無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月29日 (水)

気分はブラジル !? (笑)

2013/5/27 ハーブな世界 で種まき、芽が出たバジル(basil)の話をしましたが、ごらんのとおり、更に芽が出て、大きくなりました。(笑)

Dsc_8068

この調子で育つとバジルで食っていけるかもしれません。(笑)
4/13の種まきから1ヶ月半です。
水を与えるだけだから簡単、簡単。

Dsc_8076

さてと今日の本題はバジル(basil)ではなくブラジル(Brazil)

ポルトガル語では “Brasil”です。"r"が入るか、入らないだけのつながり??(笑)

向かった先は東武東上線の若葉駅です。

Imgp5664

駅を降りて向かうは・・・。

Imgp5665

アンジェリカのお店というブラジルのスーパーです。

Imgp5825

ハーブな世界で紹介していた GRIL Capim Dourado というブラジル料理の併設店です。

Imgp5826

駅を降りてすぐのビル、1,2階はパチンコ店、3階に目指す店はあります。
実はここへ来たのは4回目、ハーブ岩塩を買いたくて来たのだけど、1回目は物がなく、2回目は届いたものが希望の物でなく、3回目はハーブ岩塩の袋の写真を持っていき予約、そして今回の4回目です。

Imgp5800

店内は知らない商品ばかり並んでいます。

Imgp5803

ここは塩のコーナー、岩塩、ハーブ入り、いろんなものが置いてあります。

Imgp5806_2

SAL GROSSOです。買いたいものと同じ名前ですが、こちらはハーブが入っていない真っ白な塩です。買う時は間違えないように・・。

Imgp5807

ブラジルは肉料理を塩で食べるとブラジルから来た人に聞いたことがあります。
肉やソーセージも色々な種類を売っています。

Imgp5808

こちらのコーナーは主にサゾンという調味料を置いています。
魚、肉、豆、サラダ、パスタ、米用と色々な種類・・・。

Imgp5810

アンジェリカさんでしょうか? 日本語は全く問題ありません。
他にもシルビオさんだったかな?
男性の方、女性の方が交代で店に出ているようですが、日本語は問題ありません。

Imgp5804

こちらはレストラン、主に肉料理の GRIL Capim Dourado  です。
うーー、食べたいが太るからなーー。(笑)
知り合いの話だとめっちゃ美味いとのこと。

Imgp5812

これが探していたハーブ岩塩です。
やっと会えた・・・。(笑)
どうも肉料理用ですが、これが魚にも良く合うのです。

Imgp5817

うん??? 天日塩て書いてある?? どうも岩塩と思っていたのは勘違いだったようです。

Imgp5819

一緒に購入したのはサゾンです。
これは魚、肉用、左上にAJINOMOTOと書かれているように、ブラジルのAJINOMOTOが作っていて、ブラジルでは一般的な調味料と聞きました。

Imgp5821

こちらはサラダ用、アンジェリカさんがとっても美味しいと勧めてくれました。
そのまま粉末をかけるか、ドレッシングに混ぜるかの使い方をするようです。

Imgp5823

こちらは肉用、これをチキンに使ってみました。
スーパーで赤っぽい色づけになった調味チキンを売っていることがありますが、あの味でした。
悪くないです。

Imgp5789

中は5gごとの袋に入っています。1袋で約4人分となっているようです。

Imgp5798

色々と料理が楽しくなりそうです。
魚を釣ってこなければなりません。(笑)

2013年5月19日 (日)

なかなか思うようにはいきません・・(笑)

2013/5/19 今週はのりべんさんとオニカサゴ狙いです。

下は金曜日の時点での海快晴の予報。
風速はいいものの、10時から雨で釣りには少し厳しい雰囲気です。

土曜日は少し風が強いのだけど、晴れていて釣りにはもってこいの日より。
しかし、都合がつかず、日曜決行となりました。

Img_0795

明けて土曜日の予報です。
なんと、天気は良くなっている!!
風も無いし、絶好の日になりそうです。
これはいい日を選んだかもと思っていました。

Img_0797

日曜5:40、いつもより早い出発です。
最近は7:00以降が多かった。(笑)

Imgp5721

今回は80m程のところに行くのに足漕ぎとパドルでは歴然とした差が出るため、
艇同士をタイラップで固定しています。
1艇増えても大したことないだろうと思っていたのだけど、実際漕いでみるとやはりかなり重い・・・。(笑)
ちょうど自転車の変速機を重くした感じと言えばなんとなくわかるかな?

Imgp5725

40mの根の上でカイワリが釣れるかの試しを行いました。
本来ならアンカー打ってやるところなのだけど、そんなに長いロープが無いので流し釣りです。
案の定、何の当たりもありませんでした。

Imgp5726

この頃から気になるのは風です。
とても漕げないというような風ではないのだけど、沖へ出るには怖い風、沖へ払い出す、少し強い風が吹いているのです。

Imgp5727

仕方がないので網代側の45mのところで風待ちの釣りです。
グイッと竿が曲がりいい当たり !
暴れながらあがって来るのは・・・。

Imgp5728

本命、オニカサゴ、30cmくらいでしょうか。
毒針をハサミでチョキチョキ処理をしてキープです。
しかし、後が続かない・・。

Imgp5730

60mへ移動して様子見を続けます。
こんな時可愛い鬼が釣れました。
まだまだ可哀想なサイズなので撮影の後リリースです。
60mで釣っていると風に流され65mまで流れていきます。

Imgp5732

のりべんさんと相談し、やや風が弱まった時を見計らって80mラインへ・・。
穏やかだった20分位でしょうか、ググッと竿が引き込まれました。
上がってきたのはウッカリカサゴ、そんなに大きくない30cm位でしょう。

Imgp5735

風が強くなります。急いで投入、しかし40m位から落ちていきません。
上がってきたのはまあまあの真鯖でした。

でもこの後やばそうな風、時々波も白く砕ける状態です。
1人なら我慢して、やり過ごすこともできそうな感じだけど、2艇分を漕いで帰るのはこれ以上荒れると危険です。
かなり考えたのだけど、ビビリ症でもあるので浅場に引き上げることにしました。

この時点で2艇を繋げていたタイラップもうねりでプチプチ切れてしまいます。
仕方がないのでロープ牽引で移動しました。

Imgp5739

40mラインでツツーッと竿が引きます。
少し軽めの負荷で上がってきたのはカサゴでした。
まだまだ可愛いのでリリースです。

Imgp5740

この後風は弱くなり、帰ってくる必要があったのかと思うような状態になりました。
40mラインで釣るも、当たりがまったくありません。
のりべんさんも頑張るのだけど当たりがありません。
時間も12:00ちょっと前です、帰ることとしました。

Imgp5745

長浜近くへ行くと大きな黄色いブイ、こんなの無かったよな・・・。
よーく見ると大勢泳いでいます。
これって、ひょっとするとトライアスロン???
全然そんなの知らなかったけど・・。

Imgp5751

長浜入口を大勢泳いでいるので、湾内に入ることができません。
パトロールしてそうな水上バイクに帰りたいことを告げると2つのブイを大回りしてくれとのこと。
ついでに写真を撮ってあげると、ポーズを決めてくれました。(笑)
Imgp5754

しかしスゲーッ、男女ガンガン泳いでいます。

Imgp5761

無事ブイを大回りして帰ることができました。

のりべんさん、お疲れ様でした。
今回はあまり沖にいることができず、残念な結果になりました。
また、釣りに行きましょう。

今までのコースです。

20130519all

2013年5月18日 (土)

MARUTO ゲッツ !!! (笑)

2013/5/17  (株)土肥富 に注文していたものが届きました。 ワクワク・・。

代引郵便(定形外郵便)で届いたものです。

Imgp5682_2

封筒の裏側にはMARUTOのロゴ
金龍鈎のMARUTAとは違います。
土肥富は漁師さん御用達の鈎、新JISマーク表示認証を受けているので品質はいいでしょう。
テンヤ用鈎、ルアー、フライ等の鈎も作っています。

Imgp5684

クッションを開けて白い紙を広げると・・・・・。

Imgp5688

おおおーっ、ムツ鈎と親子サルカンです。全て100個入りです。

Imgp5711

■ご注文内容
------------------------------
商品名    : No.9364 太地ムツ 叩 (白) 16号 100本入り
販売価格   : 630円
数量     : 1

小計     : 630円
------------------------------
商品名    : No.9364 太地ムツ 叩 (赤) 16号 100本入り
販売価格   : 987円
数量     : 1

小計     : 987円
------------------------------
商品名    : No.612 クレン親子サルカン (白) 2×3号 100個入り
販売価格   : 2,562円
数量     : 1

小計     : 2,562円
==============================
商品合計   : 4,179円 (うち消費税:199円)
手数料    : 370円
合計     : 4,549円

ここで今まで使っていた物の写真を上げておきます。
まずはGamakatsuの太地ムツ16号

Imgp5616

OWNERのクレン親子スイベル 2×3です。
これ以外にもフジワラの同じもの100個入りも使っていましたが、使い果たしました。

Imgp5619

さてと以上の物の値段の比較です。
MARUTOの値段の安さがダントツだと思います。
                                               

商品名 入数 値段 単価
Gamakatsu太地ムツ   16号 12 189 15.75
MARUTO太地ムツ 叩   (白) 16号 100 630 6.30
MARUTO太地ムツ 叩   (赤) 16号 100 987 9.87
OWNER   クレン親子スイベル  2×3号 6 336 56.00
MARUTOクレン親子サルカン   (白) 2×3号 100 2562 25.62

でも形状が悪かったり、質が悪いと駄目ですよね。
じっくりと観察しましょう。
まずは太地ムツ 叩   (白) 16号から・・・。

Imgp5693

作りは悪くないというより、いいんではないかと思います。
針先鋭いです。化学研磨なしと書いてあったのでもっと鈍いかと思っていました。

Imgp5696

太地ムツ 叩   (赤) 16号です。

Imgp5698

これも同じ綺麗な仕上がりです。
もっとも、自分の目での判断ですが・・・。

Imgp5700

次にGamakatsuとの比較です。
わかりやすいように、Gamakatsuは白、MARUTOは赤で比較しました。
幾分か白が太く見えるのは色の性でしょうか?
ノギスで計測したところ、
Gamakatsuはφ1.1mm、MARUTOはφ1.25mmとMARUTOが0.15mm太いことがわかりました。

Imgp5713

重ねてみると叩きの部分の角度が少し違うのと、針先の部分が微妙に違います。
MARUTOのほうが鋭いかもしれません。

Imgp5718

どちらもひねりが入れてあります。
拡大してみるとわかるのですがMARUTOの針先の角度が鋭角のようです。

Imgp5719

次にクレン親子サルカンです。
特に問題になる部分は無いのですが、フジワラに比べOWNER、MARUTOとも首の部分(子サルカンがかかるところ)が間延びした感じです。
これは自分の選択ミスですが、黒を注文すれば良かったかなと後で思っています。(笑)

Imgp5709

いずれにせよ、問題無く、自分的にはかなり気に入ったものばかりでした。
釣行が楽しみです。(笑)

2013年5月12日 (日)

なんだか調子がいいんですよ !! (笑)

2013/5/12 昨日は雨・・、今日は晴れてしかも風の予報はOK!! これは行くしかありません。しかし起きてみると風は少しきつめ、海はウサギは飛んでいないものの、かなりウネリが出ています。

Img_0785_2

最初は戸惑っていたものの、結局釣りたい気持ちには勝てません。(笑)
7:28出発です。狙いは前回と同じカサゴ3兄弟、しかも大物狙いです。

Imgp5625_2

40mライン、平根の近くでイワシ餌を落とします。
そしてきたのはオニカサゴ、それも約40cm。
自分としては大物、目標達成です。

Imgp5626

クーラーに入れるといっぱいになりました。
40mで40cmなら50mでは50cm?? ぐふふっ、取らぬ狸の皮算用です。(笑)

Img_0786

朝のうねりも静かになり絶好の釣り日和!!

Imgp5628

海は赤潮、?? これって駄目じゃん??
でも前回もこんな海で爆釣でした。

Imgp5631

ククッと竿が引き込まれたのは50mライン、どうも50cmではなさそうです。(笑)

Imgp5632

30cm位でしょうか? 少し小さめが上がりました。

Imgp5635

30号のオキアミにはタマガシラ?? 
チビちゃんだけど戻してやれない状態なのでキープです。

Imgp5638

続いてヒメです。大きめのヒメですが、撮影の後クーラーに入れようとしてポチャッ。(笑)

Imgp5639

少し小さめのヒメですが、大きなのをナチュラルリリースした後なので、こいつもリリース。

Imgp5641

このあと60号の竿が海面に刺さります。

Imgp5643

ブルブル抵抗して上がってきたのは40オーバーと思われるオニ。
40mの鬼は黒っぽいけど、80mラインのは鮮やかな赤です。

Imgp5647

でかい口。

Img_0788

この後ヒメコダイを追釣、時間は12:30になって、風も強くなってきました。
まだまだ釣ろうと思えば釣れますが、帰りの距離を考えると無理は禁物です。

Imgp5649

帰りは時速2.4マイルでセーリング。結局長浜入口まで漕がずに帰ることができました。
ラクチン、ラクチン。

Imgp5651

今までのコース。

20130512all

釣ったオニカサゴ、半身をハーブ岩塩とフェンネル、オリーブ油でアルミホイル焼きにしました。アラは煮付けてみたのですが、どちらも美味い !!
特にハーブ岩塩は癖になります。

もちろん肝と胃袋はネギポン酢です。
お酒が進んだのは言うまでもありません。(笑)
海の恵みに感謝です。

2013年5月11日 (土)

Dr,Depth どうしたんだい???

2013/5/11 以前進めようとした潮汐の話、(1)で止まったままなので少しでも進めようと勉強を始めました。そのうち Dr,Depth のホームページで探し物をしなければならなくなり、入ってみたのです。

そしてLINKのボタンを押すのだけど反応しない・・・。
DownloadもFeaturesもどのボタンも開きません。

Drdepth001

翻訳機にかけてみると???

Drdepth002

DrDepth - 重要なニュース130402
All DrDepth software and related technologies have been acquired.すべてDrDepthソフトウェアおよび関連技術を取得されました。 The DrDepth programs and upgrade sales have been suspended until further notice. DrDepthプログラムやアップグレード販売は追って通知があるまで中断されている。 Existing licensed users can continue to use the program as before.既存のライセンスを受けたユーザは以前のように、プログラムを使用し続けることができます。

とのこと・・・・。

とりあえず、プログラムを使うことはできるようだけど、販売やアップグレードだけでなく、ホームページまで動かなくしているのは何があったんだろう・・・????

いろいろ調べ物をするのにかなり困るのだけどな・・・・。

誰か事情を知っている方おられましたら、教えていただけませんか??

2013年5月 6日 (月)

ハーブな世界

2013/5/6 連休最後の日です。結局、野暮用が重なり浮いたのは1回だけに終わりました。
しかし楽しい釣りだったし、次の機会の楽しみとしていいのかなと思っています。

前回の釣りでさぞかし美味しい料理を食べたんだろうと思われるでしょうが、実際は仕事に出ていたため、ほとんど食べることができませんでした。(笑)

でも家族の中では大好評!! 

特に娘の作ったタイム、オレガノ、バジルをのせて、オリーブオイル、ブラジルハーブ岩塩のアルミホイル焼き、これはめっちゃうまかったとのことです。これ、その前の日にみんなでで食べたブラジルハーブ岩塩でアルミホイル焼きのバージョンアップ版とのこと。
バージョンアップ前は自分が食べてた味なのでうまかったのはわかるのだけど、こいつは知らない・・・。うーーむ、悔しい・・・。(笑)

そんな訳で塩の味とハーブの世界にはまりそうなのです。(笑)

ここで話に出てくるブラジルハーブ岩塩ですが、知人から頂いたもので、どこで売っているかもわからないものでしたが、そのハーブの香りは強く、鞄の中に入れて持って帰ったのだけど、帰ったら鞄の中はいい香りでいっぱいになっていました。

料理のあとであまりにも美味しい塩だったので何処で買ったのか聞いたところ、「 GRIL Capim Dourado」というブラジル料理の併設店で買ったとのこと。
ブラジル料理と言えばシュハスコなど、美味しい肉料理がありますが、いずれも味付けは塩が多いところです。なるほどと納得した次第です。

さてもう一つのハーブの件ですが、自宅でもハーブを育てています。

まずはスイートバジル

Dsc_7862

こいつで、バジルペースト作って魚を焼くと、バジルの香り漂う豪華な料理になります。
去年6株購入したら有り余るほど収穫できました。
葉を取っても次から次へと出てきて11月まで楽しめます。

いい思いをしたので今年も4株購入したのだけど、そのうち2株は腐ってしまいました。
気候が寒くなったりしたので駄目になったのでしょう。

そこでスイートバジルの種を撒いてみました。
約2週間後・・・・・・。

Dsc_7945

出た出た、芽が出た!!! (笑)
200円位の種からものすごい数の芽が出てきます。
こ、これって、く、食いきれねーってなるんじゃないかな??(笑)

Dsc_7977

他にもあります。フェンネル、魚料理に良さそうなんで去年植えました。
去年はひょろ~んとしてたのだけど、2年目はガンガン大きくなり70cm位の高さ、赤ちゃんの腕位の茎になっています。これも釣ってくる魚より多そうです。(笑)

Dsc_7852

次がイタリアンパセリ、葉っぱが縮れていないから、なんとなくパセリに見えません。どちらかというとセロリ風、そんな訳でサラダにいっぱい入れて食べたら、強い味のパセリそのものでした。(笑)サラダに添えるとかいいですが、これもなかなか食べきれないかも…。(笑)

Dsc_7859

これはハーブではないけど、楽しみにしているトマト。
これはまだどの位採れるか、未知数です。

Dsc_7867

ジャーマンカモミールかな? どちらかというとハーブティーかな?

Dsc_7869

カレープラント、去年1年大きくなって、今年もまた元気に伸びています。
何かの料理の香りづけといったところでしょうか?

Dsc_7872

これもハーブではありませんが、花のつぼみです。
さて何でしょうか?

これはレモンの花のつぼみです。
一昨年買ったレモンが今年はつぼみをつけました。
レモン収穫が出来るのかどうかはまだわかりませんが、楽しみな花です。

Dsc_7917

他にも何種類か、食べることが目的のハーブがあります。
料理の準備はばっちりです。
後は釣ってくる腕だけが、少々心もとないのが心配の種???(笑)

2013年5月 3日 (金)

Lowrance 等深線の謎

2013/5/3 潮汐について書きだしたことがありました。しかし、(その1)を書き終えただけで、後が続いていません。

あの後、詳しいことを調べようと海上保安庁の潮汐表を図書館から取り寄せるのに1ケ月かかり、さてやろうかと思った時は仕事が猛烈に忙しくなり、やがて釣りにも行けない日が続きました。いずれ、これも進めなければならないのですが、今日は違うことが解決しそうなので、そちらを取り上げることにします。

今回の内容は興味を持っている人にはかなり面白い話かもしれないけど、おそらく、ごく一部の方だけでしょう。それ以外の人にはまったく意味がわからない内容かもしれません。以前から解けない謎がポツポツとあります。こういうのって気にしないで過ごしているときはなんでもないのですが、いったん引っかかるととっても気になるものです。

謎というのは等深線の深さ表示のことなのです。
今まで使ってきたLowranceは最初にLMS-520c、予備としてLMS-332c、そして今使っているHDS-5と3機種ありました。
諸事情により520332は現在手元にありませんが、この3機種の等深線の表示のさせ方がバラバラなのです。

自分で記録してきたデータをLowranceに取り込むわけですが、この時Dr,Depthというソフトで.LCMファイルに変換し取り込みます。

この時の設定がLMS-520cではWarp depth labels(Lowrance)というところに、レ点をつけます。
ここにレ点を付けなければならないのは何かに書いてあったわけではなく、LMS-520cの以前の持ち主の方が取説を作ってくれていました。当初、自分は意味わからんけどレ点を入れると思っていたのです

Hdstoushinsen08

しかし、LMS-332cではレ点を外さないと深さがフィート表示になってしまいます。
(こう言うと簡単に聞こえますが、最初は原因がわからず混乱してしまったのを覚えています。(笑))


Hdstoushinsen09

ここで、Warp depth labels(Lowrance)って何だろう?と思ったわけです。
直訳するとワープ深さラベル(Lowranceの)となりますがワープは歪みとも訳せます。

どうも、販売されたのが一番古いLMS-332cのデータはそのままで深度メートル表示する、LMS-520cはデータに加工がされていてWarp depth labelsにレ点を入れることによって再計算、深度メートル表示するのではないかと思えるのです。

Lowranceはアメリカ製なので当然フィート表示がメインでしょう。しかしメートルやその他の国で使われることも考慮して色々な単位で表示できます。GPS魚探ではその国の単位表示をしていても、エキスポートされるデータはフィート、これをWarp depth labelsで深度メートル表示するということかもしれません。

ただ、本当にこれだけだったか、これが原因なのかは現在LMS-332cLMS-520cとも手元にないため詳細は覚えてなく、確かめる術もありません。間違いがないのはWarp depth labels(Lowrance)のレ点の使い方だけでしょうか・・・。とりあえずLowrance旧型のGPS魚探については正しい等深線を表示することができたのです。

しかし、問題はHDS-5です。自分で取ってきたデータの等深線の表示は正しくメートル表示できるのですが、テラ社の等深線の表示がフィート表示になるのです。

Dsc_7828

33とか66とか99とか入っているのが、実際は102030mラインを指しています。

これは、自分の作成したデータではないので、Dr,Depthの「Warp depth labelsにレ点」方式では解決できない問題です。


さて、困った・・・。

そんな訳で、今までずっとフィート表示のままほったらかしていたのですが、いつも何か引っかかる感じでいろんなことを考えていたのです。

そのうちヒントになることが次第にわかってきました。

まず1番目はテラ社の等深線をMapEditに落とすときの方法です。

Shp13

落とすときのメニューにローマ字表記と漢字表記を選択できる画面があります。
Lowranceは漢字は駄目なので、ローマ字を選択するのですが、こんな風にデータが入っているのなら、変換した値を入れればいいのでは?というアイデアです。

2番目、じゃあ、データは何処に入っているかです。

テラ社のフォルダを調べてみると・・。

Hdstoushinsen01

こんな風になっています。この中でMapEditに放り込むファイルは.shpファイルなので、まずはこいつを調べてみます。
ファイルを調べるときの方法はとりあえずアクセサリの「メモ帳」に放り込んでみることです。

メモ帳はテキスト作成のためのソフトですが、アスキー形式(テキスト形式)のファイルならそのまま表示してくれます。

まずは「depcntl.shp」ファイルを放り込んでみます。

Hdstoushinsen02

残念・・・、バイナリ形式なので読み取ることができません。おそらくグラフィックか何かが格納されているようです。これは深さデータでは無いようです。

次に「depcntl.dbf」ファイルを放り込んでみます。

Hdstoushinsen03

ビンゴ !!! 当たりました。深さ表示のデータファイルです。しかもスペースで区切られているからエクセルで開けます。

この後、色々とエクセルでやってみましたが、保存段階で.dbfファイルでそのまま保存できないことがわかりました。やろうと思えばやれないことはないのだけど、まちがいが起こりやすいし、中にはエクセルを持っていない場合もあると思います。使っているのはエクセル2007です。

そこで選んだのがフリーソフトの「LibreOffice」です。OpenOffice.orgというソフトから派生したソフトですが、エクセルやワード、パワーポイント等の機能をもっています。WindowsMacintoshLinux を始めとする多くのOS上で動き、マイクロソフト・オフィスとの互換性もかなりの点であるソフトです。
http://ja.libreoffice.org/

まず、LibreOfficeを起動します。


Hdstoushinsen14

表計算ドキュメントをクリックします。

エクセルと同じようなソフトが起動します。

Hdstoushinsen15

 ここへ、先ほどの

depcntl.dbf」ファイルを放り込みます。

Hdstoushinsen16

言語を聞いてくるので下図のように選択します。

Hdstoushinsen17

インポート完了です。

Hdstoushinsen18

赤枠の中に補正値をいれて、緑枠に計算式 =A*D を入れます。

Hdstoushinsen19

E列の全ての計算結果をコピーします。
A
列に形式を限定して貼り付け→テキストで貼り付けます。

Hdstoushinsen20

変更完了、D,E(F列は念のためコピーしてました。この場合はこれも)を削除します。

Hdstoushinsen21

このまま上書き保存します。もし、元データを残しておきたい場合は、正しい値のデータを別に残しておいてください。
MapEdit

depcntl.shp」ファイルを放り込むと、下図のように変換された値のデータが表示されます。「depcntl.dbf」ファイルは直接放り込んでいないけど、「depcntl.shp」が「depcntl.dbf」ファイルを引っ張ってくるようです。

Hdstoushinsen22

この後はMapEditを使ってLowrance用に変更していきます。
この続きは 
LOWRANCE リーズナブルな機種に等深線導入 や HDSシリーズ(旧LMS、LCX)のMy 等深線の取り込み を参照願います。
取り込んだHDS-5の表示です。

Dsc_7831


20m21mになっていますが換算の結果そうなったのでしょう。

まずまずの出来ではないかと思います。
 

しかし、わかってしまえば簡単なことなのだけど、HDS購入してから1年ちょっとかな? 今までかかった・・。(笑)
しかし等深線については全てがわかったわけではありません。
まだまだ勉強です。(笑)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ