無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 見果てぬ夢シリーズ 1 アラ | トップページ | 釣りに行くため・・・(笑) »

2015年5月18日 (月)

見果てぬ夢シリーズ 2 赤ムツ、巨カイワリ

2015/5/15 朝の4:00前、網代のトンネルを越え、伊豆多賀から南下です。

P_20150515_035621

着いたのは宇佐美港、中央の少し小さい船が目当ての治久丸(はるひさまる)です。

P_20150515_043010

2月頃に見つけた船なのですが、「アカムツ・カイワリ専門釣り船」と看板を挙げているところ。
赤ムツは以前から釣りたいと思っていた魚だし、カイワリは大好きな魚です。

特にここでの釣果を見ていると、どちらも大きな魚が釣れるらしい。

いつかは行こうと決めていたのですが、体調や船の空いていそうな日を選んで金曜日としました。

今回の釣りものですが、せっかくの平日休みなのと、なかなか来れないことを考えて、午前赤ムツ、午後カイワリのWヘッダーです。

Haruhisamaru

4:30出船ということでしたが、船の準備もあって4:50頃の出船となりました。
予約表では自分1人と思っていたのですが、馴染みの方と思われる2人組と一緒に釣ることとなりました。

Imgp0048

まずは赤ムツ、伊東沖へ向かいます。
空は曇り、波のないいい条件です。

Imgp0049

赤ムツは200~300mで釣るということで錘は200号、幹糸12号、ハリス10号、ムツ針18号の仕掛けです。
治久丸の赤ムツ、カイワリタックル詳細はこちら

Imgp0050

初島は遥か彼方、反対方向へ進みます。

Imgp0052

途中、お馴染みさんからアドバイスで底トントン位の釣り方で問題ないこと、根掛かりはほとんど無い釣り場であること、大きいのは上針にかかることが多いことなど教えていただきました。

約15分位でしょうか、到着したのは手石島沖、「はい、やってー。」の声で釣り船の配給餌サンマを付けた仕掛けは海底へ・・・。

Imgp0055

2回目だったか、落下途中で糸が不自然な沈み方・・・。
案の定、サバ2匹GET。

Imgp0056

続いて底で可愛い当たり、釣れたのは顎の下にひげがある魚。ギンメという魚でした。
初めての魚です。

Imgp0057

何回かサメを釣った後、周りではシロムツが上がっています。
そして自分にも・・・。しかし上がってきたシロムツは体半分が無い??
どうやらサメに食われたようです。

お馴染みさん曰く、美味い魚は特によく食ってくるそうです。
赤ムツなどは大好物なので、かかったら追い食いはさせず、早めに上げた方がいいとのことでした。

Imgp0058

ユメカサゴも釣れますが、本命のアカムツは釣れません。
船長曰く、シロムツが釣れるようだと赤ムツも釣れるそうですが、今日は良くないようです。

Imgp0060

良い引きだったのですが、これもサメ。(笑)

Imgp0062

治久丸の竿受けにはマグネットを張り付けた板が付けてあります。
赤ムツもカイワリも3本針なのでこれは便利ですね。

Imgp0063

またもやギンメ。

Imgp0065

そして最後にそこそこの当たり、40cm以上のオキギスでした。
これはハリスに白いヌルヌルがこびりつくので嫌がられます。そしてそのまま食べても小骨が多く不味いらしい、しかし、練り物にすると無茶苦茶美味い魚です。
ありがたくキープです。

Imgp0066

結局、これが最後となり、赤ムツは船中不発でした。

伊東湾に浮かぶ自衛艦を見ながら宇佐美港に戻ります。

Imgp0071

お馴染みさんたちはシロムツが何匹かと、メダイ1匹が釣れていたようです。

Imgp0072

ここで、お馴染みさん2人は下船、午後カイワリは別のお馴染みさん1人と出発です。

Imgp0076

カイワリのお馴染みさんの話だと、「そうねぇ、赤ムツは何度もやったけど、3回に1回釣れればいい感じかな。なかなか釣れるものではないですよ。」との話。

これは何回か足を運ばないと難しそうです。

Imgp0078

到着したのは赤ムツのポイントとは真逆の初島側。

去年、網代の富士丸で釣った75mポイントに近いですが、同じではありません。

しかし、まったく当たりがなく、さらに違う75mポイントへ入るも同じ状態。

たまらず、お馴染みさんが何やら船長と会話。
120mラインへ移動となりました。

Imgp0082

ここのポイント、カイワリだけでなくアマダイや他の魚も釣れるポイントだそうです。
面白いのはウィリー仕掛けにオキアミ付けたカイワリ仕掛けのまま、アマダイやら他の魚を狙うこと。

棚は底から5mですが、着底し棚を取った瞬間にグンッと引き、釣れたのは35cm位の子アラ。
うーーん、「見果てぬ夢シリーズ アラ」編にしとけば良かったかも・・・。(笑)
Imgp0083

そして待望のカイワリ、30cmは無いくらいかな?
巨カイワリとはいきませんが、初島のアベレージサイズです。
これ1枚で家内と食べるには充分な刺身が取れます。

Imgp0086

16:00過ぎ、宇佐美港側へ帰ります。
この時までに、お馴染みさんは型のいいハナダイ一枚、カイワリの顔は見ることができなかったようです。

Imgp0088

宇佐美港手前の27mのポイント、沖メバル1匹、巨ベラ2匹(リリース)追釣です。
17:00沖上がり、本命カイワリ1匹のみでした。

Imgp0091

今日の釣果、シロムツは船長からのいただきもの、なんだか最近このパターンが定着しています。(笑)

船長曰く、超貧果の一日だったとか・・・。(笑)

Imgp0092

治久丸のブログより、こうして撮られると大きく見えますね。(笑)
さて、巨カイワリ、いるのでしょうか?
富士丸のポイントと同じようなところだとしても、まだわかりません。
何度か確かめる必要ありですね。

App003990100s1431671394

船長からのシロムツ、ほかにも2匹いたのですが、サバ2匹とお隣さんへ・・。
煮つけが美味かったです。

Dsc_2385

サバは炙りしめ鯖、サバタン、そぼろに、ギンメ、ユメカサゴは煮つけ、オキギスは練り物に。

Dsc_2389

アラとカイワリは刺身になりました。
どちらもめっちゃ美味いですね。

赤ムツ、カイワリ、まだまだ見果てぬ夢はつづくといったところでしょうか?(笑)

Dsc_2390

今日の潮汐です。

Screenshot_20150518044258

« 見果てぬ夢シリーズ 1 アラ | トップページ | 釣りに行くため・・・(笑) »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

umeさん、こんばんは。
豪華絢爛♪夢のダブルヘッダーお疲れさまでした(笑)

治久丸、ホームページ見ましたよ。
デカい魚が多いですね。
umeさんのカイワリも大きかった~♪
我が家なら3枚で2週間はおかずに困らなそうです。

深場の釣りはサメとの戦いナンデスか?
無銭飲食ハンタ~イ(笑)
いつか借りを返してもらわないといけませんね。

いろいろなお魚さんたちが釣れて、夢があふれる釣り、羨ましいですよ~(^o^)/

まるまつこうじさん、おはようございます。
釣り物は豪華絢爛ですが、釣果は貧相。(笑)
このシリーズ、どうやら名前が悪かったようでずっと見果てぬままになりそうです。(笑)
治久丸は大物が釣れそうな予感があるのですが、この日だけは悪かったのかなー。
前日も、次の日も釣れているのですけれどね。

今回はサメはそんなには来ていません。毒なしのサメだったし良かったです。他の人は巨大なのを釣り上げていましたけどね。(笑)
これっきりでやめようなんて思っていませんので、まだ何度かチャレンジしてみたいと思います。(笑)

こんにちは。

ん~、アカムツ手ごわいですね?

アカムツはカンネコ根がいいと聞いたことがあります。
銚子の利根川を挟んだ反対側の波崎という所から出るらしいです。
遠いな(笑)。

さて見果てぬ夢シリーズ、次は何でしょうか?
楽しみですね(笑)。

腰痛持ちさん、こんにちわ。
赤ムツ、そう簡単には釣らせてくれないようです。
先日、腰痛持ちさんから赤ムツについての質問があった時は、既に行く予定になっていました。(笑)
まぁ懲りずに何回かチャレンジしてみます。赤ムツのお馴染みさんの話では、これからがいい時期だそうです。でかいの釣ってみたいですね。

見果てぬ夢シリーズ、ほんとは赤ムツと巨カイワリは別々に取り上げるつもりでしたが、ダブルヘッダーだと勢いで書いちゃいましたね。(笑)
そんなわけで、とりあえず次の目標が無い・・・。(笑)
どれも不漁なので何回かやってみるしかないかな?

こんにちは!のりべんです。
何度かメールさせていただいて、すっかりコメントさせていただいたと思い込んでおりました。遅いコメント大変失礼しますm(_ _)m

カイワリが本当に大きいですね!こうじ兄貴も仰ってますが、これが2枚、3枚釣れたら御の字です!ああ、釣ってみたいです(>_<)

それとアカムツ、なかなか釣らせてもらえませんね。。だからこそ深海のルビーの異名を持つお魚なわけですが、狙った魚はとことん調べ尽くされるumeさんです。手中されるのも時間の問題ですね(^-^)

エサで釣果に差が出やすいのもこの種類の釣りの特徴ですよね。そして鮫がかかりやすいのも…(汗)前回よりも鮫が少なかったというのはポイントによるものなのか、濁りなのか。。何れにせよ、せっかく釣れたお魚は食べられたくないですね(^◇^;)

のりべんさん、おはようございます。
この釣れたカイワリそんなに大きくないですよ。
富士丸ではこれより大きなものを釣ったし、のりべんさんにもあげたあのサイズより小さいのです。なんとなくですが、写真の写し方で超でかいカイワリに見えるのでしょう。
でもそれで治久丸の巨カイワリは嘘とも言えません。なにせ、一匹だけでは評価につながらないですからね。
そんな大きさですが、家内との刺身には十分すぎる量、カイワリのアラはいいお吸い物になりました。

赤ムツですが、特エサがあるようです。
そしてそのエサを買って来いと船長に言われたのですが、家内にあちこちのスーパーを探して、ありませんでした。
結局その話を船長にしたら、買う場所が違っていたとか・・・。(笑)
この特エサ他の魚にも有効のようで、深海釣りには万能かもしれません。
後でお知らせしますね。

特エサの差なのか自分はサメに食われたシロムツ一匹だけでしたが、船長は十匹ほど釣っていたようです。
次はやはり特エサたんまり用意して釣らねば。(笑)
サメに対してはどうしようもないところもありますが、サメ以外がかかったらすぐ上げる。これが一番でしょうね。

また仕掛けも見直しをして再チャレンジしなければ・・・。(笑)

ご無沙汰してます!いつの間にか、深場に戻ってチャレンジしていたんですね♪
ノドグロ、コアラ…底物偏愛者としては気になります(^^)
カイワリは私を嫌いみたいで、伊東のオーシャン釣具から出ましたが0でした。
umeさんみたいなカイワリなら一枚で家族で十分な刺身が取れそう!
あ~食べたい!
秋になりましたら、また金目鯛狙いに行きますから60肩治して、一緒に行きましょう!
メダイのシャッターも、また開けて下さいね(*^^*)
では、また(^^)/

APさん、おはようございます。アカムツはキンメと同じ錘になるのと、お馴染みさんの話では六月頃が一番いいとのことでした。ライトキンメの竿が冬場だけの活躍でなくなります。なんとか釣りたい魚ですね。
カイワリ、ここでは富士丸と少し違う釣り方とポイントに入るので、コアラ、アマダイなどの高級五目になるようです。
カイワリは富士丸のウィリーも楽しい釣り、どちらでも大きいのが釣れますから、また釣りましょう。
そゆえば、APさん、カイワリ釣りででっかい真鯛釣ったそうですね。おめでとうございます。さすがAPさんです。
キンメ、メダイもいいですね。行きましょう。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見果てぬ夢シリーズ 2 赤ムツ、巨カイワリ:

« 見果てぬ夢シリーズ 1 アラ | トップページ | 釣りに行くため・・・(笑) »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ