無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« あけまして おめでとうございます | トップページ | 釣りに行けないときの 昔の釣り 話  その3 »

2013年1月 1日 (火)

釣りに行けないときの 昔の釣り 話  その2

2013/1/1

大晦日 シイラ釣り

独身時代、盆暮れは必ず京都の田舎に帰っていました。
その度に兄は新しい釣りで誘ってくれます。
ある年末、帰郷したら早速「おい、シイラ釣りに行こう。」
大晦日、母や兄嫁などバタバタしている中での4時間釣行です。
田舎は山の中、海のある所までは近くても30kmあるでしょうか?
少しだけど雪も降っている日でした。

大体、シイラって夏の魚でしょう??
よりによって真冬の大晦日、しかも雪降ってますょ??
これが九州とか沖縄ならまだしも、さっぶい、日本海の若狭湾ですよ?

そんな疑問をよそに、さっさと釣り支度を終えて出発です。
上杉の交差点を曲がって、黒谷を通り過ぎ、いつも餌買いで寄っていくウスイ釣具店は寄りません。
「あれっ??寄らないの??餌は??」
「シイラってくりゃあ、ルアーでしょう? 餌は要らないよ。」と兄の返事・・・。
確かにシイラはルアーがいいけど、冗談と思っていた・・・。
実はアジなんかの防波堤釣りだと思っていたのです。
たしかに支度しているとき錆の入ったルアーを何個か入れてたっけ・・・。
この時やっと本気でシイラ釣りなんだとこの時思いました。

舞鶴若狭自動車道なんてまだ出来ていない頃の話です。
西舞鶴の街の交差点を右に曲がります。
東舞鶴も通り過ぎます。これで防波堤のアジの線は消えました。
よく釣りに連れていってもらった田井の道へも曲がりません。
国道27号線をひたすら東へ走ります。
やがて高浜に着いたとき、27号線から離れ、ハンドルを左に切ったのです。

暫く海岸沿いを走ると高浜原子力発電所が見えてきます。
それも通過して、着いたのは音海(おとみ)の大波止でした。

Otomi01

Otomi0300

そして海には何十匹ものシイラ・・・。
ぐるぐると円を描きながら泳いでいます。
「原発の温排水に集まったシイラだよ。もう何処へも行けないんだ。」
内浦湾の中のもう一つの湾に高浜原子力発電所はあります。
音海大波止はここを被う形になっているので湾内は水温が高いようです。

錆ついたルアーをキャストすると何のテクニックも要らずで、50~60cmのシイラがかかります。
簡単過ぎるのと、持って帰って食べる訳でもなかったことから、3匹も釣ったところで釣る意欲が無くなりました。
背景に原発、そこで行き場を失ったシイラがぐるぐる泳いでいる。
いつしかボタン雪に変わっていた風景は今でも心に残っています。

音海大波止はシイラ以外にもヒラマサ、サゴシ(サワラの若魚、関東ではサゴチ)、ツバス(関東のワカシ)、シオ(ショッコ、ショゴ、カンパチの若魚)そしてアオリなどが釣れるところのようです。
また近くには若狭独特の筏もあり、チヌなど狙うこともできるようです。

« あけまして おめでとうございます | トップページ | 釣りに行けないときの 昔の釣り 話  その3 »

昔の釣り 話」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!本日7時まで寝てしまったのりべんです。

というのも実は、朝の4時半まで娘がぐずってしまい、徹夜同然だったもので…肝心の時間帯は夢の中でしたf^_^;)
初日の出、うちからでは海から見えるんですが、既に雲の上でした。

シイラ3匹釣って簡単過ぎて飽きる、ですか??そんな経験して見たいです!まさにお魚の楽園、良い意味での文明の副産物ですね!
工場の温水排水(冷却用の水なので無害)で暖かい環境が形成されるのは確かにありますね。千葉の東電発電所でもそこは大型のクロダイが釣れる事で有名ですし、近くの小田原では明治製菓の排水(恐らく冷却用)が流れる川も大きいティラピアが釣れ、子供の時に夢中になったのを覚えています。(地元の子供達にしてはどちらかというとグッピーが採れる川ってことで有名!)

ボタン雪が舞う中で釣れるシイラ、あのイエローシルバーの魚体が雪の中を躍り出る。すごく不思議のようで、何処かとても幻想的な風景ですね(^o^)

うわー! umeさん、そこら辺は私の庭ですよ。

ウスイは私の同級生です。今はどうなっているのか知りませんが。
音海は原発で漁師が漁業権を放棄したとかいうんで
昔サザエをいっぱいとりにいったりもしました。

私の本当の庭は西舞鶴から吉田、青井、白杉方面でした。
冠島も船でよく行きましたよ。

懐かしっ! です。

こんばんわ、のりべんさん。
いかがですか? 昔の話 シリーズ第2弾はシイラでした。
3匹で止めたのは第一に温排水、安心と思わなかったのです。
それと死滅回遊と同じ状態のシイラがなんとなく哀れに思ったのですね。
それと何よりさっぶい・・・。(笑)
時間も遅くなると女性陣に何言われるかわからないですからね。
それやこれやの状態でさっさと帰ったのでした。
そんなのなら行かない方がいいじゃないなんて、何処からか聞こえてきそうですが、そこが違うんですよね。(笑)
娘さん大丈夫でしたか?
ゆっくり休んでください。

五目漁師さん、こんばんわ
吉田、青井、白杉方面は残念ながら行ったことがありませんでした。
でも青井マリーナとかあるから、五目漁師さんはここらでディンギー覚えたのかなと想像しています。兄も一時ディンギーに夢中だったこともあって、田井宮津ヨットハーバーに行っていたことがありました(あれ?天の橋立マリーナだったかな??)
ウスイさんと同級生!? へぇ~っ、世間は狭いや・・・。(笑)もっともウスイさん自体は自分はわかりませんが・・・。(笑)
この 昔の話 はシリーズとしてポチポチ書いていこうかなと思っています。ウナギ、シイラと書いてきましたが、次は??(笑)
とりあえず記憶を辿っての話で6つほどは考えています。
五目漁師さんの庭近くもいくつか入っていますよ。
問題は記憶と文章表現能力です。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 釣りに行けないときの 昔の釣り 話  その2:

« あけまして おめでとうございます | トップページ | 釣りに行けないときの 昔の釣り 話  その3 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ