無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年2月

2015年2月15日 (日)

一週遅れのライトキンメ、さて釣果は如何に・・・

2015/2/14 先週、芋焼酎さん、APさん、ananさん達と行くはずだったライトキンメ。

自分の都合だけどうしても合わず、行けず仕舞でした。

ライトキンメ、どうしてもやってみたかった釣りです。

なにせ、あの高級魚のキンメダイが釣れることも魅力ですが、アマダイ→オニカサゴ→メダイと次第に深場の釣りを覚えている自分にとって、より深場へと興味が湧いてきています。

ちょうど山登りが好きな人が、次第に高く、そして険しい山へ行きたくなる気持ちと同じですかね。

予報では少し風はキツイものの、悪くないですね。

Img_1715

ライトキンメ、暗い時間に浅場に来ているキンメを狙うので出船が早くなります。

浅場と言っても200mですが、昼間だと倍くらいの深さになるようです。
200mと浅いのでタックルも軽くなり、網代 富士丸では錘250号、6号300m巻いてあるリールで出来るのでライトキンメと名付けているようです。

ライトキンメ、色々な地域でやっているのですが、それぞれ微妙にタックルに違いがあり、注意が必要です。

三浦半島 三崎海外港 釣船伊三郎丸は胴
付き仕掛けによるLTライト深海100~400m位のキンメやムツ・メダイ等を主に根魚の五目釣りとなっていて、ライトタックルで直線500m道糸が入ればOKの中深場釣りです。

小田原 平安丸 ライトキンメは錘150号で500m巻いてあるリールならOKとなっています。

千葉南房総布良港  松栄丸は半夜キンメなるものがあって夕方出船、200号位の錘で120mの深さ、これもライトキンメの一つと言えると思います。


さて出船ですが、船着き場にはなんとananさんが自分の忘れ物をわざわざ届けに来てくれていました。

ananさんありがとうございました。


Img_6968ananさん撮影

出船です。まだこの時バタバタと準備しています。(笑)

Img_9122ananさん撮影

今回、ライトキンメは250号の錘ということで、竿がありませんでした。
前回、皆で行こうとした時、買ってきたDEEP IMPACT TERU STYLE RT-0 いよいよ出番です。

Imgp9844

仕掛けは富士丸のブログを参考に、詳細は別途参考資料より自作です。
イカタンは船の支給、6本針の仕掛けで、キンメにしては短いのですが、慣れない自分はどう準備していいか、隣の人を参考にしながらの準備です。

Imgp9847

夜が明けてきました。
自分の席は右舷みよし側です。

Imgp9848_2

左舷には道具からして深場釣りをやってそうな方、

後でお聞きしたところ、今回が初めてということでした。

やはり、長い仕掛けは慣れないと言いながらうまく流されていたと思います。

Imgp9850_2

右舷中央の方は道具からして深場釣りをやってそうな感じ、仕掛けも10本針です。

Imgp9853_2

ポイント到着、他の船も集まっています。

船長の「やっていいよーー。底から5m上げてねー。」の声で隣のベテランさんが錘をポイッ。

パラッパラッと仕掛けが気持ちよく飛んでいきます。

隣の自分は仕掛けが絡みそうな気がして、錘から順に仕掛けをソロソロ落していきます。(笑)

一回目の投入は空振りでした。

竿の曲がりに注意・・・。

Imgp9856_2

2回目の投入、

仕掛けの周りに絡みそうなものはないか点検し、ベテランさんの真似をして錘をポイッ。

パラッパラッと仕掛けが飛んでいきます。
へー、気持ちいいじゃん・・・。(笑)

底取りして5m巻き上げ、待ちます。

ギュンギュン、ホェッ? き、来たぞ?? どしたらいいんだ?

と、いうのも、本には追い食いとか書いてあるのだけど、実際どうなのかわかりません。

明確な当たりが竿先に出ます。

この時、丁度、中乗りさんがメダイの準備に通りかかりました。

「引いてるけんど、どしたらいいの?」

「30cmほど送り込んでみたら? 次のがくっから。」
「それと、上げたらこの回は下ろせないからねーー。」

なるほど、お祭り防止に再投入無しなんだ・・・。

スプールに指を当て、クラッチ外して送り込みます。

・・・・ギュンギュンッ・・・

またまた、クラッチ外して送り込みます。

・・・・ギュンギュンッ・・・

最初の魚が引いてるのか、送り込んで新しい魚が引いてるのか全くわかりません。(笑)

とにかく引いた後、引きが弱まり、送り込むとまた引きだすという感じ。

ど、どーしよ、この後・・・。あげていいのかな?

なんて考えていると、船長が「umeさん、釣れてるのなら上げていいヨーー。」

途中でギュンギュン引き込みます。

Imgp9857_2

150m、100m、50m、楽しい時間です。

20m、10m、0mとなって道糸引張ると、赤い魚が1匹、2匹、3匹、やったー、キンメです。

釣れたばかりは魚体が白い。本では知っていましたが、現物は初めてです。

Imgp9862_2

周りでも釣れているようですが、この後暫らく当たりがありません。

隣のベテランさんは自分が3匹釣った時、1匹だけでしたが、その後もムツを釣ったりキンメを追釣とポツポツ釣っています。

Imgp9865

ここで、船長登場。
船尾で操船しながら、錘をポイッ。竿から離れて操船し、錘は自由落下状態。
底付いたと思ったら、船長飛び出してきて、底取りするやいなや、かかったと言いながら、キンメ釣ってまた操船・・・。
この間、何分かの早技でした。
やるなー船長。(笑)

Imgp9867

またまた、中乗りさんと話す機会があり、

中乗りさん曰く「しょーーがねーなー、10本針に1匹ずつしかかかんないでわねーー。」

自分の3点掛けはなんだったの??(笑)

そうこうしているうち、ギュンギュン・・・、来た来た・・・。(笑)

30cmほど送り込みます。

ギュンギュン・・・

よしよし、中スピードで巻き上げ開始です。

・・・・・・あ、ついていない・・・・。

途中で外れたのか、送り込んだ時外れたのかもわかりませんでした。

そしてまたまた、ギュンギュン、今度は待たずに上げます。

ここでやっと4匹目のキンメを上げることができました。

そして船長の「コマセ行くヨーー。」の声でライトキンメは終了となりました。

Imgp9872

メダイ釣りの準備です。
仕掛けは自作の6m、2本針、DEEP IMPACTでやってみようと思っていたので下ろしてみましたが、自分のメダイの釣り方は誘う釣り、DEEP IMPACTは置き竿タイプなのかしっくりきません。
メダイ釣りも一般的には置き竿が多いのでしょうが、自分は誘いたいということでマッドバイパーに交換です。

最初、やたら小さい当たり、ここで釣れるオオアジの当たりでもなく、むろんメダイの当たりでもありません。

不思議に思って上げてみると、赤い魚体・・・。
なんとキンメでした。
しかも20cmもない小キンメ・・、

リリースサイズだなと思いながら上げようとすると海面でバレて戻っていきました。

気を取り直して底取りして15mまで探ります。
12mでモヤッとした前当たり、間違いなくメダイです。
このあとグーンと本当たり、かかりました。

今日のメダイ調子いいかも、と思いながら上げてくるのですが、少し軽めです。

上がってきたのは40cm位の小メダイでした。

調子がいいと思っていたメダイですが、この後さっぱり・・・。

魚の気持ちはわからんものです。(笑)

最後に隣のベテランさんがいいメダイを上げたところで終了となりました。

Imgp9877

なんとなく、釣りきった感じがしない、掴みどころのない釣りでした。

釣果がイマイチなことと、ライトキンメがまだわかりきっていないこと、そしてメダイもイマイチだったことが効いているのかな?

Imgp9878

今日の釣果です。
やはりキンメは嬉しいですね。

この後メダイの刺身、漬け、アラ煮、キンメのシャブシャブ、雑炊、煮付と楽しんでいます。

またまた、釣りに行きたくなってしまいます。

Dsc_2277

今日の潮汐です。

20150214tide

2015年2月 1日 (日)

メダイマスター??

2015/1/31 またまた、富士丸、メダイ釣りの話がまとまり、行くことになりました。

最近、メダイ釣りが続いていて、1月は2回目、7月から富士丸で釣り始めて、メダイだけで5回目です。お陰でかなり釣れる釣りとなり、少々自信ありのumeです。
船長に予約する時も思わず・・、「船長、皆がまたメダイ行きたいって言うから、メダイお願いします。自分はちょっと飽きちゃってライトキンメやりたいんだけどね・・・。」なんて出てくる始末…。(笑)

メダイだけではということで、オニカサゴ主体の根魚五目も後半釣ることで予約しました。

しかし、前日は東京が雪・・・。まずは東伊豆に来れるかが問題・・・。

心配はしていたものの、雪は雨と変わり、それもかなりの量が降ったため、問題無く集まることができました。

01_img_1714

今回は5人で出る予定だったのが、芋焼酎さんが風邪で急遽お休みとなり、ananさん、APさん、腰痛持ちさんと自分の4人になりました。

まだ暗い中を船は出ていきます。

02_imgp9821

まずは腰痛持ちさんがバナナにお願い・・・。

03_1422688185768_3写真 APさんより

そしてAPさんもバナナにお願い。

ananさんと自分はしませんでした。
これがひょっとしたら運命の分かれ道だったかも・・・?

でも、皆が同じ運命とは限りません、ananさんと自分でも・・・。

04_imgp9827

まずはメダイポイント、180m位の深さに落して15m上の棚で合わせます。

自分の釣り方は棚待ちではなく、下から誘い上げていき、食わせる釣りをしています。
グーッと誘い上げているうち、モタレのような前当たりがあれば、底からグーンと本当たりが出ます。しかし今回は全く当たりがありません。
「ヤバいかな?ひょっとしてメダイ元気ないのかも?」
回りも全く釣れていません。

何度かやっているうちananさんが小さいメダイをかけます。
底から13.5m位とか、こちらもそこら辺を重点的に誘うのですが、反応ゼロ・・。
今回、餌オキアミは無く、コマセに使っている物をつけるか、サバタン使用です。
コマセが無くなった頃を見計らい、上げてくるのですが、針に付けたオキアミはそのまま、サバタンもしゃぶられてもいません。
ananさんはしゃくり上げてきたら食ったということなので、自分と同じやり方・・。

そのうち、ananさんが2匹目、前よりいい型を取り込みます。
ヤバイ・・・、少々焦り・・・。(笑)

後ろで釣っている中乗りさんも全く当たり無しです。

05_imgp9829

釣れないから遠くを見る。(笑)
丹沢山系の頂上付近は昨日の雪でしょう、真っ白です。
(景色は見てますが、手は動かし続けています。)

そのうち絶好調のananさんは3匹目も追釣。

06_imgp98320001

ananさんから、APさんかかったみたい。
見るとAPさん、貸し竿、ぐにゃりと曲げてファイト中。
そしてまずまずのメダイをGET。
前回、メダイの顔を見れなかっただけに良かった、良かった。

と、言う訳でメダイ飽きちゃったと言ったのが聞こえたのか、自分は釣れませんでした。(笑)

07_2015013108080000写真 腰痛持ちさんより

メダイは結局4匹上がっただけでしょうか・・。周りを全て見た訳ではないので不明ですが、活性は低かったようです。

そのせいか、船長はオニに移動する前に80m位のところへ移動しました。
まずはananさんが熱帯魚のようなシキシマハナダイを連釣。
そして中乗りさんがいい型のキダイを釣ります。
サバタン付けていた自分もオキアミにとっかえキダイGET。
その後ももう1匹追釣です。

12_img_5602_2写真 ananさんより

さて後半戦、オニですが、またまたananさんオニGET、最初は小さいのでリリースしていましたが、2回目はなんとW。
遊漁船ではよくあるのですが、大爆釣の隣の大貧果(私、隣・・・)、頭の中をチラチラ・・・。(笑)

08_1422668712032写真 APさんより

数の次は大きさ・・。満面のドヤ顔です。(笑)
いかん、天下無敵状態にしてしもた。(笑)

09_1422668720785写真 APさんより

腰痛持ちさんもGET、腰痛持ちさんはオニを3匹GETです。
それ以外にも大きな当たりがあったようですが、切られてしまったらしい、残念。

10_1422668887055写真 APさんより

APさんにも来たぁーー。

11_img_0526写真 ananさんより

で、私、超大物とファイト中・・。
マッドパイパースティングのこの曲がりを見よ。(笑)
かなりドラグをきつくしてあるのですが、ズルズルと引きだされ一進一退。



さめですた・・・・・。

13_img_8490写真 ananさんより

楽しい時間もあっという間、帰る時間です。
APさんと腰痛持ちさんはオニの棘をチョキチョキ。
毒が怖いですからね。

14_imgp9837

APさんの釣果、狙いのメダイ、オニカサゴGET。立派です。
そして、大きなキダイ、これもいいなー。


だれかが、「クーラー買ったら??」って言ったか、言わなかったとか・・。(笑)

15_1422691470439写真 APさんより

自分の釣果です。キダイ2枚、オニ2、鯖2でした。

メダイマスターの看板、ガラガラと音を立てて仕舞いました。(笑)

17_dsc_2261

しかしキダイ、綺麗ですね。

18_dsc_2267

オニもいいなー、考えれば、カヤックで出れなくなって半年ほど見てなかったな・・。
六十肩、早く治らないかな・・。

19_dsc_2269_2

今日の潮汐です。

20_20150131tide

全てが終わって家に帰ってからメールが・・・。
港に忘れちゃったようです。
ありゃりゃ、ボケてきたな。(笑)

16_img_0154_2写真 ananさんより

皆さんお世話になりました。
また行きましょう。

芋さん、元気になったらまた行こうね。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年5月 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ