無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 釣りに行けないときの 昔の釣り 話  その3 | トップページ | 初 対面 ドキドキ・・・(笑) »

2013年1月 6日 (日)

艤装 初め

2013/1/6 以前よりロッドホルダーと魚探の位置がシートに近すぎるのが気になっていました。特に乗り降りの際、長い足が引っかかるのです。(笑)
また左側のロッドホルダーは取り付けている板がふにゃふにゃ状態で、板全体の固定方法もタイラップが外れやすくイマイチだと思っていたのです。
そしてレボ13になってからアンカーのクラムクリートはずっと付けていません。

Imgp4758_2

まず邪魔なものを取り除きます。

Imgp4760_2

左側のロッドホルダー取り付け部は不要なのでカットします。

Imgp4763

くるくる艤装のロープが通る部分を確保して、ブロックを取り付けます。

Imgp4765_3

横から見るとこんな感じ。

Imgp4768

更にブロックを追加。

Imgp4769

ロッドホルダーと魚探取り付けの板を上に付けます。

Imgp4772

こまごまとしたものを取り付け完成です。
茶色のプレートは磁石、黒いプレートはスポンジです。
それぞれ針をくっつかせたり、餌木やルアーを刺しておく場所です。
位置的にかなり前方へ移動したので、乗り降りは少し楽になりました。
右のロッドホルダー下部にアンカーのクラムクリートも取り付けました。

Imgp4774

固定方法は穴を開けて外れにくくしました。

Imgp4775

バドルを引っ掛けるフックも取り付けました。

Imgp4778

来週は天気さえ良ければ出るかな?(笑)

« 釣りに行けないときの 昔の釣り 話  その3 | トップページ | 初 対面 ドキドキ・・・(笑) »

艤装」カテゴリの記事

コメント

私もディンギーに乗っていましたが、結構スリリングな乗りものでしたし、
レースに出たりして長年楽しんでいました。

このカヤックってumeさんの場合は釣りをされるのでわかるのですが、
釣りをしないとしたら、何をするのでしょうか。
漕いで行って、帰ってきて、また次の週に漕いで行って、帰ってきてでは
飽きてしまいそうなのですが。

すみません、やぼなことをお聞きして。普段から飽きちゃうんじゃないかと思っていたもんですから。

五目漁師さん、おはようございます。
詳しいことは知らないですが、元々シーカヤックから派生したと思われます。シーカヤックは材質からしても非常に軽いカヤックで、長距離が可能です、網代湾60mで釣りをしていた時、私と同年輩の方の乗っておられる20隻程の一団が初島方面へツーリングに行くのを見たことがあります。シーカヤック、ツーリングにはいいのだけど、安定性ではイマイチなんですよね。兄も乗っていたけど、釣りにはもう少し安定性が良ければとぼやいていました。自分の乗っているカヤックはシットオンカヤックでシーカヤックのシットインに比べ沈みにくい、安定性が良いなどの特徴があります。元々はレクリェーショナルカャックやサーフィンカャックの改良で釣りに特化したカヤックに変わっていったのです。欠点としてはポリで出来ていて、全体が浮沈構造にするため密閉された構造になり、重いということですね。
だからツーリングには向きません。
そんな訳で、釣り以外というとフラフラと近くを漕ぐか、ダイビングに使うか、短いものだとサーフィンカヤックとして使う位ですかね。
自分は釣り以外はあまり考えたことないですけど・・・。
(結果的にボーズで走り回っているだけの時はありますけど・・・)(笑)

五目漁師さん、追加です。
今、自分が乗っているタイプも含めて、ほとんどは釣り専用のカヤックとして作られ、販売されています。買う人も釣り目的しかないと思いますね。

umeさんわかりました。
私はumeさん達がやられている釣りがどちらかと言えば特殊で、
じゃあ釣りをしない普通に乗っている人はどうなのかなと思っていました。
釣り専用なのですね。

ところで、年始にかれふぁんさんという方が伊豆多賀でアマダイをあげてます。ご参考まで。
http://ameblo.jp/kareifan/entry-11443601297.html

五目漁師さん、こんばんわ
そうです、ほとんどの方が釣り目的で、釣り専用のカヤックを買っています。今ではかなりの人がやっているのと思います。
でもみんな同じ釣り方かというと、かなり違います。
若い人で人気があるのがやはりルアー系ではないでしょうか?自分のように遊魚船や手こぎボートから入ってきた、餌釣り派はめずらしいかと思います。でもこれがごっちゃになって色々やっているのがカヤックだと思ってください。中にはすごい釣り師がいて、大鯛やヒラマサ釣っている人もいますし、アラを釣りあげた人もいます。全て私以外ですけど・・・。(笑)
かれいふぁんさんのブログ見させていただきました。
読んでいてわかったのは、あの日あそこで釣っている人はかれいふぁんさんだったんだということです。(ガーデニングしながらチョコチョコ見てました。)
1人50mラインと思しき所で釣っている手こぎが見えたんですよ。
通称「平根」の近くかなと思ったのだけど、ぽつんと離れて釣っていたので気になりました。
実際は陸から見ているので違っているかもしれないですけどね。(笑)
大変参考になりました。ありがとうございました。

おはようございます!のりべんです(^-^)

カヤック艤装、やってみたいんですけど…ようやく今の状態では不可能だと分かってきました(少なくても子供達が小学校に上がるまでお預けです(^_^;)
かれいふぁんさんの今回の記事、待っていました!という感じです。面白くなってきましたね(^-^)

umeサンの艤装パネルは実釣投入の繰り返しで洗練されていくのが良くわかりますね!ペダル漕ぎの邪魔にならない艤装は苦労が多そう…。でも、ここまで最適化されたのならパネルの量産化も出来そうじゃないですか!(^_^)/

のりべんさん、こんばんわ
カヤック艤装、無理??忙しいのかな?
まぁ、ゆっくりやりましょう。
いつでもできますよ。
伊豆多賀にもいよいよやってきたのかな?
楽しみですね。また行きましょう。

Fishboneさん、こんばんわ
艤装パネル、いい感じです。ふと、思いついたんですよ。乗り降り邪魔なら2階建てにしようよってね。今更にアイデアがありまして、もう少し練れたら具現化できるかも・・・。
量産化ですか?面白そうだけど、量産しても欲しがらんだろう・・。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 艤装 初め:

« 釣りに行けないときの 昔の釣り 話  その3 | トップページ | 初 対面 ドキドキ・・・(笑) »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ