無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« リーフマスター 設定編 | トップページ | リーフマスター アクティベート及びその他について »

2013年6月25日 (火)

リーフマスター データを入れてみた

2013/6/24 前回の設定編で説明不足の部分がありました。
GPS魚探の登録のなかでLowranceを選択後、cone angle degree(円錐角度)という項目があります。
これはトランスデューサの使用周波数、たとえば2周波数で動作する場合、200(20°)&83KHz(60°)の角度のことかと思います。

Reefmaster019

今回は実際にデータを入れてみます。ReefMasterの左下のボタン(赤枠で囲った部分)をクリックします。

Reefmaster008

起動します。この後Lowranceのデータslgまたはslg2ファイルを指定します。
この時設定編で紹介したSonar Viewerが登録していないと取り込めないことになります。

Reefmaster009

どういう形で取り込むかの設定になります。
今回はとりあえずいじらずそのまま進みます。
良ければ、右下のレ点をクリック。

Reefmaster010

Tracksというところに選択したデータが表示され、地図にデータの位置が表示されます。
拡大と手のマークを使ってその位置を拡大します。

Reefmaster011

とりあえず、あるデータを全て入れてみました。
Tracksの中はデータでいっぱいになります。
この際データ名が同じであっても問題はありません。
構わずドンドン入れていきます。
しかし、これで等深線や3Dが見られる訳ではありません。
入れたデータを全選択(カーソルとSHIFTキーを使って)し右クリック、Add tracks to projectを選択、Projectを作成します。Project名は自分の好きな名前が使えます。

Reefmaster012

左、上段にProjectが表示されるのでこれをクリック、そうすると右上に3つの円のボタンと中央上段の物差しの横にボタンが表示されます。
中央上段の→と円の組み合わせボタンをクリック後、どの範囲を見たいか選択ボタン(拡大ボタンの上)で指定します。

Reefmaster013

右の円ボタンの真ん中を押すと、指定した範囲のデータの等深線が表示されます。
Dr,Depthと等深線の表し方はかなり違うようです。
Dr,Depthは一度でも通過した部分は等深線に変換されますが、Reefmasterは交差した部分や近接しあった部分のみが等深線表示されるようです。実際にどちらが正確かはわかりません。
自分の場合データの数が多過ぎたのか、一部表示のおかしい部分があります。
長浜の出艇場所が濃いブルーになり、深い表示になっているようです。
本来の深さは2m~3mのところです。

Reefmaster014

パレットを操作すると等深線の色を変えることができます。
これはDr,Depthではできません。

Reefmaster015

黄色い表示

Reefmaster016

白っぽい表示、旧MAC前の漁礁ははっきりとわかります。

Reefmaster017

右の円ボタン、一番下をクリックすると3D表示されます。
長浜の場所が浅いのだけど、深くなっているのはデータが多過ぎなのでしょうか?
3Dの範囲はDr,Depthでは固定で大きく表示するには限界がありましたが、Reefmasterは範囲指定した部分はすべてできるようです。広いその分、3Dの立体感が乏しい感じですが・・・。

Reefmaster018

以上、駆け足でデータの表示をしてみました。慣れると操作は簡単です。
ここまで、試用版での説明でした。
試用版は13日間だったかな?期限が限られているだけで、FULLに機能は使えるようです。
Reefmasterの紹介が長くなっていますが、次回で購入後のアクティベートを中心に紹介してとりあえずの終わりとしたいと思います。

« リーフマスター 設定編 | トップページ | リーフマスター アクティベート及びその他について »

海底地形図」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!のりべんです。

Dr,Depthとの違いが大分明らかになってきてますね!
リーフマスター、似たような図示表現かと予想してましたが大分違うようですね…。
浅いところが深く見えるところが気になります。補正の違いというところもあるのでしょうか??

立体的になった地形図が早く見たいです♪

のりべんさん、こんばんわ
新しいソフト、リーフマスター面白いのだけど、やはり、違うソフトですね。
Dr,Depthとは別の世界があります。
これはこれではまると面白いと思います。
まだわからないから、不自然なところもそのまま出していますが、わかり次第ブログにupしていきたいと思います。

そのうち3D見せましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リーフマスター データを入れてみた:

« リーフマスター 設定編 | トップページ | リーフマスター アクティベート及びその他について »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ