無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月18日 (月)

見果てぬ夢シリーズ 2 赤ムツ、巨カイワリ

2015/5/15 朝の4:00前、網代のトンネルを越え、伊豆多賀から南下です。

P_20150515_035621

着いたのは宇佐美港、中央の少し小さい船が目当ての治久丸(はるひさまる)です。

P_20150515_043010

2月頃に見つけた船なのですが、「アカムツ・カイワリ専門釣り船」と看板を挙げているところ。
赤ムツは以前から釣りたいと思っていた魚だし、カイワリは大好きな魚です。

特にここでの釣果を見ていると、どちらも大きな魚が釣れるらしい。

いつかは行こうと決めていたのですが、体調や船の空いていそうな日を選んで金曜日としました。

今回の釣りものですが、せっかくの平日休みなのと、なかなか来れないことを考えて、午前赤ムツ、午後カイワリのWヘッダーです。

Haruhisamaru

4:30出船ということでしたが、船の準備もあって4:50頃の出船となりました。
予約表では自分1人と思っていたのですが、馴染みの方と思われる2人組と一緒に釣ることとなりました。

Imgp0048

まずは赤ムツ、伊東沖へ向かいます。
空は曇り、波のないいい条件です。

Imgp0049

赤ムツは200~300mで釣るということで錘は200号、幹糸12号、ハリス10号、ムツ針18号の仕掛けです。
治久丸の赤ムツ、カイワリタックル詳細はこちら

Imgp0050

初島は遥か彼方、反対方向へ進みます。

Imgp0052

途中、お馴染みさんからアドバイスで底トントン位の釣り方で問題ないこと、根掛かりはほとんど無い釣り場であること、大きいのは上針にかかることが多いことなど教えていただきました。

約15分位でしょうか、到着したのは手石島沖、「はい、やってー。」の声で釣り船の配給餌サンマを付けた仕掛けは海底へ・・・。

Imgp0055

2回目だったか、落下途中で糸が不自然な沈み方・・・。
案の定、サバ2匹GET。

Imgp0056

続いて底で可愛い当たり、釣れたのは顎の下にひげがある魚。ギンメという魚でした。
初めての魚です。

Imgp0057

何回かサメを釣った後、周りではシロムツが上がっています。
そして自分にも・・・。しかし上がってきたシロムツは体半分が無い??
どうやらサメに食われたようです。

お馴染みさん曰く、美味い魚は特によく食ってくるそうです。
赤ムツなどは大好物なので、かかったら追い食いはさせず、早めに上げた方がいいとのことでした。

Imgp0058

ユメカサゴも釣れますが、本命のアカムツは釣れません。
船長曰く、シロムツが釣れるようだと赤ムツも釣れるそうですが、今日は良くないようです。

Imgp0060

良い引きだったのですが、これもサメ。(笑)

Imgp0062

治久丸の竿受けにはマグネットを張り付けた板が付けてあります。
赤ムツもカイワリも3本針なのでこれは便利ですね。

Imgp0063

またもやギンメ。

Imgp0065

そして最後にそこそこの当たり、40cm以上のオキギスでした。
これはハリスに白いヌルヌルがこびりつくので嫌がられます。そしてそのまま食べても小骨が多く不味いらしい、しかし、練り物にすると無茶苦茶美味い魚です。
ありがたくキープです。

Imgp0066

結局、これが最後となり、赤ムツは船中不発でした。

伊東湾に浮かぶ自衛艦を見ながら宇佐美港に戻ります。

Imgp0071

お馴染みさんたちはシロムツが何匹かと、メダイ1匹が釣れていたようです。

Imgp0072

ここで、お馴染みさん2人は下船、午後カイワリは別のお馴染みさん1人と出発です。

Imgp0076

カイワリのお馴染みさんの話だと、「そうねぇ、赤ムツは何度もやったけど、3回に1回釣れればいい感じかな。なかなか釣れるものではないですよ。」との話。

これは何回か足を運ばないと難しそうです。

Imgp0078

到着したのは赤ムツのポイントとは真逆の初島側。

去年、網代の富士丸で釣った75mポイントに近いですが、同じではありません。

しかし、まったく当たりがなく、さらに違う75mポイントへ入るも同じ状態。

たまらず、お馴染みさんが何やら船長と会話。
120mラインへ移動となりました。

Imgp0082

ここのポイント、カイワリだけでなくアマダイや他の魚も釣れるポイントだそうです。
面白いのはウィリー仕掛けにオキアミ付けたカイワリ仕掛けのまま、アマダイやら他の魚を狙うこと。

棚は底から5mですが、着底し棚を取った瞬間にグンッと引き、釣れたのは35cm位の子アラ。
うーーん、「見果てぬ夢シリーズ アラ」編にしとけば良かったかも・・・。(笑)
Imgp0083

そして待望のカイワリ、30cmは無いくらいかな?
巨カイワリとはいきませんが、初島のアベレージサイズです。
これ1枚で家内と食べるには充分な刺身が取れます。

Imgp0086

16:00過ぎ、宇佐美港側へ帰ります。
この時までに、お馴染みさんは型のいいハナダイ一枚、カイワリの顔は見ることができなかったようです。

Imgp0088

宇佐美港手前の27mのポイント、沖メバル1匹、巨ベラ2匹(リリース)追釣です。
17:00沖上がり、本命カイワリ1匹のみでした。

Imgp0091

今日の釣果、シロムツは船長からのいただきもの、なんだか最近このパターンが定着しています。(笑)

船長曰く、超貧果の一日だったとか・・・。(笑)

Imgp0092

治久丸のブログより、こうして撮られると大きく見えますね。(笑)
さて、巨カイワリ、いるのでしょうか?
富士丸のポイントと同じようなところだとしても、まだわかりません。
何度か確かめる必要ありですね。

App003990100s1431671394

船長からのシロムツ、ほかにも2匹いたのですが、サバ2匹とお隣さんへ・・。
煮つけが美味かったです。

Dsc_2385

サバは炙りしめ鯖、サバタン、そぼろに、ギンメ、ユメカサゴは煮つけ、オキギスは練り物に。

Dsc_2389

アラとカイワリは刺身になりました。
どちらもめっちゃ美味いですね。

赤ムツ、カイワリ、まだまだ見果てぬ夢はつづくといったところでしょうか?(笑)

Dsc_2390

今日の潮汐です。

Screenshot_20150518044258

2015年5月 3日 (日)

見果てぬ夢シリーズ 1 アラ

2月中ごろから休んでいたので、しばらくはシリーズものでやろうかなと思っています。

どこまで続くか、これだけで終わるかもしれませんが、やってみるかな?(笑)

まずはこの魚です。

20130630ara

アラである。

この写真は、2013/6/30、カヤックで水深170mでの釣果。
約40cm位のいわゆる子アラでしたが、グイグイと暴れる釣り味も、食べての味も最高!!

釣ったとき、いや、これは狙って釣ってなかったので、釣れた時、もう釣れることは無いだろうと思っていました。なんせ、「幻のアラ」と言われるなかなか釣れない魚ですからね。

でも、ブログに載せたときカヤックの友達から「網代にもいるんですね。」と言われたのです。ということは、ほかでもカヤックで釣っている、幻と言われるほどではないのかも?と思い出しました。

そして、船で本格的に釣ってみようと思い出しました。

いつもお世話になっている、富士丸のブログにはライトキンメやオニカサゴと一緒にアラがメニューとして載っています。

網代港  富士丸  第七富士丸  
   
網代・初島沖の多彩な魚を対象に年間通じて営業しています。
   
メインターゲツトとして*マダイ*ワラサ*イサキ* 
深場でわ*ライトキンメ*オニカサゴ*アラ*沖メバル*

   を中心にお楽しみいただけます。

早速富士丸へ電話、錘は150~200号、仕掛けはオニカサゴの片天秤仕掛けのようです。


詳しく調べると、赤ムツの胴付き仕掛けでも構わないこととわかりました。

3本針で幹糸10~12号、ハリス8~10号、クレン親子サルカンつなぎ、ムツ針18号、枝ス80cm、枝ス間長さ1.5mで作成、本来のアラ仕掛けはワンランク上の仕掛けですが、ここは大物は来ないと判断しての仕掛けです。

この胴付き仕掛けは伊豆方面ではアラ釣りには使われていないようです。
しかし、アラは海底より少し上にいるらしいこと(2~3m)、自分のオニカサゴ釣りはかなり低めに片テンビンの棚を設定する癖があることから、胴付き仕掛けを採用しています。

そして、片テンビン仕掛けの上に胴付き仕掛けを付ける、併用型でやることにしました。針数はオニカサゴ片テンビン仕掛けが3本なので合計6本針となります。

150号と200号の錘、オニカサゴ仕掛けと3本針の胴付き仕掛けを準備。
エサはサバタン、富士丸のものです。

タックルは200mを攻めるということから、MPGの210、150-350負荷の竿にダイワの750のリールがメイン、ダイワの240、60-150負荷の竿に500シリーズのリールをサブとしました。PEはそれぞれ8-500、6-300です。


2015/5/1 4:00集合 4:30出船です。

待っていると軽トラックがやってきました。乗っていたのは中乗りさんの一人、話を聞くと今日はこちらの船ではなく、違う船だとか・・・。船長が来るまで少し話をしていたのですが、富士丸の船長は根魚が得意、そしてアラは7kgの記録があるそうです。

そうこうしているうち船長の軽トラがやってきました。
乗っていたのは船長、そして大船長(自分は大船長だと思っている。確認はしていないが・・・)、大船長とは秋の真鯛釣りで一緒に釣りました。とても親切に教えてくれます。
4:30少し回った時間に出船でした。

Imgp9987

かなり早くから日が昇る季節になりました。
季節によって出船時間が変わるようです。

Imgp9989

大船長、真鯛釣りでは何枚も良型を挙げていました。
今日もいい釣りを見せてくれるでしょう。

船は初島沖ではなく、定置網北側を通過、いつもカヤックで釣りに行っていた方角へ進みます。

しかし、100m近くまで行った時、急に減速、反転、元来た方向へ向かいました。

???そのまま網代港に帰ります。???

Imgp9993

そこにはいつも同行しているもう一人の中乗りさんが・・・・。(笑)
どうやら、遅刻???(笑)
中乗りさんを乗せて再出発です。
お客は自分だけ、船長、大船長、中乗りさんって、船側が3倍の人数です。(笑)


Imgp9995

いい朝日が見れました。今日一日天候はよさそうです。

Imgp0002

130m地点も過ぎましたがまだまだ進むようです。(Lowranceで海底地形図を作っていたおかげで、網代湾の130m位までならどこがどのくらいの深さか、完全に把握しています。)
そしてポイントについたのか、船はぐるぐると回り始めました。

Imgp0003

「やっていいよ」の声で投入・・・・。あらかじめ200m位を攻めると聞いていたので、200mを回ってからちょっと焦り・・・。(笑)底ついたら270m越えでした。
いきなり自分としてはMAX近い深さです。

Imgp0004

やがて、コツコツと魚信・・・。そのうちかかったことが確実になったので巻き上げ開始です。
270mはなかなか上がってきません。深海釣りのわくわくする瞬間です。

しかし上がってきたのは、カラスザメ・・・。このサメではありませんが、似たような仲間にヒレタカフジクジラというのがいて。福浦の手漕ぎでのりべんさんが釣り上げたことがあります。これらのサメは第一と第二背びれの前に棘があり、毒があります。
のりべんさんは気を付けていたにも関わらず刺されたそうで、しばらくひどいことになったらしい…。このことを覚えていたので長くつで動かないよう抑えて、注意しながらペンチで針を外し、ペンチでつまんだまま海へ開始しました。
見ていた大船長「カラスは怖いから、気を付けた方がいいよ。」と忠告もありがたかった。

このサメ、しっぽだから大丈夫なんて思っていると、体をひねらせて棘で刺しに来ます。
かなり用心が必要です。

そして、今度は良い引き・・。大きな魚です。

Imgp0006

しかし、上がってきたのはおそらくアブラツノザメ?、これも第一と第二背びれの前に棘があり、毒があります。このように深海ざめには毒を持っているのがいるので、下手に触らないのがベターです。自分は背びれで判断して、注意するようにしていますが、カラスザメは最初から危ないとわかるのですが、こちらのサメはよく似た種類で棘のないタイプもいるので、同じと思って下手に掴むとブスッです。

アラ釣りの本にも書いてありましたが、アラとサメのいるところがほとんど同じなので、サメに出くわす確率はかなり多いと聞きました。、注意が必要ですね。
そういえば、前回のアラ釣ったときはノコギリザメも釣ってカヤックのフロート破られないかオタオタしましたね。(笑)

Imgp0008

このまましばらくサメ以外は釣れず、釣れたサメも棘あり、棘無なしとヒットしています。
海は完全な凪、気持ちがいい天気です。

Imgp0009

さらに深く283m・・・。

Imgp0010

この頃から海が濁り始めます。
濁っているというより赤潮そのものです。
最初は点々とプランクトンの死骸がある程度に見えるのだけど、終結するにつれ赤く見えてきます。

大船長曰く「アラは濁っとるとダメなんだわ。」「あれは澄んだ時が一番よくて、季節でなら秋から冬かなぁ、濁っとるとサメばかり来るよ。」「オニは濁っても大丈夫だけどね。」

なるほど、そうだったのか・・・。ちょっと時期が悪かったようです。

そして、面白い話も聞かせてくれました。

「アラは群れでいんだよ。でも昨日釣れたからと今日同じ場所に行っても釣んねえんだよ。その代り、一匹釣れるとまだ来るかも。」

「昔はアラはもっといたからねー、手漕ぎで釣ったこともあるよー。もっとも今みたいにいい道具なかったから、手釣りだったけどねー。」

う、羨ましすぎる話・・。(笑)

昔の話だと、渓流に行くと40cmのイワナがゴロゴロいたとか、そういえば、自分の小さいとき、春先になると家の周りの溝に、フナやオイカワ、鯉の子供や、ギギなんていっぱいいた。海でも山でも生き物がいっぱいいた時代があったんだなぁと思った次第でした。

Imgp0011

そして、やっとお持ち帰りが釣れました。(笑)
ユメカサゴ、約25cmくらいだから、この魚では大きい方でしょう。

Imgp0013

そうこうしているうち、中乗りさんと、大船長さんがバタバタして船室と行き来しています。
見ると一隻の船が近づいてきてる。
そのうち船室から中乗りさんが戻ってきて、見ると救命胴衣を着用していました。
「あの船来ると、うるせーからさ。」(笑)
どうやら。安全のパトロール船だったようです。(笑)

Imgp0014

海はこんな感じ・・・。かなり赤潮です。
しかしこの辺で大船長がなにやら40cm位の銀色の魚を何匹も上げています。
聞くと「あ、これ?オキギス。」「小骨が多くてこのままでは食べられないよ、練り物だね。」
「こいつね、粘液出すからネトネトしちゃうよ、ほらハリスがこんなに。」と見せてくれたハリスは白くドロドロしたものがついています。

オキギスというと自分のイメージでは若狭湾や沼津で売っているニギスを思うのだけど、全然別物、自分が見た限りではキス?という感じです。

図鑑で調べると、標準名はギス、60cm位になるらしい、小骨が多く水っぽいのでそのまま食すると2つ星、練り物にすると5つ星となっています。

Imgp0018

やがて自分のハリスにも白いものがついていますが、エサも魚もありません。
「あはは、逃げられちゃったんだよー。」ってんで、一生懸命頑張って自分も一匹釣りました。(笑)

この時、何個も針を切られるアクシデント発生!!
どうやら、犯人はオキギスではないようです。

そういえば、カヤック釣行でも何度か切られたことがあります。
これも含めて大船長に聞くと、「うん、スミヤキだよ、それとねなんて言ったかなぁ・・、太刀魚みたいなのがいてそれも切るんだよ。どちらかだと思うよ。」

スミヤキ、別名ナワキリとかクロシビカマスと言います。始めて釣ったのは、この冬のイカブリの夜釣行の時でした。ものすごく歯が鋭い、こいつにぶり仕掛けを何本もやられましたが、骨切りして焼いて食べたらめちゃ美味かった。
もう一つの太刀魚みたいなのはタチモドキという魚がいて、太刀魚に似ているのだけど、深海釣りの嫌われ者と載っていたので、おそらくこいつでしょう。

長年、わからなかった謎が大船長のおかげで解けました。

Imgp0019

初島側へ移動です。この時点で大船長さんはオキギス六匹、中乗りさんはユメカサゴを何匹かとドンコを釣っていました。
どうやら、アラは幻のままになりそうです。

Imgp0020

この辺でユメカサゴ連釣です。
自分としての本命はアラですが、富士丸のブログの看板には根魚五目となっていて、ある意味こいつも本命です。(笑)

Imgp0022

初島から熱海に向かうフェリーの航路近くです。

Imgp0024

2匹目のオキギス、40cmはあるかと思います。最初、大船長に練り物にしかならないと聞いてエソを思い出し、あの面倒臭さを思い出すとヤレヤレなものが釣れたなと思っていました。しかし、大船長は大事に生簀に入れて、決して捨てませんでした。

これ、やはり理由があったのです。その理由はあとで・・・。(笑)

Imgp0026

大船長が子アラを釣りました。季節が違うことと、今までの雰囲気でもう釣れない、幻のアラと確実視していたところでのアラです。この辺がやはり腕の違いでしょう。

そして、なんと右手でぶら下げながら、にこにこして自分のところにやってきます。

「持って帰んなよ。あ、握っちゃだめだよ。こいつは鰓蓋に棘があるし、背びれもすごい。毒があるからね。下顎持つんだよ。」

う、ううう、嬉しい・・・・。娘が来ているので助かります。
釣らんで幻のアラではなくなりました。(笑)

大船長ありがとうございます。

Imgp0036

♪えへへ、♪もらっちゃった。♪

自分も詳しくは知りませんでしたが、オニカサゴと同じく棘があります。
図鑑で調べたところ、かなり強烈な毒らしいので気を付けた方がいいでしょう。

Aradokutoge

ユメカサゴです。結局5匹釣りました。
そうそう、こいつも棘がすごい、料理の時に刺してしまいました。ズーンと来る痛み。
調べると弱毒らしいですが、アヤメカサゴの棘に刺された時と同じ鈍痛がします。
アヤメの毒性は不明らしいですが、この痛みはおなじなのでやはりアヤメも毒があるのでは?

しかし、10分もすればそれほどではなくなります。

Imgp0037

初めてのシロムツ、かわいい魚ですが、まだ釣ったことはありませんでした。

Imgp0039

伊東から熱海へ向かう高速ジェット船、11:00の船ではありません。
今日は奮発して15:00まで延長しているのです。

Imgp0041

しかし、その延長もそろそろ終わり。
14:30に船長から「14:45で終わりにします。」とのこと。
エサをつけ投入、底へ着くや否や軽い当たり、しばらく待って食い込むのを待って上げます。

しかし、何もついていない・・・。すかさず、エサを付けて投入・・・。この時14:40。

着底し、クン、クン、グン、ググン、ガンガン。
タックルはダイワの240、60-150負荷の竿に500シリーズのリールに途中で交換していますが、竿は満月、さらに引き込もうとします。

大船長が言っていた言葉がチラッと頭をよぎります。
「サメはね首振んだよ、んで、竿先が跳ねるように引いたらサメだね。」

今の引きは竿先満月のまま、さらに下へグングン引き込まれます。かなりドラグ締めてあるにも関わらず、リールの回転が止まり魚が抵抗しているのがわかります。

「ここでアラ釣ったら、9回裏2アウト満塁ホームランみたい。ぐふふ」というポジティブな自分と「悪いけどサメだよ、お疲れさん。」というネガティブな自分が頭の中でぐるぐる・・・。(笑)

船長「これが上がったら終わりにするよ。」と放送。

周りに大船長、中乗りさんが集まってきました。

やがてPEを手でつかみよいしょと引っ張るが重い・・・。

そして見えてきた魚体はベージュの魚体に黒の斑点、1.5m以上のサメでした。(笑)

ここには書ききれませんでしたが、途中で釣った灰色のサメもでかかったけど、こいつはさらに厚みがあります。中乗りさんに「なんてサメですか?」と聞いたけど、わからないらしい。
深海にはまだまだ知らない魚がいるんですね。

そして今日、覚えた最新技、ハリスをむんずと掴みえいやとばかりに引っ張る。
8号のあれだけ切れないハリスがあっけなく切れて、サメとおさらばです。

Imgp0042

今日の釣果、ユメカサゴ5匹、シロムツ1匹、オキギス2匹、いただき物のアラ1匹。

港へ着いてショッキングなことが・・・・。

中乗りさんがクーラーからドンコを自分のクーラーへ入れてくれました。

その時チラッとクーラーから見えたものは子アラが1匹。

えーー、中乗りさんも釣ってたの??

アラ釣れなかったのは自分だけ??

9回裏2アウト満塁ホームランは間違いありませんでした。

自分はその時の打たれたピッチャーだったようです。(笑)

P_20150501_150534

+ドンコで調理の時間です。
しかし、残念ながらほとんどの写真を撮らないまま、食べちゃいました。(笑)
シロムツ、ユメカサゴは煮つけに、アラは刺身に、ドンコは味噌汁。
娘がだまーって食べて、ユメカサゴの小さな身まで食べているのは美味しかった証拠。
アラはやはり凄いですね。1日しかおきませんでしたが薄く切っていただきました。
大船長ありがとうございました。

Img_0266

オキギスですが、これは練り物に。
3枚におろすのですが、この時金色の浮き袋が出てきます。
なんでこんな色なの?と思うような色、そしてハート形なんですね。
これは珍しいです。

それと3枚におろしてお腹の骨を取った後、普通なら皮を剥ぐのですが、オキギスでは皮を手で押さえてスプーンでこそぎ取る形で取ります。身が柔らかいので綺麗に取れます。
この後包丁でトントン、すり鉢でスリスリの工程ですが、エソとは比較にならないくらい楽。

そして見るからに上等そうな練り物になっていきます、

Dsc_2376

とりあえず、大葉と紅ショウガを混ぜたものを作ってみました。

Dsc_2374

出来立ての練り物、自分でいうのもなんだけどね上品な味です。
特に紅ショウガは美味しかった。

生姜醤油でいただきましたが、これはいいものを知りました。

大船長ありがとうございました。

Dsc_2379

最後に、しばらくブログも釣りも休止状態ですみませんでした。

コメントもしていなかったことも謝ります。

特に釣りが嫌になったとか、付き合いが悪くなったとかが原因ではありません。

六十肩が痛くて腕を上げることもできませんでした。

釣りに行かなくなると、全てが無気力になってしまいますね。

すぐに収まるだろうと思っていたのですが、次第に肘まで動かなくなる。
以前は90度より上げるとつらかったのですが下向き45度くらいでも痛む状態です。
今は多少良くなったのですが、それでも釣りをした後は痛いですね。

年取るということはなかなかきついものです。

そんなこともあり、いつ調子悪くなってもいいように、時間をかけてやるつもりだった「見果てぬ夢シリーズ」をやっちゃおうかと思ってます。

今までと同じようには掲載できないかと思いますが、ボチボチやっていきます。

よろしくお願いします。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年6月 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ