無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« イカブリ仕掛け | トップページ | 二度目の夜イカブリチャレンジ、食えるのはブリ刺しかイカ刺しか・・・・ »

2014年11月25日 (火)

メダイ、真鯛、そしてイカブリ・・・その釣果は??

2014/11/22 3週間ほど前だったでしょうか? 家内の携帯に電話が・・・。

内容は娘夫婦がこちらに遊びに来るとのこと。

これは魚を釣って歓迎せねば・・・ということが発端で今回の釣りになりました。

いつもの富士丸でメダイと、そして、できたら真鯛を釣りあげ、楽しい食事でもしたいなぁと予約をしたのです。

予約して次の日だったか、突如富士丸のメニューが変わり、夜イカブリというメニューに全てが変わっていました。自分の予約した土曜の午後だけが真鯛五目となっていて、なんとなく変???

初島のブリ釣りが始まった瞬間でした。
この辺のブリはイカを釣ってそれを餌に釣る方法らしく、かなり興味をそそる内容でした。

船長に真鯛五目のまま、リレーでイカブリ釣りたいと話したのだけど、1人じゃ照明代も出ないので駄目とのこと。
すっかり諦め、真鯛五目で出る予定でした。

しかし、そこに船長からの電話、常連さんが二人、真鯛五目と夜イカブリをリレーでやるからどうですかと・・・。

運良く、豪華リレー釣りに参加できることになり、行ってきました。
そしてこの釣果です。

・・・・・、イナダとキントキ、そしてゴマサバです。(笑)

しかも、このうちイナダは中乗りさんから、キントキは船長からのいただき物、がっちり裾をキープした釣りでした。

ではそろそろ本題へ・・・。(笑)

Dsc_2161_2

12:26常連さん二人と自分、そして中乗りさんと船長、合計5人の釣りの始まりです。

Imgp9651_2

いつもは中乗りさんは乗らない富士丸ですが、ブリを釣るのと夜ということからか、中乗りさんがいます。自分は左舷のやや前、後ろは中乗りさんです。
常連の若い人は右舷の真ん中、年輩の方は右舷の私と同じ位置になります。
船長も見えませんでしたが、どうやら釣っていたようです。

Imgp9652

一緒になった、常連さん、15年ほど富士丸に通っているとのこと、出発前の船長さんとの話も楽しそうでした。

Imgp9653

波はなく、天気も快晴、富士山がくっきりです。

Imgp9654

まずはメダイのポイントへ、使う竿は悩みに悩んだ挙句、剣崎80号です。前回のメダイ釣りで大活躍、今回はもう少しやり取りの楽しい剣崎50号で来るつもりでしたが、ブリを釣った竿は80号これしかありません。メダイとブリの兼用でチョイスしました。

ポイントに到着、前回と前々回の釣りからしてもここでなんとか釣りたい、いや、メダイだけは釣れるだろうと思っていました。

しかしポイントで何度か落として誘うもまったく当たりがありません。

それでもあーだ、こーだと色々やり方をやってみたのだけど、1時間ほどで船長が「釣れないから、真鯛ポイントに移動だよーー。」
えーーっ、船長早すぎ??  も少しやりたいと思ったのですが、そういえば予約した時、ちょっとやったら真鯛行きますとか言ってたな・・・・。

メダイは予定外の早上がりでした。全員釣れませんでした。

Imgp9656

さて。真鯛ポイントです。
といっても、前回、前々回の真鯛ポイントではなく、どちらかというとハナダイ、カイワリポイントの近く、ひょっとしたら同じ位置かもしれません。
深さも前回のように45mから10m下げて45mまで戻す釣りではなく、上から50mときっちり降ろすだけ。

Imgp9659

初島が近いポイントです。海はまっ平ら・・。(笑)
今回、実は真鯛用の竿にするか、リーディングネライにするかこちらも迷っていました。
実は海攻 真鯛リミテッドS300が真鯛釣りでは試してみたい竿だったのだけど、イナダがかなり上がる話と、連さんたちとのお祭りを考えると、リーディングネライが最適じゃないかなと思われたのです。胴調子だけどパワーもあるからリーディングならイナダなどは早くあげられるのかなと・・・。
結局、海攻をチョイスしました。

Imgp9661

しかし、真鯛どころかイナダさえ釣れません。
常連さんが、「あの太陽が山にかかった時釣れるんですよ。」
確かに、自分が真鯛釣った時もそんな時間でした。

と、そんな話をしていた時、中乗りさんが0.8kgの真鯛を釣り上げます。
しかし、後が続かない。他の誰も真鯛を釣ることはできませんでした。

Imgp9663

やがて、常連さんが言っていた時間です。
立て続けに若い常連さんがイナダを釣りあげました。
どうやら真鯛タイムならぬイナダタイムのようです。
そして自分の横の常連さんも・・・。
中乗りさんも釣れてます。

あれれれれ? 自分以外は釣れてるよ??
ちょっと焦りが・・・。(笑)

そして少しオキアミを巻き上げようとし動かした瞬間、イナダがかかりました。
竿の海攻はおそらく30号クラスなので、イナダがかかるとUの字状態。(笑)
しかし、よく曲がるけど、強い竿だなーと感心。

最終的にバタバタとこの時間だけ食いまくり、隣の年輩常連さんはワラサ1本、イナダ2本、中乗りさんは自分のタモ取りしながら2~3本かな。若い常連さんも同じ数のイナダを上げたようです。自分はここで2匹を上げただけです。

最後にイナダでは無い、引きが自分に来て、もしや真鯛と思ったのですが、上がってきたのはゴマサバでした。

Imgp9667

イナダが終わって、真っ暗になってきたとき、照明の準備が始まり、いよいよ夜イカブリのはじまりとなりました。どの船も照明をつけ海を照らし出します。

Imgp9668

生きたイカは釣れないため、冷凍イカが用意されます。

Imgp9673

このイカ、丸ごと使うかと思いきや、まな板と包丁が用意され、縦に真っ二つにイカを切ります。この切り方が真ん中でないと、片側は使えるえさに、片側はエンペラやゲソがバラバラ状態になってしまうので要注意です。

仕掛けは船長の手作りですが、良く出来ていて、エンペラからゲソまでは蛍光のロープ?
エンペラ部分は胴体とエンペラどちらも貫通で針を刺し、バラバラにしないようにします。
ゲソも胴体に一度通した針をゲソに刺して、ゲソだけ取られないように刺す方法。

最初は餌を無駄にしないため、半分ずつ使うのかなあと思いましたが、頭の部分の錘とバランスが取れているのか、半身がいいのか、かなり泳ぐ形になっています。海にほうりこんだとき、ひらひらと落ちるのは良く考えられた仕掛けだと感心しました。

Imgp9678

テンビンも超巨大、(笑)たしか錘は120号。

Imgp9679

まったく釣れません。(笑)
時たま、竿先にグングンというかじっている当たりが来るのですが、がーーーん、と竿を絞り込みません。下から8mだったかな? 海底まで仕掛けを落として、巻き上げそこでひたすら待つ。そうです、後で気が付いたのですが、イカブリは動の釣りでも、静の釣りでもない、待ちの釣りだったのです。

気が付けば、中乗りさん、寒いからか船内から竿見てる。(笑)

Imgp9684

寒いですが、釣っていると面白いものも見えます。
イカが海面まで上がってくるのです。そこらを泳ぎまわり、イカ同士でくっついたりしています。そんなに多くいるわけではないのですが、多くのプランクトンかな?細かいのがいっぱい泳いでいる中にイカも、そして魚も飛び跳ねます。

Imgp9687

次第にわかってきたことがあります。
一つは新しいイカを入れると当たりがあるが、長続きしない。
いつまでも古いのを付けておいてもブリは来ない。
最初、肝も半分に切れるので、この匂いに誘われて食いつくのかなと思いましたが、切りそこないの肝の無いイカでもかじりに来る。

いったい何なんだろう? 長く漬けていてイカが白くなると駄目なのかもしれません。

伊東、網代、熱海の夜景が綺麗です。

Imgp9689

最後近くまで、まったく誰も釣れませんでしたが、若い常連さんがイナダクラスのブリ??を上げたのをきっかけに、中乗りさんがブリ、そして最後までお互い釣れませんねーと声かけていた年輩の常連さんも上げたようです。

若い常連さんはもう一度大きな引きこみがあり、かなりバトルしていましたが切られたよう。

自分は最後まで竿はグングンまで引くものの、最後の引きこみがありませんでした。

ここでもう一つ、気が付いたのは、自分以外の常連さんたちはタックルが無く、貸し竿でやっていたようです。中乗りさんの竿もそうでしたが、貸し竿も胴調子の竿、それに引き換え、自分の剣崎の竿は先調子。
腕の差もかなりあるのかもしれないが、イカを食いこますのに先調子の置き竿は、竿がはねてブリが警戒するのでは、食い込んだ後も跳ねがきついから離すのではないかと・・・。

この辺を中乗りさんに聞いてみると、まさにその通りだとのことでした。

ワラサもブリもオキアミで釣っていた経験が、逆にマイナス効果だったようです。

待ちの釣り、イカブリをやるチャンスは少ないですが、次はこの経験を生かしたいですね。

Imgp9695

今、こうして振り返ってみると、真鯛釣りの竿も今回については間違っていたかもしれません。真鯛釣りと思って静に徹した分、イナダへのアピールは少なかった。
リーディングネライのような真鯛、イナダどちらもこなせるようなチョイスが良かったのかもしれません。

ブリも手持ちでやるのも考えましたが、最初のかじりの時に反応してしまう自分が見えたのでやりませんでした。これも一回くらいやっておけば、それなりの経験値になったかもです。

いゃぁ、色々考えさせられる釣りでした。

なお、船長にいただいたキントキは昆布締め、皮と肝と胃袋はネギポン酢あえ、荒はお吸い物としていただきました。中乗りさんからいただいたイナダは照り焼きの漬け汁とともに冷蔵へ、自分の釣ったイナダは刺身と漬け丼に、荒は煮付けになりました。この刺身脂がすごいのりです。めっちゃうまい。そしてゴマサバは炙り締めサバになりました。

食材釣りに協力していただきありがとうございました。
みんなと楽しい食事になりました。

« イカブリ仕掛け | トップページ | 二度目の夜イカブリチャレンジ、食えるのはブリ刺しかイカ刺しか・・・・ »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

umeさん、こんばんは。

待ってました♪の投稿です~(笑)

まるで盆と正月がいっぺんにきたような豪華狙い(^o^)
おせちも良いけどカレーもね♪って感じの結果(^w^)
最高です!


イカブリは動の釣りだと思ってましたが、待ちの釣りなんですね。
結構意外でした。

待ち続けて待ち続けて、、
一気にクライマックスが訪れる!
アドレナリン出まくりのファイト、わたしも体験してみたいです(^o^)/

5回、隅々まで読み直しました。
後、足りないものは・・・。

毎回、先駆者ご苦労様です。
後を追う者に貴重な情報ありがとうございます。

まるまつこうじさんも参加なら、これで最低人数は確保ですね。(笑)

マグロ釣りする気は起きませんが、ブリはやって見たいです。(^^)

昼からやるなら、真鯛よりもメダイを狙いたい。
メダイ、見かけ以上に美味しくて好評でした。

さて、もう1回、読み直しです。

集魚灯を着けて釣るということはブリが集まった魚やイカを追って上の方まで浮いてくるんでしょうね。

とは言っても、日々それぞれでそんなにいつもいつも上手く行かないことぐらいは私でもわかりますが、
私のようにもう少し粘ってよっ!とか
逆に、こんなところで釣れるわけないでしょ、さっさと場所変わってよっ!
とか、声にしては言えないくせに心の中でグジグジと言う人間には
やはり向かないですね。

昼間のポカポカ陽気からは想像できないほど
夜の海って寒いんですよね。
お疲れさんでした。

お疲れ様でした!船釣りもむずかしいですね。ブリはいつか釣ってみたい!!年末に行こうかな(笑)

こんばんは!のりべんです(^-^)

待ってました〜。じっくりと読ませて頂きました。

ガツガツって反応があったあとシーン…は悔しいですね(>_<)
そのあと自分で原因がわかっちゃうと尚更です。惜しかったです。。

竿のチョイスって釣果を左右しますね。
特に置き竿は要注意なのはアマダイもですね。通常は73調子がメインですが、サブは置き竿専用ということで64調子の柔らかめを持参するようにしています。
(もっとも、最近は深場中心なので二本ともかためなんですが(^^;;)

そのイカブリ仕掛けはあのumeさんポイントでも発揮しそうな気がします!
次回が楽しみですね(^o^)♪

まるまつこうじさん、こんばんわ。
お待たせでーす。(笑)
超豪華リレー釣りアンド貧果リレーですた。(笑)
まぁ、こんな釣りを狙うとこんなものです。
でも、面白いですよ。
待ちの釣り、実は待ってないのです。書ききれないので書いていませんが、それなりに忙しいのです。書けてないところで努力して、そして待ちの釣りなんです。すんません、またじらしています。
そしてアドレナリン・・・となれば良かったのですが、あなどれんで終わりました。(笑)

ananさん、こんばんわ。
何度も読んでくださってありがとうございます。
ananさんのここが凄いと思います。
そこまで読むかぁ?ってところまで読んでいますね。
おそらく読んでいるのではなく、海に逝っちゃってるのでは??(すまん誤字です。)
こちらの下手な表現でも真実がうまく伝わればありがたいです。
行きましょう、ブリでもメダイでも。あれ?一回書いたよーなフレーズ・・・。(笑)

五目漁師さん、こんばんわ。
確かに、今回のように、自分より常連さんがいると、自分は下位になります。そんな意味ではないにせよ、メダイのように早すぎたりするとアレレとなりますよね。でもそれでもそんなもの、お客は自分一人ではないですから、乗合はそんなものです。
かなり、ボーズに近い釣果でしたが、それでも楽しめました。
次はこーしよ、あーしよと考え中です。
そして何より、今回一緒に乗っている人たちがいい人達だったことです。
やはり釣りは楽しくないとつまらないですね。

アカフォレさん、こんばんわ。
アカフォレさんも興味ありますか?
そんなに遠くない時期に再チャレンジするかもです。
一緒に行きますか?(笑)

のりべんさん、こんばんわ。
うーーーん、くやしかったです。
もう少し引きこんでくれたらと思います。
でも、見ているとわかります。
先調子は合わない釣りだと、これはやっぱ残念でしたね。
でも釣り人もやり方下手でした。
竿なんか関係なく釣る人もいますからね。
まだまだ、小僧です。
今まで先調子の竿がお気に入りでしたが、この年で胴調子の良さがわかりかけたところてす。
のりべんさんの釣りで深場を気にするあまり、固めを用意しているのは正解だと思いますよ。大物いますから・・・。

こんにちは。

すごいなー。
昼間出発して夕マズメを釣って、それから夜のブリですか。

昼間出発だと、電車組の私でも行きやすくていいな。
こんな大物と格闘してみたいものです。

こんばんは。
興味深く読ませていただきました。

ただ私の友人も初島沖のイカブリは毎年楽しみにしてますんで、聞いている話と少し違うようですね。

餌は、ヤリイカの一匹付です。
その場で釣った生きたヤリイカの方が断然食いは良いそうですが、大概時間がないので、スーパーで買って持って行くんだそうです。
特売品の小さ目の奴で十分だそうです。
親針はエンペラの中心、孫針はロウトに刺すんだそうですが、特売品はイカの長さがまちまちなので、遊動式にするんだそうです。

棚は底から9~10m、やはり置き竿でじっと待つ釣りなので、長めの柔らかい竿がいいそうです。

友人も今年はブリクラスが少ないと嘆いてました。
まだ5k弱のワラサまでしか釣ってないようです。

ワラサならわざわざ初島沖まで行かなくても、今年は結構釣れましたし、、、10k以上のブリも大津沖に入って来てますし、うまくいけば午前アジ船の料金で釣れます。

ウィリーのコマセシャクリandメダイは、もう今年は終わってしまったんですか?

芋焼酎さん、おはようございます。
そうです、午後の船って、東京湾でも結構あるのですがあまり好きじゃなく避けていました。なぜかというと朝間詰めが出来ないからなんですね。
そんなこと言いながら、金沢八景などは8時頃出ていくのだから朝間とはいわないか・・・。(笑)
でも最近分かったことは夕間詰めも悪くないことですね。
特に真鯛は午後が良さそうです。午後だと来るのものんびり、帰りは家につくのが8時位になりますが、それもいいのかもしれません。
是非一度お試しあれ。(笑)
ただ、豪華リレーはお金もかかるし、釣れなかった時のダメージも倍以上・・・、これは予想つきませんでした。(笑)

腰痛持ちさん、おはようございます。
夜イカブリ、自分も行くのにあたっていろいろ調べました。
本物のイカを釣るのもあるし、冷凍イカでやることも、中には活きイカを買ってきて使うところもあるようですね。初島周りで一緒に釣っていても少しずつ違うようです。
自分がネットで調べた仕掛けも誘導式でした。
しかし、船では固定式、ひれは使っている冷凍イカが中イカとカマス袋に書いてあったのでスルメの中サイズと均一なことからだと思います。
半分に切るのも肝の臭いが出たり、泳ぎやすいことも考えてかなと思っています。
イカもあまり大きくないのが良さそうですね。
それから、針のさし方はロウトに刺すのが活きイカは一般のようです。
しかし、ブリがかじるとゲソだけ持っていき、活きイカでなくなることが多いようです。冷凍イカは元々死んでいるのでロウトにこだわる必要も無く、胴体を縫いざししてゲソに通すやり方をしていました。これだとゲソだけ持っていかれることはありません。但し、活きイカではないので食いが悪いというのもあります。(笑)
最初の頃、いい型が上がったようですが、今はワラサが多いようです。
そういう意味ではどこでも釣れるなら、近場がいいですね。

ハナダイ、カイワリの件は12月に行くのかなと思っていましたが、今はその話が聞こえてこなくなったので行かないのかもしれません。
特に富士丸の宣伝がイカブリ一色になっているので余計にハナダイカイワリ霞んでしまったのかな?

もしハナダイカイワリ行くことになりましたら、連絡入れますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メダイ、真鯛、そしてイカブリ・・・その釣果は??:

« イカブリ仕掛け | トップページ | 二度目の夜イカブリチャレンジ、食えるのはブリ刺しかイカ刺しか・・・・ »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ