無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 世の中、最後までわからんものです | トップページ | コショウダイ、食べてみた »

2013年12月28日 (土)

紙面では伝えきれないこの美味さ…

2013/12/28 釣りから帰った日、家内と娘とでどんな料理で食べるか相談しました。
3枚のレンコは鯛飯も候補だったのですが、あいにくご飯が炊いてあり断念。
それならばというこで候補に挙がったのがアクアパッツア。

Imgp72610001

娘の料理です。畑に残ってた最後のバジル、タイムのハーブを効かせた一品。
あの小さな魚が立派な料理に変身しました。

Imgp72740001

3匹は多過ぎるので、塩焼きになった1匹、これはこれで美味いですね。

Imgp72800001

アマダイのアラ、潮汁とか色々候補があがったものの、家内の案と料理で・・・。

Imgp72630001

定番、アラ煮、既に頭半分は娘に取られています。(笑)
これをポチポチほじくりながら一杯やるのは最高ですね。
アマダイの煮付けてしっかりとなった身をほぐすのは時間がかかり、楽しい時間が増えます。

Imgp72720001

さて、巨大アマダイの身、どうして食べようかと議論した結果、鱗焼きが食べたいと娘の発言。どないなもんかなぁと思いつつも娘の発案、料理で半身は鱗焼きと決定しました。

Imgp72650001

そしてこちらがその鱗焼き、オリーブオイルでスライスしてニンニクを狐色にまで焼いて香りづけをします。そこへ鱗の付いたアマダイをいれて焼きあげます。
皮が突っ張り、肉が厚いので丸くなってしまうのですが、丹念にオリーブオイルをかけながら焼き上げました。3つの皿に分けてあるのは、それぞれ塩が違うためです。
ハーブ塩、トロピカル塩、クレイジーソルトです。家族で皿を交換しつつ食べます。(笑)
どの塩もいい味でしたが、一番はやはりハーブ塩でしょうか。
そして鱗の感想は、かなり焼きこんだものだと鱗のサクサク感、皮の下の脂、そしてモッチリ味の肉と旨味が何層にもあり美味しいです。
ちょっと焼きが甘いと鱗のモシャモシャ感があってイマイチといったところでしょうか。

そしてもう半身の皮を鱗付きで剥いだものがあったので、これも娘がカリカリに同じオリーブオイルで焼き上げました。これは美味い・・。鱗のサクサク感と皮の下の脂のハーモニー、そしてニンニクの香りとハーブ塩の味、これは捨てないで良かった。(すぐ食べてしまい写真はありません。)(笑)

Imgp72690001

そして残るは半身です。全員の意見で昆布締めと決定。
軽く塩を振って昆布を巻いた状態で一晩寝かせました。(ちょっと長かったかな?)
次の日、昆布をはがして切ろうとしたら、身が締まって切れない刺身包丁がうまく入らない状態・・。(笑)アマダイの身は柔らかいのだけど凄い変化です。しかも表面は昆布でねっとりした感じです。

食感は、ねっとりとして、噛むとアマダイの旨味と昆布の旨味が口の中で広がります。そしてモッチリとした適度な噛みごたえ・・。
実は刺身をたくさん作っても、いつも食べきることが出来ずに漬けにすることが多い家庭なのです。しかし、美味しいので今回は一気に食べきってしまいました。(笑)

Imgp72770001

いやぁ、アマダイ、凄いです。美味過ぎです。
こりゃあ、また釣りに行かねば・・・。(笑)

« 世の中、最後までわからんものです | トップページ | コショウダイ、食べてみた »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!のりべんです(^-^)

コレはとても美味しそうな…。もう釣り納めはまたアマダイ行かなきゃと、奥様に話されているumeさんが容易に想像出来ます(笑)

我が家でも驚いた料理&一押しだったのがそのアラの煮付けです。本当に旨いですね。今まで食べた煮付けの3本の指に入る旨さでした!
ですが、小さいアマダイだとまた食感、歯ごたえ、味がまるで違います。(煮付けは柔らかすぎ)同じ魚なのに…。まるでブリのようです。

のりべんはこれからアマダイの仕掛け作りです。子供たちが起きる前に作らないと…(笑)

おー、こっちにもう出てましたか!

凄い、やっぱりグルメの娘さんや百戦錬磨の奥様が乗り出して来られると
アクアパッツアにアラ煮に三色塩焼きとアイデアも盛りも多彩ですね。

アマダイは身が柔らかなだけに、それを守る皮やうろこがしっかりしていて、
これをどうするかが料理の肝であるような肝します。

昆布締めは私もよくやりますが、昆布の香りと、弾力のある締まった身が印象的です。
締めすぎるとガムのようになりますが。

しかしこのクラスになると引き締まった身でこれだけの量は迫力ものです。
これだけのものをペロッといってしまうだけの美味しさの勝ちですね。

朝からよだれタラタラで読んでます(笑)うまそ~、今度釣ったら真似してみます(笑)

のりべんさん、こんばんわ
アマダイ、評判いいですよ。(笑)
というわけか、明日はとりあえず浮く予定です。(行くことに反対されない・・・(笑))
狙いは、もちろんアマダイ、オニさん、です。
なんだか、オニが一番でなくなったような…。(笑)
でも、のりべんさんの言うように大きさで味が変わるのですね。
たしかに、このアラの味はとてもよかったです。
明日も釣れるといいんだけど・・。もち、おおきいの。(笑)
のりべんさんも正月にあわせてアマダイですか?
お互い頑張りましょう。(笑)

五目漁師さん、こんばんわ
そうなんです、家族がかかわると面白く、そして美味くなります。
言っちゃあ何だけど、娘の料理は良かったですね。(笑)
自分の感性と違う引き出しがあるのか、美味くて楽しい味を教えてくれます。魚で皆がワイワイできるなんて最高ですね。

昆布締め、五目漁師さんが言うように、実は少し固かったかもしれません。でも、昆布の味と魚の旨味の融合は自分でもわかりました。
これは行けますよ。病みつきになりそうです。(笑)

楽しかった食事も終わり、娘も帰りました。次の魚を釣って、次の楽しみを作りたいと思います。(笑)

アカフォレさん、こんばんわ
そう、家族で作って、食べると余計に美味いですね。
アカフォレさんもアマダイ釣っているから、チャレンジ出来るのでは?
美味いすよ。ぜひ色々やってみてください。
明日、行く予定です。
また大きいの釣れるといいのだけど、そうは問屋が卸さないでしょうけどね。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紙面では伝えきれないこの美味さ…:

« 世の中、最後までわからんものです | トップページ | コショウダイ、食べてみた »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ