無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 予告 リーフマスター 紹介 (またまた新たな海底地形図です) | トップページ | リーフマスター 試用版のデモ紹介 »

2013年6月16日 (日)

くっそ~っ!!! お、覚えてろ~っ !!! (笑)

2013/6/15 台風が来なかったため土曜日から晴れの予報、そして風もバッチリの予報です。海快晴の予報以外も良好な予報なのでこれは行かない手はないでしょう。

Img_0814

朝の網代湾、波も無く穏やかな夜明け、漁船が漁に出ていきます。

Dsc_8386_0001

小さなボイル、この前もいっぱい出ていたから、今日もこれより大きいのが出るでしょう。

Dsc_8388_0001

6:21 最近の自分としてはかなり早い出だしです。

Imgp5993

霧が少し出ています、今日も狙いはカサゴ3兄弟ですが、その前にアオリ狙いで定置網に寄ります。そういえば餌を買いに行ったグラントさんの情報では網代側の定置に70cm大鯛がいっぱい入ったとか教えてくれていたのを思い出します。

Imgp5995

しかし上多賀の定置近くは何やら異臭が漂っています。
魚の腐った臭いです。
周りにプカプカ浮いているもの発見!! アイゴ、カワハギなど沿岸にいる魚が死んで浮いています。
えっ、これって赤潮被害!!??
アオリもまったく反応ありません。
状況からしてアオリもいないのでしょうか?
カサゴ3兄弟狙いに切り替え、沖へ向かいます。

Imgp5996

60mまで来ましたが、鏡のような海面と微動だにしない竿・・。(笑)
ここである考えが閃きました。
今日の予報はずーっと凪、深いところへ行くチャンスです。
さらに深みへ移動です。

Imgp5998

100mでナブラ発見!! 朝見たような小さなボイルがあちこちで起こっています。
カモメもかなり飛んできていて攻撃しています。
30号の竿に食わせサビキをつけていて、そのおもりをルアーにしてあるので、5m程糸を出してそのままホビーてゆっくり前進させ、ボイルに突っ込んで行きます。
鯖がガンガン掛かります。(笑)
ここで鯖をかなりキープしました。

Imgp5999

このボイルを少し外したところでカサゴを狙うこととしました。
100mへイワシ餌で投入します。
1投めで、ガクッと竿が勢いよく絞り込まれます。
典型的な大きいオニカサゴの引きです。
心の中でにやりと笑い、やった、大物いただきだーと思い、ガンと合わせを入れて電動に物を言わせてグリグリ巻き上げ始めました。
竿が弓のように曲がるし、ものすごい引きです。
これはでかい!!  今までの物より確実でかい!! 両手でしっかり竿を支えながら巻いていきます。
実はこの時点でも余裕でした。針が外れない限り、かなりでかいが上げられる自信があったのです。
ガンガンガンッ!! フッと重みが無くなります。
えーっ、バラシかい??
上がってきた仕掛けを見ると6号ハリスが針の部分で切れていました。
結び目当たりで切れたのでしょうか?

実は今まで40cm位は上げていたけど、電動は高速で巻き上げても大丈夫でした。
今回も大丈夫と高速巻き上げで真っ向勝負・・・。ちょっと無茶をしたのかもしれません。

この後、何度か仕掛けを落そうとするのだけど、20mも行かないうちにサバに邪魔をされて仕掛けが落ちません。

かなり粘ったのだけど更に沖へ向かうことにしました。

Imgp6001

150mまで来て仕掛けを落します。
何度かの投入後、ガンッと竿が引き込まれました。
またもやオニでしょう。
今度は中くらいの速度で巻き上げます。
ガンガンッと猛烈に引きます。
100mまで上がって来た時ふっと軽くなります。
「え~っ、またバラシ????」
そのまま巻いていると20m位で下へ突っ込む引きが現れました。
「なーーんだ、まだついてるやん。」
しかし何だか引きが変です。微妙に細かい動きするし、重みが足りない・・・。
上げてみると一番上と一番下に鯖、真中の針は切られていました。
これからすると、鬼はかかったものの、途中でハリス切れ、上のほうで鯖が2匹かかったようです。
またもやバラシです。今回のもかなり大きかった。おそらく100mで逃がしたのに次ぐ大きさでしょう。

Imgp6004

150mでも鏡のような海面、こんなことはめったに無いでしょう。
ここで、30号のレオブリッツ150は150mしか巻いていないため使えなくなりました。
でも30号のおもりで最後まで使うことはできました。
今度来る時は1.5号300m巻きがいいでしょう。

Imgp6005

約170mです。110mを越えると傾斜がきつくなるため、少し沖へ出るだけで深くなります。

Imgp6006

190m、ここで仕掛けを投入し、流していきます。

Imgp6011

ここら辺になると赤潮がひどくなってきます。
このあと、モゾモゾと先端が動きます。
ゴンッと合わせて、ドラッグ緩め中速で巻き上げます。
なんだか、鬼の引きではありませんが、かなりトルクフル。
何度かの引き込みもクリヤしますがドラッグが滑っているため、なかなか上がってきません。
それでも30mか40mは上がりましたが、まだ150m以上あります。
ちょっとだけドラッグ締めこんでみたら・・プッツン・・・。(笑)
またまたバラシ・・・。でも何だったんだろう?
今度は確信持てませんでした。

Imgp6012

202m、今回の最深です。

60号は300m巻きなので心配は無いのだけど、糸が太い分、底立ちに時間がかかるようになってきました。次回からはおもりを80号か100号に換えたほうが無難でしょう。

Imgp6015

晴れてきてかなり暑い状態です。

Imgp6017

初島もかなり近くに見える気がします。

Imgp6020

ここで、前回と同じモゾモゾッとしたあたり。
合わせると竿が海中へ突っ込みます。

Imgp6024

巻き上げ中速、ドラック緩め、今回は最後まで締めあげないと誓います。
この写真撮るまでに2~3分かかっています。
10時10分。

Imgp6025

10時15分。ドラッグ緩めとはいえ、ズルズルではありません。しかし何回か逆転して糸が出ていきます。駄目かなと思う引き込みをドラッグが滑ってかわします。
竿のグリップを握っていると、レオブリッツ300のモーターが発熱しているのが、触らなくてもわかる位熱くなっています。

Imgp6026

昨日のグラントさんの話、定置に70cmの大鯛が入った話がチラチラとよぎったり、アラを釣った友達の写真が浮かんできます。(笑)

Imgp6027

20分以上のやり取りの後やっと姿を現しました。
途端にガックリ・・・。サメでした。
ドチザメでしょうか?

Imgp6028

この後、もう少し浮かせてupの写真を撮ろうとした時、ブイブイッと首を振られてプッチン・・・。深海へ帰って行きました。
どうやらモゾモゾ当たりはサメの当たりだったようです。
1m~1.5m位でしょう。ふーーっ、疲れた・・・。

Imgp6029_2

高速ジェット船セブンアイランド「夢」が伊東へ向けて航行していきます。
いつもは沖に見るのだけど、今回は湾側に見える奇妙な感じです。(笑)

Imgp6035

ところどころイチゴクリームのようなドロンとして赤潮に遭遇。

Imgp6039

150m以浅では30号の竿に小物がかかりますがリリース。

Imgp6044

これもリリース。なんだかキープする気がしません。(笑)

Imgp6045

約30cmのガンゾウビラメかな? これはキープです。

Imgp6047

ガンゾウで土産もできたことだし、流されるのが速くなったことから帰ることにしました。
こんな時はSalingがありがたい。時速3マイルで帰ることができました。

Imgp6049

今までのコース。初島近くなりましたね。(笑)

20130615all02

しかし、今回の画像、魚の画像より魚探の画像のほうが多いやん。(笑)
次回はこんな風にはなりません。
きちっと対策してきます。

お、おぼえてろーーー、200m。(笑)

« 予告 リーフマスター 紹介 (またまた新たな海底地形図です) | トップページ | リーフマスター 試用版のデモ紹介 »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

umeさん、アオリとオニ、狙いは私とほぼ同じだったんですね。
もっとも私の場合はアオリが釣れるまではずっとアオリ、
アオリと心中するつもりでしたが。

しかし、残念でしたが、多賀も魚影濃いですね。
因みに多賀にも貸しボートがあったと思いますが、
最初の100mポイントって手漕ぎで行ける範囲なんでしょうか?

昨日は4時ころに多賀の公園前を通りましたので、
umeさんのカヤックを積んだ赤い車がいなか
きょろきょろしていました。

のりべんさんのブログでブラジルのハーブ塩を
預けていただいたことを知りました。
ありがとうございます。楽しみにしています。

umeさん こんにちは! ご無沙汰です^^;

残念な結果でしたね! しかしとても楽しそうな釣りで羨ましい!
釣れない事で反省点や、次回への課題が見つかった良い釣行ですね♪

見事なまでのベタ凪ですね! あそこで200mまで行くには本当に条件が揃わないと・・^^;
また久し振りに行って見たくなる様な記事でした!
次回リベンジの記事を楽しみに待ってます♪

五目漁師さん、おはようございます。
多賀の貸しボートですが
のりべんさんがよく使われるのが戸又港の、「多賀釣り具ボート」
網代側では「内田丸」がよく知られているところでしょうか?

100mポイントは網代、戸又どちらから行っても等距離のポイントですが、貸しボートではかなり無理なポイントかと思います。

ただ、網代側の定置網伝いに60mポイントなら手漕ぎで行く人はたまに見かけます。この辺が限界かと思います。

100mポイントは定置網60mポイントから更に1kmほど沖となります。

100mポイントに現状ある装備で行くとしたら、

のりべんさんのカヤックが2人乗りなので、2人漕ぎすれば、ホビーと同程度のスピードが出そうです。ただし2人乗りはかなり狭いため、荷物がほとんど載りません。
自分の3m艇Mini-Xに荷物を載せ沖に牽引、沖に着いたら横に繋いでプラットホームにするのが考える上で一番現実的かなと思います。
この方法だと万一の場合は3艇を電車式で連結して帰ることも可能ですから。

自分は1時半頃には上がりましたので、その時間だといませんでした。
それと自分は浜に運ぶ時と帰る時に家内が車で来るだけなので、駐車場には車を停めておりませんなかなかお会いする時間が持てないのですが、いずれどこかでお世話になると思います。
その時はよろしくお願いします。

ハーブ塩ですが、我が家では振りかけて暫く置いてから、アルミホイルに包み、オリーブオイルをかけてホイル焼きが人気があります。
塩を入れるミル付きの入れ物、これが単品で買うとかなりします。そこで100円ショップの岩塩入りが100円ですのでドライバでこじ開け、塩を別置き(もったいないから捨てない)にしてこれに入れて使ってます。

良ければ試してください。美味しい食べ方あればまた教えていただきたく思います。肉にももちろん合うと思います。

こんにちは!のりべんです。

海底地形図、改めてみますと200m付近の急激に深くなるところ、初島沖に続いていますね!!時期を考えればひょっとして昨日お話したアノお魚、やってくるかも知れませんよ〜!

ロープ牽引で、ぜひ今度ご一緒出来ませんか??一生懸命漕がせて頂きます(^O^)!

追伸ー五目漁師さん、福浦での120mに行くのと同じぐらいかと思います…。
行き慣れた福浦なら問題ないのデスが…。
前回、umeさんが行きに連れてってくださったので帰りのみ手漕ぎで帰ってこれましたが、のりべんひとりだと、勇気のいる距離だなあと思いました(^_^;)

網代湾沖なので地形的、距離的にはどうなんですかね??


マンボウさん、こんにちわ。
200mはかなり条件がそろわないと怖くて行けないですね。
でもまた行きたい魅力をいっぱい持っています。
マンボウさんから教えられたポイント、あれから色々勉強してかなり分かってきました。
またご一緒できると楽しいです。
治られたらまた来てください。
ポイント、バンバン教えますよーー。(笑)

のりべんさん、こんばんわ
100mは遠いですね。(笑)
でもタンデムで漕げれば早いです。ひょっとしたらホビーより早いかもしれません。これとmini-Xとの連携なら凪の条件がそろえば行けると思います。前回の経験からさすが3艇の連結は無理と思います。
特に帰りは自力を考えるとタンデムでしょう。
もう少し考えを練ってまとまればやりましょう。
深場はかなり面白そうです。(笑)

ついに網代湾のディープエリア開拓ですね!ハリスを切っていったやつはカンパチかもしれませんね(^^) 深海にはとんでもないやつがいるみたいです。そのエリア1馬力なら行けるかなぁ…。

Fishboneさん、こんばんわ
か、かんぱちですか?
いいですねーー。確かに不思議だったのです。
オニカサゴ、ガンッと持っていくことはあるけれど、そんなにヒーヒーいうほど凄い引きは無いですからね。もうカサゴ3兄弟しか頭に無かったから駄目だったけど、違う魚と思うと納得できるなー。(笑)
確かに何がいるかわかんない、あそこに、すぐにでも行きたい衝動に駆られる自分は、もう200mの罠にはまっちゃったかもです。(笑)
1馬力でも凪なら十分行けますよ。
のりべんさんも行きたがってます。(笑)
行きましょう。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: くっそ~っ!!! お、覚えてろ~っ !!! (笑):

« 予告 リーフマスター 紹介 (またまた新たな海底地形図です) | トップページ | リーフマスター 試用版のデモ紹介 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ