無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月29日 (日)

ワラサ、入ってきたぞーーーっ!! (まるで再現シーンのように)

2013/9/29 昨日、今日と無理すれば出られそうな海です。しかし、120mは絶対無理、それもあって、2日間にわたって家内のガーデニングの手伝いとなりました。(手伝いというより土木作業と日曜大工の混ざったようなものです。)

そんなのでブログ更新は無いだろうと思っていたのですが、急きょupしました。

理由は14:17に一休みしていると海面がざわつきだしたのです。
以前、(2012/10/8)
なんだかな・・・
         で紹介したのと同じ光景がまた始まったのです。

なんでもないような網代湾
Dsc_0001

写真中央の波が少し変です。

Dsc_0002

鳥がいて魚が跳ねてます。でかい!! ワラサです。
去年と同じです。今回の群れは小さいけど・・・・

Dsc_0004

望遠を1000mmに交換。
中央にカモメが浮かんでいて、手前を跳ねてます。

Dsc_9805

あちこちで飛んでいるのでカメラを向けるのが大変です。(笑)

Dsc_9817

拡大するとこんな魚体、ワラサでしょう。

Dsc_981702

ずっとジャンプし続けています。

Dsc_9821

何だか見ているとストレスが湧いてきそう・・・。

Dsc_9829

くっそーー、釣りてーー。(笑)

Dsc_9853

たまらんなー・・・。

Dsc_9870

今日の潮です。長潮ですがちょうど満潮時に入ってきたようですが関係があるのでしょうか?

20130929azirotide

2013年9月25日 (水)

難関!! リーフマスターとWXTide32 その2

2013/9/23 vistaでWXTide32が使えることがわかりましたが、win7 64bitではなにをやっても動きません。

世界のフォーラムには色々なやり方が載っていて、setup.exeでインストールした場合、harmonics-2004-06-14.tcdがコピーされないというようなありがたい話から、WXTide32の格納するフォルダを大文字にするだとか、program filesではなくprogram files(x86)に格納するだとかの話が載っていました。しかし、harmonics-2004-06-14.tcdがコピーされないという話以外、少なくとも自分のpcでは機能しませんでした。

万策尽きた時、takeさんがメールの中に、win7 64bitで動いたWXTide32のファイルを添付してくれていたことに気がつきました。

しかし、ダウンロードしたものと基本的には同じはず、これを使って動くとは思えません。
でも他には手も無いことからやってみることとしました。

takeさんが添付してくれたファイルは下の7つのファイルです。

2013092301

本来はそれ以外に6つのファイルがあるのですが、,exeやread meなどファイルが大き過ぎたり、起動に直接関係ないものを省いたファイルだそうです。

2013092302

そこで不足しているファイルはダウンロードで補い合作WXTide32を作成しました。

2013092303_2

setup,exeを起動すると下記のような指示が出るのでi Agreeをクリックします。

2013092304

Installを押します。

2013092305

ここまでは動かない時と同じだったのですが、この先もエラー表示、GpIをコピーできないと出ます。

2013092307

コピーしないで続行します。(この時点でやっぱりだめじゃんと思っています。)

2013092308

またまたエラー表示、harm_mscをコピーできないと出ます。

2013092309

コピーしないで続行します。(もうやめようかなと思いながらやってます。)

2013092310

とりあえず完了で、cのprogram filesには以下のファイルが格納されました。

2013092311

WXTide32,exeを起動します。
win7 64bitで初めてharmonics-2004-06-14.tcdが無いと出ました。
以前はここまでも行きませんでした。ひょっとすると動くかもと思い出します。(笑)

2013092312

harmonics-2004-06-14.tcdを格納します。

2013092313

再度、WXTide32,exeを起動します。
動いた!!!

2013092314

file→Locationをクリック

2013092315

ASIA→Japan→Aziro Sizuokaを選択、完了です。

2013092316

コピーできていないファイルもあるので、完成とは言えないですが、とりあえず起動できました。

2013092317

じゃあ、なんでtakeさんのファイルを混ぜると起動できるの?
下がtakeさんが添付してくれたファイルです。

2013092318

このうち、コピーできなかったものは3つあったので(赤の取り消し線の部分)、そのファイルには原因があるとは思えません。
残りの3つが効いていると思えます。

2013092319

ここからは1つずつ入れ替えて動かなくなるファイルを見つければ、どれが効いているのかわかります。ひょっとしたら1つだけでなく、2つ効いている場合もあります。
1つ、1つ交換してわかったことはWXTide32.cfgのファイルを入れ替えたときのみエラーが出ることでした。

(最終的にtakeさんから戴いたファイルのWXTide32.cfgのみを交換してsetup.exeでインストール、harmonics-2004-06-14.tcdを格納するだけでエラーも無く起動できました。)

あまり詳しいことはわかりませんが、WXTide32.cfgの.cfgとはコンフィグのことで設定の形式として用いられているようです。

ならぱ、どこが違うのかメモ帳で開いて比較してみることとしました。
参考にアップロードしておきます。

「wxtide32.cfg hikaku01.xlsx」をダウンロード

※追加記事 
OSによってはダウンロードしたファイルがwxtide32.cfg hikaku01.zipになっていてエクセルで読めない時があるようです。その場合.zip.xlsxに変更してください。エクセルファイルになります。



これを見てもわかるとおり、かなり内容が違うのですが、残念ながら自分の能力ではこれ以上、どこが効いているのかはわかりません。

takeさんの話だとその他のwin7 64bitでは何もしないで起動できることから、win7の環境の違いではないかとのこと。
環境の違いが.cfgファイルのどこかで引っかかり停止してしまう、そんなところなのでしょう。

今では次第に自分のwin7 64bitだけの問題のような気になってきています。
しかし、ひょっとしたら同じ経験をしている方がいるかもしれません。
そんな訳で最後にtakeさんのWXTide32.cfgをアップロードしておきます。
困っている方はダウンロードしてください。

「WXTide32.cfg」をダウンロード

takeさんには色々お世話になり、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

2013年9月22日 (日)

山あり、谷あり、まさにそんな釣りでした

2013/9/21 先週も台風で釣りができませんでした。
そんなこともあってやる気満々で出艇です。(笑)

Imgp6835

今日は風もなく、穏やかな海面です。
余裕こいて浅場からネチネチと釣りをしながら探っていきます。

Imgp6836

今日はアマダイ仕掛けにオキアミも付けているので、まずは小物から・・・。

Imgp6839

60m位まで出てくると、はるか沖にカヤックの二人組が見えます。
あらら、のんびりやっていたら、先越されちゃった。(笑)
そしてこの頃から、少し風が出て、波の中に小波が出来る状態になってきます。

120mに到達し、第一投でガンガンといい当たりなのですが、45mまで巻き上げたときフッと軽くなりバラシです。
下へ引き込むあたりと首を振っているような感触は、ここ名物のサメではなく、でかいオニだったと思います。
8号の仕掛けはプッツリと切られていました。

そしてここからが悪いパターンへと入っていきます。
釣れる時にしっかり上げないとほんと駄目ですよね。

Imgp6841

この頃になると風が強くなって、ウネリも出てきました。
朝のうち、浅場でネチネチやっていたのが悔やまれます。

そんな中で、アマダイ仕掛けにモゾモゾとした当たり、5cm位のこれってウッカリの幼魚?
リリースです。

そしてこの後からバウが波を被るような状態になってきます。
チラッと120m沖で出ていた2人組を探すのですが、誰もいません。
良く見ると60mラインまで帰っているようです。
キツイ波の中でただ一人、モーターボートもいない状態はかなり心細いし、それどころかかなりヤバい状態・・・。我慢できず湾側へ避難することとしました。

Imgp6844

湾側へ帰ると、次第にましな状態に変わっていくので、少しだけ竿を出しながら帰ります。
風は湾側へ吹いているので、釣りながらでも帰れるのです。
アマダイ仕掛けは流されるのが速いため使えません。
イワシ餌のオニ仕掛けのみです。
たまに当たりはあるもののフッキングに至りません。
30mで仕掛けを回収し、イワシを引き上げようとした瞬間、ガツッと何かに引っかかり、天秤を持っていた手が持ち上げられます。
そしてフロートとの間約40cm位のところで何かがジャンプ!!
自分は天秤持ったまま凧揚げ状態で飛び上がった70cm位の魚体をポカーンと見ている・・・、シイラだ!!(笑)
同じ目線でシイラのジャンプが見えるなんてカヤックならではですね。
バトル中は綺麗な黄緑ですが、手で押さえこんで逃げられないようにエラに手を突っ込むあたりから見る見るうちに黄色になっていきます。

Imgp6845

風に流されアマダイ仕掛けも落してみたのだけどこんなのだとか・・・。

Imgp6848

なかなかいい当たりと思うと、久しぶりのエソ・・。

Imgp6849

元MAC前(現在MOSバーガー前?)まで来ていたのだけど、気がつくと風も波もありません。
シイラも釣れたことだし、帰ろうかなと思ったのだけど、10:00上がりも早過ぎ・・。
もう一度120mという考えと、そこまでの距離を考え、ちょっと悩みます。
最後はえーい行っちゃえと漕ぎだしました。

Imgp6852

ここで注意しなければならないのが熱海港から出てくる高速ジェット船です。
11:00頃に通過するので100mラインでこれを回避してからの120mです。

<熱海~大島航路>

                           
運航便コード 1100 1110
運航日 毎日運航 毎日運航
熱 海 11:15 15:00
大 島 12:00 15:45

最初に来たのはアマダイ仕掛けのヒメコダイ、今日はアマダイ無理なようです。

Imgp6855

120mでの2流し目、強烈な当たりです。かなり暴れますが、ドラッグでかわしながら上げてきます。かなり上まで来た時、急に暴れなくなりました。
オニではありません。

Imgp6858

40cm位のウッカリカサゴです。いやぁ、もう一度来て良かったと思った瞬間です。

Imgp6861

まだ釣ります。3回目の流しです。
そして、またまたいい当たり。

Imgp6863

やっと来ました。40cmには満たないもののいいサイズのオニです。

Imgp6865

オニが釣れたことで今日はここまで、1:00上がりです。
少し風があるのでセーリングと足漕ぎ併用で帰ります。
時速は4.5マイルなので足漕ぎだけと変わらないですが、足がいつもの半分位の力で済みます。

Imgp6866

今日までのコースです。

20130921all

今日の潮汐

20130921tide

今日の釣果

Img_0772

シイラは半身をオリーブオイルと塩でいただきました。
これはそれなりに美味しく出来ました。

Imgp6871

さて、シイラの刺身を作ってみました。
シイラはちょっと難しいところがあるようで気を付ける必要ありとのことですが、とりあえずは大丈夫でした。
味もそんなに悪くはないですが、こんなに沢山はいけません。
残りは揚げてみようかな?

Imgp6875

まだオニもウッカリもあります。
そして休みは3連休、
楽しみたいと思います。(笑)

2013年9月19日 (木)

難関!! リーフマスターとWXTide32

2013/9/15  かなり以前になりますが、9/3にtakeさんから「リーフマスター 設定編」にコメントをいただきました。
コメントの内容はリーフマスターで利用する潮汐ソフトのWXTide32がWin7で起動できたということ。これは自分的には凄いことで、実はxpではインストールできたのですが、vistaとwin7ではエラーが出て出来なかったのです。WXTide32はvista以降はインストールできないソフトだと思っていたのです。(WXTide32のホームページで 9x, NT4, 2000, ME, XPなっている。)

人間、不思議なもので諦めていても、誰かが出来ると言い出すとやる気が出てくるものです。(笑)早速Vistaから初めてみました。

http://www.wxtide32.com/download.html よりダウンロードしてsetup.exeをクリックしてインストールします。
そしてWXTide32.exeをクリックすると・・・。
「harmonics-2004-06-14.tcdが見つかりません」というエラーが出ます。

Rm01

インストールした"C:\Program Files\WXTide32"の中を覗いてみると確かにありません。

Rm02

ダウンロードした中に入っています。

Rm03

そこでこれをコピーして"C:\Program Files\WXTide32"の中に貼り付けると・・・。

Rm04 

動きました!! 
実はインターネットでharmonics-2004-06-14.tcdを検索してみた結果、WXTide32のフォーラムの中でsetup.exeでインストールした場合、harmonics-2004-06-14.tcdがコピーされないことが載っていました。この場合は手動でここでやったようにコピペすることが書いてあったのです。

Rm05

File→Locationをクリック、自分が見たい場所を設定します。

Rm06

自分の場合だとASIA、Japan、Shizuoka Aziroです。

Rm07

リーフマスターも設定します。
歯車をクリックして設定を開きます。
WXTide32 Locationにこの場合だと"C:\Program Files\WXTide32"を入れます。

Rm08

実際に使ってみます。
最初なのでTidesの星印をクリック、TIdeの名前を自由に入れます。

Rm09

しかし、ここでエラーが出ます。
「Tide prediction program は動作を停止しました。」のメッセージが出たのです。

Rm10

で、プログラムは終了ということで、これ以上リーフマスターとは繋がりませんでした。

Rm11

新しいTideの画面は開いているのですが、import from wxtideの+が半透明のままで使える状態になっていません。プログラムが停止しているので、リーフマスターとのリンクがうまくいっていないようです。
takeさんもここは出来ていないとのことなので、どうやらいいところまできたようです。

Rm12

どうやらvistaではsetup.exeを使ってインストールする場合はharmonics-2004-06-14.tcdを手動でコピペが必要なようです。

またsetup.exeを使わずインストールしないで使う場合、
WXTide32のフォルダを適当なところに置いた後、直接WXTide32.exeをクリックしても起動できます。この場合はharmonics-2004-06-14.tcdはコピペは必要ありません。

さてwin7ですが、自分のは64bitでした。同じやり方でsetup.exeをクリックするのですが、「Tide prediction program は動作を停止しました。」のメッセージが出て次に進むことができません。「harmonics-2004-06-14.tcdが見つかりません」のエラー手前で止まってしまうのです。

Rm13

うーーーむ、打つ手が無い…。
ちょっと前までwin7でも32bitなら動くのかなと思っていたのです。
しかし、takeさんのpc 64bitでは動いています。
なんとかならないのか・・・・。

そんなことを考えていた時、ふたたびtakeさんの救いの手が・・・。

さて、この続きは次回ブログまで・・・。

2013年9月15日 (日)

帰ってきたリーディング

2013/9/15 台風18号直撃っぽいです。

そんな中、昨日は何とか浮けそうな日でした。
せっかくの3連休、カヤックの方も手漕ぎの方もなんとか出られた方が多かったのかなと思います。
自分もかなり悩んだのだけど、朝も雨がかなり降りそうな予感と、昼になるにつれ風が出てくる気配があったのですっぱりと諦め、家の周囲の草刈りをしていました。

ジャングルのような背丈ほどもある雑草の草刈り、半端では無かったですよ。(人の背丈もある草って、一体どんなとこに住んでんだよ??)

Img_0982_2

そして、今日は朝方2:00(朝じゃない・・)ごろからかなりきつい雨、これはやはり3連休駄目でしょう。

Img_0983

仕事が終わった金曜日、行きつけのキャスティングに行ってきました。
まずはネット、これは今まで使っていた物ですが、これに代わるものを見つけてきました。
(柄はカヤックで使いやすいようにカットしてあります。)

Imgp6796

これです。一緒にいるのはニャンコと一緒に飼うことになった二匹目のミニーです。
五月末に親の野良猫が家に預けていきました。
650gは今では3kg・・・。(ミニーどころか大猫になりそ・・)

Imgp6801

買った理由は折りたためること。

Imgp6804

大きさもさほど変わらず・・。

Imgp6806

編みの目が細かいこと、以前のは目が粗いのでタコがこの目から逃げ出しました。
今度は逃げられない、ふふふ。

Imgp6807

そして、店に行った本当の目的は、竿、リーディング 82 H225の修理が完了したのです。

Imgp6809_2

折れた穂先は元に戻りました。

Imgp6811

折れたのと比較すると、2番目のガイドの下から折れたようですね。

Imgp6812

そして根元はこんなところです。

Imgp6816

自分も知りませんでしたが、リーディング 82 H225は穂先がダイワ独自の特殊穂先「センサーグラストップ」になっていたため、交換が可能とのことでした。同じく「メタルトップ」とかの穂先も同じように交換可能なのかもしれません。

丸ごと交換だとおそらく竿と同じくらいの値段でしょうから、良かったというところでしょうか?

修理代13,650円は痛いですが、馬鹿な行為の結果なので授業料と考えるしかないですね。

2013年9月11日 (水)

合切仕掛けってなんだろう?

2013/9/8  突然ですが、食わせサビキってわかりますか?

サビキ仕掛けの太いのって思えば間違いないのですが、そのサビキでイワシや小アジをかけて、そのかかった魚をイナダやカンパチなどが食っちゃう仕掛けです。
当然、防波堤で使うサビキと違って太いハリスになっています。
下の写真の仕掛けはそんなものだと思います。

Imgp6783_2

サビキ仕掛けは胴付き仕掛けの一つなのですが、胴付き仕掛けとは、錘が一番下にあって枝スを何本か出したものを言います。

今回のタイトルの合切(がっさい)仕掛けとは、本来は九州で言うところの胴付き仕掛けのことを指すようですが、辰巳出版「完全自作 沖釣り仕掛け」に出てくる合切仕掛けは、少し形状が違う胴付き仕掛けでした。合切仕掛けは食わせサビキでもあるのですが、普通の食わせサビキとは違います。

面白そうなので、あるもので真似て作ってみました。
本に載っている仕掛けとは基本は同じですが、あり合わせでやっているので、大体こんな感じと思ってください。

まずサビキ用の鈎ですが金ソデ9~12号のところチヌの3号を使いました。

Imgp6696

ハリスはフロロ3号です。とりあえず5cmの長さに作りました。

Imgp6699

合切バリとしてヒラマサ12~15号とのことなので13号を使いました。

Imgp6701

こちらのハリスはフロロ8~10号なので8号を結びました。
長さは枝スを25cmしたいので30cmで切ります。

Imgp6703

とりあえず胴付き仕掛けなので5本パリとします。10本ずつ作製しました。

Imgp6706

幹糸はフロロ12~14号となっていますが、10号しかないので10号、サルカンを深海結びで結びます。

Imgp6708

幹糸60cmで枝スを出すとあるのですが、とりあえず50cm間隔で図のようにして枝スを結んでいきます。
本では回転ビーズを使うようになっていました。

Imgp6710

枝スを差し込みます。

Imgp6712

このまま結びます。

Imgp6714

ここからが合切仕掛けの変わったところ、ヒラマサ鈎にチヌ針を1cmの長さで結びます。

Imgp6716

本来はサビキをチヌ鈎に結ぶのですが、無かったため写真のようなものを付けました。

Imgp6719

ピンク、緑、白と色も替えてあります。
これで合切仕掛けがわかるかと思うのですが、サビキにイワシ、小アジがかかり、これを狙ったイナダ、カンパチは大きな鈎にかかるという訳です。

Imgp6724

さて、変形食わせサビキとも言える合切仕掛けの改良(改悪?)バージョンが出来ました。
ハリスは太いのでシイラでも大丈夫、問題はほんとに食いつく????

Imgp6725

とりあえず、前回釣行でも試したのですが、イワシや小アジ等の小魚に出会わなかったためわかりませんでした。
また試してみたいと思います。

2013年9月10日 (火)

こんな休日もいいものです

2013/9/8 話はさかのぼって9/3のことです。

朝のTVで「 竹内栖鳳展-近代日本画の巨人- 」を東京国立近代美術館でやっていることが判明。大好きな家内がこれに反応!! すぐに「土日は忙しいから平日がいいわね~?」と微妙な発言・・・。

実は二人でかなり以前に京都の霞中庵 竹内栖鳳記念館に行ったことがあります。
(現在は違うオーナーになっていつでも見れるとはいかないところになりました。)

ライオン等、圧倒されて帰ってきたことがあり、それ以来二人とも大好きな芸術家なのです。

その日、色々と考えた挙句、木曜日、休みをとって行くことになりました。

Img_0973

有名でスケールの大きな作品がいっぱいあるのですが、自分が大好きなのは雀を取り上げている作品。今回は「百騒一睡」という雀と犬を取り上げた作品。雀のあらゆる仕草が昔見ていた風景を思い出させます。犬も子犬のコロコロした感じがいいです。

Seihou01_2

魚もあります。「海幸」という真鯛の作品。
狐や象、虎など満喫できたのですが、残念なことに「班猫」というエメラルドグリーンの目の猫には会えませんでした。残念。

Seihou02_2

東京近代美術館で一通り見終わった後、食事を取って東京駅に向かいます。
理由は家内が新しい東京駅を見ていなかったこと。

Img_0587

そしてここで思いがけず大野麥風(ばくふう)展を見つけてしまいます。

東京ステーションギャラリー

大野麥風は「大日本魚類画集」を1937年に出版された時の原画担当、綺麗な木版画を出しています。

Bakufuu01_2

メバル

Bakufuu04_2

これは釣れないほうがいいイラ、これが釣れる時はほとんど坊主状態の時です。(笑)

Bakufuu03

真鯛など色々見ましたが、違う世界を見せてもらった感じ。
偶然でしたがいいものを見ることができました。

Bakufuu02

さてここで家内とは行動を別とします。
家内は家に帰り、自分は浜松町経由モノレールで整備場駅へ。

Img_0971

日本水路協会
            東京都大田区羽田空港1-6-6
            (第一綜合ビル 6階)
海図サービスセンター
です。

Img_0969

そして購入したのはnewpec、こんなチャンスはなかなかないと、展覧会と合わせての計画でした。
おかげでパソコン改造の費用はダイワロッド リーデングネライ購入とこれで殆ど残っていません。う・・・、また頑張って貯金かな?(笑)

Newpec01

網代湾の等深線は他でも見られるのですが、これも勉強だと思い、購入しました。
潮汐も見れるし、定置網の位置も載っていたりと使い勝手は良さそうです。
さてこれをどう生かしていくかが今後の課題です。(笑)

Newpec02

2013年9月 8日 (日)

遠すぎた120m

2013/9/7 久しぶりの釣行、行けると決まったのが前日の夕方でした。予報では風は3.5程度なので問題はなさそうです。

Img_0979

今回の釣りものはいつもと同じ、深場のカサゴ3兄弟ですが、オキアミを持ってきていないので、ヒメコダイなどは狙うことができません。カサゴ系オンリーの釣りです。
ドン曇りで今にも降りそうな天気、7:10準備ができました。
しかし長浜は波が無いものの、湾から出るとかなりのウネリがあります。

Imgp6746

写真ではわかりにくいのですが、約80m位のところではウネリがかなりあり、なんとか我慢して釣れるギリギリの感じでしょうか?
仕方がないのでこの辺で釣り開始です。

Imgp6749

何投目かにそこそこの当たり、ふ、ふ、ふ、やっとリーデングネライに釣り癖を付けられそうです。
ただ今修理中の82 H-225は8:2調子でしたが、リーデングネライMH-230は7:3調子で、錘負荷も少し軽めなので大したことのない当たりですがかなり曲がりますね。面白そうです。

Imgp6750

上がってきたのは約25cmのアヤメカサゴ、とりあえず坊主は免れました。

Imgp6754

この後、波の様子を見ながら、100m付近へと進みます。移動中はウネリのためか何度かバウが波に突き刺さります。湾内ならばそれほど気にしない程度ですが、ここまで沖へ来ると神経質にならざるを得ません。
110m付近、もう少しで120mのところまで来ました。更にウネリがひどくなり、風の強さが大きくなりました。
とても釣りどころじゃない、沖側の波の高さを見てひどいのがわかり、湾側を見て変わらない位の波の高さを感じた時、自分がかなりひどい状態の中にぽつんと一人いることが確認できた次第です。
速攻、沖へ向けてたバウを湾側へ向けます。とにかく波がましなところまで帰ることが一番、110mまでは行けたものの、一度も仕掛けを降ろさず退散しました。

60mの定置網近くまで戻った時、熱海高校のヨット部が練習を始めました。
彼らも沖へは行かないようです。

Imgp6755

気を取り直して、定置脇で釣り始めます。オニカサゴ釣りを初めて覚えたポイント、最近は深場が忙しいので来たことがありません。
風があるので定置側へ流される釣りですが、何度か当たりがあるもののフッキングしません。
サバタンの8cm位のをつけてたのですが、どうやら餌が大き過ぎ、食いこまないと判断。
ハサミで半分の大きさにしました。
途端にフッキング、20cm位のチビオニです。(笑)
大きくなれよと思いつつリリース。
こいつが40cmになった時、釣りがやれているのだろうかと思いながらのリリースでした。(笑)

Imgp6759

またまた、小さな当たり、上げてみると約15cmのアヤメです。胃袋が出ているのでこれは持ち帰りです。

Imgp6761

今度は15cmのチビオニ、リリースです。

Imgp6765

次も15cm、リリースですが、以前は大きいのとまでは言えなくても、30cm位は釣れた場所です。GPS魚探で丹念に流すも、チビばかり・・・。
釣りすぎでチビしかいなくなったのか、あるいは季節的なのものでしょうか?
自分の記憶では、季節的ではない気がします。嫌な言葉「場荒れ」が頭に浮かびます。

Imgp6768

そして出ました。今回最小、マイクロオニ。(笑)
8cm位かな? 思わず、水槽から飛び出して亡くなったのりべんさんオニの代わりを考えました。(笑)

Imgp6771

オニの数ならいつもと同じ釣果です。(笑)

リーデング狙いにもなんとか釣り癖つけられたかも?(笑)

12:30沖上がりで帰ることにしたのだけど、この頃になるとドン曇りの空は晴れて暑くなるし、ウネリも解消されていました。
しかしもう一度行くには遠すぎです。
今回はこれにて終わることとしました。

今回までのコース。

20130907all

今回から潮汐の情報を載せてみます。
このデータが何なのかは次回ブログにて紹介します。(笑)

20130907aziro_tide

2013年9月 1日 (日)

熱海花火

2013/9/1 8月も終わりですが、今週は浮くことができませんでした。
台風から温帯低気圧に変わったとはいえ、昨日も風が強い。沖へ払う風でウサギがいっぱい飛んでいます。

土曜の予報 全く駄目です。

Img_0966

日曜の予報・・・同じです。

Img_0967

そんな訳で何もできないので、夜の熱海の花火の下見をしようということになりました。
何度か見たことがあるのですが、いつもは花火の直下、公園で見るだけでした。

それで今回は上?横?から見ようかと熱海城に決定。
ここなら、夜景と花火が撮れると期待です。

花火開始は8:20、いい場所取るためには早く行かなければならないのですが、そこは家内と一緒なので1時間前の7:20に到着です。

既に良さそうな前の椅子にはタオルや袋が置いてあり、後ろしかありません。(笑)
それでも、まぁいいかということで撮影開始です。

Dsc_94860001
Nikon D300
2013/08/31 19:25:21.2
JPEG (8-bit) FINE
レンズ: 18-135mm F/3.5-5.6 G
焦点距離: 18mm
露出モード: マニュアル
測光モード: マルチパターン測光
1/2.5 秒 - F/3.5
露出補正: 0 EV
感度: ISO 200
ホワイトバランス: 晴天
AFモード: マニュアル

Dsc_95260001

Nikon D300
2013/08/31 20:23:29.6
JPEG (8-bit) FINE
レンズ: 18-135mm F/3.5-5.6 G
焦点距離: 26mm
露出モード: マニュアル
測光モード: マルチパターン測光
5.60 秒 - F/16
露出補正: 0 EV
感度: ISO 200
ホワイトバランス: 晴天
AFモード: マニュアル

Dsc_95750001

Nikon D300
2013/08/31 20:39:36.4
JPEG (8-bit) FINE
レンズ: 18-135mm F/3.5-5.6 G
焦点距離: 26mm
露出モード: マニュアル
測光モード: マルチパターン測光
1.40 秒 - F/16
露出補正: 0 EV
感度: ISO 200
ホワイトバランス: 晴天
AFモード: マニュアル

Dsc_95780001

Nikon D300
2013/08/31 20:39:54.6
JPEG (8-bit) FINE
レンズ: 18-135mm F/3.5-5.6 G
焦点距離: 26mm
露出モード: マニュアル
測光モード: マルチパターン測光
4.80 秒 - F/16
露出補正: 0 EV
感度: ISO 200
ホワイトバランス: 晴天
AFモード: マニュアル

これが一番良かったかな?
バルブ撮影はほとんど初めてでしたが、それにしてはまあまあの写真になりましたか。

Dsc_95830001

Nikon D300
2013/08/31 20:42:03.8
JPEG (8-bit) FINE
レンズ: 18-135mm F/3.5-5.6 G
焦点距離: 26mm
露出モード: マニュアル
測光モード: マルチパターン測光
11 秒 - F/16
露出補正: 0 EV
感度: ISO 200
ホワイトバランス: 晴天
AFモード: マニュアル

最後の大きな花火と連続花火(何て言うんだろう?)はあまりにも光量が多過ぎ、いい写真にはなりませんでした。
レンズはもう少し広角が良かったかな?
雨に降られながらの撮影でした。(笑)

今日の朝です。

Dsc_96200001

日の出は綺麗だけど、沖へ払い出す強い風、そしてしばらくすると暑くなるのでしょうね。
しばらくは続きそうです。

Dsc_96570001

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ