無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

異種カヤック勢揃い

2014/6/29 のりベんさんがLowrance の魚探を買って、伊豆多賀デビューと聞き、一緒に行くことになりました。初めてお会いする、まるまつこうじさんと3人の釣行です。
日曜日に出ることになったのですが、土曜日はずっと雨・・・。予報でも西風で5mとあまり良くありません。

Img_1446

当日、霧雨程度の雨、風は無く、なかなか良さそうな感じです。
自分がヨット型カヤック(ホビーレボ13)、のりべんさんが通常のシットオンカヤック(ターポン)、まるまつこうじさんはゴムボカヤック(JOYCRAFT)です。(笑)

Imgp8935

仲間と一緒に行くと100mの沖も楽しく行けますね。

Imgp8941

水深100mに到着したのですが、時折強い西風が吹き、かなり微妙な状況。
仕掛けを落とすと斜めに伊豆多賀に向かって落ちていきます。
カヤックは反対に沖へどんどん流され、「120mより、沖はサメだから行かないほうがいいよ。」と言っている自分が120m。のりべんさんは200m以上で釣ってます。(笑)
たまらず、60m定置網まで後退することに・・・。

この時見えた虹、綺麗だったなぁ・・。

Imgp8949

100mまで帰ってきた時、風が止みました。これならやれそうだと
ここで散ります。

Imgp8951

JOYCRAFT、いいですねー。沖でもスイスイ行けそうです。

Imgp8953

オキアミ餌に何か来ました。
アマダイならいいのだけど・・・。

Imgp8955

ヒメでした。なんだか、いい状態ではないです。

Imgp8957

ここで、いい引きです。

Imgp8958

アヤメのダブル、30cm弱と20cm位でしょうか。
ここで結果的に言うと、自分の釣りは終わりました。(笑)
このあと、まるまつこうじさんがいい型のオニを釣ります。
のりべんさんもアヤメを釣ったらしい・・。(最後が一緒でなかったので確認できてません。)
良かった。今日は自分より周りが釣れるのが嬉しい。

Imgp8960

オキアミにはヒメのダブル、せめてヒメコダイのダブルならいいのだけど。(笑)

Imgp8963

風は変わり、伊豆多賀側へ吹く風になったのですが、今度もかなり流されます。
釣りにくいので、定置網、MAC前と釣りながら帰りましたが、何も相手してくれません。
定置網のモンスターもお休みです。(笑)
のりべんさん、10mでキス狙い、釣れるようです。
次回はこれかな?

Imgp8966

結局、アヤメ2匹、ヒメ3匹、トラギス1匹の貧果・・・。(笑)

風の中で釣りにくかったのが原因ですが、いいときの飛びついてくる感じがなかったのは何なんだろう?
そういえば昨日、今朝と小さいけど何回かあった地震、関係があるのでしょうか?

開発した秘密兵器も出せず仕舞い。
黄色が普通のオニ仕掛け、ピンクが試作品、青が量産先行品てとこでしょうか?
モンスターに使いたかったなぁ・・。

Imgp8968

今日のコース

20140629

今までのコース。

20140629all02

今日の潮汐です。

20140629tide

のりべんさん、まるまつこうじさん、お疲れ様でした。
また釣りましょう。(笑)

2014年6月17日 (火)

伊東 カイワリ釣行 3回目

2014/6/15 のりべんさんからの嬉しいお誘い、伊東カイワリ釣行3回目が決定しました。
予報では風、波とともにOK、申し分ない日になりそうです。

Img_1404

釣り具いとうの手漕ぎボートで出たのは5:33。
もちろん、伊東釣り具スペシャル、カイワリ仕掛け3つ購入しています。(サバを気にして針は4つ)
既にのりべんさんは出ています。
この笑顔、2ヶ月半、体調悪く出られなかったのりべんさんの嬉しそうな雰囲気が思いっきり出てますね。(笑)

Imgp8863

のりべんさんからイワシが底から5mで釣れてますよと・・・、
こちらはサバデス・・・。(笑)
しかし、言われていたほどの猛攻はありません。
ちょっと安心。(笑)

Imgp8865

この直後いい引き、サバかなっと思うのだけど、ひょっとしたらカイワリだったかも・・。
途中で逃げちゃいます。

Imgp8869

そして、buruさん御一行登場、この時既にananさん、五目漁師さんも参戦されてます。

Imgp8870

のりべんさんにカメラを向けるとガッツポーズ、ホント楽しそうです。
やっぱ釣りに来なくっちゃ。(笑)

Imgp8873

いい引き、サバではないと思ったら、アジ。
嬉しい一匹です。

Imgp8874

この後、魚を釣っているとボートの上30cm位を何かが飛んでいきます。
丸い胴体、そして羽? いや、ヒレが付いたトビウオ、びっくりです。
伊豆多賀で2cmのトビウオの子供が飛んでいくのを見たことがありますが、ボートの上を飛んでいくトビウオは初めて。(笑)

このトビウオ、この後もアミコマセを食べにボートの周りにやってきます。

やってくるたびカイワリが釣れる感じで、幸運のトビウオでした。

で、次に釣れたのがカイワリ、やったーー。

2回目の釣りでカイワリ釣ってはいたのですが、知らぬ間にかかっていたので、感触がわかりませんでした。このグイグイ引張る感触、いいですね。

buruさんに釣れてるよと言ったら、こちらはもう終わりましたと・・、どうも群れは来るのだけど、去るのも早そうです。

ここで、昔、ハナダイ釣りで片貝に行っていた時のことを思い出しました。
後輩と一緒だったのですが、何故か隣り同士なのに、彼だけポツポツ釣れて自分には来ない、10:3位で圧倒的に離されたこと。この時、次に時合がきたら抜いてやろうと取った行動は・・・。

当たり前と言えば当たり前の作戦、手返しを滅茶苦茶良くすることです。コマセは食いが立っているから人差し指か親指位入れるだけ、リーリングは電動より早い高速手巻き。釣ったらすぐコマセを入れてすぐ投入。相手が2回入れる間に3回以上投入する作戦です。
結局、この時合で後輩に追いつくことができたのです。

これ、釣り味を楽しむことも無く、ただ機械的な釣りになるのでつまんないのですが、かなり効果的です。

よし、これだと思い、次のカイワリが来たらやろうと決心しました。

Imgp8877_2

そして、またサバ、結構いい型だし、オニ釣行のいい餌になるのでキープです。

そういうわけで、ここからは忙しくて写真がありません。カメラも出しっぱなしでぶら下げているものだから曇っています。

とにかくカイワリ来たら、親指位のアミコマセをカゴに入れるだけ、その分手返しが良くなります。コマセが足りないのではと思うかもしれませんが、短期勝負で長く入れるつもりはないので十分です。
カイワリは外したらボートの中にほっといて、こませをさっと入れ、即、仕掛けを落とす。
今日はほとんど底なので、少し1m位上げるかどうかで、一振り、そして待つ、の繰り返しです。待つ時間もそんなに待たないうちにカイワリが来ます。
釣れなければ電動より早い、高速手巻き。

ちょうどカイワリ専用に使っていた竿はアルファタックルの「夢人comono ライトアジ」という30〜40号のライトビシ使用の竿です。そして手動リール。
これに錘を付けていたのですが、最初40号の錘でやってみたのだけど、胴付き特有のホワ~ッとした着底が気に入らず、60号に変えたのです。ちょうど竿が錘負けして穂先が暴れなくなる感じ、ハナダイ釣りと似た感じの設定です。これが全て当ったのか、針掛かりはがっちり、カイワリが通り過ぎる間に何回かうまく釣ることができたようです。

かなり忙しかったけど・・・。(笑)


Imgp8879

そして、またカイワリ、それもダブル。

Imgp8880

気がつくと、のりべんさんは大物と格闘中。

ananさんの適切なアドバイスが飛んでいます。

そして結果は・・・、エイだったようです。(笑) お疲れ様ーー。

Imgp8884

ここでやっと噂に聞いていたコサバに遭遇、小さいから、これが束になって来たらどうしようもないですね。自分は2匹だけでした。

Imgp8887

やがて当たりは遠のき、何も来なくなりました。
この間、釣ったのはカイワリ8匹でした。

このうち1匹は60号の電動リールです。
電動リールは60号の竿と80号の竿と使っていました。このうち80号は泳がぬ泳がせ釣り、伊豆多賀でオニを狙う仕掛けです。これは一度だけイワシを半分かじられただけでした。
60号の竿はビシ仕掛けで狙っていたのだけど、当たりが無いため、途中からサビキに変更しました。サバによるサビキの消耗が早いとの情報だったので、キャスティングで安いサビキを購入。

Imgp8840

そして緑のマジック・・・。(笑)

Imgp8843

芋焼酎さんのネタですが、塗ってみたのです。
ただ後で伊東釣り具の仕掛けをみたら、サバ皮が緑ではなく、針が緑でした。
でもワッとカイワリ来た時、これでも1匹釣れたのです。
ただその後、群れが去ったので評価は難しいところです。(笑)

Imgp8845

熱海と行きかうジェット船が出ていく頃、既にアミコマセが心細くなってきました。
そういえば、ハナダイ釣りでも、他の魚でもいつも自分はコマセをたくさん使っていたことを思い出しました。カゴは下は全閉、上は1/4ほどしか開けていません。カイワリの最後の方では上も閉めていた位なのですが、投入回数がめちゃ多いためでしょう。
やはり私はコマセ食い、4kgを使い切りました。

のりべんさんが上がると聞いた時、自分も終わることになりました。

Imgp8890

伊東でもカヤックやられる方、発見!!
お話もさせていただきました。
伊東でも浮かべれることがわかっただけでも可能性が広がって嬉しいですね。

Imgp8892

今日の釣果、サバがかなりあったので結構重いです。

Img_1405

結局、サバは6匹持ち帰り、半分はオニの餌と、ソボロに、半分はシメ鯖、そして炙りシメ鯖も挑戦、出来は悪いですが、美味いですね。

Imgp8895

カイワリとアジです。
結構いい型もいました。

去年の7月にのりべんさんや五目漁師さん達、海水調査の芋焼酎さんなどとその時は釣ったこともなかった「カイワリ、イトヨリ、伊東の海底考」を作ってから1年近くになりますが、本物に会えて嬉しいですね。

Imgp8897

刺身絶品です。ナメロウ、庭に作った大葉を使い作りました。大葉の香りとマッチします。美味い!!

Imgp8901

綺麗でないけど、ヅケです。アジとはまた違った美味さです。
これはカイワリやめられなくなりますね。

Img_1407_2

今日の潮汐です。楽しかったなぁ・・・。また行きたくなっちゃう・・・。(笑)

20140615tide

2014年6月15日 (日)

ちょっとだけ 小改造

2014/6/14 朝の暑くないうちにと草刈りを終えてぼーっとしていた時、11時位ですかね、長浜からシーカヤックが続々と出てきました。

Dsc_4139

おーっ、結構いるなぁ。数えてみると15隻、初島でも行くのかな?
シーカヤックは自分たちの乗っているシットオンカヤックより軽く、スピードも出るので遠くへ行く方もいるようです。中には伊豆半島一周したり、神子元島(みこもとじま)へツアーするシーカヤックもあるようです。

Dsc_4150

神子元島へのツアー記事をブログで読んだことがありますが、海流の早いところがあったり、航路だったり、常に荒れているところがあるようです。中には重いシットオンカヤックで行かれた方もあるとか・・・。その技量、体力は尊敬の一言に尽きます。

20140615mikomoto

気がつけはかなり沖へと出てきました。やはり初島ですかね。

Dsc_4162

そういえば2012/6/23下のようなコースで釣りをして青の濃い部分、60mの定置網でオニカサゴを狙っていた時のことを思い出しました。

20120623kayak

長浜から続々とシーカヤックが向かってきます。男性ばかりでなく、女性の方もおられるし、タンデムカヤックも見られました。そして皆さん挨拶をしてくれます。「おはようございます。」「釣れますか?」・・・。60mの沖で延々挨拶・・。(笑)目的も使い方も違うカヤックですが、なんだか楽しかった一瞬でした。(笑)

Imgp3298

さて、今日の本題です。前回の釣りで五目漁師さんとカヤック2隻で出る時、魚探を両方で使うため、バッテリーを別々に積まなければなりませんでした。今まで電動リールの電源は、魚探側の電源が不安定になるかと別々に積んでいたのですが、今回、1つのバッテリーで電動と魚探両方使い、問題が無いことがわかりました。

ならば、明日の伊東の手漕ぎも電動使わない手はありません。早速魚探BOXに電源取り出し口をつけます。

Imgp8847

赤枠の部分、マジックで印をつけて、はんだごてでコの字型にカットです。

Imgp8848

ピッタリです。

Imgp8852

蓋をすれば抜けだすこともありません。

Imgp8853

運搬時は魚探が入るだけでなく・・・。

Imgp8855

電源コード2本も全て収納。

Imgp8856

これで楽に釣ることができます。
魚さえいてくれれば・・・・。(笑)

Imgp8859

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ