無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« Reefmaster小技集03 潮位データ補正 | トップページ | 久々のカヤック釣行 »

2014年5月 3日 (土)

Reefmaster小技集04 潮位データ補正 補足

2014/5/3 潮位データ補正はうまく出来ましたか? こちらは少し変なものが出たので紹介しておきます。

まず、2014-04-26 07:33:00のデータですが、グラフのところの日付がおかしく表示されています。UTCの表示でもないようです。しかし、2000/2/1のデータは入れておらず、データとして表示されていているので誤表示では?

20140503_02_2

WXTideで2014-04-26 07:33:00のデータを見ると・・・。同じなので日付の誤表示、バグではないかなと思います。

20140503_03_2

しかし、2014-04-06 06:38:00のデータはグラフ表示もされませんでした。
何回かTideStation→itouをクリックしたのですが、駄目・・。
そこでマニュアルで潮位を入れたのがこれです。
今回はこの入力方法を紹介します。

20140503_01

Manualをクリックします。

20140503_04

前回のブログで使っている変換した潮位データをあらかじめ開いておきます。
潮位データからその時間の潮位を調べ、リーフマスター、Tideのグラフ下に日付と潮位を入力します。

20140503_05

入力が終わったら+をクリック。
グラフに青い線と、その時間の潮位位置に赤い点が現れます。

20140503_06

繰り返し、違う時間と潮位を入れていきます。

20140503_07

点が2つになりました。

20140503_08

点が3つになりました。

20140503_09

次第にタイドグラフになってきます。

20140503_10

繰り返して入れていきます。

20140503_11

もし間違ったデータを入れて削除したい場合、入力した時間をクリックするとゴミ箱が出てくるので、クリックで削除できます。

20140503_12

釣行時間帯はグレーで表示されているので、それをまたぐ範囲を1時間置きの打点で入れました。

20140503_13

完成です。
なお、今回マニュアルで入力した後、このブログを作るため、ファイル名を変えて同じものを作りましたが、こんなことをせずにAUTOで読み込ませることができました。
これもバグかもしれません。

20140503_01_2

« Reefmaster小技集03 潮位データ補正 | トップページ | 久々のカヤック釣行 »

海底地形図」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!

バグにも良いバグと悪いバグが有りますよね(^w^)

悪いバグは裏技に発達するので良いですが、悪いバグは腹立つので『仕事にならん』と社内一周して顔つなぎしながら、モチベーション回復したりします(笑)!

釣りの道具の場合は趣味なんで許せるかなと思いながら読んでしまいました(^_^;)

でも、魚探は買いませんが(笑)!

使わないのに使っている人の記事を読んで色んな情報を集めて自分の釣り方を見直すきっかけにしてますから、自分の面の皮も随分と厚くなったものです(笑)

でも、冗談抜きで海底状況をイメージするのにホントに助かるんで、これからも宜しくお願い致しますm(_ _)m

APさん、おはようございます。
よくぞ、こんなLowranceを使わないとわからないブログを読んでくれてありがとうございます。五目漁師さんにもさっぱりわからないと言われてるんですよ。(笑)
この海底地形図シリーズのブログをやりだしてから、パソコンの知識はかなり豊かになりました。釣りの技もこのように身に着いてくれると助かるのですが、こちらはなかなかそうはいきませんね。
自分の場合、海底がどんな形になっているのか、そこにはどんな魚がいるかの好奇心が強すぎるようです。(笑)
これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Reefmaster小技集04 潮位データ補正 補足:

« Reefmaster小技集03 潮位データ補正 | トップページ | 久々のカヤック釣行 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ