無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« ピンチ転じてチャンス!? あたふた釣行 | トップページ | 釣りに行けない時の楽しみ »

2014年10月13日 (月)

あたふた釣行 料理編

2014/10/12 昨日、そして今日と風が強く、ウネリが出ている伊豆多賀です。

昨日も海が悪いので長浜に来ていたゴムボ出られなかったのでしょう。11時近くになって待ちきれなくなったのか、3艘同時に出てきましたが、25m水深のところで釣り始めたようです。本来ならボートが溜まる場所ではないので、出たものの、それ以上行けなかったのでしょう。

カヤック、ゴムボ、手漕ぎ、なんでも無理は禁物、安全第一ですね。

Dsc_5428

こうやって、写真を撮っている時、大型の鳥が湾上を旋回しているのをよく見かけます。
ここの住人ですね。(住鳥?)
精悍そうな鳥なので鷹だとばかり思っていましたが、バチ型の尾からするとトンビのようです。
伊豆多賀には、カラスも住んでいます。トンビの方が大きいのですが、そのカラスによくいじめられています。(笑)

Dsc_1560

まずは鯖、うまく皮が剥けたものは炙りシメ鯖、うまく剥けなかったものは単なるシメ鯖となりました。家内の評価は炙りシメ鯖の勝ち。(笑)

この皮剥ぎ、なかなかうまくできません。なにかコツがあるのでしょうか?

Dsc_1585

真鯛の刺身、自己暗示にかかっているのもあるのか、真鯛の味は格別です。

Dsc_1588

皮と小葱のポン酢和え、刺身作ったら作らにゃ損です。
ただ、メダイの食感のほうが良かったですね。

Dsc_1618

小さな真鯛の頭でお吸い物です。
潮汁もしたかったのてすが、メダイでやったので吸い物になりました。
三つ葉が欲しかったなぁ・・・。(笑)

Dsc_1621

刺身作れば、漬けも絶対ですね。
品のいい漬けになりました。

Dsc_1647

当然のごとく、真鯛のアラの煮付け、身をほじくり出すのが楽しみです。

Dsc_1648_2

アクアパッツアに続き、家の定番、五目あんかけです。

今回は以前、のりべんさんに頂いた、キクラゲの投入です。
この干しキクラゲ、戻し方を知らなかったのでインターネットで検索。
どうやら水の入った鉢に入れて電子レンジで1分間チンで良さそうです。
分量を多めに戻したら、キクラゲ主役の五目あんかけになりました。(笑)
しかしキクラゲの食感もいいですね。

肝心の真鯛の味はソフトであんかけの味に染まり、何とも言えない美味しさでした。

この五目あんかけ、面倒だと思われる方は市販の五目あんかけのレトルトで済ませると簡単。レトルトを湯で温めてかければ簡単です。

Dsc_1644

3日間かけて、アラ以外、完食です。
ごちそうさまでした。

« ピンチ転じてチャンス!? あたふた釣行 | トップページ | 釣りに行けない時の楽しみ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ありゃ、もうほぼ完食ですか?

umeさん家も我が家と同じでご夫婦の二人暮らしだと思いますが
記事も食べるのも早いですね。
これで台風が行けばまた直ぐに出られますね。

鯛の漬け丼がシンプルで美味しそうです。
私が作るとどうしてもごちゃごちゃになってしまいますが。

これだけ作ると特に汁物などは作る順番で悩みませんか?
暖かいのをすすりたいし、煮物は酒と同時進行したいし・・・で。

私は今回は息子の自宅まで行き出張料理でした。

こんにちは。

ここにも釣り○○がいますね(笑)

釣行記と一気に読ませてもらいました。
富士丸一人仕立てをしてくれるなんてずいぶん太っ腹だななんて思っていました。
漁をしているところに同船しているんですね。

アラ汁とアラの煮付け美味しそうですね。
2日酔いなんでアラ汁がそそります。
自宅待機はストレス溜まります。

五目漁師さん、こんにちわ。
煮付けを除き完食です。(笑)真鯛釣りの釣行記、実は夜の2時から書いていました。最近、遅まきながら2回目の五十肩で腕が上がらず、そして痛くて万歳しながら寝ていたのですが、起きてしまったというところです。(笑)
真鯛だったせいか、売り切れ早かったですね。誰にも分けずにあっという間でした。ただ、食事毎に家内と二人で「苦しい、食べすぎたね。
」と言いつつ、次の食事も食べすぎだったことは言うまでもありません。(笑)
完食が速かった理由として、少し体をいたわろうと、夏よりお酒をやめています。どこか悪いのかというとそうでもないのですが、年に一回か何カ月か断つことにしています。そのせいなんですかね?(笑)
おかげさんで作る順番は悩みませんでした。
しかしソロソロ美味しいお酒もいいですね。今週くらいでまたやり始めるかな?(笑)

buruさん、こんにちわ。
富士丸のブログばかりになっています。
楽しいのはやはり、自分だけでも出してくれることです。
メダイにしろ、真鯛にしろ、仕掛けが6mや10mの物を東京のコミコミ遊漁船でやり始めるのは自分には無理だったでしょうね。ハナダイ、カイワリの時に同乗者が1人おられた時もありましたが、それ以外は1人です。船長さんも大船長さんも自然と溶け込める人なので、自分にはちょうど合っている船だったのだと思います。色々な釣りを覚えて、カヤックなどに応用したいですね。
自分の家で魚を釣ると煮付けは必ず家内が、それ以外は大体自分がやるパターンが定着しています。お吸い物は自分が好きだから作るのですが、そのほかにも料理の種類を覚えたいです。それとやはり、五目漁師さんや世姫亜さんまでいかなくても、もう少し綺麗に作りたいですね。数こなすだけでは駄目みたいです。(笑)

おはようございます!のりべんです(^-^)

いやいやマダイ料理は華やかでかつ、本当に旨そう…。
赤と白…うっすらと脂で光る様がお味を想像させます。。
そして漬け丼!蕩けるような旨さに違いありません!
これぞ釣り人の特権ですね(^o^)♪

『潮汁もしたかったのてすが、メダイでやったので吸い物になりました。』
こちらはキダイでやりましたが、絶品だったんじゃないでしょうか!?
って、あれ?キダイでやったのが『潮汁』なのかな??
(潮汁と吸い物の違いって塩のみか、だし入りの調味料かの違いですよね?(^^;;

マダイも食べたいんですが、テンヤもまだ始めたばかり。。
まだまだ食べれそうではありません(笑)


umeさん、こんにちは!
釣行記アップ早い〜、
しかもマダイ凄いッスね。。。
この日をわくわくしながら辛い仕事にも耐えてきました(泣)
でも、安全第一ですよね。先輩方の適切な判断で危険な海に
出なくて済みました。ありがとうございました。
いや〜マダイ料理憧れますが、〆サバの炙り、私も大好きで
よくやります。薄皮は剥いだほうがいいのですね。
そのまま炙ってました。だから焦げ目がつかなかった事に
気がつきました(笑)
umeさん、何かとお気遣い誠にありがとうございました。
今後も何卒よろしくお願い致します。

のりべんさん、おはようございます。
いつもコメントありがとうございます。
急きょ、決まった真鯛釣行でしたが、こんなドタバタでもない限り、行こうと思わなかったと思います。なぜなら、難しそうではないですか?真鯛はもっとうまくなってからというのが、根底にあったのだと思います。
しかし、やってみれば、これほど面白い魚とのやりとりの出来る釣りは無いかもと思えてしまいます。釣って楽しく、食して美味い、いい魚ですね。
ただ、料理方法を知らないため、ほんとに美味しく食べれたのかは疑問です。(笑)もっといろんな料理方法覚えないと駄目ですね。
潮汁と吸い物は、のりべんさんが言うとおり、塩加減のみか、出汁入りかの違いです。潮汁は塩加減のみなので、魚の特徴が引き出せますが、塩加減が絶妙でないと美味いと言えなくなるところがありますね。
カヤックでテンヤは面白いですよ。自分もまだテンヤで真鯛は釣っていませんが、伊豆多賀でもポイントはありそうです。頑張りましょう。(笑)

COZYさん、おはようございます。
自分だけ安全でパッと行ける富士丸に行っちゃってすみませんでした。

COZYさんの気持ち痛いほどわかりますよ。
待ちに待った釣りでしたからね。しかし、こんな時こそ我慢できるというのが、すごいところだと思います。今まで自分は我慢できず、何回か痛い目にあっていました。そんな時って無理して出ても、釣りにくいわ、波が怖いわ、風で流されるわです。

炙りシメ鯖、自分も失敗があります。
最初は炙ってから切ろうとしたら、グチャグチャでした。(笑)
まさか、刺身状態にして炙るなんて考えもつきませんでした。
そこで、アルミフォイルに刺身を載せて、バーナーで炙っています。
アルミの上だと皿に戻すのも楽ですからね。

今週は用があって行けそうもありませんが、皆さん都合が良ければ行っちゃって大物釣りあげてください。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あたふた釣行 料理編:

« ピンチ転じてチャンス!? あたふた釣行 | トップページ | 釣りに行けない時の楽しみ »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ