無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月27日 (土)

熱海 HISTORICA G.P.  2014

2014/9/27 台風17号の影響か伊豆多賀はウサギがピョンピョンです。
これはカヤックどころか釣り船も出ないでしょう。

Dsc_5238

長浜を見ると古い車が駐車しようとしています。
いよいよ始まりました。
「熱海 HISTORICA G.P.  2014」の開催です。

Dsc_1102

家内の運転で長浜の駐車場に来たのですが、既に車は停められません。
右の芝生は展示される車の場所のようです。
家内は諦めて帰り、自分だけの見学となりました。

Dsc_1110

「熱海 HISTORICA G.P.  2014」の紹介はこのサイトを見てください。
凄い量の車が展示されます。
http://www.ataminews.gr.jp/event/event.html#GP
こちらは更に詳しい情報。
http://acj1908.web.fc2.com/
これで無料ですから、間違いなく車好きなら楽しめます。

Car_nagahama

展示されている車両全ては、あまりにも多くてここで照会できません。(笑)
一部だけを紹介しますが、それでもそこそこあります。

Dsc_1113

結構車は好きなのですが、名前が思い出せない・・・。(笑)

Dsc_1114

これはわかる。(笑) クラウン

Dsc_1118

ダットサン 初代フェアレディです。

Dsc_1120

MG?

Dsc_1121

コスモですね。

Dsc_1129

若い人なら知らない人も多いのではないでしょうか?
ニッサン チェリーX-1R 自分が若かった頃の車ですね。
懐かしいなぁ。
 

Dsc_1133

ベンツ、マークで誰でもわかりますね。(笑)
自分は車に凝っていないので型式がわかりません。

Dsc_5285

ヨーロッパのラリー車も出ています。

Dsc_5295

凄いペインティングのベンツ。

Dsc_5301

何だろ?昔これのミニカー持ってたような気がする。(笑)

Dsc_5302

コリャわかる、フォードムスタングだ。

Dsc_5306

・・・・わ・か・ら・ん・・・(笑)

Dsc_5315

カウンタックかな?

Dsc_5319

トライアンフ、しかし細かいこと全然書けません。(笑)

Dsc_5320

うたた寝中の車です。(笑)

Dsc_5324

こんなかんじで長浜の芝生に展示されていますが、下多賀側の駐車場にも展示されています。

Dsc_5327

こちらは特設市、お弁当やら干物、色々特産品を売っています。

Dsc_5329

ステージでは長淵剛の歌を歌う「YAMATO」。
長浜ではよく出ていますが、アンコール!!なんて皆さんノリノリになってます。

Dsc_1160

ポルシェですね。

Dsc_5334

これは大きい、ロールスロイスなのですが、前方のガラスだけでなく、後部座席にもフロントグラス?があります。
ある雑誌でロールスのコツコツ直しているのを読んだことありますが、これとおんなじかなぁ・・。

Dsc_5337

長--------い、ベンツ。
走ってきたけど枠に入りきらん・・。(笑)

Dsc_5353

BACK TO THE FUTURE でおなじみデロリアン。

Dsc_5366

なんだっけ?(笑)

Dsc_5370

これもかっこいいですね。

Dsc_5372

ジャガーEタイプですかね。

Dsc_5373

古いベンツのようです。

Dsc_5374

なんだろ???

Dsc_5375:

11:00ですが、まだ運び込まれる車があります。

自走してくる車、運ばれてくる車、見学に来た外車、一般の古い車、一体どこまでが展示車なんだい??(展示車にはカードが置いてあってわかるようになっています。)

Dsc_5379

一通り見て、長浜の湾内を見ると、波と戯れている子供を見つけてカシャッ!!
ホントは波など立たない砂浜なんですけどね。

Dsc_1150

車に精通していないので、いい加減な紹介ですみませんでした。
しかし、これだけあるとサッと見て回っても1時間以上かかります。

9/28(日)10:30~14:30 マリンスパあたみ前・熱海港臨港道路(車両展示)

熱海GP・RUN(時間は先頭車両の通過予定時間です)
 15:00 START 長浜海浜公園
 15:15 お宮の松前~熱海ビーチライン
 15:30 (国道135号線)伊豆山
 15:40 熱海サンビーチ
 15:50 GOAL 熱海臨港道路

こんなのもあります。

【クラシックカー80台が熱海にやって来る!】
 開催期間は10/8(土)~10/11(火)

http://ajirospa.jugem.jp/?eid=75

いろいろ楽しみですね。

2014年9月18日 (木)

魚探ステー修理

2014/9/15 9/15の朝日を撮りました。

Dsc_5208

この日の朝日は出てきてすぐに雲の中へ入ったのですが、千葉県鋸山の南の側から上がってきます。

Dsc_5210

更に望遠でズームアップ、この時太陽は上の雲に入り、下の部分しか見えていません。
かえってそれが幻想的な写真になりました。

Dsc_067103

COZYさんに戴いたステッカーを傷だらけのクーラーボックスに貼りました。
COZYさんありがとうございました。

Dsc_0684

近頃、PEの高切れや穂先の折損とトラブルが続いていたのですが、今回カヤックもトラブルがありました。
釣りを終えて長浜に帰ってきた時です。
砂浜に上がるのに魚探ステーが邪魔になるのでパドルて起こした瞬間、ステーが折れちゃいました。

Dsc_0687

よく見ると折れたのではありません。ホームセンターで購入したこの板材、フィンガージョイント工法という方法で作られた板材でした。
折れたのではなく、接着面が剥がれたといった状態でしょう。

Dsc_0686_2

ソナー側の断面、綺麗な加工ですね。
フィンガージョイント工法はドイツで開発されたやり方のようです。
短い材料や端材の有効活用、節など欠陥の無い均質な板材を作ることができる方法法のようです。

Dsc_0689

合わせるとピッタリ。

Dsc_0690

バンドを切り離して接合準備です。

Dsc_0697

万能接着剤。

Dsc_0698

接着剤を付けます。

Dsc_0700

黒い接着剤だ。

Dsc_0701

はみ出したのを拭き取って接合完了。

Dsc_0702

補強します。

Dsc_0704

バンドを付けて完成です。

Dsc_0708

これで暫く持つかな?(笑)

2014年9月15日 (月)

借りを返すはずだった・・・

2014/9/14 第3回内田丸アマダイ五目釣りで芳しくなかった者たちが集まり、今度こそ釣ってやるということで、9/14再び網代湾に浮かぶことになりました。

参加者はまるまつこうじさん、のりべんさん、そして私と特別参加のFishboneさんです。

予報も申し分ない状況です。

Img_1553_3

当日の朝、波も静かです。

Dsc_0626

予定ではそろそろアオリもイケるのではということで、朝少しだけ探り、その後は100m沖カサゴ3兄弟とアマダイ狙いのつもりでした。

しかし、当日になると既にのりべんさんは60mまで漕いでいる、まるまつこうじさんは少し遅れてくるということで、Fishboneさんと出発です。

今日は他のカヤックの方や、船外機付きボートの出艇も多く、にぎやかな長浜でした。

Imgp9408

Fishboneさんのブルーの新艇、アウトバックいいですねー。
レボリューション13 より横幅あり、安定性抜群のようです

Imgp9409_3

いきなりに100mです。
結局、アオリはやらずに来てしまいました。(笑)

しかし釣れたのは外道・・・。
アカタチとオキトラギスです。

Imgp9411

タマガシラだぁ・・・
外道が続きます。やべぇ・・・・

Imgp9413

ここでのりべんさんと合流。

Imgp9415_3

本命ですが、小オニ・・・。
なんだか渋そう・・・。

Imgp9417

まるまつこうじさん登場です。

Imgp9421

この後、各自バラけて釣りますが、自分はいい当たりがありません。
Fishboneさんはルアーを切られたとか聞こえてきます。かなりの大物なのでしょうか?
まるまつこうじさんは90m位のラインでやられていたようですが、なんと8号ハリスを3回切られたとか・・・。
のりべんさんも6号ハリスを切られています。
自分も過去に大物に何度もやられている、おなじタイプの魚でしょう。
この付近だとサメではないようです。

そのうちのりべんさんで何か釣れたようで、まるまつこうじさんがそばに来ています。

Imgp9423_3

いい型のキダイでした。
サバタンに来たようです。

Imgp9424_2

それではということでサバタンに変更、しかし釣れたのはヒメコダイ。
オキアミ使ってアマダイの外道で釣れることはありますが、サバタンでこの魚を釣ったことは今までありません。なんだかな・・。(笑)

そしてこの頃、レボ13の艇下に35cm位のウスバハギがついています。
仕掛けを下ろすとスーッとPEに近づいていくので、いつPEを噛み切られるかと不安になります。

のりべんさんはこのウスバハギも釣った(?)ようです。

Imgp9425

あまりにもあたりが少ないので、釣り方を変更しました。
今までは錘で底を取ったら、1m巻いて釣っていました。
それを1m巻かず、底トントン位でキープするのです。

それで、少しだけいい当たり、久々です。

Imgp9427

前回のオニと同じ位の小オニ。

Imgp9430

アヤメカサゴですが、ミニアヤメです。
しかしキープ。

Imgp9432

そして、最大の引き、合わせて巻いたのですが、暫らく抵抗したのちフッ・・・。
6号ハリス切られてしまいました。
今日は寄せ集めの仕掛けを持ってきており、新しく考案した噛み切られない仕掛けもあったのですが、古い仕掛けを消化しようとしたため、ホントに消化のみになってしまいました。とほほ・・。(笑)

そしてまた少しだけいい当たり・・・。

Imgp9434

25cm位のホウボウの子供、キープです。

Imgp9438

Fishboneさんはかなり前に60mラインへ行くということで分かれており、その後上がられたようです。
そして10時頃にのりべんさんは用があるということで既に上がっていました。

昼近くになったので、まるまつこうじさんにアオリを探りに行きませんかと持ちかけ、行きましたが、当たりは皆無、そのまま12:00頃上がりとなりました。

Imgp9439

今日の釣果、借りを返すところまで行かず、借りが増えてしまいましたが、夕食には十分です。

Dsc_0646

今日までのコース

20140914all

今日の潮汐

20140913tide

夕方、家内のお供で伊東に行きましたが、自衛隊の護衛艦と思われる船と綺麗な帆船が停留していました。帆船は日本丸でしょうか?

Dsc_0661

結局、いつもと同じアクアパッツア(笑)。
和風と洋風で変かもしれませんが、三つ葉の入ったヒメコダイのお吸い物、意外にこの料理と合いました。

Dsc_0664

網代湾に借りが増えてしまいました。
また行かねば・・・。
終わりがないな・・・・。(笑)

2014年9月 7日 (日)

ジンクスって信じます? (第三回内田丸 アマダイ五目釣り)

2014/9/6 いきなりですが、ジンクスって信じますか? 

最近の自分はそれほど信じていませんが、今から30年前とか色々と仲間内でジンクスがあり、自分も少しそんなことを信じていたことがあったようです。

まだ独身寮にいた頃の話ですが、先輩方に連れられ茨城の海から南伊豆の海まで釣りに行っていたことがありました。
先輩の車に載せていただいて、2~3人で行くのですが、その中のジンクスに、港までの道路に車に跳ねられて死んでいる猫を見ても決して話題にしない、話してしまうと坊主になったり、良くないことが起こるというのがありました。
誰かが「おい、あれ猫ちゃうか?」と声かけても、シーーンとしていたり、もし見つけても
「猫だよね」と目線で話しするだけで、口にしないようにします。それでもどこかでその話題が出かけて、結局「ダメジャン、話しちゃ・・。」なんて言いながらの道中になるのです。

そしてその結果、下田須崎のイサキは3人で2匹、金沢八景の豆アジのサビキ釣りが2人で5匹とか・・・。(笑)

今回はそんな釣りでしたが、それでも皆さんと一緒で最初から最後まで楽しい釣りになりました。ではその内容を紹介しましょう。(笑)



土曜日は手漕ぎボートの人たちと第三回内田丸 アマダイ五目釣りの日です。
海快晴の予報も申し分なし、楽しい釣行が予想されます。

Img_1552

予報では何度か雨マークだったり、雷だったりと安定していませんでしたが、最終予報は晴れ、朝日も綺麗なスタートなりました。

6:20集合なので下多賀を家内の運転で5:40に出発。
セブンイレブンで飲み物を購入、網代の現地へ向かいます。
距離は2km位でしょうか? 

買い物も終わり、車に乗って消防署のコーナーまで来た時、一匹の三毛猫が跳ねられて亡くなっているのを見つけてしまいました。

家内に「昔こんなの見ると、坊主になるって話していたことがあるよ。」と会話しながら現地へ向かいました。

Dsc_5190

既に多くの人たちが待っています。総勢16名、顔を知っている人もいますが、初めてお会いする方もおられます。ご挨拶を交わし、船が2隻になるのでくじ引きで船を決めます。

自分は内田丸のとも、進行方向に向かって左の席となりました。隣はまるまつこうじさんです。今日の2隻目は利一丸です。


Imgp9356_2

6:40頃出発、船長の話ではカマスとアジが釣れているとのこと。お土産狙いでまずは浅場のカマス狙いに走ります。

Imgp9357

もう1隻の利一丸。網代湾を横断し、一路、赤根崎を目指します。

Imgp9368

フラッシャーサビキでカマスを狙うのですが、まったく当たりがありません。
船長も「だめだぁ、群れが小さいし、すぐ行っちゃう。」なんて話をしています。

Imgp9370

まったく、かすりもしません。
しかしカマスはいるようです。
菊谷丸が手釣りしているのですが、よーく手先を見ているとカマスを取り込んでいるのが見えました。

Imgp9372

結局、全員カマスが釣れないまま、次のお土産ポイント40mのアジポイントへ移動です。
この時点で、内田丸のとも側の人たちは全員まだ釣果が無かったのだと思います。
早々にあきらめ、次の本命、アマダイ、オニカサゴポイントへ移動です。

ちらりと坊主がよぎります。(笑)

そしてこの写真に写っているリーディング、これがこの日の最後になるとは思いもしませんでした。

Imgp9376

今回の釣りはアマダイ及びオニカサゴメインです。

どちらも同じ場所にいるのですが、両方狙いだとアマダイ仕掛けにオキアミ付ければ均等に釣れます。この場合オニカサゴは型が小さいことが多く、自分の釣り方だとオニはオニ、アマダイはアマダイ仕掛けで狙うのがいいと思い込んでいます。(笑)

オニカサゴの仕掛けはムツ針17~18号、ハリスもかなり太いものを使用するのでアマダイは釣れません。カヤックでは両方の竿を出しているので問題ないのですが、仕立船で2本は無理、どちらか決めなければなりません。

今日は最初からオニと決めていたので、アマダイ、オニカサゴポイントへ着く前に仕掛けをオニに交換、即、、深さ65mへ投入です。

しかし、第二投で根がかり、何度か竿をあおったのですが外れません、そこで、PEを手で引張り外れたようなので、竿をチョイとしゃくってから巻こうとした瞬間、穂先に何かぶら下がっている・・・。

「あっ、穂先が折れた・・・。」あちゃーー、またやってしまった・・。これでこの竿で三回目だ・・。

落胆しつつもリールを巻いて上げようとします。折れた穂先はPEを伝って海中へ沈んで行きます。しかしまだ根がかりが外れていなく、再度手でPEを引張り外します。

ホッとしてリールを巻きだしたのですが、まだ40m以上あるので電動スイッチON、ウィーーン、バンッ!!

一瞬何があったのかわからず、ボヤッとしていたのですが、気がつくと竿先のPEが無くなって、折れていた穂先は更に深く折れています。

ここでやっと状況が飲み込めました。海中へ沈んでしまったとばかり思っていた穂先は、そんなに沈んでいなかった。
スイッチ入れることで穂先は戻ってきて、折れた竿側に絡みつく、行き場を失った穂先は竿のガイド部にぶつかり、ここでバンッと音を立ててPE切断、竿先更に痛むということのようです。

カゴと天秤、仕掛けはもちろん海の中です。
うかつでした。
もう少し慎重になれば良かった・・。

そして更にアクシデントは続きます。

予備の竿、ディーオを取り出しオニカサゴ仕掛けを取り付け、釣り再開です。

着底し、釣り開始したのですが、暫らく経っても当たりが無いので巻き上げます。ほとんど上がったところで、バッツンとPEが無くなりました。切れた勢いでPEはレオブリッツ150に巻きとられてしまいました。

またしても状況が掴めません。魚は掛かっていないし、天秤がガイドに当たるまで電動で巻き上げた訳でもありません。ディーオの穂先は大丈夫です。

はっきりとした原因はわかりませんが、どうもPEの高切れのようです。推測するにカヤックで根がかりした時、外れず、やむなく艇にPEを巻き付けて、船で引張り外したことが何回かありますが、この時傷ついていたのでしょうか? PE1.5号300mは傷には弱いですね。

オニカサゴ仕掛けと天秤、錘を奉納です。(笑)

ここまででも一日のアクシデントとしては十分過ぎる位の量なのですが、更にアクシデントは続きます。

一体、何て日なんだ・・・。(笑)

なんとかして釣りを再開しなければ、幸い天秤は3つ持ってきていたので大丈夫。レオブリッツ150のPEを繋げればなんとか再開できそうです。

しかしレオブリッツ150に巻き込まれたPEの先端が食い込んでいて何としても出てきません。仕方なくレオブリッツ300をリーディングから外しディーオに取り付けます。サルカンを結び、天秤、錘を付け、オニ仕掛けを付けて完成。

では投入、まずはゼロmのリセットを・・・・、あれ?あれ?・・なんとしてもリセットできません。
PEが切れた39mを指したままです。底からのボタン等はゼロになるのですが、電源コードを入れ直しても変わりません。

そのうち、うろ覚えのマニュアルを思い出します。たしかどのボタンだったか同時に2つ押すとリセットされることを・・・。

あれやこれやと同時に押していたらピッと音がしてリセットが出来ました。

ふーーっ、やれやれです。

これってやっぱりジンクス?? なんとなく今までの自分のツケが回ってきただけなのかもしれませんが・・・。(笑)

Imgp9378

やっと、釣りが再開できる環境になりました。
やがて、竿先にピンピンと当たりが・・・。
上がってきたのは本命のオニカサゴ、しかし小さい、20cmちょい位ですね。
のりべんさんが水槽に飼うのにどうかと持っていったのですが、少し大きめということで釣吉先生に貰われていきました。

Imgp9379

90m付近での釣りが続きます。アマダイがあがったとか、ホウボウが釣れたとか聞こえてきます。しかしともはサバ以外あまり釣れていません。

Imgp9381

やっと小さなアヤメカサゴ、25cmくらいですかね。
この後2匹追釣します。

Imgp9382

ポイントを移動し初島側へ移動します。途中で出会ったカヤック、かなり沖まで出ていて頑張っています。

Imgp9385

ここが最後だよと言われ、竿先がピ、最後の魚はホウボウの子供でした。

Imgp9386

12時40分ころ、今日の釣りは終了、港を目指します。

Imgp9390_2

色々あったから、釣果はこんなものでしょう。(笑)

Imgp9391

記念撮影の時の船長を逆撮りです。

Imgp9395

こんな釣りでさぞかし腐っていると思われるでしょうが、不思議なものですね。
大勢で楽しい釣りをしているせいか、全然そんなところ無いです。
むしろ、早く復旧して楽しい釣りをしなくてはという感じでした。
これも皆さんのおかげだと思います。

皆さんお疲れ様でした。
また釣りましょう。

Image

二人で食べるには十分です。

Dsc_5196

高切れしたレオブリッツ150のPEの切れた部分です。
スパッと切れているわけではないので、やはり古傷が原因で切れたというところでしょう。

PEは交換、リーディングは3度目の穂先交換となります。
穂先交換はこの2年間で4回目、他に経験はありません。
釣行回数が増えたこともありますが、扱いが手荒になっているのもあるのでしょう。
いい反省になりました。

2sgl45dpdlmap

今日の潮汐です。

Photo_2

ジンクス、信じればジンクス、信じなければ単なるトラブル。

あなたはどちらですか??(笑)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ