無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« やっぱり気持ちがいいですね | トップページ | 久しぶり 富士丸釣行 »

2015年6月22日 (月)

見果てぬ夢シリーズ 2 赤ムツ、巨カイワリ その2

2015/6/21 20日土曜日はいつものメンバーと網代富士丸でのメダイ釣りとなっていたのですが、船の都合で急きょ中止となってしまいました。

さて?そうするとしばらく釣りに行けなくなる・・・、これはまずいと考えたのが、そろそろ調子のいい、カイワリ、そして夢の赤ムツの再チャレンジです。

ていうか、いつかは行く気だったのですケド・・・(笑)

天気は少し雨模様ですが、風は無さそうです。

Screenshot_20150620183048

前回、徳餌はホタルイカがいいよと船長に言われていて、宇佐美の峠のエサ屋(これも宇佐美)で売っていると聞きました。朝4時前店に着いたのですが、明かりはついているものの扉は固く閉ざされたまま・・・。
看板には「昼夜営業」と堂々と書かれているのに・・。(昼夜だから朝はダメなの??)

幸い、のりべんさん達と先週のカヤックの時にいただいたホタルイカ1パックは持っているので、これで行くことにしました。

4時集合となっていて、着いたのは4:15位? 一番近そうな自分が一番遅く到着、4:20には出航です。乗船している方は女性1人、男性4人の5名。

Imgp0182

自分は右舷のトモ、右舷の中央は女性で、どうやらミヨシはお父さんらしい。
いいですね、親子で釣りに来られる、しかも女性で来てれるなんて、なかなかないでしょう。

Imgp0184

赤ムツのポイント、利島沖へ到着、早速、釣り開始です。
ホタルイカだけではあっという間に無くなりそうなので、支給されたサンマタンと交互に3本針に付けて投入。

しかし、釣れてくるのはカラスと呼ばれるカラスザメ。
こいつは背びれに棘があり、毒を持っているので要注意、長靴などで踏んづけて、ペンチで針を外すのが一番です。

そのうち、左舷のトモの方が良型のクロムツGET。
40cm位でしょうか、このサイズになるとでっぷりとしておいしそうです。

結局、それ以外はカラスばかり・・・。
船長、移動を告げてバンバン走ります。

Imgp0185

川奈沖を過ぎ、伊豆高原、そして城ケ崎海岸のつり橋も過ぎます。
城ケ崎海岸沖、どうやら治久丸の赤ムツコースでいうところの南赤ムツのポイントのようです。普段、このポイントは値段が高いのですが、今日はお客さんも多いことから特別サービスのようです。

Imgp0194

微妙な当たりで上がってきたのはギンメダイ、赤ムツ釣りの外道です。

Imgp0195

またもや、この引き・・。錘は200号なので竿は少し曲がっていますが、細かな当たりでも敏感に竿が反応しています。

Imgp0197

やはり、銀メダイでした。
金目鯛と名前は似ていますが、まったく違いますね。

Imgp0198

結局ここでもめぼしいものは上がりません。
時折、竿が引き込まれ、ファイトする場面もポツポツ見られますが、上がってくるのはサメばかり。
普通、250mを攻めるのですが、今回最深の300m越えです。
しかし、誰からも歓喜の声は聴かれません。

Imgp0201

隣の人もですが、持ち帰れそうなのはギンメダイのみ、自分も4枚です。

Imgp0203

船長の「ポチポチかえりますよーー。」の声・・。
遠いから帰るのも早くなるようです。

そして最後にいい当たりが自分に来ました。
竿先がガンガン引き込まれます。

船長「おっ、こりゃ赤かも。」

150mくらいまでは良い引きが続きます。

船長「あれ?70mで暴れないね??赤いのなら必ず暴れるのだけど・・・。」

やがて上がってきたのは・・・・・・・・・・・・・サメ(笑)

Imgp0204

すでにこの時点で、みなさん片づけに入っていて、そのわずかちょっと前に
仕掛けをおろしていた自分を見つけた船長、「この流しで帰るよーー。」

やがて着底し、底を取り直した直後、グンッ。
ありゃ?グンッ、ググンッ、かかった。。。。。サメかな??

でも先ほどの当たりとはちょっと違う。

リーリング開始です。

前ほど良い引きではないのだけど、ギンメダイほど弱い引きではありません。

そして上がったのはクロムツ、25cm位の小物ですが、自分にとっては初。

今日の船でも、これを入れて2匹のようでした。

赤ムツ、まだまだ修行が足りないようです。(笑)

Imgp0206

城ケ崎海岸から宇佐美港へ帰り、お客の入れ替えで、自分とあと一人のお客さんとでカイワリ午後船の始まりです。

予約を入れたとき船長から「ビシは浅いからFL60でいいよ。」と言われていました。
普段、FL80を使うのですが、活性が高くなってきて浅場で食うから、60でいいとのこと。
自分はてっきり60mで釣るのかと思っていたのですが、着いたポイントは宇佐美港からすぐ近くの30m無いポイント。

やっていいよーーの声で投入、3回ほどしゃくったらモゾモゾとしたあたりのあと、キューンと懐かしい引き、カイワリの引きです。
しかし、懐かしいだけでない、更に重く、更に過激に引き始めました。

いきなりのトリプルです。(笑)
(治久丸ブログより)

App065964500s143485582301

少し遅れてもう一人のお客さんも・・・
(治久丸ブログより)

App023288500s1434856895

すみません、ここからは写真撮る間がなく、絶えずしゃくり続けています。
お客さんはウィリー、自分はカラー針で釣っているのですが、もう一人の方は自分の倍のペース。(笑)

カイワリだけだった釣果も次第にハナダイが混じり始めました。
それもかなり良い型です。

Imgp0208

しかし、コマセが効きだすと、サバも混じってきます。
少し上までしゃくりすぎると待ち構えていたサバがガッツリくわえます。

Imgp0209

宇佐美港の二階屋丸、この二隻で交互に流していきます。

Imgp0210

時たま釣れなくなることはありましたが、もういらんというところまで来てしまいました。(笑)

Imgp0213

5時になり、宇佐美港へ帰ります。
この山の右で釣っていた、帰るのは左側。
ほんとの近場です。(笑)

Imgp0214

雨は小雨でずっと降ったりやんだり、こんな天気が却っていいのかもしれません。
グチャグチャになりましたが、楽しい時間でした。

Imgp0219

二人で釣っていたのでもう一人の方が竿頭。(笑)

App080869900s143486410401s

自分は裾です。(笑)

巨カイワリは釣れませんでしたが、久々の数釣りができました。
ハナダイも型がいいのでアクアパッツァができそうですが、ダッジオーブンに入りきらない??(笑)

Imgp0222

今日の潮汐。

Screenshot_20150620182904

アカムツ、まだまだ見果てぬ夢のまま。

巨カイワリ、これもまだだなぁ。

いつかは釣るぞ。(笑)

« やっぱり気持ちがいいですね | トップページ | 久しぶり 富士丸釣行 »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

カイワリトリプルですか、スゲー!
一度はやってみたい釣りです。
伊東から居なくなったカイワリは、お隣の宇佐美に居たんですね。(^^;;
水深30mなら、ボートでも行けそうな場所ですが、宇佐美に貸しボートは無いですねえ。

アカムツは、なかなか釣れない魚なんですね。
水深300mオーバーでもしっかりアタリが出るのも凄い。
ブログからすると、結構引く魚なんでしょうか。
中深場以上は、未知の世界
umeさんの冒険(?)を楽しみしております。

20日の富士丸、残念でした。
なかなか日程を合わせるのは難しいと思いますが、是非また行きましょう!

こんにちは!のりべんです(^^)

昨日は貴重なお魚をこんなにも分けて頂き、ありがとうございました~(^O^)

「あまり大きいのじゃ無いよ~」と頂いたカイワリのサイズに驚きでした!
家内がコレはお刺身だね!と即答の良型でしたよ。
おすそ分けした両親も大喜びです。早速今晩に頂きます♪

浅場、ようやく上向きになってきたというumeさんのお言葉実感でした。それに対して深場がなんとも不調だったとのお話です。

最近の海の様子がオカシイのは表層だけと思っていたのですが・・・今までが6月の南風の強風等による局地的な水温低下だとして、その塊が今、深場に沈んでいって・・・と無理やり考えたりしています(笑)

でも・・・きっと我々が知りえないいろんな自然現象の変化がもっともっと複雑にからんでるんでしょうね。難しいです(^-^;

南アカムツポイント、魅惑的な場所ですね!いつかきっとご一緒させてください!

ananさん、おはようございます。
カイワリは久しぶりにあの引きを楽しめて面白かったです。
一番大きいので27~28cmと少し小さめ、他のは20cm位でしょうか?
大きさからすると巨カイワリとは言えませんが、そんなのが同時に3匹もかかれば大変なことになります。2号のハリスが切れるんじゃないかと思える様な引きです。(笑)
治久丸ではカイワリを看板にしているだけに大切にしていて、タモを持って船長が駆けつけるのですが、その前に3匹もろとも抜き上げました。変な話ですが、自分はかいわり、ハナダイの引きから抜き上げまでが大好きなのです。(笑)ハナダイの最大が今回35cmでしたが、水中から徐々に勢いつけて抜き上げる、これが楽しいんですよ。(笑)
カイワリ、やはり刺身です。ネットリ、コリコリ、噛めば甘みが増してくる、こいつの刺身は大好きですね。残った刺身は漬けにしてご飯に海苔と一緒にいただきました。御代わり絶対必要な美味さです。
ハナダイも大好き、この大きさは欲しかった大きさです。アクアパッツアが最高でした。
アカムツ初めて南アカムツのポイントへ行きましたがでかいのがいそうなところですね。前回の時の船長の話では、シロムツ釣れるとアカムツも釣れるのだがと言っていて、その時はシロムツ釣れたにもかかわらず、釣れませ栓でした。今回はギンメダイのみでシロムツも上がらなかったですから、しょうがないでしょう。そういえば網代の湾が水深70m位まで茶色く濁っていました。城ケ崎海岸沖でも船長は水の濁りを気にしていたので、これが原因かもしれません。
なんにせよ、クロムツ釣れたのは一歩前進、そのうち釣れるでしょう。
カイワリ、富士丸で行きましょう。値段も安いし、船もゆったりです。
型のいいのが釣れますよ。(笑)

のりべんさん、おはようございます。
今回、治久丸の土曜日は仕立てが入っていて行けませんでした。
そんな訳で日曜日のダブルヘッダーでしたが、日曜は移動の日でたくさんの魚を持って移動できません。そんな訳でのりべんさんに貰っていただきました。こちらの都合ですみませんでした。
カイワリ、もっと大きい型が揃うといいのですが、今回は小型と中型ばかり、もう一人のお客さんも数が釣れるのはいいけど型がイマイチだねぇなんて贅沢言ってましたよ。(笑)それでもあれだけ釣れれば楽しい釣りです。
不思議なのは伊東では群れが去ると釣れない釣りですが、この近辺では群れが大きいせいか、いつまでも同じ場所に居続けます。釣れないから居ないだろうと思いつつしゃくっていると針が何かに当たった感触、次に思いっきり引いて、上がってきたのはスレのカイワリやハナダイなんてのもありました。
伊東は40m、初島周りは70m、伊東は浅いから群れが小さいなんて理論を作ろうかとしていたのですが、どっこい、27mでも群れはでかかった。カイワリ探求のⅡをまとめるにはまだまだ研究が必要です。(笑)
しかし、拍子抜けするほど浅すぎですね。(笑)

ananさんのコメントにも書きましたが、網代の湾は70m位まで真茶色、底荒れしていたのですかね?船長も水が汚れていることをアカムツ釣れない理由として上げていたので、たまたまだと思います。以前の釣果記事では釣れていますからね。それにしても、南アカムツポイントいい場所の気がします。

それとのりべんさん、蛍烏賊ありがとうございました。あれが無ければ釣りにならないところでした。今度から前もって買って冷凍しておきます。
ありがとうございました。

南アカムツいつか行こうね。

umeさん、おはようございます。

またまたダブルヘッダーでお疲れさまでした(笑)

実は土曜日もちょっとだけ東伊豆水族館をお散歩しましたが、60mより深場は強烈なクラド層がありゲンナリでした。。。

浅場ではイワシ、小サバが表層で群れており、
泳がせ端物狙いましたが、、、
撃沈でした(>_<)

30mと言えばM○Sあたりと同じ位ですね。
来週はカイワリさん達も広範囲に出張して欲しいものです。


おはようございます。

スゲー・・・。
カイワリトリプルもすごいし、釣果のほうもすごい・・・。
確かにこれだけあると、もういらんってなりますね。

もう魚はいいや。
このセリフ、言ってみたいなあ~~~~!

この調子だと伊東にもある日突然戻ってくるような気がします。

伊東の名手Mさんが5月の初めに
もうすぐ宇佐美にシラスが入ってくるとカイワリが釣れ始めるから
引張ってやると言ってもらってたんですが
それですかね。

今年はサバが居ないので私にとっては最高の年です。
まさに釣りが楽しめますね。

伊東でも調子のいい時には32、3mでカイワリがよく釣れますよ。
大きさも余り関係がないみたいです。

こんにちは。

私も、ハナダイとカイワリを「もういらん」という程釣ってみたい(笑)。

27,8cmのカイワリにクロムツ、かなり夢に近付いてきましたね?
あと一歩です(笑)。

今回の富士丸は残念でした。
ぜひ次回、楽しみましょう!

まるまつこうじさん、おはようございます。
そう、ダブルヘッダー今回限りで止めます。(笑)
カイワリ釣っている後半、かなりしんどくなりました。背伸びしたり、腕上げたり運動しながらの釣りでした。さすが、足腰、腕、肘、肩が筋肉痛です。でも60肩の痛みではありませんでした。やはり無理は禁物。どうしてもアカムツもカイワリも狙いたくなりますが・・・。(笑)
しかし、まるまつこうじさんもがんばりますねー。(笑)
底荒れしていたから釣果は仕方が無いでしょうけど、来週もだからこれも体がきつそーです。(笑)
網代湾の底荒れ早くなくなるといいですね。
また行きましょう。

芋焼酎さん、おはようございます。
久しぶり、カイワリ、ハナダイ堪能しました。
調子がいいともっと釣れるし、今回は型がイマイチでしたが、もっと大きいのも釣れます。網代の富士丸で皆さんで釣りましょう。
ポイント的にはそれぞれ違うところもありますが、この辺一帯はカイワリ居ますよ。しかし、もうカイワリ釣りたくなってます。(笑)
また行きましょう。

五目漁師さん、おはようございます。
なるほど、シラスとカイワリの関係面白いです。
船長の話だとこの時期は浅場に群れるそうです。
しかし、面白いのは群れがでかいせいか、魚群が過ぎて釣れなくなるというより、口を使わなくなる時間があるだけで、底にはカイワリ、ハナダイがゴマンと居ることです。網代、初島、宇佐美、伊東とこの辺一帯かなりの量が居るみたいですね。サパが来ない伊東に再びカイワリ来ると面白いですね。
また行こうかと思っています。
その時は宜しくお願いします。

腰痛持ちさん、おはようございます。
やっと。クロムツを釣ることができました。
このクロムツ煮付けで食べたのですが、あのとろけそうな食感と、旨みは何でしょう?とにかく他の煮つけより数段上の味でした。
これでアカムツだったらどんな味だろうと、夢が膨らんでしまいます。(笑)
カイワリ、ハナダイ面白いです。
カイワリの型がいいともうひとつ面白いのですが、今回はイマイチ、贅沢な話ですが、次回は型がいいのを狙います。それより型が良かったのはハナダイでした。ハナダイも美味しい魚で大きいのが釣れるとわくわくします。
この辺のハナダイ、型がいいので是非狙ってください。
またみんなで釣りましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見果てぬ夢シリーズ 2 赤ムツ、巨カイワリ その2:

« やっぱり気持ちがいいですね | トップページ | 久しぶり 富士丸釣行 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ