無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 帰ってきたリーディング | トップページ | 山あり、谷あり、まさにそんな釣りでした »

2013年9月19日 (木)

難関!! リーフマスターとWXTide32

2013/9/15  かなり以前になりますが、9/3にtakeさんから「リーフマスター 設定編」にコメントをいただきました。
コメントの内容はリーフマスターで利用する潮汐ソフトのWXTide32がWin7で起動できたということ。これは自分的には凄いことで、実はxpではインストールできたのですが、vistaとwin7ではエラーが出て出来なかったのです。WXTide32はvista以降はインストールできないソフトだと思っていたのです。(WXTide32のホームページで 9x, NT4, 2000, ME, XPなっている。)

人間、不思議なもので諦めていても、誰かが出来ると言い出すとやる気が出てくるものです。(笑)早速Vistaから初めてみました。

http://www.wxtide32.com/download.html よりダウンロードしてsetup.exeをクリックしてインストールします。
そしてWXTide32.exeをクリックすると・・・。
「harmonics-2004-06-14.tcdが見つかりません」というエラーが出ます。

Rm01

インストールした"C:\Program Files\WXTide32"の中を覗いてみると確かにありません。

Rm02

ダウンロードした中に入っています。

Rm03

そこでこれをコピーして"C:\Program Files\WXTide32"の中に貼り付けると・・・。

Rm04 

動きました!! 
実はインターネットでharmonics-2004-06-14.tcdを検索してみた結果、WXTide32のフォーラムの中でsetup.exeでインストールした場合、harmonics-2004-06-14.tcdがコピーされないことが載っていました。この場合は手動でここでやったようにコピペすることが書いてあったのです。

Rm05

File→Locationをクリック、自分が見たい場所を設定します。

Rm06

自分の場合だとASIA、Japan、Shizuoka Aziroです。

Rm07

リーフマスターも設定します。
歯車をクリックして設定を開きます。
WXTide32 Locationにこの場合だと"C:\Program Files\WXTide32"を入れます。

Rm08

実際に使ってみます。
最初なのでTidesの星印をクリック、TIdeの名前を自由に入れます。

Rm09

しかし、ここでエラーが出ます。
「Tide prediction program は動作を停止しました。」のメッセージが出たのです。

Rm10

で、プログラムは終了ということで、これ以上リーフマスターとは繋がりませんでした。

Rm11

新しいTideの画面は開いているのですが、import from wxtideの+が半透明のままで使える状態になっていません。プログラムが停止しているので、リーフマスターとのリンクがうまくいっていないようです。
takeさんもここは出来ていないとのことなので、どうやらいいところまできたようです。

Rm12

どうやらvistaではsetup.exeを使ってインストールする場合はharmonics-2004-06-14.tcdを手動でコピペが必要なようです。

またsetup.exeを使わずインストールしないで使う場合、
WXTide32のフォルダを適当なところに置いた後、直接WXTide32.exeをクリックしても起動できます。この場合はharmonics-2004-06-14.tcdはコピペは必要ありません。

さてwin7ですが、自分のは64bitでした。同じやり方でsetup.exeをクリックするのですが、「Tide prediction program は動作を停止しました。」のメッセージが出て次に進むことができません。「harmonics-2004-06-14.tcdが見つかりません」のエラー手前で止まってしまうのです。

Rm13

うーーーむ、打つ手が無い…。
ちょっと前までwin7でも32bitなら動くのかなと思っていたのです。
しかし、takeさんのpc 64bitでは動いています。
なんとかならないのか・・・・。

そんなことを考えていた時、ふたたびtakeさんの救いの手が・・・。

さて、この続きは次回ブログまで・・・。

« 帰ってきたリーディング | トップページ | 山あり、谷あり、まさにそんな釣りでした »

海底地形図」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!のりべんです。

整合性の問題、頭が痛いですよね…。仕事でも時々出くわすんですが、汎用品というか、その分野では有名なものばかりなので、割と簡単にネットでアップされていたりして解決出来るんですが、コレを自分でやるとなると…時間と労力がかかってしまいそうです(^_^;)

『そんなことを考えていた時、ふたたびtakeさんの救いの手が・・・。』でふんふんと下に目を移すと…次回なんですか〜(^o^;)!

イイ所で次回なんですね(笑)次回も楽しみにしております!

追伸ー最近こんな時間にコメントするのが習慣化しちゃいそです。寝なくては…(笑)早く寝る前に、娘達のパパ〜!鬼ごっこ〜。から解放されたいです(泣)

のりべんさん、おはようございます。
そうです、こういうの、簡単なことが多いのですが、一度迷路に入ったらなかなか出られません。今回つくづく思ったは、助言者、ここではtakeさんなのですが、いると大きいです。
元々今のパソコンの原型はIBMのパソコンだったと思います。しかし、この時の規格というか枠組みというか、いろんな会社が参入したこともあって、かなり大雑把な形になっています。そのためかあっちで動くけど、こっちで動かないなんてざらなんですね。
そんなわけで情報システムの方たちはこなれたソフト、こなれたOSを使ってトラブルが起きないようにしているのが常だと思いますが、自分のようにあれこれやりたがる人間はいつも人柱傾向があります。(笑)
まぁ、それを楽しみにしているところもあるのでいいのだけど、もっと頭のいい人はうまくやってるんろうなぁと思いつつ、やっています。(笑)
今回も完全解決とはいかないのですが、その内容は次回をお楽しみに・・。
のりべんさんのコメント書きの時間帯が遂に自分と同じになりましたね。(笑)
一人になれる時間大切です。

難関!! リーフマスターとWXTide32: umeの伊豆多賀、網代釣り日誌

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 難関!! リーフマスターとWXTide32:

« 帰ってきたリーディング | トップページ | 山あり、谷あり、まさにそんな釣りでした »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ