無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 魚が出てこない釣行記 (悲) | トップページ | カヤック車載は横乗りで~す (3) »

2013年3月31日 (日)

春の海 到来

2013/3/31 赤潮です。グラントさんのブログによると3/28から発生しているようです。

Dsc_7708

赤潮というと悪いイメージ、富栄養化とか貧酸素など魚にとって良くない感じが定着しています。
でも自分がカヤック始めてからの記録を調べてみると、2011年は5/5に、去年は6/10と6/23に発生し、毎年出ていることがわかります。2年間見てきた赤潮、大きいものは自分が確認したもので小田原から伊東までもありました。

Dsc_77020001

調べてみたら、全てが悪い赤潮ではないらしい、夜光虫の赤潮は無害らしいのです。
そして5月頃を中心に毎年起こるそうです。
http://www.agri-kanagawa.jp/suisoken/kankyo/akashio/Noctiluca.asp
去年は6月、一昨年は5月だった赤潮、ずいぶん今年は早いようですね。
もし、夜光虫だったら夜見ると発光しているのでしょうかね?
是非見たいと思いましたが、残念ながら行く時間が無いので次回までの楽しみです。

Img_0767


波もそんなにひどくない今日ですが、風邪気味でだるいことと、真っ赤な海に出る意欲はありませんでした。(笑)

次回浮く時は春の海、期待してもいいのかも??? (笑)

« 魚が出てこない釣行記 (悲) | トップページ | カヤック車載は横乗りで~す (3) »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

そうですか、でもいやですねこの赤潮。
カイワリ釣らぬ間に。

この後は、春濁りってやつですね、これが始まると
本当に約1カ月はアウトです。

今日は雨予報でしたが、はずれでしたか。
なかなかタイミングが合いません。

五目漁師さん、おはようございます。
赤潮、早すぎますよね。温暖化のせいなのかよくわからないけれど・・。昨日の午後には伊豆多賀の海岸沿いは真っ赤になるほど流れ着いていました。打ち寄せる波が赤いのはあまりいい気もちではありませんね。(笑)そしてこの後は春濁りなんですか、なかなか釣れるようにはならないのですね。
雨はパラパラと降った位です。昨日は少し冷えたので冷たい雨となりました。赤潮とは何だかミスマッチですね。

日曜日、浮いてきました。赤潮すごかったです。Mac前は海面が真っ赤であきらめて、すこしでも水質の良い場所をさがして、ターガス前で釣っていました。メバルやグレが釣れたので良かったですが、ターガス前も赤潮でいっぱいになったので撤収しましたw

おはようございます!のりべんです。

日曜日は娘とドラえもんの映画に行ってました(^-^)

その道中で真鶴〜早川の海を眺めて行きましたが、赤潮が殆ど無く、実は今日は最高の日だったのでは??と思うような海域もあり、気が気でなかったです。
東伊豆はそうではなかったんですね…。

五目漁師さんの仰ったその後の春濁りというんですか、大変気になります…早く好転してくれてカイワリ大漁!!といきたいですね(^-^)

Fishboneさん、おはようございます。
あらら、浮いていたのですか?
自分も去年赤い海に浮いたことがありますが、楽しいものではありませんね。なにも釣れなかった気がします。
メバルとグレはさすがですね。
ボンちゃんの記事読んでいたらNSやりたくなりました。(笑)
近々やってみようと思います。

のりべんさん、おはようございます。
ブログ記事からするとのりべんさんはてっきり浮いているのだと思ってました。ドラえもんだったのか・・。(笑)
でもそれが正解だったかもしれませんね。
伊東や福浦が赤潮だったかは確認していませんが、良くなかったのではないでしょうか?
早く良くなるといいですね。
春の濁りは他のブログで見ると・・・

「4月以降、海面の加熱に伴って水深30m以浅の水温は上昇します。
この時、冬場に供給された栄養塩類と上昇した水温によって、
植物プランクトンが爆発的に増殖します。これがいわゆる春濁りの原因となります。」

とのことのようです。

umeさん、追加コメントさせて下さい。

自然界の仕組みとしては、おっしゃる通りのようです。
魚にとっても重要なことらしいのですが
釣り師にとっては、海の中が真っ暗になり釣れない。
(極端に釣りに対す活性は悪くなります)
置き竿にでもしようものなら、道糸にはヘドロ状のもの
(海藻のなれの果てですかね)が付着し、釣る気を消失させる。
ですかね。

五目漁師さん、おはようございます。
毎日、通勤に時間がかかるため、この時間からの起床です。(笑)
元々早起きは苦手ではないのですが、最近はかなり忙しいので、帰りも遅く、定年間近となるとちときつくなりましたね。(笑)

春の濁りは水温が上昇することによって植物プランクトンが大発生することによる濁りなんですね。そういえば水温が下がっている冬場の透明度は抜群ですからね。結局は大発生→赤潮→濁り→安定化というアンバランスな時間は魚とてバリバリ餌を食べたい気持ちにならないし、五目漁師さんの言われる見通し利かずでは魚も↓。(笑)人間も↓。(笑)

うーーん、早く過ぎ去って欲しいものです。

umeさん こんにちは!

赤潮ですか。。厄介ですね(-_-;)
植物プランクトンだか夜光虫だか分かりませんが、堤防からの泳がせ釣りをやってた頃、この時期の赤潮で活きアジのエラに詰まって? アジが長生きしないんで困った思い出が有ります。。
当然の様に、夜釣りでしたが夜光虫が一杯で全く釣りに成りませんでしたね。。。
ラインを動かすと、1本の線で光って綺麗でしたけど(笑)

マンボウさん、おはようございます。
マンボウさんの話って、赤潮の怖さをよく表していますね。
えらに詰まって長生きしないんですか、そこまでなるとは知りませんでした。
それなら、魚にとって餌を食べる食べないどころではありませんね。
赤潮も春の濁りも色が違うだけで中身はおんなじなようなので、それからするとやっぱ釣れない日が続くのですかね。やだなぁ…。(笑)
夜光虫の光るのは見てみたい気がします。ダイバーを集めて夜潜るツアーもあるようですからね。自分は無理だけど・・・。
でも釣れないのはちょっとね。(笑)

海に出るのも陸でお花を見るにもいい時期となりましたね。

かなり遠方まで足をのばしてますね。

いつの間にか赤ブゥーブゥーに変身、キズ辛いねー、

最近は網代の通過は夜ばかりです。

こんばんわ、  さん
最近は夜に移動ですか?
空いているから走り易いですね。
3月からずっと仕事が忙しく、特にこの週はひどかった・・。(笑)
土曜日が出られる日だったのだけど、体力持たずに出ませんでした。
最近は海も風が強いので、遠くまで行く時はかなり用心しています。

浮けない代わりにガーデニングの手伝いやらされてますので、結局体力消耗でパキパキになっています。(笑)
でもその分、かなり完成してきました。
今はこちらがメインになってきています。

でも浮きたいですね。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の海 到来:

« 魚が出てこない釣行記 (悲) | トップページ | カヤック車載は横乗りで~す (3) »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ