無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 知らない世界へ?? (2) | トップページ | 寒い、雪です »

2014年2月 7日 (金)

知らない世界へ?? (3)

知らない世界へ(3)では川奈で聞いたこと、そして前後でわかってきたことをまとめてみたいと思います。Lowrance GPS 魚探について、かなり耳よりな話なので興味ある方にはいい情報だと思います。

1.SDカードに入れる.lcmファイルは機種(年代?)によって読み方が違う。
普通、Lowrance GPS魚探に地図を入れる場合、.lcmファイルを1つだけ入れると思いますが、複数入れることもできます。

例えばLowranceに元々入っている大まかな地図、そしてその下に少し詳しい地図、そしてその下に等深線を含んだ詳細な地図という入れ方。

2014020211_2
.AT5ファイルもLowranceで読めるファイルです。この場合大まかな日本地図が入っています。

もう一つは前回(2)でやったようなマイ海図と普通の等深線地図という別々の.lcmファイルを同時に見る方法です。但し色が塗ってあると下に隠れてしまうのでやり方に注意は必要です。(前回(2)のやり方を参照してください。)

2014020112_2

しかし、このやり方ですが、Elite 7HDIやHDS-5等最近の機種ではできるのですが、LMS-520cなど一世代前の機種ではできませんでした。

やり方があってうまくすればできるのかもしれませんが、自分が試した中では成功していません。また同時に.lcmファイルを2つ以上入れた場合、ファイル名が長いものが優先されるとも聞いていたのですが、自分の実験では確認できませんでした。

この辺は今後の課題ですね。

.lcmファイルについてはもう一つあります。
SDカードに.lcmファイルを入れてLowranceで実験する場合、よくやっていたやり方なのですが、SDカードに新しいフォルダを作っておいて、とりあえず使わない.lcmファイルを放り込んで隠した状態で使う場合があります。例えて言うと等深線の線の色を変えるとか、何パターンかを試したい場合です。これってLMS-520cまでは隠しておいた.lcmファイルは認識しないからよかったのだけど、HDS-5、Elite 7HDI等は隠しておいたフォルダの中の.lcmファイルまで読んでしまいます。この辺はわかっていないと混乱するから注意が必要です。

2014020210_2

2.HDS-5等新しい機種では水路教会の等深線の深さ表示がおかしくなる現象があります。
それを回避するためSHPファイルをGPSMapeditに落とす前にエクセルやLibreOfficeなどでフィート換算値を出して入れていました。(Lowrance 等深線の謎参照)

2014020201

ところが今回、増渕さんとの会話で教えていただいたのは、通常に等深線を読み込んだ後、つまりエクセルなどで換算しないで゜読み込んだ後、GPSMapeditのファイル→地図のプロパティをクリックします。

2014020202

lcmBuilderのタブを開いて、「3.28084で深度と標高を分割する」にレ点を入れてエクスポートすれば、HDS-5やElite 7HDI、LMS-520cも等深線の表示が正常になるようです。
今まで換算したものを別に作る必要がありましたが、これからは不要になります。
しかし、換算のやり方自体は、文字に変えてもいいわけで、今まで日本語で入れられなかった部分を、ローマ字表記にして打ち込むことも可能です。時間はかかりますが・・・。(笑)

2014020203

3.リーフマスターを使おうとした方で、お試しインストールされた方、やってみるとDr,Depthと作られる等深線が違っていてがっかりした人がいるのではないでしょうか?
Dr,Depthだと下の図のように表示されるのが・・・。

2014020204

リーフマスターだと下のように蜘蛛の巣状に表示されるのです。
自分も最初使ったとき、リーフマスターは交差した部分しか深度表示しないのかと思いがっかりした記憶があります。この点についても増渕さんに伺ってみました。

2014020501

最近ではバージョンが上がったせいか、そのまま使っても、上ほどの状態で作られず改善されているのですが・・・。

2014020205

データを全て選択します。

2014020206

projectを作り等深線を作成します。

2014020207

この時、Grid smoothingとMax Interpolationの数値を上げていきます。

2014020209_3

そうすると蜘蛛の巣状は無くなりました。
しかし数値を上げ過ぎると細かい起伏は均されてしまうので注意は必要です。

2014020208

以上、主だったことを書いてみましたが、他にもあります。
BoatNAVI ってご存じでしょうか?自分はIPhonなので無理なのですが、アンドロイド系ならこのアプリいいと思いますよ。Google map上でMy Pointを登録したり、根を登録直行できます。隔週刊釣り情報に掲載もされているのですがいいアプリのようです。開発者はNさんということですが、増渕さんも師匠として登場しています。

またワイヤー仕掛けもおもしろい、いいアイデアの盛り込まれたものだと思います。
自分も参考にさせていただきました。

さて、次回は少しだけElite 7 HDIの艤装に入りたいと思います。
そのあと釣行ですか、さてどこに、どういう釣りをするかな?(笑)

« 知らない世界へ?? (2) | トップページ | 寒い、雪です »

海底地形図」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!のりべんです。またまたコメント失礼します(^-^)

今回も目からウロコの記事…!ありがとうございます!

成る程、リーフマスターはグリッドが広く、細かくが調整可能ということですね。そうするとポイント付近では細かい起伏の把握が大事ですが、その操作でそこにどれだけポイントが打ってあるか?の精度の高低が判断出来そうです!

マイ海図を初めて見た時、根(人工物)の細かさと実際の根の位置の確かさから、その精度にビックリしましたが、ロランスでここまで出来るんだ…凄いです!!

のりべんさん、おはようございます。
福浦残念ですが、天候のいい日にまた来いということのようなので、次回までの楽しみにしたいと思います。
今回行くとなって悩んだのがGPS魚探でした。
購入して初めてだし、使いたいし、さりとて噂に聞くボート屋までの上り下り、ただでさえ荷物が多いのに、そこにGPS魚探を増やすか?です。
ボートへの取りつけも確認できないしね。次回までになんとかクリヤしておきます。
Lowranceははまると痒い所に手が届くような便利な機械です。
のりべんさんも是非はまってみませんか?(笑)
マイ海図だと海底を想像するだけですが、実際に取ったデータだと現実が見えてきますよ。探究心の多いのりべんさんにはうってつけだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 知らない世界へ?? (3):

« 知らない世界へ?? (2) | トップページ | 寒い、雪です »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ