師さんは少ないチャンスを確実に物にしていましたね。
ここら辺がやはり違うなーと感心していました。
カイワリの釣果としては寂しいものですが、こんなものではないのでまた行きましょう。
他の魚もお誘いします。よろしくお願いします。(笑)

こんばんは!
お二人の違い?
ブログを書くアプローチが全く違いますね(*^^*)
コミカルな文章、笑ってしまいました!
のっけから『じーじ対決』ですもん!
五目漁師さんの穿った視点のブログとは全く違い、別の意味で楽しめました。

それにしても、お二人とも巧い!

少し気になったのはumeさんのコマセの出し方です。
サニービシは下は全閉、上は1/3位開けてますでしょうか?
これだと、ビシを下げた時にコマセがビシから出ていく感じになりませんでしょうか?
(何となくイサキのエサ釣りに似たコマセワーク?)

先日、初めてマトモにウィリーにトライしてみて、上手くできなかったので改めて水中でのビシの動きとコマセの出し方のイメージに関して教えを請うしだいですm(__)m

おはようございます。

今度私と先生を加えて、4ジージ対決をやりましょう(笑)。

しかし良く出られましたね?
私は無理だと思ってました。出れてもうねりで釣りにはならんだろうと(笑い)。

流石の釣果です。
五目さんとの差はコマセとウィリーの違いと思いますよ。

ウィリーはうねっている時は不利なんです。
船が持ち上がっている時は倍の早さになりますし、反対に下がっている時はしゃくって無いことになってしまいます。
どちらにしてもリズミカルなしゃくりは出来ません。

対策の一つで、ゆっくり誘いながら棚を探るがありますが、多分五目さんはそれをやられてたんだと思います。

しかしじーじ対決、見ごたえがありますね。
私も参戦してみたいですね(笑)。

APさん、おはようございます。
このブログ、今回は釣りながら考えていました。
最初に五目漁師さんと同時に良型のハナダイ釣った時です。
五目漁師さんはGET、自分は抜くのに失敗、この時点で「ヤバイ!!追いつけない。」と思ったわけです。(笑)
あきらめが早すぎだって? そうではありません。五目漁師さんほどの人だとここからが違うのを知っているからなんです。
ですから、釣りはマイペースで釣ってはいるものの、釣りながらアイデアをひねっていたのです。ヒントは朝見たヘリ護衛艦、そして対決にするには、差があった方がいいと、何処が違うか考えたのです。そして何点か相違点が見つかった時、これで行こうときめました。(笑)

ビシですが、よく言われるのに「アミコマセの量は8分目」というのがあります。「いっぱい入れると出ねぇんからよぉ。」てな感じで言われちゃうのです。下は全閉、上は1/3というのも定説ですが、現実的な言い方に替えると、船長の指示棚2往復で使い切る開け方になります。
今回だと自分は1/4~1/3の間位でしたかね。

イメージしてください。しゃくり上げるとアミコマセは下へ移動しますが、下は全閉なので出てきません。もちろん上からも出ません。
しゃくり上げてSTOPすると勢いの付いているアミコマセはビシの中で上へ移動します。そこには1/3ほど開いた窓があるので、ここをSTOPしているほんの少しの時間だけパラパラと外へ出ていきます。

そして次のしゃくり、この時ウィリーとアミコマセが同期します。

ポッポッポッとアミコマセが出て、スーッスーッとウィリーがその中を上へ行く感じですかね。

自分の想像ではこんな感じです。

アミコマセはたくさん出すとお腹がいっぱいになってしまいます。

大船長の釣りをよく見ていると、アミコマセの御代わりは見たことがありません。船でのアミコマセの御代わりはOKですが、上手い人は餌の量も的確ですね。自分は御代わりしちゃうのですが・・・。(笑)

腰痛持ちさん、おはようございます。
4ジージ対決面白そうですね。
是非やりましょうか?(笑)

ホント、よく出られたものです。でも船長は台風が過ぎていない、大雨の中で「大丈夫じゃないかなぁ。」なんて言っていましたよ。(笑)
でも、湾内は静かでしたが、出る際に大船長が「外はうねっているよ。」と言っていたとおり、風も強く波もあって釣りづらい日でした。

腰痛持ちさんの言われる通り、うねっている時はウィリーやりにくいです。
リズムも取りにくいし、波で体制崩れますから。

でも不思議と自分のかけた時は必ず五目漁師さんもかけているのです。
五目漁師さんの話だと、それだけでなく、大船長も同じタイミングでかけていたようでした。

食いが悪いのかといえば、そうでもなかった。ポイント入る毎に釣れてくる時間帯があったのです。ただすぐに船が流されてポイント移動。結局は針掛かりを如何に物にするかの違いと、ポイント毎の最初の投入に釣れるかどうかだけのようです。五目漁師さんはさすがにきっちり押さえているなと思いました。

しかし掛かったものの逃げた魚、いい引きしていましたが、全部カイワリの気がします。荒れていなければ、大釣果につながったかなと思われる日でした。

腰痛持ちさんにもデカカイワリ、デカハナダイ(今回の五目漁師さんのハナダイ、大きいのはオデコが出ている、立派な物でした。)を、もう要らんというほど釣ってほしいです。
また行きましょう。

おはようございます!のりべんです(^-^)

お会いした時にもお話させていただきましたが、あのお天気で出せるの??でしたよ。

やはりプロの目は違いますね。。富士丸さんにいろいろ教えて頂きたいです(^o^)
デコッパチ釣り損ないはなんとも残念ですが、次回への貯金ですね!その回は是非ともご一緒させてください♪

追伸ー先週のザ・フィッシングのロケ地に娘達とキス釣りに行きましたが昨日行きましたが台風が運んできたゴミだらけ。結局釣りは1時間もせずで終了(陸釣りは判断が早い(笑))いつもの砂遊び、貝拾いでした(^◇^;)

のりべんさん、こんばんわ。
まだ、富士山でうろうろしています。(笑)
明日から仕事ですが、休んだ分だけ気が重い・・・。(笑)
台風一過、釣りに行ったことなど、かなり前のことのように感じます。
しかし、よく出せると船長判断しましたね。長年の経験なのでしょう。
でも出てはみたものの、こんな天気の後でしたから、かなりうねっていて、風も強く釣りづらい日でしたね。そんな中での五目漁師さんの釣り、これはいい経験させていただいたと思っています。のりべんさんも一番釣れ出した時行きましょうね。
キス釣りは自分も好きですが、陸釣りは最近したことないですね。自分の田舎の近くの海だとひょいと投げるだけでよく釣れる場所がありました。
今から思えばいいところだったのでしょうね。
また下多賀でカヤックからのキス釣りもやります。
これはこれで楽しい釣りです。これもしたいのだけど、なかなかやることが多くて・・・。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 決戦 !!?? じーじ対決 初島 カイワリ、ハナダイ編:

« 久しぶり 富士丸釣行 | トップページ | ブルームーンの次の日は・・・ »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ