無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

リベンジなるか、はたまた返り討ちか・・200m

2013/6/30 先々週、6号ハリスをプッツンして逃げた200m、悔しい思いを抱えたまま今週が来てしまいました。
海快晴で様子を見ると、これなら行けそうな気配です。
昨日も一日穏やかな海でした。

Img_0863

6:55出発です。今日はアオリ狙いの竿も持っていません。200m一直線です。(笑)

Imgp6137

予報では晴れなのに、出だしから雨、雲行きも悪いですが、風が強くなる気配だけはありません。

Imgp6139

いつもなら40m、50mと探りながら来るのだけど、今日は70mまで一気でした。
しかし仕掛けが落ちない・・・。途中で大サバがガンガンきます。
魚探で中層の鯖がいない時を狙っての落とし込みになりました。

Imgp6140

まずは30号にヒメコダイ、しかし沖へどんどん流される潮で、道糸は30度位にまで斜めになります。40号おもりに変更です。

Imgp6144

ぽつぽつとこのポイントではヒメが上がってきます。

Imgp6148

そしてやっと90mでアヤメです。

Imgp6150

チャリコもダブルで掛かってきました。底に着いたらすぐです。
もうちょっと大きいのいないかなぁ・・・。(笑)

Imgp6153

遂に100mオーバーの深さまでやってきました。
ここまで来ると200mはすぐそこです。
ここから仕掛けをフルチェンジ、60号の竿にはオーバースペックとも言える、ムツ針20号、ハリス8号、クレンサルカンもヤバいくらいでかいのにチェンジ。(笑)
アコウでも釣れそう・・・・(笑)
40号の竿は60号で使っていた仕掛けにスライド、どちらもカサゴ3兄弟メインの道具になりました。なお、40号の竿のリールは3号150mのPEから1.5号300mに替えました。

Imgp6156

スルメイカです。
え? 釣ったのではありません。餌です。(笑)
ちょっと小ぶりのスルメイカを一番上の針につけました。
これに、後でとんでもない奴が来るとはこの時はわかっていません・・・。(笑)

Imgp6159

ここまで来ると伊東が見えます。
しかし、今日はレンズが曇って写真になりません。
魚を撮る時も指でレンズをゴシゴシ、それでもすぐ曇ります。

Imgp6164

ここで40号に掛かりました。
面白い引きです。

Imgp6165

アヤメです。今日はウッカリとオニが来ませんね。

Imgp6167

170mまで来ました。ここで60号の竿にいい当たり!!
ドラッグを効かせながら無理せず上げてきます。

Imgp6169

巻いていくうちやっと魚影が見えました。
何だろうと見ていたら、おーーーーーーーーっ!! アラだぁーーーー。

でもそんなに大きくないアラです。
40cmそこそこのコアラです。
でもこれでなんとなくやったという気持ちになりました。(笑)

Imgp6171

この後200m付近でものすごい当たり。
何度となく引き込みをドラッグでかわし、それでも上がらないからポンピングで巻き上げます。
???なんだかこんな体験、以前にも体験したよーーな???(笑)

Imgp6174

何回ポンピングやっただろうか・・・。
160m位から3m位ずつを繰り返し、やっと魚影が見えてきました。

Imgp6175

なんとなく、ポンピングで正体は知っていたのですが、ちょっと違う魚影です。
な、なんだ???

Imgp6176

ほぇ~っ、ノ、ノコギリザメだぁ~っ!!
こいつにフロートをズバッとやられたら帰りが大変です。
仕掛けをハサミでチョッキンです。
生まれて初めて釣ったノコギリでした。
スルメイカにきたのか・・・。
どうやら、ここの200mはサメが色々いる所のようですね。
やり取りは面白いですよ、仕掛けががっちりしていれば最後まで楽しめます。(笑)

Imgp6178

今日までのコースです。

20130630all

楽しかったのですが、少しだけ波が高くなったので10:40位には帰りました。
200m、何が釣れるかわからない、楽しいところですが、帰りが長いのも事実。
無理は絶対できません。
それと伊東と熱海を行き来している高速ジェット船がこの付近を通ります。
時間を調べて衝突の危険だけは回避する心構えが必要かなと思います。

とりあえず、今回、自分的にはリベンジ出来たのかなと思います。(笑)

この後帰って片付けをしていた時、のりべんさんが来られました。

Imgp6180

カイワリいただいちゃいました。
早速、刺身料理です。
うーーん、最高に美味い!!!!!!

ありがとうございました。

2013年6月27日 (木)

リーフマスター アクティベート及びその他について

2013/6/25 リーフマスターの使い方についてさらっとここまで書いてきました。しかし、まだまだ使いこなせているわけではありません。更に細かな設定など、新しくわかったことがあればupしていきたいと思います。

なお、Reefmasterの取り説ですが、自分が購入したのは川奈観光ボートハウス、ともの企画でした。ここで購入すると親切に書かれた和文の取り説が送られてきます。また、改訂された部分、追加された部分もあとでメール転送されてきました。自分のように英語が苦手なタイプは何かと便利です。
また英文のマニュアルは試用版のダウンロード先の一番下にPDFで取り出せるようになっています。更に詳しく知りたい方はこちらも参考になると思います。

今回は購入後のアクティベートの件を中心に進めます。

Reefmasterをダブルクリックするとアクティベートの画面が出てきます。
遂に試用期間が過ぎたため、Continure trialのボタンはQuitに変わっています。
アクティベートをするには中央のACTIVATE LICENSEをクリックします。

Reefmaster020

購入した時のキーを入力するとReefmasterが起動します。

Reefmaster021

では、違うパソコンで起動したい時はどうするでしょうか?
それにはアクティベートされたReefmasterを起動して左上のサメの絵をクリックします。

Reefmaster022

アクティベートキーが表示されるウインドが開きます。(今回、キー表示は青枠で消してあります。)
この右下のDEACTIVATE LICENSEをクリックすると次回Reefmaster起動時よりこのパソコンのReefmasterはキーを再入力しない限り使えなくなります。
そして違うパソコンのReefmasterにキー入力すればそちらのパソコンのReefmasterが使えることになります。

Reefmaster023

じゃあ、DEACTIVATE LICENSEしたReefmasterはOFFにしない限り使えるの?

実際に試してみましたが使えました。
ほんとはそういうことをするためではなかったのだけど、WXTide32を使おうとWindows 7からxpに換えたりしていた時に偶然できてしまいました。(笑)

Reefmasterの購入先、川奈観光ボートハウス、ともの企画によると万一使えていたIDが動かなくなった時はともの企画経由ジムクォーツで対応してくれるとのこと。(当然、ともの企画にて購入した場合と考えられますが・・・)

アクティベートは起動時に常に通信してどのパソコンのReefmasterなのかを把握していますからDEACTIVATEすれば問題ないのですが、たとえば使っていたパソコンのハードディスクがクラッシュしてReefmasterが起動できなくなった時などはお願いということになるのでしょう。

なお最新のニュースとして、ジムクオーツ社から返事があったそうで、2台まで同一ライセンスで稼動できるようにするとのことです。期日は6月末で調整しているようです。

Dr,DepthとReefmaster、どうやら別の国で別の会社のようですが、Lowranceを使う上で選択肢が増えたことはありがたいことです。

Dr,Depthが活動しない今はReefmasterしか選択肢が無いことになりますが、自分としてはどちらも好きです。色々考えて、使いこなしてみたいと思っています。

なお、今回このテーマを取り上げることになって、川奈観光ボートハウス、ともの企画の増渕様には色々お世話になりました。ありがとうございました。

2013年6月25日 (火)

リーフマスター データを入れてみた

2013/6/24 前回の設定編で説明不足の部分がありました。
GPS魚探の登録のなかでLowranceを選択後、cone angle degree(円錐角度)という項目があります。
これはトランスデューサの使用周波数、たとえば2周波数で動作する場合、200(20°)&83KHz(60°)の角度のことかと思います。

Reefmaster019

今回は実際にデータを入れてみます。ReefMasterの左下のボタン(赤枠で囲った部分)をクリックします。

Reefmaster008

起動します。この後Lowranceのデータslgまたはslg2ファイルを指定します。
この時設定編で紹介したSonar Viewerが登録していないと取り込めないことになります。

Reefmaster009

どういう形で取り込むかの設定になります。
今回はとりあえずいじらずそのまま進みます。
良ければ、右下のレ点をクリック。

Reefmaster010

Tracksというところに選択したデータが表示され、地図にデータの位置が表示されます。
拡大と手のマークを使ってその位置を拡大します。

Reefmaster011

とりあえず、あるデータを全て入れてみました。
Tracksの中はデータでいっぱいになります。
この際データ名が同じであっても問題はありません。
構わずドンドン入れていきます。
しかし、これで等深線や3Dが見られる訳ではありません。
入れたデータを全選択(カーソルとSHIFTキーを使って)し右クリック、Add tracks to projectを選択、Projectを作成します。Project名は自分の好きな名前が使えます。

Reefmaster012

左、上段にProjectが表示されるのでこれをクリック、そうすると右上に3つの円のボタンと中央上段の物差しの横にボタンが表示されます。
中央上段の→と円の組み合わせボタンをクリック後、どの範囲を見たいか選択ボタン(拡大ボタンの上)で指定します。

Reefmaster013

右の円ボタンの真ん中を押すと、指定した範囲のデータの等深線が表示されます。
Dr,Depthと等深線の表し方はかなり違うようです。
Dr,Depthは一度でも通過した部分は等深線に変換されますが、Reefmasterは交差した部分や近接しあった部分のみが等深線表示されるようです。実際にどちらが正確かはわかりません。
自分の場合データの数が多過ぎたのか、一部表示のおかしい部分があります。
長浜の出艇場所が濃いブルーになり、深い表示になっているようです。
本来の深さは2m~3mのところです。

Reefmaster014

パレットを操作すると等深線の色を変えることができます。
これはDr,Depthではできません。

Reefmaster015

黄色い表示

Reefmaster016

白っぽい表示、旧MAC前の漁礁ははっきりとわかります。

Reefmaster017

右の円ボタン、一番下をクリックすると3D表示されます。
長浜の場所が浅いのだけど、深くなっているのはデータが多過ぎなのでしょうか?
3Dの範囲はDr,Depthでは固定で大きく表示するには限界がありましたが、Reefmasterは範囲指定した部分はすべてできるようです。広いその分、3Dの立体感が乏しい感じですが・・・。

Reefmaster018

以上、駆け足でデータの表示をしてみました。慣れると操作は簡単です。
ここまで、試用版での説明でした。
試用版は13日間だったかな?期限が限られているだけで、FULLに機能は使えるようです。
Reefmasterの紹介が長くなっていますが、次回で購入後のアクティベートを中心に紹介してとりあえずの終わりとしたいと思います。

2013年6月23日 (日)

リーフマスター 設定編

2013/6/23 さて、デモばかりでも仕方がないので、実際に使ってみます。
使う前にワークスペースを作ります。
星印の付いたCreate a New Workspaceをクリックします。

Reefmaster001

ワークスペースの名前と格納場所を決めて、終わればレ点をクリックします。

Reefmaster002

Reefmasterが開きました。これですぐに使えるのではなく、ここから設定を開始します。
左端の歯車をクリック。

Reefmaster003

1番目はDisplay Unitsです。
Depth、Distance、GPS coordinateは深さ、距離、GPS座標のことでそのままでいいと思います。Show Times as の UTC は( Coordinated Universal Time) 協定世界時のことです。
Localを選択すると日本の時間となります。

次にGPS Importですが、時間はこのままでOK

Default equipmentは鉛筆マークをクリックします。

Reefmaster004

ここでMy GPS-Sounderをクリックすると鉛筆マークが出てくるので、鉛筆マークをクリックします。

Reefmaster005

Manufacturerは▽部をクリックしてLowranceであればLowranceをクリック。

Reefmaster006

Background Mapsは背景の地図選択です。
そのままでもいいですが、他の地図も好みで選ぶといいと思います。

Third Party Application Location は潮汐(タイドグラフ)のWXTide32のインストール先の指定とLowranceのSonar Viewerのインストール先の指定です。
この中でWXTide32がないとタイドグラフが動かない、Sonar ViewerがないとLowranceのデータが読み込めません。

Reefmaster007

この部分に関してはリファレンスマニュアルの機械訳を載せておきますので参考にしてください。

必要なサードパーティのアプリケーションを設定する方法

サードパーティアプリケーションがLowranceのソナーログと潮情報についてをインポートする必要があります。

WXTideのダウンロードとインストール

WXTideは、世界の多くのために潮の予測を提供する無料のプログラムです。

ReefMasterWXTideから潮の情報をインポートし、潮の駅でそれを保存することができます。 WXTideは世界中の位置については、潮の情報を提供しないことに注意してください、とWXTideが提供しないことを潮汐情報を月または正確ではないかもしれないこと。それはWXTideがお住まいの地域のために生成される潮の情報の正確性を判断するためにあなた次第です。 WXTideからのデータが十分な品質でない場合は、から潮の情報を提供することができる

テキストファイル、または潮の調整を必要とする各トラックの手動で潮の高さを入力します。

http://www.wxtide32.comからアプリケーションをダウンロードし、そのウェブサイト上の指示に従ってWXTideをインストールします。

slg2txt.exeのダウンロードとインストール

Slg2txt.exeLowranceのは彼らのSonarViewerアプリケーションの一部として提供されるユーティリティ、およびWeb上で自由に利用可能です。 Slg2txtLowranceのソナーログファイルReefMasterでインポート可能なテキストファイルに変換します。

探し、インターネットからslg2txt.exeをダウンロードしてください。 slg2txt.exeファイルはLowranceののSonarViewerアプリケーションの一部としてインストールされます。正しいダウンロードを見つけるために "LowranceののSonarViewer"を検索。

SonarViewerアプリケーションをインストールします。

ここで、ちょっと問題・・・。

WXTide32はDr,Depthのリンクでも取り上げられています。
タイドグラフではかなり名前の知られたフリーソフトのようです。

しかし、Dr,Depthの時ダウンロードして使おうとした時、Zipファイルの解凍がうまくいかなかったこともありました。解凍ソフトを変えるとうまくいったことがあります。

WXTide32のホームページにはWindows 9x, NT4, 2000, ME, XPとなっていてVistaや7、8は載っていません。はたしてVistaや7、8でも動くのでしょうか? 自分は7でもトライしましたが駄目でした。どなたかわかる方は教えていただけないでしょうか? よろしくお願いします。

もう一つ、Reefmasterとの連結が未だ自分はうまくいかないのです。
これもわかる方おられましたら、是非、教えてください。よろしくお願いします。

今回は設定編で終わりましたが、次回は実際にデータを入れてみたいと思います。

2013年6月19日 (水)

リーフマスター 試用版のデモ紹介

2013/6/13 先週だったかな? よくブログにコメントをいただいている、のりべんさんからの耳寄り情報がありました。

KAWANA KANKO BOAT HOUSE 川奈観光ボートハウス | HOME の 川奈観光ボート管理人のブログ - Ameba にDr,Depthの記事が載っているというのです。(ドクターデプスのこと )

そして、この中にDr,Depthの企業買収の話が出ていて、IDの発行が出来ない等の話が掲載されていました。また「リーフマスター」なる新しいソフトの紹介があり、これがDr,Depthの代わりになることが書かれているのです。そして川奈観光ボートハウスでもIDの販売を開始したとのこと、価格は14700円(税込み)だそうです。

これは海底地形図マニアの自分としては見逃すわけにはいかないと早速見てみることにしました。

今回はその中から、試用版の紹介を載せて、次回、海底地形図シリーズで実際にIDを購入し、その使用感を伝えてみようかなと思っています。

リーフマスターのホームページはここです。
http://reefmaster.com.au/
この中の黄色い四角部分を押すと試用版がダウンロードできます。

Reefmaster000

ダウンロードが終わり、起動させるとアクティベーションやるのか、試用するのか聞いてくるので、右の赤枠のボタンをクリックします。
13日間の試用が出来るようです。

Reefmaster001

試用版ではデモをクリックします。

Reefmaster002

デモ画面が出てきました。
オーストラリアのシドニーがデモの舞台になっているようです。
TrackやWaypoint、等深線の登録など色々できるようです。

Reefmaster003_2

左のTracksのボタンをクリックすると船の航跡が見られます。

Reefmaster004

おっ、地図を貼り付けることもできるのかな?

Reefmaster005

これは航跡を等深線に換えたもののようです。

Reefmaster006

デモでは設定をしていなかったので見ることはできませんでしたが、潮汐を見ることができるようです。

Reefmaster007

日本の地図はどうでしょう?
伊豆多賀をズームインすると海外の地図にしては珍しく漢字表記で伊豆多賀と出ています。

Reefmaster008

ただ、地図の海岸線が細かく出ていることはなく、長浜海岸も現状の形にはなっていません。Dr,DepthではGooGle Earthが背景にできましたが、リーフマスターは地図なのでLowranceにエキスポートする際、海岸線まで自動で入るようです。

この試用版、本格的にデータを移して使うことができます。
しかしその前に設定をしなければならないので、この先の内容は次回、本格的使い方で紹介したいと思います。

2013年6月16日 (日)

くっそ~っ!!! お、覚えてろ~っ !!! (笑)

2013/6/15 台風が来なかったため土曜日から晴れの予報、そして風もバッチリの予報です。海快晴の予報以外も良好な予報なのでこれは行かない手はないでしょう。

Img_0814

朝の網代湾、波も無く穏やかな夜明け、漁船が漁に出ていきます。

Dsc_8386_0001

小さなボイル、この前もいっぱい出ていたから、今日もこれより大きいのが出るでしょう。

Dsc_8388_0001

6:21 最近の自分としてはかなり早い出だしです。

Imgp5993

霧が少し出ています、今日も狙いはカサゴ3兄弟ですが、その前にアオリ狙いで定置網に寄ります。そういえば餌を買いに行ったグラントさんの情報では網代側の定置に70cm大鯛がいっぱい入ったとか教えてくれていたのを思い出します。

Imgp5995

しかし上多賀の定置近くは何やら異臭が漂っています。
魚の腐った臭いです。
周りにプカプカ浮いているもの発見!! アイゴ、カワハギなど沿岸にいる魚が死んで浮いています。
えっ、これって赤潮被害!!??
アオリもまったく反応ありません。
状況からしてアオリもいないのでしょうか?
カサゴ3兄弟狙いに切り替え、沖へ向かいます。

Imgp5996

60mまで来ましたが、鏡のような海面と微動だにしない竿・・。(笑)
ここである考えが閃きました。
今日の予報はずーっと凪、深いところへ行くチャンスです。
さらに深みへ移動です。

Imgp5998

100mでナブラ発見!! 朝見たような小さなボイルがあちこちで起こっています。
カモメもかなり飛んできていて攻撃しています。
30号の竿に食わせサビキをつけていて、そのおもりをルアーにしてあるので、5m程糸を出してそのままホビーてゆっくり前進させ、ボイルに突っ込んで行きます。
鯖がガンガン掛かります。(笑)
ここで鯖をかなりキープしました。

Imgp5999

このボイルを少し外したところでカサゴを狙うこととしました。
100mへイワシ餌で投入します。
1投めで、ガクッと竿が勢いよく絞り込まれます。
典型的な大きいオニカサゴの引きです。
心の中でにやりと笑い、やった、大物いただきだーと思い、ガンと合わせを入れて電動に物を言わせてグリグリ巻き上げ始めました。
竿が弓のように曲がるし、ものすごい引きです。
これはでかい!!  今までの物より確実でかい!! 両手でしっかり竿を支えながら巻いていきます。
実はこの時点でも余裕でした。針が外れない限り、かなりでかいが上げられる自信があったのです。
ガンガンガンッ!! フッと重みが無くなります。
えーっ、バラシかい??
上がってきた仕掛けを見ると6号ハリスが針の部分で切れていました。
結び目当たりで切れたのでしょうか?

実は今まで40cm位は上げていたけど、電動は高速で巻き上げても大丈夫でした。
今回も大丈夫と高速巻き上げで真っ向勝負・・・。ちょっと無茶をしたのかもしれません。

この後、何度か仕掛けを落そうとするのだけど、20mも行かないうちにサバに邪魔をされて仕掛けが落ちません。

かなり粘ったのだけど更に沖へ向かうことにしました。

Imgp6001

150mまで来て仕掛けを落します。
何度かの投入後、ガンッと竿が引き込まれました。
またもやオニでしょう。
今度は中くらいの速度で巻き上げます。
ガンガンッと猛烈に引きます。
100mまで上がって来た時ふっと軽くなります。
「え~っ、またバラシ????」
そのまま巻いていると20m位で下へ突っ込む引きが現れました。
「なーーんだ、まだついてるやん。」
しかし何だか引きが変です。微妙に細かい動きするし、重みが足りない・・・。
上げてみると一番上と一番下に鯖、真中の針は切られていました。
これからすると、鬼はかかったものの、途中でハリス切れ、上のほうで鯖が2匹かかったようです。
またもやバラシです。今回のもかなり大きかった。おそらく100mで逃がしたのに次ぐ大きさでしょう。

Imgp6004

150mでも鏡のような海面、こんなことはめったに無いでしょう。
ここで、30号のレオブリッツ150は150mしか巻いていないため使えなくなりました。
でも30号のおもりで最後まで使うことはできました。
今度来る時は1.5号300m巻きがいいでしょう。

Imgp6005

約170mです。110mを越えると傾斜がきつくなるため、少し沖へ出るだけで深くなります。

Imgp6006

190m、ここで仕掛けを投入し、流していきます。

Imgp6011

ここら辺になると赤潮がひどくなってきます。
このあと、モゾモゾと先端が動きます。
ゴンッと合わせて、ドラッグ緩め中速で巻き上げます。
なんだか、鬼の引きではありませんが、かなりトルクフル。
何度かの引き込みもクリヤしますがドラッグが滑っているため、なかなか上がってきません。
それでも30mか40mは上がりましたが、まだ150m以上あります。
ちょっとだけドラッグ締めこんでみたら・・プッツン・・・。(笑)
またまたバラシ・・・。でも何だったんだろう?
今度は確信持てませんでした。

Imgp6012

202m、今回の最深です。

60号は300m巻きなので心配は無いのだけど、糸が太い分、底立ちに時間がかかるようになってきました。次回からはおもりを80号か100号に換えたほうが無難でしょう。

Imgp6015

晴れてきてかなり暑い状態です。

Imgp6017

初島もかなり近くに見える気がします。

Imgp6020

ここで、前回と同じモゾモゾッとしたあたり。
合わせると竿が海中へ突っ込みます。

Imgp6024

巻き上げ中速、ドラック緩め、今回は最後まで締めあげないと誓います。
この写真撮るまでに2~3分かかっています。
10時10分。

Imgp6025

10時15分。ドラッグ緩めとはいえ、ズルズルではありません。しかし何回か逆転して糸が出ていきます。駄目かなと思う引き込みをドラッグが滑ってかわします。
竿のグリップを握っていると、レオブリッツ300のモーターが発熱しているのが、触らなくてもわかる位熱くなっています。

Imgp6026

昨日のグラントさんの話、定置に70cmの大鯛が入った話がチラチラとよぎったり、アラを釣った友達の写真が浮かんできます。(笑)

Imgp6027

20分以上のやり取りの後やっと姿を現しました。
途端にガックリ・・・。サメでした。
ドチザメでしょうか?

Imgp6028

この後、もう少し浮かせてupの写真を撮ろうとした時、ブイブイッと首を振られてプッチン・・・。深海へ帰って行きました。
どうやらモゾモゾ当たりはサメの当たりだったようです。
1m~1.5m位でしょう。ふーーっ、疲れた・・・。

Imgp6029_2

高速ジェット船セブンアイランド「夢」が伊東へ向けて航行していきます。
いつもは沖に見るのだけど、今回は湾側に見える奇妙な感じです。(笑)

Imgp6035

ところどころイチゴクリームのようなドロンとして赤潮に遭遇。

Imgp6039

150m以浅では30号の竿に小物がかかりますがリリース。

Imgp6044

これもリリース。なんだかキープする気がしません。(笑)

Imgp6045

約30cmのガンゾウビラメかな? これはキープです。

Imgp6047

ガンゾウで土産もできたことだし、流されるのが速くなったことから帰ることにしました。
こんな時はSalingがありがたい。時速3マイルで帰ることができました。

Imgp6049

今までのコース。初島近くなりましたね。(笑)

20130615all02

しかし、今回の画像、魚の画像より魚探の画像のほうが多いやん。(笑)
次回はこんな風にはなりません。
きちっと対策してきます。

お、おぼえてろーーー、200m。(笑)

2013年6月11日 (火)

予告 リーフマスター 紹介 (またまた新たな海底地形図です)

2013/6/11 次回、海底地形図シリーズはリーフマスターの紹介です。

乞うご期待 !!

Reefmaster01


Reefmaster02


Reefmaster03

2013年6月 9日 (日)

いよいよ夏の海へ・・・

2013/6/9 昨日、今日と穏やかな伊豆多賀です。

多くの手漕ぎ、ゴムボが浮いていました。
うーん、行っときゃ良かった・・。(笑)

正午過ぎ、何やら赤い物が・・・。

Dsc_0001

ミニ赤潮が何箇所か発生しています。

Dsc_0003

伊豆多賀もいよいよ夏の海に切り替わるのでしょうか?

これは凄いぞ !! new pec ( 新たな海底地形図)

2013/6/9 かなり前からなのだけど日本水路協会の海図ネットショップにnew pecなる電子地図の販売がされています。ちらちらと見ていたのだけど、Lowranceとは直接関係ないため、深く探る気もありませんでした。

しかし凄く濃い内容の電子地図であることは間違いありません。
調べていくと、「本州東岸」のみ無償提供ということでダウンロードしてみることとしました。

以下のサイトの一番下にダウンロードするところがあります。
http://www.jha.or.jp/jp/shop/products/newpec/download.html
ダウンロードしたらダブルクリックのみでインストールできます。

201306090101

さて起動してみましょう。

2013060902

最初はこんな感じで始まります。「本州東岸」とは東北東岸のことです。
赤枠の部分を拡大してみます。

2013060903

このままだと航海用海図といったところでしょうか?
航路や浅瀬が記録されており便利です。

2013060904_2

右のメニューの海底地形図ボタンを押すと海底地形図の等深線が表示されます。
なお、購入する場合、海底地形図はオプションですが、今回の無償提供にはついてきています。

2013060905_2

航海図と海底地形図、更に拡大していくと、地上部もかなり書き込まれています。

2013060906

漁礁や航路、定置網、浅瀬等色々な情報が山盛りで入っています。

2013060907

これは浅瀬の注意場所でしょうか?

2013060908

気になる等深線の細かさですが、左メニューの設定を見ると2m、5m、10m、のレンジで切り替えが可能になっています。しかし無償提供の今回の場合はいじくっても変わりませんでした。いずれにせよねかなり細かく表示できます。

2013060910

情報としては障害物、航路境界、定置網等色々なものが表示したり、隠したりできます。
今回の無償提供は全て表示されているのか、変更できませんでした。

2013060909

これだけをグリグリいじくってても、かなり楽しいです。

2013060911

この new pec パソコンで動かすことができてGPSが繋がっているとそのまま地図表示できるだけでなく、ナビとかできそうです。

2013060912

オプションの潮流も表示できるし、潮汐情報も盛り込まれている。
うーーん、Lowranceに入らないかなぁ・・・・。(笑)

そういえば魚探のフルノ、これ搭載している機種があるそうです。
すごい !!!

2013年6月 3日 (月)

のんびり過ごした休暇でした(笑)

2013/6/1 休暇のうちに前から行きたかった クレマチスの丘|Clematis no Oka に行きました。
クレマチスの花とバラを中心とした庭園、そして美術館から構成されたところですが、三島駅の北、長泉の東名、新東名を横切った丘の上にあります。

美術館のこの空間はいいですね。

Dsc_8133

今が盛りのクレマチス、色々な種類があるので覚えきれません。(笑)

Dsc_8149

花は白系から紫の範囲の物が多く、豪華な花から愛らしいものまでこれまた豊富。
家内と花めぐりは良くやっていたのですが、最近はご無沙汰していたので、いいリフレッシュでした。

Dsc_8208

さて、釣ってきた魚の料理です。
使うはハーブ塩。

Imgp5880

かなり大きな塩の塊もあるのでミルを買ってきました。

Imgp5882

まずは小魚で・・・・。ミルで塩をまんべんなく裏表に振りかけ20分ほど置きます。

Imgp5889

アルミホイルの上に魚を置いてフェンネル、バジルを置いてオリーブ油たらします。
フェンネル、バジルは無くても結構、オリーブ油は必要です。

Imgp5895

包んでしまいます。

Imgp5896

13分、魚焼きにいれて焼きました。

Imgp5897

食べたのだけど、皮の部分が最高に美味い!!
ハーブの香りが浸み込んでいます。
え? 写真はどうしたって?? すんません、カンコもそうだったのだけど皆でワーッと食べちゃって完成写真撮り忘れでした。(笑)

シメ鯖も作りました。見栄えは悪いけど味はまあまあです。(笑)

Imgp5891

カンコの半身はあり合わせの具材で中華風あんかけです。
こちらもあっという間に無くなりました。

Imgp5900

また釣ってこなくっちゃ・・・。(笑)

2013年6月 2日 (日)

スーパー巨大 「根」 発見 !!

2013/6/2 5/31のデータを整理していたところ、Dr,Depthに大きな山があることを発見しました。

2013053101

水深80mのところに40m程の山が2つあるのです。

2013053102

沈船にしては大き過ぎるし、真っ二つに折れて船首と船尾が立っていればこんな形になるだろうけど、なんとなく船ではないようです。

2013053103

上から見ると大きさに差があるので、船ではありません。

2013053104

水平近くから見るとスイスの針峰ドリューのような感じ。

2013053105

網代湾針峰発見か?!!? (笑)

2013053106

早速古いデータを調べ直します。
2013/5/19のデータにありました。
何だかドリューというよりアイガーっぽい感じの40mの凸です。

2013053107

しかし2013/5/12には何もありません。(中央付近)

2013053108

2013/3/23もありません。(中央付近)

2013053109_2

そして2013/5/31のデータも何もありませんでした。

2013053110

結局5/19のアイガーとその他のデータの平均値で出来た幻の「根」だったようです。

それでは5/19の凸は一体何だったのでしょう?

おそらく、何かの海面下40mの浮遊物を山と認識したのかもしれません。

しかし浮遊物としたら一体何なのでしょう?

謎は深まるばかりです。

カヤック始めたばかりの時、旧MAC前、水深25mで釣っていた時、いきなり水深2mになって慌てたこととか、似たようなケースに出くわしたことがあります。
その時も2mなら見えるだろうと目を凝らしたのですが結局何も見つかりませんでした。
やはり水深25mだったのです。


LowranceのSonar Viewerで同じところを見てみました。
なるほど30m位を底と認識しているようです。
しかし、それより下に本当の底80m位がうっすらとあります。
大きな魚群を誤認しているのでしょう。

2013053111

2013年6月 1日 (土)

狙いは大物、カサゴ3兄弟

2013/5/31 自分の働いている会社にリフレッシュ休暇制度というのがあり、連続して5日間休みを取ることができます。今回はそんな休みを3日間取った、土日を含んで5日間の休みです。

天候を調べたけど、土日ははっきりしないし、金曜がギリギリ浮けそうな感じです。
これは浮くしかありません。

今回は日曜日に子供が来るため、是非ともカサゴ3兄弟(アヤメ、ウッカリ、オニカサゴ)
を釣りたい、さてどうなるのでしょう? 

Img_0805

しかし、起きてみるとかなり荒れています。出ることは出られるけど面白い釣りにはならない海況です。

Dsc_8119

結局、一度5時に長浜まで行ったものの、風が強く、ウネリも出ていたので引き返し、7時半まで様子見です。
波が治まったのをみて出ることにしました。

Imgp5829

定置網近くでボイルが発生 !!(残念ながら写真には撮れていません。)それもあちこちです。
ルアーは持っていないのでイワシをつけた仕掛けをカヤックで引張り、漂わすも相手にされません。(笑)
しかしずーっとボイルしてました。

Imgp5834

70mラインまで出てきました。朝の風は既に治まって問題はありません。
しかし、潮は凄い流れで、あっという間に流されてしまいます。

Imgp5836

カサゴ仕掛けに反応があり、確かに食いついている感覚があったのだけど、中層でサバの猛攻、仕掛けにはサバしかついていませんでした。

スミマセン、ちょっとエグイ写真ばかりです。

Imgp5838

20m位まで引き上げると、鯖、鯖・・・・。(笑)

Imgp5842

そういえばこの間、ブログで鯖の話題をしてたっけ・・・。
また、鯖、鯖・・・。
この間とにかく流れが速すぎ、釣りになりません。
10時過ぎ位まででしょうか? 
オニカサゴ仕掛けを下ろすのがやっと、30号の軽い仕掛けは降ろすことさえできませんでした。

Imgp5843

やっと流れがましになり、30号に可愛いオキトラギス。

Imgp5845

30号の竿が曲がります。でも大したことない大きさでしょう。

Imgp5846

ヒメコダイです。ここでの定番、ほんとはアマダイがいいのだけど、今はいないのでしょう。

Imgp5849

またまた、30号の竿が曲がります。

Imgp5851

珍しく、小鯛が釣れました。

Imgp5852

ヒメコダイ、うーーむ小物ばかりやん・・・。

Imgp5854

クラカケトラギスです。クラカケにしては大物だけど、これを狙っているわけではありません。(笑)

Imgp5856

やっと60号の竿が海面に突っ込みました。
かなり抵抗しながら上がってきます。

Imgp5858

上がってきたのはウッカリカサゴ(カンコ)、やっと狙いの魚が上がりました。
35cmらいでしょう。大きいほうではありません。

Imgp5863

潮の流れが遅くなったと書きましたが、それでもかなりのスピードです。熱海側にかなり近いところまで来て、網代湾は遠くになりました。

Imgp5869

オキトラギス

Imgp5871

ヒメコダイ

Imgp5873

ヒメコダイ

Imgp5875

鯖、外道のオンパレード大会です。(笑)

Imgp5876

大物カサゴ3兄弟狙いは小物&外道満載に変わりました。(笑)
とりあえずカンコがあるから良かった。(笑)

Img_0807

今までのコースです。

20130531all

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ