無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月23日 (日)

6目狙いの完ボかな(笑)

2014/3/22 長らく浮いていません。野暮用やら、寒いやら、風も強い日があったりと延び延びになっていたのです。でも土曜の予報はこのとおり、これは浮くしかないでしょう。(笑)

Img_1260

夜明けの伊豆多賀、今日は風もなく凪です。
いつもと同じようにアマダイ、オニカサゴ、アヤメ、ウッカリと狙いたいのですが、それ以上に今のこの時期どうしてもやりたいのが、MAC前(今はモスバーガー)でのマダイ、ヒラメです。
それと、どうしてもやっておかなければならないのが、MAC前の一気魚探がけです。
今までのデータでも起伏はわからない訳ではありませんが、せっかくElite 7にしたことだし、今後の
ためにもMAC前の詳細なデータが欲しいのです。

Dsc_3136

長浜で準備中、地元の散歩中のカヤッカーさんと久しぶりに会うことができ、お話をさせていただきました。サイドキックを購入されたとか、安定性が良くなるので、最近付けられる方がポツポツおられます。

これ、取り付けに穴を開けなければならないので、けっこうためらっちゃいます。
そんな時は
http://ume4403.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/sidekick-ec90.html
これでも参考にしていただければいいかなと思います。
取り付け位置は自分の場合、パドルの邪魔になる部分に付けてしまいましたが、熟慮してから決断するのがいいと思います。

色々とお話しさせていただき、最後にカヤッカーの方が「今日も凪だといいのですがね・・・・。」

えっ、予報では大丈夫そうだったけど、駄目なん?? と思いつつ準備を続けました。
そういえば、前回お会いした時、同じような話をされて、やっぱ、風が強かった・・・。
昨日はかなり強い風だったし、ありがちな話だなと思い始めました。

準備が整ったのは7:30頃でしょうか?

Imgp7958_2

長浜を出た瞬間、ピューッと風の音・・・・・・。

これって、駄目じゃん・・。(笑) 当たってた・・・。(笑)

手順としてMAC前で釣った後、沖へ行く予定でしたが、かなり無理そうです。

Imgp7959

誰もいないMAC前一気に魚探がけです。
川奈観光ボートハウスのMy海図をElite 7に入れてあるので、これを目標に走り回ります。

20140322macmae_2

こんな感じで、自分の航跡を見ながら魚探がけします。


Imgp7960

走り回った航跡です。(笑)

20140322macmae02

こんな感じの根が続きます。

20140322macmae04

一気に取った後はアンカーを降ろして、まずはヒラメ狙いの竿を出します。
イワシ餌ですが、既に右には手漕ぎボートの方、左にはヒラメ狙いの遊漁船が来ています。

Imgp7961

そしてMAC前といえばNSです。カヤックだと移動しながらの釣りが多くなりますが、基本的にはアンカー打っての釣りが大好きです。オキアミ、ポロポロ撒きながらのんびりした釣りです。

Imgp7962

風上にいた手漕ぎボートの方たち、風が強いのでアンカーが流されて近づいてきます。

Imgp7967

かなり粘ってましたが、餌も取られない時間が過ぎていくので、少しだけポイント移動、ついでにサバタン餌を出しました。

Imgp7968

イワシ餌、そのまま上がってきます。傷一つなし。(笑)
NSのオキアミ、綺麗なまんまです。(笑)
手漕ぎの2人の方も全く当たりが無いそうです。
「水温低過ぎだ。」とのこと。

Imgp7970

そんな時、サバタンにわずかな当たり、小さなカサゴですが、今日はキープです。

Imgp7973

カヤックの方も来られて、3隻で浮きますが、MAC前の根は大きいのでまだまだ余裕です。
浜に着いてから見せていただきましたが、違うところで30cm位の良型のカサゴを3匹釣られていました。いいですねーー。

Imgp7975

この後11時頃、風が弱くなったのをみて平根に行くのを決断し、行ったのですが、再び風が強く駄目。ターガス前に移動したときもっと強くなりました。

沖へ払い出す風ではないのですが、戸又港側へ吹く風なので、帰るときにはモロ横波になります。カヤックの中まで波が入り、かなり危険。

本来なら定置網の外側をぐるっと回らなければならないのですが、とても行けそうにありません。定置網と定置網の間を岸側に漕いで行き、戸又側に行けば抜けられるのですが、ここは物凄く浅いところです。岸際へ寄りすぎるとぶつける可能性があるので、定置網のブイを目印、ぎりぎりを通過します。

後は岸沿いを長浜へ帰りつきました。

6目どころか、狙いではないただのカサゴ一匹でした。

長浜から見た沖、ウネリは無いですが、風はかなり強いです。

Imgp7977

今回のコース

20140322macmae05

今までのコース

20140322macmae07

MAC前の根の3Dです。横100m立50m位の根です。
こうしてみると大きいですね。


20140322macmae03


今日の潮汐 濁り潮でしたね。

20140322tide

2014年3月 2日 (日)

貧果に満足?(笑) しかし忘れ物の多い釣りでした

2014/3/1 2月中旬の大雪も過ぎ、ここ2~3日は温かい日が続きました。隣のカンヒ桜も満開でメジロがひっきりなしに蜜を吸いに来ています。

Dsc_30950001_2

さて、昨日の予報、土曜日は一転、寒い日になっています。
土曜日は手漕ぎボートの人たちと第二回内田丸 アマダイ五目釣りの日です。
少し雨が降るのと風がやや強い、出られない訳ではないけれど、快適とは言えない予報です。
でも出られただけ良かったのかな?(笑)

Img_1212_2

今回は第一回より人数が増えて12人2隻となりました。
抽選で2チームに分かれるのですが、この辺から大勢で釣る楽しさが出てきます。
皆でワイワイ、今回初めてお会いする方たちもいるのですが、全く関係なし、楽しい会話が続きます。

こちらの第三内田丸にはこの5名
こちらは船長のお父さんの操船です。

芋焼酎さん
APさん
COZYさん
 ananさん
五目漁師さん

Imgp7803

そして自分の乗った船はこちら、(プレートを見るとこちらも第三内田丸となっています。??)
操船は船長、そして若船長も釣り道具一式持ち込みで乗船です。
(これが自分にとって重要なことになるとはこの時点では夢にも思っていませんでした。(笑))
こちらの人員は8名でミヨシ左、右と以下の順で乗船です。
自分の席は前回の竿頭APさんの席、これはもしかして・・・。(笑)

buruさん
大吟醸さん
アキチャンさん
ume
のりべんさん
せーじさん 
iosの常連さん
若船長

Imgp7804

6:00過ぎ出ていくのですが、風は少し強くて、ざわついた感じの波、カヤックなら出たくない海ですが、船なら安心です。

Imgp7808

まずはせーじさんがアマダイGET!!

Imgp7810

アキチャンさんもGET!!

Imgp7811

buruさんもGET!! って皆さん着々と釣られるのですが、自分は蚊帳の外…。(笑)

Imgp7813

そしてなかなか来なかった大吟醸さんにもアマダイが・・・。
じゃあ、自分は何もなかったの?というと何回かは当たりはあるものの針がかりしないのです。合わせが早いのかなと思ったり、誘いも変えて工夫するのですが、だめです。

今回、いつもと違うことをしているのは、コマセカゴをずっと使っていることです。
普通、アマダイだとコマセカゴを使いませんが、内田丸ではコマセカゴを使ってアジなど五目釣りになるようにしています。コマセを使うのは自由ですが、前回、大きなアジが上がったのを見ていて付けてみました。

しかし来ない、そのうち反対側でサバが釣れたとか、アジが釣れたとか聞こえます。
これって自分のコマセが効いてるのかな?

そんなことを考えながらコマセを振っていると、若船長がキダイを釣りあげています。
これはいいなー、自分にも来ないかなーと強く振ると、ガクッと竿が引き込まれます。
ドラッグを調整しながら、上げてくると赤い!!!
やったー、いいサイズのアマダイやー、?? やけに丸いアマダイやな??

アキチャンさんがタモ取りしてくれます。ありがとうございました、アキチャンさん。

上がってきたのはいい型のキダイでした。
これは嬉しい魚です。
若船長のキダイを見て、誘ったのが正解でした。

残念ながら写真がありません。
皆に撮られたのは覚えているのですが、それですっかり撮った気分になっていました。(笑)

Imgp7814

やがてアマダイ釣れていなかったのりべんさんも笑顔でアマダイと2ショット・・・。
やべぇーー、自分だけになっちまったい・・・。(笑)

Imgp7818

そしてせーじさん、これが凄いのです。

名付けて置き竿釣法、

ここまで3匹だったかな?アマダイ釣られているのですが、

1回目はリールを巻くと「ん?なにかついてる・・・。」で最初の写真のアマダイ。
2回目はトイレに行きたいと、帰ってきたらサイズアップのアマダイ・・。
3回目もトイレに行くと(この辺から、どーもわざとトイレに行けるよう、ジュースを飲んでいるんじゃないかと・・・。(笑))
そして、帰ってきたら竿がゴンッと持っていかれて、「お祭りだろ」と言いながら、「何だか暴れてる。」といって釣りあげたのがこのアマダイ。でかいすねー。満面の笑みです。(笑)

Imgp7822

計測すると44cm、いいサイズです。

この後も置き竿釣法は続きます。

4回目のトイレは失敗・・。(笑)
5回目のトイレも・・・、ここで大吟醸さんから「今回も駄目だとションベン釣法、確立5割だな。」と言われますが・・・。
今回のせーじさんやはり何か持ってます。
若船長から「置き竿引いてる。」と声がかかり、そこへせーじさんが帰ってきます。
大吟醸さんとお祭りして、やっぱりなにも釣れなかったねと思った後、反対側から「おーい、でかいアマダイ浮いてるぞー。」と・・・。
結局ケイムラのしかけでせーじさんのアマダイと判明。
すげーっ、44cmではないですが、いい型でした。

どうやら、前回の竿頭APさんの席はせーじさんの席に移動したようです。(笑)
置き竿釣法とは言っていますが、棚の合わせとか、ベストなんでしょうね。

しかし、好事魔多し、
せーじさんには強力な敵がいました。
かなり初めのうちからカモメ君に狙われているのです。
最初はヒメコダイだったか、釣りあげたのを針を外してかっさらわれ、最後にはミニアマダイもさらわれていく始末…。「これは家の餌ぁっーーー。」と叫ぶせーじさんを尻目に咥えていっちゃう・・・。あっぱれというか・・・。(笑)
さらわれたアマダイカウントしないとかするとか・・・。

もちろん私はカモメに狙われる訳がありませんでしたが・・・。(笑)

44cmの写真はせーじさんからのメール写真です。

Img_1216

大吟醸さんも綺麗な魚を釣られました。
シキシマハナダイというらしいです。図鑑によるとこれは♂のようです。
綺麗だけど食べられるらしく、刺身、煮付なんでもいけるようです。
はじめて見ました。

Imgp7825

12:00すぎるとかなり風が強く、ウネリもきつくなりました。
それでもアマダイは上がっていたようですが、自分はヒメコダイを追釣したのみ。
13:00になって沖上がりです。お疲れ様でした。

Imgp7826

五目漁師さんはずっとオニ狙いで見事40cm弱のオニをGET!!
前回の釣りでもオニは上がっていたのですが、どれも小さいものばかり、
今回の五目漁師さんのオニで伊豆多賀のポテンシャルが伝われればいいな。
このサイズが狙ってるクラスです。
自分も仕掛けと餌は持っていったのですが、コマセに浮気してやりませんでした。(笑)

Imgp7828

みんな揃っての写真。ananさんからのメール写真使わせていただきました。
みなさん、色々、お世話になりました。
またよろしくお願いします。
のりべんさん、APさん

Img_1213

さて自分の釣果です。
キダイとヒメコダイとアマダイです。
なんで、アマダイ?? 釣ってないじゃん??

・・・・・・釣れていない自分を若船長が見ていて、くれたのです。(笑)
この時点でたしかのりべんさんと自分だけ釣れていなかったのかな?
若船長の見立ての通り、のりべんさんはこの後釣ったし、こちらの船での×は自分だけでした。
でもアマダイは嬉しいです。(笑)

Imgp7831

取りあえずキダイの半分を酢締めで食べました。
以前に刺身で食べた時はそんなでもなかったのですが、酢締めは美味い!!
塩焼きも最高に美味いですが、酢締めはいけますねー。

追記、アマダイも半身昆布締めにしました。皮つきで食べたのですが、これもいけます。皮と身の間の旨味なのか、前回よりも美味く感じます。
うーーん、自分で釣りたっかた…。(笑)

Imgp7833

今回はこのあたりで釣ったようです。
思えば家を出る時、手袋が干してあるのを見ながら、取りに行けず。
GPSも忘れる始末・・・。
手袋はともかく、GPSは痛かったなー、DATAが残らない。

20140301aria

今回の潮汐です。

20140301tide_2

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ