無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« Mini-X 魚探取り付け (2) | トップページ | Reefmaster小技集01 マニュアル翻訳について »

2014年4月27日 (日)

意外な展開、伊東釣行

2014/4/26 五目漁師さんの「本日のエサ取りカイワリ」の情報ですぐにでも伊東に行きたい気持ちに・・・。
明日は土曜日、今から釣り具伊東にと電話してみるも、既に予約がいっぱい・・。
駄目かもと思いながら、初めてのオーシャン釣り具に電話したら「空いてるよ、コマセは4kg溶かしておくかい?」ありゃ?五目漁師さんの言ってた通りの展開だ。(笑)

風、波、天気も申し分なしの予報です。

Img_1297

で、張り切り過ぎて、6:10には家内に送ってもらい到着、buruさん親子、iOSさん、そしてコミさん(?)(すみません、はっきりと覚えていませんでした。)達と合流、店が開くまでの待ち時間も楽しく過ごせます。

偶然なのですが、今回のメンバーはLowrance繋がりのメンバーとなりました。

Imgp8439

オーシャン釣り具さんは、予約の電話でも聞いた通り、7:00からということで、釣り具伊東より遅くなっています。(これも五目漁師さんの言っていた通り。)
今日取ってきたという筍をいただき、(これも五目漁師さんの言っていた通り。)ポイントと釣り方のレクチャーを受けて、7:34に漕ぎだしました。
buruさん、iOSさんが準備しています。

Imgp8441

前を行く、コミさん。

Imgp8443

ポイント到着、アンカーを降ろしてライトアジ用の竿、これでカイワリをメインに狙うつもりです。1回目投入し、何分か経って、コマセを入れようと巻いていた時、20m位でキュキュンと何かがかかった、引きからするとカイワリ? まだ手漕ぎで釣ったことが無いのでなんとなくですがそんな感じ、なんかいい出だしです。

Imgp8445

こちらは少し長めの竿、アマダイ仕掛けで底にいるものを狙っちゃおという魂胆です。

Imgp8446

こちらの竿受けには魚探のトランスデューサーが取り付けてあります。
思った通りの感じに取りつきました。

Imgp8449

そして筍ともう1本の竿、これは60号負荷のオニカサゴに使う竿のサブを持ってきました。
しかし、残念ながら急な釣行だったため肝心のサバタン、イワシどちらも用意できていません。今日は何か釣れたらそれを餌に使う位、あまり活躍の場は無いだろうと思っていました。この時点では・・・。

他に五目漁師さんに感化されて、手釣りの道具も持参です。(笑)

河岸払いの時、マスターが筍積んでいるのを見て「何だぁ? 沖へ筍持っていくんかい?」って言われたんですけど、すんません、車は帰っちゃったもんで・・・。(笑)

Imgp8450

buruさん親子は左端、iOSさんは動力船の横の小さい船とそれぞれ自分のポイントに入ったようです。

Imgp8453

凪で天気もいいし、ボートもかなり集まってきました。
手漕ぎボート日和です。

・・・・・・・・・・・しかし、誰も釣れん・・・・。(笑)

釣れてる気配が全くないし、もちろん自分の竿もピクリとも動きません。
中にはボートの中で昼寝する人も出てくる事態・・・。

自分は忙しいです。釣れないとわかってきたので、アマダイ釣りの竿とカイワリ竿以外に手釣りで縦を探り、寝かしておいたオニカサゴ用の竿も6mの真鯛仕掛けをつけて投入です。

マスターのカイワリの釣り方は、オキアミ餌で、底から仕掛け分と2m上げて待つ、5分置きのコマセ確認ということでした。

そこで忠実にカイワリ竿と真鯛仕掛け竿をこの間隔でコマセを入れつつ、手釣りで縦の探り、そしてコマセ交換、アマダイ仕掛けのオキアミ確認という、暇なようで滅茶苦茶忙しい時間が過ぎていきます。(笑)

Imgp8466

伊東丸、釣り具伊東のママさんが陣中見舞い、なもんで、当然自分のオーシャンの手漕ぎボートには寄ってきません。(笑)

この少し前、あまりにも釣れないことから、buruさんが移動、そして自分も前回のポイント近くへ移動します。

Imgp8468

遊覧船が走っていく、ん???、何か嫌なものを見た。

Imgp8474

その航跡の波が赤い・・・。赤潮です。

Imgp8475

で、自分の周りも次第に赤くなってきました。

Imgp8477

隣のボート近くは真っ赤になっています。

Imgp8479

もう駄目かと思い、坊主を覚悟した11:30頃、真鯛仕掛けの竿が微妙に重い・・・。
上げてみるとカイワリです。
手漕ぎ初、伊東で初のカイワリですが、置き竿で、しかも一番しっかりした竿なので、キキュンも何もわかりません。釣れたのは嬉しいけど、細い竿でやりとり楽しみたかったなぁ…。

Imgp8481

またまた凄い赤潮。

Imgp8482

ここまでアマダイ仕掛けも全く反応が無く、付けたオキアミが30分経ってもそのまんまの状態で上がってきましたが、やっとヒメジが釣れた。リリースです。
この辺から手釣りによる縦の探りもやめました。(笑)

Imgp8485

真鯛仕掛けを確認しようとしたら、かなり重い・・。
巻き上げると少し抵抗するけど、やはり重い・・・。
なんだろ? 前回のことがあるのでサメとも思いましたが、基本的にサメとは違う・・。
カゴが上がったので6mのハリスを手繰りよせます。
ボートの縁で魚体が見えず、覗きこもうとしてもよくわからないので、エイヤとばかりタモ無しで引張りあげました。
最初の感じは、なんだか背中が見えたせいか、黒い塊がドサッと入ってきた感じ。

・・・・・・・・・・

ウワッ、デッケェーーー、アジダァ・・・。

マスターに後で測ってもらったのですが50cm。
こんなの見たことねー。釣ったことねー。自分のアジのレコードだぁ。(笑)たしか40センチも釣ったことが無い、38cm位が今までの記録です。

しかし、こんなのよくまぁタモ無しであげたものです。
口の上側の薄い部分でなく、横の固い部分にがっちり入っていたので大丈夫だったようです。

Imgp8487

カイワリ、巨アジとも真鯛仕掛けのこの竿でしたが、引いた瞬間はわかりません。
理由は、竿受けの固定用の木のブロックが足りなかったため、変な固定になっていて、幾ら調整しても、竿先は常に海中へ突っ込んだままだったのです。

真鯛仕掛け、実はあまり得意ではないのです。

あの長いハリスを考えると海底でのイメージが湧かないのです。
しかし、今回の釣果で俄然ロングハリスも勉強せねばと思い出しました。
10mとかもっと長いのがありますからね。

Imgp8490

12:00頃から次第に風が強くなり、波も出だしました。
陸側へ吹く風なので、帰りが困ることはありませんが、みなさん平気で釣っています。
アンカー打っての釣りなので問題は無いのだけど、カヤックは流すことが多いので、この風だと帰っちゃうことが多いですね。

Imgp8491

1:30 4kgのコマセを使いきり、家内が14:00に迎えに来るということで、帰ることにしました。
buruさん親子はお子さんがカイワリを釣ったとか・・。
赤潮無ければいい釣り出来たかもしれないですね。

Imgp8495_2

iOSさん40cmのホウボウ釣りました。
いいですねー。

Imgp8496

今日の釣果

アジですが、なんか、やたら長いです。
ひょっとして記録用の特別アジ??(笑)
尾びれも大きい。
マスターに聞いたところマアジとのこと、自分も帰って図鑑で探しましたが、ムロでも、オニでもマルでも無さそうで、やはりマアジのようです。

カイワリは17cm、伊東での初めてのカイワリでした。

Imgp8502

アジのアラは半分煮付け、半分味噌汁に。
煮付け美味いですね。

Imgp8504_2

刺身にしましたが、脂ののりはイマイチ、不味くはないですが、美味くもない。
50cmというと老成魚、そして尾びれの長さ、スマートさから見て、筋肉質なアジだったようです。

Imgp8508_2

ヤリイカ(これは釣っていません(笑))とともにカイワリの刺身。
これは美味いですね。
うーーん、やはり伊東に行かねば、カイワリ釣りに・・・。(笑)

Imgp8509

今日の潮汐。

20140426tide

今日のコースの一部、海底を3D化してみました。
砂泥質のようですが、全てが平らなわけではなく、多少凸凹しているのですかね。

20140426itou3d

« Mini-X 魚探取り付け (2) | トップページ | Reefmaster小技集01 マニュアル翻訳について »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

残念でした! と言うべきか
やりました! と言うべきか

やっぱり後者ですね。

カイワリのツツ抜け程度はいつでもできますが
このアジは記録ものですね。
伊東の釣りがまた楽しくなったと思ったのですが
よく考えてみればこんなのが群れでいるわけではなく
本当にたまたまですね。もうないでしょう。
いやーびっくりです。

速報で聞いた時にはカイワリの仕掛けでよくあがったなと思いましたが
真鯛狙いのロングハリスだと4号?5号?だったんでしょうか。

それにしても手持ちで掛けたかったですねー。
でも合わせると口元の薄いところに掛かる可能性も高いですし
元気な内だと上がらなかったかもしれないですね。

カイワリやイトヨリもも居食いすることが多く
置き竿だと食いの直後意外はわからないことが結構多いですね。

umeさん、伊東にハマりそうですね。
今度はご一緒させて下さい。

声かけていただければいつでもピックアップしますよ。
私暇なんで。

iOSです。こんにちは。

昨日は釣行お疲れ様でした。
いろいろお話させていただいて楽しかったです。

釣果が全体的に渋かったのは朝一の網の影響でしょうかね。でも、皆さん苦戦される中、きっちりと本命のカイワリを確保しておまけに巨大アジを釣られるとはお見事です。

竿受けに魚探のトランスデューサーは良いアイディアですね。外側のねじ穴をうまく活用されていると思います。気をつけないといけないのはポールの長さですね。青物がかかるとボートの下でぶぐるっと回りますから長いと引っかかって切れてしまいます。私はボートの後ろにつけるのですが、福浦で50cmクラスの何かをそれでばらしています。へこみました...(笑)

またお会いしましょう。

umeさん、こんにちは。

昨日は釣行おつかれさまでした。
umeさんと同じ海に浮かんべで楽しい釣りでした。
これで釣果がでるとよかったのですが。

あの状況でカイワリ一匹もさすがですが、アジはほんとにでかい!記録物ですね。
尾びれも通常のと比較すると大きいように見えます。

私もロングハリス、ウィリー、胴突きと色々竿をだしたのですが反応なし残念な結果でした。

伊東またカイワリ釣りリベンジに行きましょう(^^)/

五目漁師さん、こんにちわ。
巨アジ、釣ったのではなく、釣れたのが正解です。(笑)
自分はマスターの言った通りの棚にセットしただけ、偶然、巨アジが通りがかり、食ったものです。引いているところを見れる等あれば、釣った感じもあるのですが、なーーんにも無いので実感自体がありません。
逆に釣る気配が漂わなかったから釣れたのかもしれませんけどね。(笑)
とにかく、いい体験させていただきました。
そういえば、初めてのところは、必ず坊主か逆にいい思いをし過ぎて後が続かないかというのが自分の場合あることに気が付きました。
今回は後者だったのですかね。
真鯛仕掛け、前回1組だけ購入して、その残りでした。おそらく4号かなとと思っています。上げる時もあまり抵抗していないので問題無かったのでしょう。

伊東、まだカイワリのいい思いをしていません。
まだまだこれからですね。
もし都合合いましたら、是非よろしくお願いします。

iOSさん、お疲れ様でした。
40cmホウボウいですね。
自分のスタートはボーズですから、全然いいですよ。(笑)
やはり、朝の漁師さん?の話、網漁の性もあるでしょう。
赤潮もあり条件は悪かったですが、次はもっと面白くなると思います。

あのトランスデューサーの支柱、ボートの後ろ側も当て木さえ変えれば付けられます。カヤックで長さを調整したのですが、手漕ぎボートでもいい感じの長さになりました。でもiOSさんの言われるように、絡むこともありますね。50cmクラスだと凹むでしょう。自分も出来るだけバトルは離してやるようにしています。今のところバトル相手はサメですが・・・。(笑)
また、色々とLowrance等話をさせてください。
今後ともよろしくです。
また行きましょう。

buruさん、お疲れ様でした。
伊東、今回は残念でしたが、全体的に芳しくなかったので仕方がないですね。自分もあれが無かったらほとんど坊主です。
今回は釣りに行く前の時間帯が良かったようで、スタート時点で勝敗が決まってたのかもしれません。
buruさんもあの手この手をやっていたのですね。
結果に結びつかなくて残念でした。
でもまた次ですよ、いい時回ってくるのを楽しみに行きましょう。

こんばんは。

記録級の大アジ、おめでとうございます。
私はサバでもそんなでかいのは釣ったことがありません。
すごいな~。

それにしても赤潮がでていましたか。
それは困ったものです。
派手な色の感じからいって、夜光虫による赤潮のように感じますが、ヤコウチュウ、体内に大量のアンモニアがあるため、魚介類には有害です。

早く潮に流されてどっかいっちゃえ~。

こんばんは!

本命一枚、特大の鰺一匹!

格好いいです(≧∇≦)/

これは渋い中では最高ではないでしょうか?

鰺は50cm越えるんですね…目が点です!

イナダと並べたら、イナダが恥ずかしくて逃げ出しそうです(笑)!

一つ気になったのが、海底の形状です。

凹凸の凸の部分には根のようなものが有りますか?

真鯛や鰺が釣れるとなると、大津だと根際や駆け上がりのイメージが浮かびますが、今回の海底地形だと、ヨブのような凹凸に見えてしまい、真鯛や鰺が好む形に見えません。

ヨブらしき形もまるでエイが餌を漁った後の穴のようです。

実際に釣った感じとして底質や根はどんな感じでしょうか?

芋焼酎さん、こんばんわ。
ほんと、自分でもびっくりしていますが、釣った感じが全くない、釣れた魚なので残念です。(笑)大きいけど体高が無いのでそんなにでかいとは思えませんでした。マスターに見てもらってびっくりしたというのが本音です。

赤潮、この季節はこの辺は良く発生しますが、これでは魚もたまりませんね。またチャンスをうかがって行ってみたいと思います。

なかなか五目漁師さんのようにはいかないですね。(笑)

APさん、こんばんわ。
いやぁ、アジさんありがと様です。こちらの腕というより、出会いがしらの感じですね。

底ですが、砂泥質なのかなと思いますが、網代のようにズボッとはまり、抜け出すのに粘る感じではないですね。
凸凹はありますが、根の感じではないです。
かなり掘れているところがある感じで、ヨブのような駆け上がりの間という感じでもなさそうです。
自分も駆け上がりではないので、魚にとって好む場所ではないような気がします。
ポイントとしては外れているかもしれないですね。

まだまだ伊東調査も始まったばかり、色々調べてみます。(笑)

マアジでっか!w umeサンすごいの釣りましたね〜
松輪サバみたいなデカさですね。
伊東のボート釣りの風景はのんびりしてていいですね。
多賀は以前よりレンタルボートの数が減ったような気がするんですけど、
GW中は賑わうんでしょうね。

iOSさんと一緒だったComey(ハンドルネームあわてて考えました)です。

伊東では、カヤックのお話が聞けていろいろ楽しかったです。また、出航時の写真もありがとうございます。

海上で、umeさんのクーラーボックスから出てきた鯵を見たときは、手品みたいでびっくりしました。(^^
小生のカイワリは、LTウィリー仕掛けでしたが、硬質な引きが楽しめたのでハマリました。
伊東に再訪したいと思います。

また、海でお会いした時に、いろいろ教えてください。

Fishboneさん、こんばんわ。
ホントこんなの見たことねー、デス。(笑)
たまたまなんですが、すごいものです。
でも見た目は細いからそんなに思いもしませんでした。
オーシャンのマスターに検量してもらっての驚きでした。
伊東、よさげでしょう?(笑)
川奈はもっと水が澄んでいます。
昨日ここからリョービボートエースで出ている人発見!! カヤック行けるかな?
伊豆多賀、網代はレンタルポート少ないですね。
連休もそんなに出ていませんでした。
ちょっとさみしいですね。

Comeyさん、こんばんわ
あまり、話をする間もなく、釣れない釣りにはまっていました。(笑)
キュキューンのカイワリ、やり取りしたかったなぁ・・。(笑)
釣れたものの、置き竿なんでさっぱりわかりませんでした。
次回は絶対引きを楽しむぞ!!(笑)

またご一緒しましょう。楽しみに待っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 意外な展開、伊東釣行:

« Mini-X 魚探取り付け (2) | トップページ | Reefmaster小技集01 マニュアル翻訳について »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ