無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月18日 (土)

決戦 !!?? じーじ対決 初島 カイワリ、ハナダイ編

2015/7/17 台風11号が過ぎ去り中の7/17(金)、会社が5連休で平日釣行ができることとなりました。

Taifu

この時点で、まだ台風は四国辺りだったかな?
伊豆多賀の空も真っ黒で、時折土砂降りとなる始末。
昨日の夜は、小雨になったのを見計らって伊豆多賀にたどり着いたものの、途中では車が進めなくなるほどの雨にも遭遇していました。
17日の朝の状況では昨日使えた圏央道も通行止めです。

P_20150717_071819

そんな中、朝一の電話で、船長に出船できるか聞いたところ、「問題ない。」とのこと、確かに予報でも傘マークですが、雨の量も大したことなく、風も大丈夫そう・・・。
しかし、昨日の状況がひどかったので、出船は午後に変更していました。

Screenshot_20150717062607

海の状況を見ていると、何かしら巨大な船が・・・・。

Fune

最初はアメリカの空母かと思いましたが、艦橋の大きさからすると、最近ニュースなどでよく聞くヘリ護衛艦のようです。
この日は自衛艦が目につく1日で、伊東にも護衛艦が入港したようです。

今日の同行者は五目漁師さん。
五目漁師さんは手漕ぎボートの世界では知る人ぞ知るお方。
めっちゃ釣り上手の釣り○○です。(笑)

五目漁師さんと私はブログで知り合った仲ですが、なんと田舎が隣町、五目漁師さんが○○○○市で私が○○○市。
そして務めていた会社は五目漁師さんが○○○○で、私が○○○。これってある部門では世界の1位2位のライバル会社なんです。

いつもは五目漁師さんは手漕ぎボート、自分はカヤックとそれぞれ違う釣り方をしていましたが、去年はカヤックで釣り対決??
「スーパー・カヤック・フィッシャーマン、五目漁師登場!!」
この時はお互い、大物を取り逃がし、決着がつきませんでした。(笑)

今日こそ自分の得意なカイワリ、ハナダイで釣り勝ってみせるぞっと、一応気合いだけは十分。(笑)

どっちが釣りが上手いか、雌雄を決するって・・どちらも雄というよりじーじなんですが・・・。(笑)

Dsc_6064

今回のカイワリ、ハナダイはウィリーで釣る釣りです。
去年7/27だったでしょうか?
初めて富士丸に乗って大爆釣した釣りです。
「初島沖、カイワリを求めて」
今日もそんな日になるのではと期待はかなり膨らんでいます。

写真は五目漁師さんが釣り船の素人と見た大船長がロッドキーパーの取り付けをレクチャーしているところ。(笑)
五目漁師さんは昔は遊漁船も乗っておられたようで、決して素人ではありません。

この時もビシの開け方を教えられていたようですが、元々五目漁師さんにはウィリーをする気がなく、エサ釣りをしようともくろんでいます。(笑)


Imgp0266

12:15 出航です。

Imgp0267

五目漁師さんと自分がどんだけ違うのか、うっすらと観察してみました。

まず名前、五目漁師さんは漢字、自分はローマ字

身なりも・・・  
 Hikaku01
                        見ようによっては短い長ズボンかも・・

釣りは・・・
 Hikaku02_3

他にも・・・
 今日は五目漁師さんの運転で自分は助手席
 育った環境は五目漁師さん海の街、自分は山の中

・・・なんて、ことごとく違うのです。(笑)

Imgp0269

大船長と3人だけの釣り。

こんなゆったりの釣りに慣れちゃうとコミコミの船に乗れなくなってしまいます。

Imgp0270

沖へ出てくると、今まで穏やかだった海もかなり荒れていて、うねり、風ともかなりのもの・・。
釣りとしてはかなりやりにくい釣りとなりました。

Imgp0272

ここからは写真がありません。
何故って? 釣りでめっちゃ忙しいから・・・。(笑)

でも、面白いのは、自分がかかった時、五目漁師さんも釣っている。
大体、同時期に釣れているのです。

最初に自分はソーダガツオ、これは外道ですが、自分は捨てない魚。
そのあとハナダイ、カイワリのWと好調。
出だしは悪くありません。

そのうち、かなり良い引き、見れば五目漁師さんも同じような引きをしています。
何度かの突っ込みをかわして、上がってきたのは30cmは超えようかと思われるハナダイ。
うーーん、抜くのはちと無理かな?と思いつつ勢いをつけて抜きあげようとした瞬間、プッツン・・・。

無理だったようです。

自分はこの抜くのが大好きで、よくやらかしてしまいます。
ほんとはタモがいいのですが・・・。(笑)

五目漁師さん、良い型のハナダイGETです。

この後、4回ほどかかっては外れが連続、どうやらカイワリのようですが、かかりが悪くて口切れしているようです。

伊東に向かうフェリーが通ったこの前後が、結構釣れた時間帯だった気がします。

Imgp0273

堅調な釣りを見せる五目漁師さんに追いつこうとここでハナダイを追釣・・。
ウマヅラも釣れました。

Imgp0274

時折、五目漁師さんと会話。

「台風だったのに、こんな天気で良かったですね。五目漁師さん晴れ男ですか?」

「いんや、おりゃ、雨男だよ。」

と言ったか言わないかの内に伊東の方角から怪しき雲が・・・。

雨です。雨男の実力発揮の瞬間でした。(笑)

晴れ男のananさんがいたらどっちが勝ったろう・・・・???(笑)

雨も一瞬で止み、波も風も比較的よくなったようです。
Imgp0275

ここでトラブル発生!!
どうやら穂先が折れたようです。
糸を張り気味にしていて、穂先が曲がった状態にしていただけなんだそうですが、何も変化がないまま、急に折れたようです。
傷でも入っていたのでしょうか?

Imgp0278

大船長が救援にやってきて、修理中。
しかし、この頃になると魚の食いは全くなくなり、すでに終わったかのような雰囲気が漂い始めます。
Imgp0279

結局、そのまま回復せず、5:30で終了となりました。

Imgp0283

さて釣果です。
私の釣果はハナダイ3、カイワリ1、ウマヅラ1、ソーダ1でした。
大きいハナダイ抜きあげなければ、もう少し良かったのですが・・・・。

Imgp0282

五目漁師さんの釣果、型もいいし、数も圧倒的多数です。

Imgp0284

まだ五目漁師さんとの違いがありました。

Hikaku03

こんなところのようです。(笑)

カイワリは刺身でソーダガツオもポン酢で、ウマヅラは芋焼酎さん推薦の煮つけになりました。
美味い!!!
ハナダイはやはりアクアパッツア、五目あんかけでしょうか?(笑)
楽しみです。

五目漁師さん、ありがとうございました。
また一緒に行きましょう。
それまで、腕を磨いておきます。(笑)

Dsc_2509

今日の潮汐です。

Screenshot_20150717062825

2015年7月 5日 (日)

久しぶり 富士丸釣行

2015/7/4 東伊豆でカイワリ、ハナダイの釣りをしたのは去年の夏でした。

詳しくはこちらを参照してください。 初島沖、カイワリを求めて  

元々ウィリーのシャクリ釣りが大好きで、それにカイワリが釣れるとあってはということで富士丸に乗ったのです。

こちらでカヤックに乗り出してからは初めての遊漁船、この時は大爆釣、30cm位のカイワリやそれ以上のハナダイ、クーラー満タンで、たしか8時頃には早帰りでした。

今年もそろそろそんな思いをしたくて、富士丸に乗ろうとしていたのです。

そこへananさんからのメール、この釣りものにメダイを追加しての釣行となりました。
しかも、来週11日は同じ釣りもので仕立てを出すそうです。

来週のための試し釣り的釣行です。

前日、かなり降っていたのですが、晴れ男のananさんが釣りに行くということで、雨は不思議と治まる方向のようです。
Screenshot_20150703195856

この季節、日が昇るのが早いので4:37には出発です。
自分とananさん、そして中乗りさんとして大船長の3人の釣りです。
Imgp0231

すみません、ここからいきなり写真が少なくなります。
なぜって、ずっとしゃくっているから・・・。(笑)
このウィリーシャクリ、置き竿にして待っていると100%釣れない釣りです。
竿をしゃくりあげることによって、ウィリーの仕掛けをビシから洩れてくるアミコマセと同調させ、スーッ、スーッと上へ上へと誘いあげる感じで魚をおびき寄せ、食わせる釣りです。

だから釣れたという感じではなく、まさに釣ったという感じです。

キモはビシの①アミコマセの出し方、要するにビシの窓の開き方と②シャクリ方、それと③魚の食い気がドンピシャ合うと、幾らでも釣れる釣りなのです。

詳細を知りたい方はここに自分なりにまとめたものがあるので参照してください。

ウィリーシャクリ釣りについて

・・・・・・・・・

しかし、今回は③魚の食い気が・・・。(笑)
それ以外にも、しゃくり方など合わなかったのもあるかもしれませんが、釣れん・・・。(笑)

2投目だったか、船長の「40から25m。」と言われると40mまで落として、25mまでしゃくるのですが、シャクリ上げるとモゾモゾッとした当たり・・。しゃくるとなんだか頼りない引き、これはカイワリではないし、ハナダイでもないと上げてみるとウマヅラ・・・。外道ですが肝醤油で食べる薄造りは最高の魚です。

そしてハナダイ、こいつは結構引きます。

ウィリーシャクリの楽しみはしゃくって掛ける感じと、引きを楽しみながら巻き上げる。この時、引き方でキュンキューンと持っていかれればカイワリ、ハナダイ、ビリビリビリなんて来たら、アチャー、サバだわなんて感じで想像しながら上げてくること。
そして海面に上がってきたとき赤ければハナダイ、カイワリだと茶に近い灰色って感じですかね。このわかる時がわくわくしちゃいます。(笑)

Imgp0236

しかし、釣れん・・。(笑)
巨大ウマヅラ二匹とハナダイ2匹、カイワリらしき当たりは3度ほどあったものの、全てバラシでした。ananさんはカイワリ1匹釣り上げています。

Imgp0240

船長は何度もポイント変えて流してくれるのですが、ポツポツといったところですか・・・。
結局、ウィリーはあきらめ、8時前にメダイに変更です。

ポイントは初島北東、180m。

メダイの過去の記事や仕掛けを参考にしたい方はこちら

新たな釣種を求めて(実釣編)

新たな釣種を求めて(準備編)


Imgp0242

大船長、ウィリーでは型のいいハナダイを何枚か上げ、ウマヅラ、キントキ、フグと上げていました。

Imgp0243

メダイ・・・・。

し・ぶ・い・・・・・・・・・・・・・。(笑)

メダイの釣り方は底から15mで待ちの釣りが普通のようです。
大船長は置き竿にして釣っているから、これが基本スタイルのようです。

しかし、自分は誘いたい・・。(笑)

着底と同時に6mの2本針なので6mは素早く巻き上げ、根掛かりなど防ぎます。
自分はそこから、ゆっくり誘いあげては巻き、ポーズを繰り返しては15mまで探っていきます。食い気がある場合、着底したときとか、誘いあげているとき、もたれのような前あたりがあって本当たりが来るのですが、今回はさっぱり・・・。(笑)

それどころか、素早く巻き上げて、底には何秒もオキアミエサがいないにも関わらず、小さなユメカサゴが3匹も釣れちゃう。(笑)

そのうち7mでいい当たり、でもメダイほどではない当たり。何かなと思いつつ巻き上げると40cm位の巨アジ。メダイ釣りの時、エサをオキアミにしていると釣れる外道ですが、ありがたい外道です。結局2匹の巨アジGETでした。

Imgp0244

かなり時間もたち、こりゃあメダイもボーズかな?なんて思い出したのですが、ここでエサを変えてみることにしました。
サバタンです。前回カヤック釣行時の釣果のサバですが、持ってきていました。
オキアミ付けた針にサバタンを追加してみたのです。
オキアミとサバタンが一緒についている感じです。

で、15mまで誘いあげたけど当たりなし・・・。
置き竿にして待ってみると・・・・・。

クンクンッと竿先が・・・・。そのうちゴンッと食い込んだ当たり。
間違いなくメダイの当たりです。

メダイの楽しみって知ってます?

ここからなんですよ、思いっきり下から上まで、抵抗します。
ここで釣れるメダイはそんなに大きくなく、子供の部類、俗にいうアオメダイなんですが、面白いことこの上なしの釣りです。

で、上がってきたのは50cm位のメダイでした。

Imgp0250_2
大船長の釣果確認中のananさん。

Imgp0252_2

ラストに近いとき、またしてもクンクンッと竿先が・・・。
しばらく我慢します。
クンクンッ、まだ我慢です。
ググン、クグンッ、この辺かな?
軽く合わせて竿を持ち上げるとかかってました。

ananさん撮影、メダイとファイト中です。

いい曲りでしょう?

Img_1370

上がってきたのは40cm位のやや小ぶりなメダイ、それでもあれだけの引きをします。
この時点で10:41上がりの時間ですが、船長もう一流しやってくれました。

しかし、追釣ならず、ここで納竿となりました。

Imgp0253

久しぶりのメダイ、引きを十分楽しめました。

Imgp0257

釣果の一部、あとはあちこちへ・・。(笑)
まな板が42cmです。

Dsc_2486

今日の潮汐です。


20150704tide

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ