無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月27日 (日)

初島沖、カイワリを求めて

2014/7/26 去年の今頃、のりべんさんや芋焼酎さんがカイワリの調査をしていて、面白そうでした。そこで五目漁師さんの誘いもあって伊東でカイワリが何故釣れるのか、釣ったことも無いのに「カイワリ、イトヨリ、伊東の海底考」にまとめて遊んでいました。

あれから1年経って、伊東で初カイワリもGETし、その引きの楽しさ、食べてまた美味く、すっかり魅力にはまってしまったのです。
そしてカイワリについて「カイワリ、イトヨリ、伊東の海底考」のパート2を書こうかと思っていたところだったのです。

カイワリ

沿岸の浅場から水深200mまでの砂泥底に生息する。
全長は20-30cmほどで、大型個体は40cm前後に達する。


伊東で釣ったのは15~6cm、大きいものでもせいぜい20cmだったでしょうか? 40cmのカイワリってどんなん? そしてその引きは?
興味は増えていくばかり、伊東での手漕ぎ以外に釣る方法はないものか、色々調べていくうち、初島近辺で良型のカイワリがハナダイと一緒に釣れていることを知り、一度、行くしかないと思っていたのです。

船宿の選択です。
さて、どこの船宿にしようかなとネットで検索、近くでやってそうなところは網代です。
下の3件に絞り込みました。
水弘丸
水健丸
富士丸
どこも色々な魚を釣らしていますが、水弘丸はネットに詳しいことが書いてない。水健丸はどちらかというとマグロとか大きい魚のことが載っています。そして富士丸にはウィリーコマセ五目でカイワリを釣らせることが書いてあります。
富士丸のサイトには・・・
*大型13トン**12名**小型4トン**8名*
 限定でゆったり釣りを楽しんでいただけます。
   
*1人数から出船いたします*
この1人からというところが凄い!!
これしかないでしょ、となりました。(笑)
Fujimaru01

富士丸に電話して確認したところ、ウィリーコマセ五目は80号の錘、7:3以上の先調子の短竿がいいとのこと。
昔夢中になった金沢八景の野毛屋のウィリーハナダイみたいなもんかな?
なんとなくイメージ出来たので予約しました。
ブログにはウィリー五目ということで1人載っています。

Fujimaru02

朝4時集合というので網代の富士丸に来ました。
13tと4t、おそらく一人なので4tでしょう。

Img_1481

ところが、船長が準備したのは13t。
えーーーっ、ええんかい???
こんな広い船貸し切りで・・・。仕立てみたいなもんやんか・・・。
一瞬、仕立て代払うなんてことはないだろうなって考えたり・・・。(笑)

Imgp9089

用意した竿はいつものオニカサゴ用に使っているリーディング82 H-225とレオブリッツ300。
こいつなら80号の錘でちょうどです。
なおウィリー仕掛けは船で買えるかと思っていましたが、販売はしていないとのこと、20年前に購入したイナダ用のウィリーやら、新しく買ったハナダイ用のウィリーなど、あるだけ持っていきました。(古いウィリー仕掛け、使うことも無く、ずーっと眠っていたのです。(笑))

Imgp9095

4:50にはかなり沖にまで来ています。

Imgp9097

もうカヤックで来たことがない、未知の領域。(笑)
カヤックでここまでは無理でしょう。
まだまだ船は進みます。

Imgp9098

やがて初島がこんなに近く・・・。

Imgp9102

5:00に初島沖で釣り開始です。
すみませんが、ここから釣りの写真がまったく撮れていません。

Imgp9103

この日の出を撮ったのが最後。
ここから爆釣モード全開で、写真は撮れない、水も飲めない、ただひたすら釣りまくりです。

船長が「45から30までしゃくってぇ。」の掛け声で、45からグイッとしゃくって、穂先がピタッと止まったら、2秒ほど待って竿さげながら巻きとり、グィッとしゃくる。これの繰り返しです。

35mあたりで竿先がピッピッ、そして強烈な引き込み。
上がってくる時も竿が持っていかれます。強烈な引き込み時には竿を少し下げていなす。引きが弱まれば電動の中位の力で巻き上げながら、竿を上げるの繰り返し。海面近くまで抵抗します。伊東では30号のライトアジタックルで面白く楽しめましたが、ここではリーディングでないと持ちません。
上がってきたカイワリ、半端ない・・。(笑)伊東で釣った最大が、ここでの最小位ですかね。
22~3cmいや25cm位がアベレージかなぁ。寸法は測っていないから、良く分からないのだけど、大きいことには違いありません。

船長の指示が40~20に変わったのも、コマセが効いて、棚が上がったからでしょうか?

そのうち良型のハナダイも釣れてきます。これも引きがいい。
オスのハナダイなのかおでこが出っ張った大きいのも釣れます。

途中で大汗掻いている、(まだ日は高くなく、そんなに暑くもないのだけど全身ずぶぬれの状態)ヤバいと思って、ウーロン茶取りました。

20年前のウィリー、これがまた良くかかる。(笑)
普通のハナダイ仕掛けも釣れるのかとやってみたら、これもまた良く釣れる。

とにかく1投、1匹、もしくはカイワリ2匹です。

しゃくってかかる場合もありますが、ピッと針に当たってかわすのもいるので、しゃくってピッと当たったら更に追いしゃくりでかけ直すと更に釣れます。(笑)

そのうちコマセが効いたのか、ゴマサバが一緒にかかりだします。
こいつがいやらしい、かかっているカイワリを振り落としてしまう…。

ただゴマサバはカイワリやハナダイが35mあたりでかかるのに比べ、比較的浅いところでかかってくるので、カイワリがかかったら最高速巻き上げで集まる前に上げることにしました。しかし、それでも減ったとはいえゴマサバがかかります。最後にはゴマサバリリースしながらの釣りとなりました。

カイワリとハナダイの引きは楽しいですね。
カイワリの方がハナダイより小さいのですが、引きはカイワリが負けていないです。

Imgp9104

「船長、もうクーラー入りきらない、帰りましょう。」と言ったのが7:30。
正味2時間半の大爆釣の瞬間でした。(笑)

Imgp9105

やっと暑くなってきたのでしょうけど、もう大汗掻いて、それ以前にヘロヘロ。(笑)
網代目指して帰ります。

Imgp9106

一体幾ら釣れたのでしょう。
少なくともカイワリ15~6、ハナダイ7~8、巨大ウマヅラ2匹、ゴマサバ7本くらいかな?

Imgp9118

とりあえずのカイワリ刺身、とナメロウ、昨日のキスのマリネもあります。
刺身美味いですね。ナメロウはアジとはまた違ったコリコリ感がたまらない、脂ののりも最高です。そういえば船長が「この時期のカイワリは脂がのってうまいよ。」って言っていました。

Imgp9121

今回のコース、久々のGARMINのGPSが活躍しました。
初島沖60mのところのようです。

今日の潮汐です。

20140726tide

これ、はまります。(笑)
初島に住んでいたら、カヤックで行けるな。(無理無理・・・(笑))

Fujimaru0302

2014年7月26日 (土)

この手軽さ、キス釣り2回目

2014/7/25 3日連休を息子夫婦と暮らし、3日仕事をしたら、4日連休となりました。
今度の休みは娘が、そして来週はもう一人の息子と、皆が来ます。こりゃあ釣ってくるしかないでしょと、キス釣りに行くことになりました。思いついたのも遅く、10:35の出発です。

場所は前回と同じ場所なのですが、引き潮なので石がごろごろしています。

Imgp9079

実は今回、デジカメを持っていったものの、まったく撮る間がありません。
キス釣りという性格からなのか、ひっきりなしに餌交換とか魚外ししているので撮れません。(その割に釣果はイマイチ)

Imgp9080

目標もありました。出来れば大きいの、もしくは数を釣るです。

色々探ったのですが、なかなか釣れません。結局、前回、釣果があったところで数釣りとなりましたが、やはり小さい・・・。(笑)

そしてそれなりに数も釣ったので、帰り際に違う場所を探ったところ、いい感じのシロギスを釣ることができました。なんとなく次回の釣りに繋がりそうな雰囲気で終わることができました。

面白かったのはタコが釣れたことです。
何だか重いなと思ったらタコです。水面まで上がったのですが、そこで逃げていきました。そして次も小さいタコ、これはキャッチしたのだけど、ちっちゃい・・。リリースです。

結局、ヤガラ1匹、メゴチ4匹、シロギス23匹の釣果となりました。

Imgp9082

前回と同じマリネです。これにバジルの葉を添えて食べると美味い!!
前回からはまってます。(笑)

Imgp9086

今回のコース

20140725_00

今までのコース

20140725all

今日の潮汐です。

20140725tide

今回の休み、これだけでは終わりません。
もう一つ、釣りたい魚があります。
それは、次回のブログで・・・。(笑)

2014年7月21日 (月)

やっぱ、夏はキスだよ(笑)

2014/7/20 夏の3連休が始まり、我が家も長男夫婦と孫が来ています。
孫となれば海水浴!! お父さんと長浜海水浴場へ、おじいの私はのりべんさんのやっていた、キス釣りをやろうということになりました。

予報は朝は悪いものの良くなる感じです。

Img_1467

しかし、一つ問題点、いつもカヤックは長浜から出すのだけど、海水浴場になっていつもの場所から出せません。反対側の砂の深い場所から出艇となり、これがかなりきつい・・・・。
バルーンタイヤならなんてことはないのだけど、毎年シーズンになってから買おうとすると売り切れ、シーズンオフには買う気がしないし、困ったものです。
たとえ、バルーンタイヤを買ったとしても、駐車場がこのシーズンだけ有料となるのと、朝の早いうちは入れなくなっていることです。

そんなことで、アプローチを変えようと考えた挙句、これにしてみようと思いつきました。
下多賀にある熱海マリーナ入口に階段があり、海に出られるのです。
上で荷物を下ろして、ここをmini-X担いで降りるという算段です。
もちろん、車は家内が乗って帰るので他の車の邪魔にはなりません。

Dsc_45540001

心配していたカヤックの階段降りも何ということはありませんでした。
レボ13は無理ですけどね。(笑)

しかし、ここで忘れものに気がつきます。
グローブとデジカメです。グローブはパドルの時はあるといいのだけど、今回は遠くまで行かないからOK、しかしデジカメは痛い・・・。
仕方なくiPhoneで撮るのですが、防水ケースに入っていて、シャープに撮れません。
そんな訳で、ほとんど写真無しのブログになりました。

Img_14680001

のりべんさんが前回キス釣っているのを見て、自分もやろうと購入したのがアルファタックルのキス竿、前から持っているシマノの幻波キスがあるのですが、かなり前の製品なので買ってみました。シマノは180cmだったのですが、今回は160cmの竿です。

Kisu

海水浴の用意やら、自分の用意やらで結局浮きだしたのは10時。
かなり遅い時間です。
今回はGPS魚探がHDS-5、久しぶりですが、これは並行品なのでフィート表示、しばらくやっていなかったので、「ありゃ? もう18mだわ。海底が良く見えるなーー。」なんて思っていたのだけど、考え直すと18feetだから6m。(笑)
この深さで釣り開始です。

Img_14710001_2

海岸からはキス釣りであろう、投げ釣りの人が何人か見えます。
しかし一向にキスの反応はありません。
そのうち、イソメを付けた仕掛けを上げてくるとチェイスする魚がチラチラと見えだしました。
反転すると金色で平たい魚体、思わずカイワリ??金アジ??と思う魚です。
魚探にも中層に反応が出ています。それもいっぱい。

ちょっと狙ってみるかと、イソメを中層でヒラヒラ、途端にチェイスした魚が食いつきました。
結構楽しい引きです。(笑)
おそらくアジだろうと思いつつ、数はいるけど、群れ方がまばらでおかしい気もします。

やがて水面に上がった魚は、カンパチの幼魚ショゴ?と言えるのかな?15cmの物でした。
こんなにショゴがいるんだーと感心しつつ、アジの15cmは欲しいけど、ショゴの15cmは要らないとリリースしました。

Shogo_2
ショゴの群れと落下していく錘の魚探画像

この後、場所を変えると今度はイナダの幼魚、ワカシ?モジャコ?20cm位の群れです。
こいつらはひどい、キスの仕掛けに2匹がかかり、仕掛けをブチブチ切っていきます。
キスの仕掛けがかなり無くなりました。

結局、6mラインより浅いところにキスは全然いない、浜から投げている人たちは全く釣れていないのでは?

10mラインで仕掛けを落したところ、ビビビッと竿が震えます。上げてみたら17cm位のキスのダブル。
よーし、釣っちゃるぞと思ったその時、iPhoneが鳴り、孫がカヤック乗りたいとのこと。(笑)

長浜へ出向き、お父さんにバトンタッチです。(笑)

Dsc_0012_2
家内撮影 自分と孫たち

よほど楽しかったのか、孫が「魚釣りたい。」と言ったのだけど、Mini-Xでは小さいし、ちょっと無理・・。(笑)「もう少し大きくなったらね。」と言って釣り開始です。

そういえば、かなり以前に同期の友達で1歳児の息子の釣り道具買うとか言って、せっせと自分の釣り道具買ってたのがいたなぁ・・、奥さんも子供のためならOK出すから、うまい手を見つけたもんだなぁと思っていたけど、じ、自分もやってみるかな?(笑)

Img_14750001

結局、午前中はキス2匹、カワハギ1匹、午後に頑張り、キス合計19匹、そしてメゴチなのかな? メゴチにしてはバカでかいのを1匹持ち帰りとしました。
かなりのバラシをしましたが、これだけあれば十分おかずになります。

Imgp90650001

今日はキスのてんぷらだーと帰ってきたのだけど、家内が天ぷらは他のとバッティングするからとキャンセル・・。それではとマリネに・・・。
これがまた美味い・・・。
暫くキス釣りは続きそうです。(笑)

そうそう、新しい竿の感度にはびっくりです。とにかくシャープに感じられます。
シマノの幻波も買った時にはなんてわかりやすい竿だと思いましたが、今回両方使ってみて、その違いに驚きです。
まぁ、釣れる時はどちらも同じように釣れるのですけどね。(笑)

Imgp90660001

今日のコース

20140720

いままでのコース、今回よりリーフマスターがVer,1.7になったので海底地形図の表示が変わっています。自分は前のkmzファイルが良かったのだけど、仕方がないですね。

20140720all

今回の潮汐です。

20140720tide

2014年7月 5日 (土)

Reefmaster小技集08 潮位データ変換 補足マクロ

2014/7/5 今日の長浜、ブルドーザーが入り砂をならしています。おそらく風で寄せ集められた砂を均等にしたり、生えた草を取り除いたりしているのかもしれません。今回は熱海側をやっているので、カヤックを出そうとすると少し面倒だったかもしれません。この後は網代側も行うのでしょうか?

いずれにせよ海水浴シーズンの準備といったところでしょう。長浜の出口の海藻も刈り取るのかな?

Dsc_4356

Reefmaster小技集02 潮位データ変換 でwxtide32の潮汐データをReefmaster用に変換することを取り上げましたが、これを一々やっているとめんどくさい・・・。

そこで出来ることはマクロで自動でやっちまえと作ってみました。

これがそのエクセルファイルです。

「20140705tide_data.xlsm」をダウンロード


今回はその使用手順を紹介します。

そして見直しているうち小技集02に間違いが少しあることを発見しました。
ここで訂正しておきます。

ここで取り上げるエクセルは2007ですが、マクロを実行しようとすると、設定を変更する必要があります。

Officeボタンをクリック→Excelのオプションをクリックします。

20140705wxtide18

セキュリティセンター→セキュリティセンターの設定をクリック

20140705wxtide19

マクロの設定→全てのマクロを有効にするをクリックしOKを押します。
これでマクロが使えることになります。

20140705wxtide20

次にwxtide32の設定ですがFile→prefarenceをクリック

20140705wxtide01

時間の設定をlocal、 time zoonをAsia/Tokyo、 時間の表示をyyyy-mm-ddにします。

ここでは、おさらいになるので触れませんが、取り出したい場所の設定もしておいてください。

20140705wxtide02

そしてFile→Realtimeを選定します。
前回、小技集02でこれをGraphにしていました。
Graphにすると時間の変換がうまくいきません。Realtimeを選定してください。
迷った方、ごめんなさい。

20140705wxtide03

いよいよ潮汐データの出力です。
File→Incremental Tidesをクリック

20140705wxtide04

赤枠の部分、Incremental、Dataの細かさ、カレンダーによる抽出したい日を選択します。
Startで開始します。

20140705wxtide05

ここでは網代の潮汐データを取り出しました。

20140705wxtide06

全てを選択しコピーします。

20140705wxtide07

ダウンロードした「20140705tide_data変換.xlsm」を起動すると赤く、「ここに貼り付けてください」と書いてあるので、この赤い部分に貼り付けます。

20140705wxtide08

下段のタブに「ctrl+aキーを押してください」と書いてあるので、貼り付けた後、ctrlキーとaキーを同時に押すとマクロが実行されます。

20140705wxtide09

Reefmasterの形式に変換されましたが、日付が1行目しかなかったので、2行目からは1900-01-00となっています。

20140705wxtide10

1列目を選択し、検索と選択から置換をクリックします。

20140705wxtide11

赤枠、上の段に1900/1/0下の段に1行目と同じ日付、ここでは2014/7/5と入力します。
良くわかっている人だと、1900-01-00と2014-07-05ではないの?と思われるでしょうが、それだと検索しても見つからないと帰ってきます。

そして全てを置換をクリックします。

20140705wxtide12

置換件数が表示されます。

20140705wxtide13

この状態で名前を付けて保存します。

20140705wxtide14

保存はReefmasterの読める.txtファイルか.csvファイルで保存してください。
ここでは.txtファイルで保存します。
ファイル名は日付や場所、何時間かわかる名前がいいと思います。
自分は「20140615_local_itou.txt」として日付、ローカルタイム、伊東とわかる付け方にしています。

20140705wxtide15

最後、終了する時、保存しますかと聞いてきますが、次回マクロを使う時、書き換えられた状態になるので、「いいえ」を選択します。

20140705wxtide16

出来上がった.txtファイルをメモ帳で開くとこんな感じ、成功です。
ReefmasterのTideはこのようなファイルがたくさんあっても大丈夫です。
都度、Reefmasterに読ませれば全てを認識するので、個別に作ってOKです。
一つの大きなデータにするより、個別のデータがわかりやすいですね。

20140705wxtide17

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ