無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月22日 (月)

見果てぬ夢シリーズ 2 赤ムツ、巨カイワリ その2

2015/6/21 20日土曜日はいつものメンバーと網代富士丸でのメダイ釣りとなっていたのですが、船の都合で急きょ中止となってしまいました。

さて?そうするとしばらく釣りに行けなくなる・・・、これはまずいと考えたのが、そろそろ調子のいい、カイワリ、そして夢の赤ムツの再チャレンジです。

ていうか、いつかは行く気だったのですケド・・・(笑)

天気は少し雨模様ですが、風は無さそうです。

Screenshot_20150620183048

前回、徳餌はホタルイカがいいよと船長に言われていて、宇佐美の峠のエサ屋(これも宇佐美)で売っていると聞きました。朝4時前店に着いたのですが、明かりはついているものの扉は固く閉ざされたまま・・・。
看板には「昼夜営業」と堂々と書かれているのに・・。(昼夜だから朝はダメなの??)

幸い、のりべんさん達と先週のカヤックの時にいただいたホタルイカ1パックは持っているので、これで行くことにしました。

4時集合となっていて、着いたのは4:15位? 一番近そうな自分が一番遅く到着、4:20には出航です。乗船している方は女性1人、男性4人の5名。

Imgp0182

自分は右舷のトモ、右舷の中央は女性で、どうやらミヨシはお父さんらしい。
いいですね、親子で釣りに来られる、しかも女性で来てれるなんて、なかなかないでしょう。

Imgp0184

赤ムツのポイント、利島沖へ到着、早速、釣り開始です。
ホタルイカだけではあっという間に無くなりそうなので、支給されたサンマタンと交互に3本針に付けて投入。

しかし、釣れてくるのはカラスと呼ばれるカラスザメ。
こいつは背びれに棘があり、毒を持っているので要注意、長靴などで踏んづけて、ペンチで針を外すのが一番です。

そのうち、左舷のトモの方が良型のクロムツGET。
40cm位でしょうか、このサイズになるとでっぷりとしておいしそうです。

結局、それ以外はカラスばかり・・・。
船長、移動を告げてバンバン走ります。

Imgp0185

川奈沖を過ぎ、伊豆高原、そして城ケ崎海岸のつり橋も過ぎます。
城ケ崎海岸沖、どうやら治久丸の赤ムツコースでいうところの南赤ムツのポイントのようです。普段、このポイントは値段が高いのですが、今日はお客さんも多いことから特別サービスのようです。

Imgp0194

微妙な当たりで上がってきたのはギンメダイ、赤ムツ釣りの外道です。

Imgp0195

またもや、この引き・・。錘は200号なので竿は少し曲がっていますが、細かな当たりでも敏感に竿が反応しています。

Imgp0197

やはり、銀メダイでした。
金目鯛と名前は似ていますが、まったく違いますね。

Imgp0198

結局ここでもめぼしいものは上がりません。
時折、竿が引き込まれ、ファイトする場面もポツポツ見られますが、上がってくるのはサメばかり。
普通、250mを攻めるのですが、今回最深の300m越えです。
しかし、誰からも歓喜の声は聴かれません。

Imgp0201

隣の人もですが、持ち帰れそうなのはギンメダイのみ、自分も4枚です。

Imgp0203

船長の「ポチポチかえりますよーー。」の声・・。
遠いから帰るのも早くなるようです。

そして最後にいい当たりが自分に来ました。
竿先がガンガン引き込まれます。

船長「おっ、こりゃ赤かも。」

150mくらいまでは良い引きが続きます。

船長「あれ?70mで暴れないね??赤いのなら必ず暴れるのだけど・・・。」

やがて上がってきたのは・・・・・・・・・・・・・サメ(笑)

Imgp0204

すでにこの時点で、みなさん片づけに入っていて、そのわずかちょっと前に
仕掛けをおろしていた自分を見つけた船長、「この流しで帰るよーー。」

やがて着底し、底を取り直した直後、グンッ。
ありゃ?グンッ、ググンッ、かかった。。。。。サメかな??

でも先ほどの当たりとはちょっと違う。

リーリング開始です。

前ほど良い引きではないのだけど、ギンメダイほど弱い引きではありません。

そして上がったのはクロムツ、25cm位の小物ですが、自分にとっては初。

今日の船でも、これを入れて2匹のようでした。

赤ムツ、まだまだ修行が足りないようです。(笑)

Imgp0206

城ケ崎海岸から宇佐美港へ帰り、お客の入れ替えで、自分とあと一人のお客さんとでカイワリ午後船の始まりです。

予約を入れたとき船長から「ビシは浅いからFL60でいいよ。」と言われていました。
普段、FL80を使うのですが、活性が高くなってきて浅場で食うから、60でいいとのこと。
自分はてっきり60mで釣るのかと思っていたのですが、着いたポイントは宇佐美港からすぐ近くの30m無いポイント。

やっていいよーーの声で投入、3回ほどしゃくったらモゾモゾとしたあたりのあと、キューンと懐かしい引き、カイワリの引きです。
しかし、懐かしいだけでない、更に重く、更に過激に引き始めました。

いきなりのトリプルです。(笑)
(治久丸ブログより)

App065964500s143485582301

少し遅れてもう一人のお客さんも・・・
(治久丸ブログより)

App023288500s1434856895

すみません、ここからは写真撮る間がなく、絶えずしゃくり続けています。
お客さんはウィリー、自分はカラー針で釣っているのですが、もう一人の方は自分の倍のペース。(笑)

カイワリだけだった釣果も次第にハナダイが混じり始めました。
それもかなり良い型です。

Imgp0208

しかし、コマセが効きだすと、サバも混じってきます。
少し上までしゃくりすぎると待ち構えていたサバがガッツリくわえます。

Imgp0209

宇佐美港の二階屋丸、この二隻で交互に流していきます。

Imgp0210

時たま釣れなくなることはありましたが、もういらんというところまで来てしまいました。(笑)

Imgp0213

5時になり、宇佐美港へ帰ります。
この山の右で釣っていた、帰るのは左側。
ほんとの近場です。(笑)

Imgp0214

雨は小雨でずっと降ったりやんだり、こんな天気が却っていいのかもしれません。
グチャグチャになりましたが、楽しい時間でした。

Imgp0219

二人で釣っていたのでもう一人の方が竿頭。(笑)

App080869900s143486410401s

自分は裾です。(笑)

巨カイワリは釣れませんでしたが、久々の数釣りができました。
ハナダイも型がいいのでアクアパッツァができそうですが、ダッジオーブンに入りきらない??(笑)

Imgp0222

今日の潮汐。

Screenshot_20150620182904

アカムツ、まだまだ見果てぬ夢のまま。

巨カイワリ、これもまだだなぁ。

いつかは釣るぞ。(笑)

2015年6月16日 (火)

やっぱり気持ちがいいですね

2015/6/14 カヤックやらなくなってどれくらい経ったろう・・・

・・・と思って調べたら、去年の6/30にまるまつこうえじさん、のりべんさんと釣りに行って、それきり行っていないことがわかりました。

それ以来ずっと主に網代の富士丸に乗って釣りをしていたのですが、カヤックが嫌いになったとか、飽きたとかではなかったのです。

原因は六十肩・・・。

最初は馬鹿にしていたのですが、段々腕が上がらなくなり、挙句の果てはカヤックから帰って寝るときに、痛くて眠れなくなっちゃうくらいまでになったのです。

足漕ぎだから関係ないと思われるでしょうが、車からのカヤックの上げ下ろしが辛かったり、浜までの牽引などが辛かったのを覚えています。

何とかなるだろうと思っていたのだけど、次第に肘まで痛くなる??
え??ここまで痛くなるのという感じ・・・。

そんな時、家内がコンドロイチン飲んでみれば?と言いだしました。
コンドロイチンとかグルコサミンとかよくテレビでやっているアレです。

詳しくは知らないけど、正式な医薬品ではないのだから、そんなに効き目はないだろうと思っていたのです。

しかし、はっきりとわかるわけではないのだけど、なんとなく調子がいいぞと言う雰囲気になり、そうなると現金なものでカヤックがやりたくて仕方なくなりました。

そんなとき、のりべんさんからのカヤックの誘い、それにまるまつこうじさんが乗ってくれての一年ぶりの三人の釣行となりました。

前日の天気は晴れで凪、申し分のない条件です。

天気予報でも風が無く、最高の条件となりました。

Screenshot_20150613173836

しかし、当日4:00、起きてみると・・・。

まっすぐの竹林が沖へ向かって倒れるように風になびいています。

Dsc_5996

当然、海では沖に向かって風が吹きまくっています。
このまま出たらあっという間に沖へ流されてしまいます。

とりあえず、長浜へのりべんさんたちに会いに行ってみました。

のりべんさんたちだけでなく、ボートを車に乗せたまま、何台も駐車場で待機しています。

結局、風がやむまで待機と決定、沖へ出るのはやめますが、釣行を簡単にあきらめる訳には行きません。

P_20150614_063654

7:30頃にやっと風が治まりだしたので、途中で飲み物を買って長浜へ急ぎます。

準備が終わったところでカメラを忘れたことに気づき、買ってきた飲み物も車に忘れたことに気づきます。すでに家内の運転で車は帰ったあと・・・。
長浜の自動販売機で飲み物は買ったものの、カメラはどうにもなりません。

スマホは防水ケースに入っていてレンズにカバーが被るためうまく撮れない。
しばらくぶりだとガチャガチャです。(笑)

やっとの思いで8:30浮けました。
朝の風を感じないほどの鏡のような海面です。

すみません、ここからカメラなしで最後まで行っちゃいます。

P_20150614_084741

のりべんさん達は網代側の40mへ行っちゃいましたが、自分は手前の20mの内緒のポイントへ・・・、しかし、何にも反応なしです。

みんなの方向へ釣りながらポチポチ移動。
魚探で底の反応を見ながらの移動、久しぶりで楽しいです。

30分くらい遅れて到着すると、二人は何だか浮かない顔・・・。
聞くとイルカが真下にいるとか・・。  
まるまつこうじさんの話だと1mくらいのイルカが2頭、浮いたり沈んだりして歓迎してくれているそうです。(笑)

そんなわけで、このポイントは釣れないと判断し、自分の昔の大好きなポイントへ移動しました。
ここは60mのポイントで、以前鬼やらアマダイを釣り上げたところ、この辺で一番好きなところです。
1年前には五目漁師さんとこの場所で釣り、モンスターにあとわずかで逃げられ、その直後五目漁師さんにもかかり、またしても逃げられた場所。

まるまつこうじさんと流し釣りです。

しかし、ちょうど潮止まり、カヤックはほんのわずかしか流れません。

やがてウッカリのチビちゃんGET。残念ながらおなかを上に向けちゃうのでキープです。

そして結構いい当たり、上がってきたのはオニのW。しかし1匹は15cm、もう1匹は20cmくらい、小さいのはリリースです。

そして何度か流しているうち、竿がものすごく重い・・・。

そしてリールを巻こうとしてもドラグ調整してあるにもかかわらず、滑る。
ドラグを締め上げて巻きだすと、激しい抵抗・・、こ、こりゃモンスターちゃうか?

時折やたら重くなる???

そしてまた暴れ出す。

これの繰り返しが続いてやっと姿が見えてきました。胴体の太さは両手で輪っかを作ったくらいの太さ、全長おおよそですが1.5mはあろうかと思われる黄色く長い奴、大ウツボでした。(笑)

口が怖いので、ハリスを切ろうとすると、団子になる。そのうちほどけてグニャグニャしだす。なるほど団子になった時重くて、グニャグニャしているときは激しい抵抗か?なんとなく五目漁師さんの時のモンスターとは違う引き方でした。

巨大ウツボと遊んでるころからでしょうか、潮が動き始めました。

そして、リーデングの竿がグンッと引き込まれます。
オニを代表とする根魚特有の引き込み。
リールを巻くとかなり重いし、いい手応えです。

やっと上がってきたのはウッカリのW、25cmと20cmくらいですかね。
1匹だったら大物だったのですが、2匹なので小さい。(笑)
でもこれだけ遊べれば十分と言ったところでしょうか。

そのうち潮の流れも速くなり、風も少し出てきたと思ったら12:00です。

今日はここまでと帰ることにしました。

釣果の写真は撮れていなかったので、のりべんさんのブログから失敬しました。
のりべんさんごめん。(笑)

Kankonori

今日の潮汐。

Screenshot_20150518044258

そうそう、もっといいもの、のりべんさんからトマトの苗、いただきました。
今度こそテントウムシの餌食にしないよう頑張るかな?(笑)
ありがとうございました。

久しぶりのカヤック、やっぱり楽しいし、気持ちがいいですね。

P_20150614_174828

2015年6月 1日 (月)

釣りに行くため・・・(笑)

2015/5/30  伊豆多賀の海が夏の海へどんどん変化しています。

5月始めは毎週こんな赤潮。

冷たい海から暖かい流れになってプランクトンの大発生があるため起こります。
すごい時は小田原から網代まで(その先は確認したことがなかった・・・)、どこもかしこも真っ赤になり、何日もなることがあります。

5/30もこれほどではありませんが赤潮は発生していました。

Dsc_5974

そして、最近はこれ、
そう、鳥山です。先週の写真ですが、湾の入り口、水深100m位のところに5つもできていました。

Dsc_5978

この日はちょうどまるまつこうじさんが出ておられた日。
話によると、長浜には追い上げられたのか、シラスが浜に打ち上げられていたようです。
そして鳥山にはシイラの群れがいたとか。

このモーターボートも鳥山の中で釣っていますが、シイラなのでしょうか。
青物の季節が始まったようです。

20150524_08424802

そしてSUP、長浜からも何人か出る人がいるようです。
まさしく、夏のレジャーといったところでしょうか。
Dsc_2404

さて、今日のメインはこれから、
家内のバラです。
五月は、家内にとって一番忙しいバラの開花のシーズンです。
こんなときは、しっかりサポートしておかないと、行きたい釣りもままならぬ事態になってしまいます。(笑)
P_20150524_082140

そんなわけで3週間にわたり、水道工事やってます。
一週目は配管を分配し、土の中に埋めて、水道がない一番下まで水道管の埋めました。
庭が斜面になっており、一番下は水道のホースが届かないところだったのです。
そして二週目から枕木で立栓を作りかけていました。

P_20150530_164516

そんな朝、二階のデッキで家内が洗濯物を干していたら、一緒に出てた猫のミーが誤って転落・・・・。二階のデッキなのですが、斜面の家なので三階分の高さがあります。

とりあえず病院に行ったのですが、外傷は大したことがないものの、おなかを打ったのか肝臓の値が高すぎということで入院・・・。

四日ほど入院していましたが、やっと退院しました。
骨折もないのですが、なんとなく元気がありません。
しばらくはこんな感じでしょう。

P_20150524_102932

さて枕木の立栓、枕木購入して、ほしい長さで切断。
電動ノコとノミでパイプの溝を作ります。

P_20150524_082251

蛇口をつける部分はドリルでくり抜きます。
中間と上、二箇所に蛇口をつける予定です。

P_20150524_122148

パイプを接着、木ねじで固定します。

P_20150524_143920_2

蛇口を仮付けした状態。

P_20150524_143941

左側のバルブは、水抜き用のバルブです。
斜面に付けるので、冬場の凍結防止用です。

P_20150530_073946

すべてがしっかり固定できたので、セメントで固めます。

P_20150530_104744

穴を掘ります。立栓がぐらつかないように立てるには、全長の1/3を埋めると安定するようです。

P_20150530_104810

スプレーで塗装でして、目立たなくします。

P_20150530_110351

このバルブの少し上まで埋めちゃいます。

P_20150530_110409

立栓を埋めて、水道管をつなぎます。

P_20150530_114137

水抜きバルブもばっちり。

P_20150530_161745

なかなかいい感じです。
今まで水をやることが大変だったのですが、これで楽になります。
来週は釣りに行けるかな?(笑)

P_20150530_161159

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ