無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 新たな釣種を求めて(準備編) | トップページ | 新たな釣種を求めて(料理編) »

2014年10月 5日 (日)

新たな釣種を求めて(実釣編)

2014/10/3 さて、実釣編です。

初めてのメダイ釣り、わからぬことが多いまま、出来るだけの準備をしました。

予報は台風第18号 (ファンフォン)が近づいてくるとはいうものの、まだ行けそうです。

Img_1564

富士丸の出船時間は夏時間が終わり、10月になって遅くなったようです。
マダイ・コマセ五目・根魚五目は午前 5時集合 5時30出船です。

実は今回、メダイの他にヤリイカも狙うことになっていました。
平日で自分一人の出船、それにオーダーが2つでもOKという、なんとも豪勢な釣りです。
富士丸ではこのように違う魚種でも組み合わせてくれます。
前回、友人が来た時も、ジギングと中深場の餌釣りという組み合わせが頼めたということで感激していました。


ただ今回ヤリイカは全く駄目ということが後で判明、結局はメダイ中心のみの釣りとなっています。


Imgp9462

薄暗い中での出船、だいぶ日の出が遅くなりましたね。

Imgp9466

朝焼けの中、初島の方向へ向かいます。

Imgp9473_1

初島を通り越すようです。

Imgp9478

日の出を迎えました。

Imgp9480_1

初島を回りこんだ位置になります。
どうやらここがポイントらしい。

Imgp9481

福浦の方向でしょうか? 吊るし雲が見えます。
おそらく吊るし雲の左の方向に富士山があるのではないでしょうか?
天候が崩れる時に出るようなので、まさしく台風で荒れることを物語っているようです。
富士山に行っていれば、いい写真撮れたな・・。(笑)

Imgp9482_1

さて、メダイの釣り方ですが、棚が幾らなのか全くわかりません。
船長に聞くと・・・。
「そうね、下まで落して、糸ふけ取ったらコマセ巻きながら15mまで上げてください。そこが棚です。」
とのこと。

餌はオキアミ、コマセはアミコマセです。

第一投目、いきなり当たりです。
下から12m位まで上げてしゃくった時、グーンと重い引きが来ました。

何度か引き込まれながらも50m位上げた時、フッ…。

バラシです。

仕掛けを上げてみると針がありません。

「あらら? やっちまったぁーー、結びが駄目だった??」


Imgp9486

ハリスの先はザクザクになってます。

結びがほどけた訳ではありません。
どうやら、噛み切られたようです。
メダイは歯が鋭くないので、メダイではない、何かでしょう。

Imgp9521

棚はわかったのですが、釣り方がなんとなくはっきりしません。
底まで落すと、15mまで高さがあるので自然としゃくってしまいます。
まるで、カイワリ、ハナダイのように・・・。(笑)

そして、一投目もそうでしたが、12m位でグンッ、グーンと当たりが出ます。
合わせを一発入れるのですが、クッションゴムがあるためなんとなくはっきり食い込んだかわかりません。更にもう何回か合わせを入れて、リーリングです。
かなりきつい絞り込みがあるのですが、耐えながら高速リーリングで巻き上げます。

50mほど上がった時、フッ・・・。

バラしまスた・・・・。(笑)

船長が「合わせ過ぎ、そして巻き上げ早過ぎだよ。」とアドバイスです。

気を取り直して続けていると、グンッ、グーンと引き込まれます。
クンと合わせて今度は中位の速度でリーリング。
時たま下へグーンと引き込まれ、竿をじわじわ下げて吸収、引き込みが止んだら竿を上げつつ、次の引き込みに対応します。

何度かの引き込みもかわして、コマセカゴ回収、ハリスを引き寄せメダイがスーッと浮き上がったところへ、サッと船長がタモを出してくれます。

その瞬間、ハリスが緩み、メダイの口から針が外れるのが見えました。

アッと思いましたが、メダイは船長のタモに・・・。

ああ、良かった、船長ありがとうございます。

人生初のメダイ、大きさは船長曰く1kgの小さいものでしたが、この瞬間は嬉しかったですね。

Imgp9488

船長も朝から準備して操船しながら釣っています。
「ほら、こんな大きなアジも釣れますよ。」と言って見せてくれたのは、40cm以上のオオアジ。

いいなーと思いつつ、しゃくり上げていると、グンッ、クンクンとメダイとは違う引き込み、そしてかなり お・も・い・・・・。

リーリング中も引き込みがあり、かわしながら上げてくると、40cm以上のオオアジのダブル。

この後、オオアジをかなり続けて釣りました。

Imgp9490

まだなんとなく釣り方が飲み込めていません。
15mで待てばいいのだけど、シャクリ癖が出ちゃうのと、棚を15mまで上げてくると何がしか釣れるのです。

それで船長の釣り方をコソ見しながら釣っていると、船長の竿がエラい満月になってます。

船長「こりゃあサメか??」いいながら、上がってきたのは大きなメダイ。

裏山c~。(笑)

Imgp9495

しゃくるのを我慢して少しずつ15mで待てるようになりました。
そして何回かやっているうち、懐かしい引き込み、グンッ、グーン。

これは違う、初めて上げたメダイよりいい引き込み、型がいいに違いありません。
強い引き込みを竿でかわしつつ、上げてきます。


後60mだったかな? フッ・・・。




また、バラしまスた・・・。(笑)





そして、船長が「あ、道糸切れてる。」

確かにPEは力なく、竿も曲がっていません。


えーーっ??? どないした???


見ると、切れたのではなく、先糸が無くなってます。
町屋ノットで結んでいたのですが、どこか締め方が足りなかったのですかね?

今までサメやら、オニカサゴ、網代のカヤックまで引張る正体不明の魚でさえ起こらなかったアクシデント。(アクシデントと言うより下手くそなだけです。)

うーん、引き込み強い魚は、きちんとした結びをしておかないとこんな失敗になるようです。いい勉強になりました。

船長に借りていたクッションゴムはこれで返せなくなりました。

コマセカゴ、テンビンとも奉納したのですが、代わりのコマセカゴはFLサイズしか持って来ていなくて、一度下まで落としてみたものの、コマセがすぐに無くなるので使えません。
船長のLサイズのコマセカゴを貸してもらい続行です。

この頃になると完全に晴天、富士山も姿を現し、吊るし雲も見えます。

Imgp9496_1

何とかしてもう一匹はメダイ釣りたい・・。そう思いつつ、考えたのはオキアミ2匹かけです。
底まで落として15mまで巻き上げ、コマセを振り出し、しばらく待ちます。

やっとコマセ釣りらしい釣り方になってきました。(笑)

そして何秒も経たないうち、ガーンと竿が絞り込まれます。

強い引き込み、これ、絶対ヤバイッす、絶対癖になります。(笑)

そして船長にタモ取りされたメダイは2kgちょっとの大きさでした。

Imgp9498

時間が経つのは早いもので、そうこうしているうちに11:00近くです。
ちょうどコマセが尽きたところで終わりとなりました

このときも富士山と吊るし雲、まだ見えてます。

Imgp9500_1

11:00過ぎ、港に帰りました。
いやー、楽しかった。
最近、五十肩で肩が痛くてたまらないのですが、これでまたひどくなりそうです。でもまた釣りたいってのは何なんでしょう?(笑)

Imgp9515

今日の釣果

メダイ 2匹
オオアジ 7匹
鯖   3匹

Imgp9518

オオアジは40以上がほとんど。

Dsc_1405

メダイは大きいほうが60cmちょっと足りないくらいでしょうか。

Dsc_1408

今日の潮汐です。

20141003tide

今回の釣り、ひょっとしてカヤックで行けるところ?という思いもあったのですが、残念ながら難しいところでした。しかし、網代側にも同じようなところがあるかもしれません。

これはまた楽しみができたようです。

しかしなー、メダイ面白過ぎ。こりゃあ癖になります。

さて、次は料理編ですか・・、上手な方が多いのでササッと行きますか・・。(笑)

« 新たな釣種を求めて(準備編) | トップページ | 新たな釣種を求めて(料理編) »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

こんな乗り合いがあるとは、贅沢な釣りですね。
絡むのが嫌で乗り合いには長らく乗ったことがありませんが
これなら良さそうですね。

メダイはいつ頃まで釣れるんでしょうか?
アジも大型にしては美味しそうなアジですね。
料理編が楽しみです。

逃した魚もったいないですね。
私の場合はPE3号以上ならリーダはなしでサルカンに直結です。
リーダーと結ぶ場合にははFGノットです。

五目漁師さん、こんにちわ。
いつもコメントありがとうございます。

喉、黒かったですよ。(笑)
でも、美味しくいただきました。
家内が漬けが大好きなので味醂、ゴマ油がたっぷり効いたので・・。(笑)

自分も金沢八景や新安浦、江の島と電車で通って乗っていましたが、電車では何処でも出船ギリギリ、いい席を取るどころか、空いていたらめっけ物でした。混み具合もひどいし、隣の方に恵まれた時はいいのですが、そうでない時はしんどいですよね。

そんなので、カヤック始めていますが、準備と後片付け、そして沖での安全性を考えると、この釣りのほうが長くやれそうかとも考えています。

自分で自由に釣るのとは違う世界なので、どちらも使い分けということになりそうですが、一人からでもOKは魅力ですね。

メダイがいつまでというのは聞きませんでしたが、3月から11月が釣期で8月から11月が食べごろのようです。下田ではワラサ後の釣りものとして人気があるらしいですね。

メダイも機会あればまた行きたいと思っていますが、他にもクロムツ、ライトキンメ、そしてマダイ、ヤリイカとやりたいものがいっぱいあります。

そのうち行くことがありましたら、連絡しましょうか?

自分もインナーガイドの竿になった時は結び目が通らないため直結でした。しかし、今のガイドになって、ハリスとの絡みや針などで傷付くのを考えて付けています。ですが結びが入ると当然弱くなったり、今回のようなことになりますね。もう一度考えてみたいと思います。情報ありがとうございました。

おはようございます。
再コメです。
町屋ノットはよくわかりませんが、私のFGノットはこれです。
道具を使わずにうまく巻けますよ、少し慣れれば海上でももちろんOKです。
http://www.youtube.com/watch?v=Y75C-xPxKdk&feature=related

(ご存知っだたらごめんなさい)

何度も申し訳ありません。
巻き回数はこれだけでは少し物足りないので
適宜増やしています。

五目漁師さんこんにちわ。
情報ありがとうございます。
町屋ノットですが自分では慣れているやり方なので再度工夫してみます。普通なら外れない筈です。入れる方向とか、締め方が足りないとか何かあったのでしょう。
それよりもFGノットのやり方が大変役に立ちました。
口を使っている部分がありますが、これはいただきです。(笑)

五目漁師さん、コメントありがとうございます。
FGノットも一度やってみますね。
巻き回数も考えてみたいと思います。
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新たな釣種を求めて(実釣編):

« 新たな釣種を求めて(準備編) | トップページ | 新たな釣種を求めて(料理編) »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ