無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« Reefmaster小技集04 潮位データ補正 補足 | トップページ | 引っ越し完了!! »

2014年5月11日 (日)

久々のカヤック釣行

2014/5/10 ゴールデンウィークは伊東釣行はありましたが、手漕ぎボートでした。連休中にカヤックもと思いつつ、野暮用が重なり行けず仕舞い・・・。

そんな訳で次こそはカヤックと思いつつ、前日の五目漁師さんの伊東カイワリ釣行の結果を見て、ぐらつく心。(笑)

色々考えたあげく、やはり後悔の残るのはこちらと、網代カヤックに決定しました。
風の予報は問題ありません。

Img_1336

7:00に出発、既にカヤックやらエンジン付きボートの方は出発されています。

今日の目標はいつもと一緒、オニ、アヤメ、ウッカリ(カンコ)のカサゴ3兄弟、そしているのならアマダイも狙おうと、オキアミ、サバタン、イワシの餌釣りです。

Imgp8516

平らな波一つない海面。こんなのなかなかないです。

Imgp8517

40mで少しだけ鯛ラバも試しましたが相手にされず、速攻100mです。(笑)

Imgp8519

第一投目、カサゴ狙いの竿にガツンと来ますが、バラシ・・・。
原因はサバタンで落したため、呑み込む前に合わせてしまったのか、サバタンだけ持っていかれたようです。

実は、いつもなら五目漁師さんに教えていただいた、Wフックのワイヤー仕掛けなのですが、フロロ製シングルフックがかなりの在庫になっていたので、これを消化しようとしてました。(笑)

Imgp8520

アマダイ仕掛けのオキアミに当たりです。
なんだか小さな引き・・。

Imgp8522

サクラダイのW、一匹は元気だったのでリリース、目の玉飛び出たのはキープ。
最初からバラシ、そして小物、なんだか良い展開ではありません。(笑)

Imgp8523

カサゴ用にいい当たり、引きも最初は凄いです。

Imgp8526

上げてみると3本針にカンコの20cm位とアヤメの15cm位のWです。
とりあえず、これで狙いの物は釣れました。

上がカンコ、下がアヤメ。

Imgp8527

アマダイ竿に当たりです。心地よい引き。

Imgp8533

おーっ、釣れないかと思っていたアマダイ、25cm位ですかね。
嬉しい1匹です。結局アマダイはこの1匹だけでした。

Imgp8534

次に上がったのはユメカサゴ? 初めてです。15cm位で喉の中は真っ黒、煮付が美味そうです。

Imgp8537

トラちゃん、棚が深すぎたようかな? いずれもアマダイ用の竿です。

Imgp8539

カサゴ竿にいい当たり、上まで抵抗しているからアイツです。(笑)

Imgp8540

35cm位のオニです。

カサゴ3兄弟といっても、こいつがメインなのです。
これが来なくては始まらない。

ちなみに好きな順位はオニとカンコが同率で、アヤメか少し下かな?
オニはやはり姿も味も魅力だし、カンコは何と言っても大きいことです。味も悪くないですからね。アヤメは大きさと味で少し負けているかなぁ・・。

Imgp8544

カサゴ竿に当たり、引きはさほどでもない。

Imgp8546

ムシガレイでした。塩焼きかな?

Imgp8547

アマダイ仕掛けに軽い当たり。

Imgp8549

ムシガレイならぬガンゾウビラメかな?
色、形は良く似ていますが、頭の位置が右と左で別です。

Imgp8551

この後、カサゴ仕掛けに強烈な当たり、ガンガン引張られ、首振られて、プチン・・・。(笑)
やっぱワイヤーかな?
ワイヤー仕掛け、今までサメで実験しましたが絶対切れません。(当たり前ですが・・・)
ただ問題もあって、絡みやすいのです。それでワイヤー仕掛けの場合は2本針にしているのですが、3本針の方が釣れる気がする。(笑)

この写真の上の赤い針に付いているのは、シングルフックに孫針をつける、自分が考えたものです。ケブラーに針が結んであって反対側はチチワになっています。これを赤い針にかけるとイワシをつけることができます。なんだか変な形ですが、自分の中ではかなりの実績を持っていて、サバタンとイワシを使う場合、仕掛けが1種類で済むので重宝しています。

Imgp8553

で、いい当たり、イワシ餌のカサゴ竿。途中までかなりの抵抗と首を振っているだろう感覚が糸から伝わってきます。
そして最後は抵抗が消え、ブカッと海面に浮いてきました。

で、でけぇ~っ、釣ってびっくり・・。

Imgp8556

カンコです。口の中、自分のげんこつが余裕で入ります。長さは50cm位と思われますが、とにかく頭がどでかい・・。自分の中での新記録です。

Imgp8561

ここまで、何度か流し釣りをして、流されると位置を変えて100m付近でまた釣っています。

面白いのは流され分を考慮して反対側へ移動しすぎると、逆に流れる流れがあるようです。伊東側へ流されて、熱海側へ帰りすぎると今度は逆に熱海側へ流される、そんな感じなのです。風なのかと思いましたが、それほど風もありません。ひょっとすると風と流れが逆で、強い側が出ているだけかもしれませんが、面白い現象です。
自分はここでやる時はパラシュートを使っていませんが、今回は最後まで緩やかな流しが出来ました。

もう一つ、クラドが今回も多い、竿先にこんな団子が出来てしまいます。
前回はこれが詰まるので掃除しながらでしたが、今回はリールを巻くのを止めると自然に落ちていくので、手間いらずです。(ここまではそう思っていました・・・。)
海中を覗き込むと、半透明の薄茶色3~4cm位の棒状のものがいっぱい漂っています。おそらくこれがクラドでしょう。

Imgp8562

またまた、カサゴ竿です。

Imgp8563

カンコ、30cmくらいかな。

Imgp8566

カサゴ仕掛けの餌点検で上げてくると、表層でガツン!! ビリビリビリ・・、この振動は2匹のゴマサバでした。

Imgp8568

ヒメコダイが釣れてきます。アマダイの棚に合っているのだけど、不在かなぁ。

Imgp8570

カサゴ仕掛けにいい当たり、サバタン餌に上がってきたのはヒラメ?と思う位大きい30cmのムシガレイ。

Imgp8572

そしてこの後仕掛けを付けて落そうとした時、糸が出ていきません。
なんだかな?と穂先を見るとポッキリ・・・。

ぶつけたり、無茶をしていないのですが、あっけなく折れてしまいました。
このリーディングはこれで2回目です。

原因ははっきりしませんが、クラドが詰まったのでしょうか? 
電動なので無理した感じは無かったのですが、不明です。

Imgp8574

仕方がないので、アマダイ仕掛けをカサゴ仕掛けに交換、当たりです。
クラドは心配だけど・・・。(笑)

Imgp8575

ムシガレイでした。

Imgp8581

そしてこのあと、最後のイワシ餌に強烈な当たり、首を振られているのがわかるから、サメではありません。しかし、ブッツン・・・。(笑)
ここは大物がまだまだいそうです。

Imgp8582

イワシも切れたことだし、ここで納竿とすることにしました。
一日穏やかな海、最高の日でした。

Imgp8583

クーラー満タン状態、
カンコ3、オニ1、アヤメ1、ムシガレイ3、ガンゾウビラメ1、アマダイ1、ヒメコダイ1、サクラダイ2、ゴマサバ2、ユメカサゴ1という釣果でした。

Imgp8588

カンコの大きいものの半身は五目あんかけに・・。
これ、肉厚が半端じゃなく、これだけでお腹がいっぱい。(笑)
ぷりぷりしたカンコの食感がたまらなく美味いです。

Imgp8592

オニとカンコの肝、胃袋のポン酢あえ、いつもなら少量しか取れないのですが、今日はこれだけでも凄い量です。う、美味いです。

Imgp8593

アラ煮付けもいっぱい、まだ手が回りません。
アマダイは昆布締め、鯖はシメ鯖に変身中です。

Imgp8595

今日からリーフマスターです。
やはり100mは遠いですね。

20140510

今日の潮汐、若潮でした。

20140510tide

« Reefmaster小技集04 潮位データ補正 補足 | トップページ | 引っ越し完了!! »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

大物釣りのumeさんおはようございます。

底物の宝庫のような釣れっぷり、
もし伊東に行ってたらと考えると釣果の分かれ目
ポイント選択の大事さを思い知ります。

恐らくクラドの影響が及んでいない深場が良かったのではないでしょうか。

伊東側に流されたり、逆に流されたりで潮目だったんでしょうね。
あれだけ沖にでながらパラシュートも入れずに程よく流れる日ってそんなにないですよね。
私も次回は川奈の深場を予定していますが、先日釣った魚をいただかないことには先に進めません。
こんなのを見ると辛抱がたまらないですね。待ち遠しいです。

リーディングって穂先交換でしたっけ、それとも修理ですか?
何れにしても修理保証があるのではないでしょうか。
修理だったとすれば問題があったように思います。

私も、先日形状記憶合金の天秤を普通にシャクった瞬間に
ポロッとやっちゃいました。
金属疲労ですね。初めてでした。

五目漁師さん、おはようございます。
大物釣り師?(笑)たまたまです。
あそこは海の機嫌がいいとプレゼントをくれる所です。
以前エンジン付きゴムボのおじさんも釣っていました。
カンコのことを知らないらしく、「これって何?」て聞かれた位です。(笑)
そうか、潮目ですか、そうでしょうね、最初はなんだこれ?って思いました。でもそんなところだからこそ魚がいるのかもしれませんね。
昨日は五目漁師さんの大変さがわかりました。
なにせ、捌いても捌いてもまだあるし、冷蔵庫に入るかどうかも分からなくなりました。(笑)とりあえず大きいの半分食べて減らそうと・・・。(笑)とうぶんカンコ三昧出来そうです。

リーディングは先端が埋め込み式なので修理可能ですが、単品購入、交換とはいきません。修理に出すしかないのですが、そうか、保証期間か・・・、去年の8月だから効くかな?
ちょっと考えてみますね。
形状記憶合金の天秤ってダイワのやつですよね?
自分も持っているけどそんなことがあるんですね。
知りませんでした。

iOSです。こんにちわ。

カンコでかいですね。35cmの鬼が小さく見えます。
さぞ良い引きだったことでしょう。

それから平べったいものも沢山釣れるのですね。砂地に岩礁がぽちぽちある感じなのですかね。手漕ぎボートでいけないところなので場荒れしてないので魚影が濃いのでしょうか。

伊豆方面は三浦半島と風が別物なので三浦が駄目なときでも行ける時gあるので助かります。

それではまた伊豆でおあいしましょう。

iOSさん、こんにちわ。
いい引きでした。いつもここで思うのは、サメかな?という心配なのですが、最初から引きが違います。これは楽しかったですね。
いつもなら高速巻き上げなのですが、今回は竿をあおらず、かつ中速で上げました。(笑)
ムシガレイ、ガンゾウビラメですが、今までの経験だと砂泥質のところに多くいるようです。これとかトラギスなどかかるとアマダイの棚から外れているというやつです。実際この辺で根がかりもしませんから、起伏は多少あっても、平らなところのようですよ。錘は着底時、ズボッと埋まる感じですね。
確かに手漕ぎの方は無理かもしれませんが、エンジン付きボート、クルーザー等は良く来るところです。
漁船とクルーザーが一緒になって釣ったこともありますが、カヤックは場違いな感じになりますね。(笑)
しかしカヤックも最近増えています。中には200m以上行く猛者もいるのですが、自分はなかなか行けません。
自分はこちら専門で、三浦半島とかは行けないかなと思っていますが、大津や葉山、油壺で釣ったこともあります。あの辺もいいとこですね。
是非こちららへも来てください。またご一緒しましょう。

ウッカリでかいですねー!(◎_◎;) それにナイス釣果!ぼくも網代にすればよかった…と悔やんでいます(≧∇≦)w

この釣果を待ってましたよー(笑)すごいですね!やっと海の中も活気がでてきましたね!僕もそちらに行きま~す!

こんばんは。

これを待っていました~。
でかい!

それにしても100mを釣り場にできるカヤック、すごいですね~。
100mかあ~・・・。
不思議な世界です。

こんばんは、のりべんです。ご無沙汰しておりました(^-^)

オニカサゴにヌシ級のカンコ!多賀のumeさんここにあり、
流石はumeさんです!このご釣果を待っていましたよ〜(^o^)♪

これぞ深場ですね。早くリハビリして多賀の海に浮かびたいです!

追伸ー平熱になって5日目となりました。そのまま体力をつければ大丈夫、と思います。今週末カヤックはとても体力的に無理ですが、どこかの海に浮かびたいです(^-^)

Fishboneさん、こんばんわ。
久しぶりの伊豆多賀、楽しさ抜群でしたよ。
是非こちらにも遠征してください。
一緒に行きましょう。
深場は面白いです。
あ、もっともFishboneさんの深場は桁違いでしたね。(笑)

アカフォレさん、こんばんわ。
なかなか釣れない日が続きましたから、ほんと久しぶりの面白さでした。
このサイズのカンコの引きは抜群です。
またまた病みつきになりました。
他の魚も狙いたいのだけど、ついついこちらに走ってしまいます。(笑)
また行きましょう。

芋焼酎さん、こんばんわ。
実は魚ばかり食べていて、嫌いにはならないのだけど、まだあるの?っていう感じです。(笑)こんなことはめったにないので満喫しておきます。(笑)
100m、手漕ぎでは少しきつい距離ですが、カヤックでもかなり怖い思いもしています。それだけに、少しでも風の強い日や波の高い日は行かないことにしていますが、魅力が多すぎる場所です。100mから200mはすぐそこなので、色々海底地形図を作っては調べているところです。これだけでも結構面白いですね。
今度、網代に来られるときは前もって教えてください。
ポイント教えます。(笑)

のりべんさん、こんばんわ。
お体、大丈夫ですか?
無理して、ぶり返すことのないよう、しっかり治してください。
また伊豆多賀、伊東、真鶴と釣りに行きましょう。
それまで、しっかり釣りきっておきますからね。(笑)
(こんな言葉、好調な今しか言えない・・・。(笑))
また行きましょう。

こんばんは!

3回読み返しました。
凄い釣果です!
底物好きの私には目が(☆o☆)になってしまいます。

50cmのウッカリカサゴは大きすぎて、色が違えばアコウダイ(メヌケ)に見えます!

私も是非とも釣って鍋にしてみたいです。
アマダイも良いですね!

今回のログを見ましたが100m付近に駆け下がりが有りますか?

魅力的な地形です。

伊豆多賀、網代は駅からボート屋まで歩けるのも魅力的ですね!

往復の電車代がボート代より高いのが玉に瑕ですが、それでもこれだけ底物が来るならばお釣りがきます(^w^)

6月に行きますのでアドバイス宜しくお願い致しますm(_ _)m

APさん、こんばんわ。
おそくなり、すみませんでした。
底物、面白いですね。
特に今回のような大きいのが、抵抗した後、ボカッと浮いた時は感激モノです。
APさんも一度いかがですか?

100m付近より先は急に深くなります。
少し出ただけで150、200と深くなってしまうのです。
ちょうど台地の端のようなところだと思います。
さらに深みには大物がと思うのですが、今のところでかいサメしかかかりません。ここから先の深さは暫くサメの巣窟のようなところかもしれないですね。

APさん、来られるとすると電車ですか?
その時はまた教えてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々のカヤック釣行:

« Reefmaster小技集04 潮位データ補正 補足 | トップページ | 引っ越し完了!! »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ