無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

釣りに行けないときの 昔の釣り 話

  2012/12/31   釣りの師匠って言ったら、自分の場合誰だろう?
独身寮時代、沖釣りを餌付けから全部教えてくれたmさん、彼もその1人だろうし、
会社の釣り部にいた、元漁師のs先輩やf先輩、沖釣りの細かなことを知っていて、釣るのも上手かった。
(航空機関連の仕事場なのに、なぜか元漁師の先輩がいたのです。)

でも、1人だけあげるとしたら、自分の場合は兄でしょうか。
自分が遅く生まれた子供だったこともあって、18も離れた兄でした。
ガンで他界して、もう4年になりますが、彼が教えてくれた釣りはいろんな種類があります。
そういえば自分はカヤックフィッシングをやっていますが、カヤックフィッシングと言う言葉すらなかった時代にシーカヤックで釣りをしていました。

そんな兄と一緒に行った、懐かしい釣りをちょっと思い出しながら書いてみたいと思います。

うなぎ 穴釣り

自分が小学低学年だったころ、兄は既に仕事をしていました。
その兄が田舎に帰ってきたとき、釣りに連れて行ってくれました。
この時教わったのがうなぎの穴釣りです。

家の前には幅20mにも満たないの川があり、ここが自分の遊び場でした。
1060695_img_2

Fh020023_2

この川は本当に小さい時から遊び場でした。
農業用水を取り入れるための大人の肩位迄の堰があり、その下流は足首位の深さの流れになっています。小さいときの水遊びにはもってこいの場所で、春になると小さいハヤなどが上流へ向かって登ろうとします。堰があって登れないのだけど、堰から落ちてくる流れの裏に手のひらほどの奥行きで水の流れが止まっている部分があります。ここに登れない魚がギュウギュウになるくらいいるのです。網でガサガサ探っていくとかなりの小魚が獲れる所でした。
雨が降り、濁りが出ると魚の量が倍増するのを知ったのもこの頃です。

そうそう、この堰の下に冷たい湧水が出てくるところがありました。
ここへ遡上してきた鮎が集まるのです。
湧水の辺りを石で囲っておいて、1ヵ所だけ開けておきます。
小学高学年の人たちと土手の上から見ていて、鮎が何匹か入った所で駆け下りて石で蓋をするのです。
後は鮎の手掴みでした。
残念ながら低学年だった自分に鮎はまわってきませんでしたが・・・。(笑)

この川の堤防は花崗岩の石で護岸されています。
でも長い年月を経て一部崩れたり、流れに洗われ、石の無い部分が露出している所があるのです。
うなぎはこの様な穴をねぐらとしていて、兄によると5cmも満たない三角の穴(石組が菱形に置かれているので角の部分が欠けた状態)で出口が細かい砂になっている所にいる。泥になっている所はいないなどの説明をしてくれたことを思い出します。

餌はミミズ、田舎で獲れるミミズはシマミミズとテッポウミミズ(ドバミミズ、フトミミズ)がいますが、ここではテッポウミミズを使います。テッポウミミズには白い包帯をしたような部分があるのですが、ここに大きな針を刺します。
1m位の切った竹を割り棒状の物を作り、先端は針が外れないよう凹みをつけておきます。
ミミズを付けた針をこの凹み部分に引っ掛けて、穴の中へ送り込むのです。
送り込んだ時点でコツコツとかかってくることもあれば、棒を回収、暫くしてからかかることもあります。
かかった場合、一気に引き抜かないと、穴の中でうなぎが団子になってしまうので抜けなくなります。

こうして獲ったうなぎは小学低学年だった自分の腕と同じ太さ、長さは1mあったように思います。
逃げられないよう必死に掴んでバケツに放り込んだのだけど、この時腕についたヌメリは乾燥するとパリパリとひび割れするくらいでした。
料理はもちろん蒲焼、母が作ったタレと炭で焼くときの香ばしい香りはなんとも言えないものでした。もちろん食べた時の肉厚感、普通に街で食べるうな丼が薄っぺらに感じるのはこの経験からでしょうかね。

5cm位の魚しか捕まえられない小学生にとって、こんな大きなうなぎがいること自体衝撃的体験でした。

マリアナ諸島の海で生まれて、日本海まで来て、若狭湾、由良川と遡上し、その支流の川まで来た大うなぎ、今まで淡水魚だと思っていたけど、実際は海水魚なのかもしれません。

カヤック・フィッシングとは関係の無いテーマかもしれません。
でも感動とか面白みとか、やってみてわかる部分て共通なのかなと思います。
釣りに行けない時の小ネタですが、ポチポチ挿んでいこうかなと思ってます。
京都、北部の片田舎の話が主なので、関東の方は知らないところばかりかもしれません。
あしからず・・・。(笑)

今年もいろんな方にお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。

2012年12月25日 (火)

ゲッ !! クリスマスなのにボーズ 2  (去年が1デス)

2012/12/24  23日の夜、グラントさんへオキアミを買いに行った時「明日は風が強いですよ、7から8位。」と言われました。

海快晴の予報かなと思いつつ、とりあえず購入して、海の状況を見てからにしようかと思いました。

そして24日の朝、波は全然ありません。これなら出られそう・・・。
カャックも2艇出ています。
しかし、外へ出ると風があります。きつい風とは言えないけど、やや微妙な風です。
一瞬迷ったのだけど、ゴムボのカッキーさんも出ると聞いていたので出ることにしました。

Dsc_74940001

支度が遅かったため、長浜に着いた頃にはカッキーさん達はすでに出た後でした。

出てみると沖へ払う風で、ぶっ飛んではいないものの、釣りにはならない状態。
仕方なく沖へは出ないで暫く様子を見ることにしました。
舵取りつつ、ペダルを漕いでホバリングして10m位のところで釣り開始です。
これがホピーのいいところです。

1時間ほど長浜の出口付近でウロウロしていたら風も少し弱まってきました。

上多賀の漁港前に移動してブイ近くを釣りしていたところ、根がかり・・。

まさかこれがこんな展開になるとは・・・。

弱くなったとはいえ絶えず吹く風に艇は流されます。
流されてブイに入ったらマズイという気がしていたのでしょう、道糸を引張って切ろうとするのだけどなかなか切れません。
かなり強引に引っ張った時、指先に何か折れる感触・・・。
あ、ティップ折った・・・。竿を強引に引っ張ったのではなく、竿先のPEラインを手に巻きとって引張ってたのですが、ずれて竿先のガイドを押したようです。
しかも最悪は折れたガイドを海中へ落としたことです。
今から考えたら何でもない、カヤックを元の位置へ戻せばこんなことにはならなかったのに・・、後悔してもしょうがないです。

ちなみに長い間釣りをしていますが、折った記憶は過去にありません。
おそらく初めてでしょう。一番使う竿なんだけどな・・・。

Imgp4663

気を取り直して釣り再開、今度はテンヤ竿でとりあえずアオリ狙い、しかしこれも全く当たりなし。風が収まるのを見計らいながら、沖へ出て行きます。
アオリが駄目なら一つテンヤで何か来ないかなと探っていきます。
しかしこれも全く反応ゼロ、どうなってんだろ??

この時、遠くにゴムボを発見!!
おそらくカッキーさんと検討踏んで、近づきました。
水深70mで釣っていたのはやはり彼らでした。
しかし全く釣れないとのこと、暫く話をした後、赤根崎の方向へ場所替えしたようです。
自分は暫くここでやってみようと思い立ち、オキアミ餌のアマダイ狙いにしました。
しかし、まったくかすりもしません。やっと上がってきたのはトラちゃん。
リリースです。これが今日唯一の魚でした。

Imgp4654

魚探を見ながら流していたのだけど、流される方向が沖へだったのが、急に陸へと変わりました。暫くするとかなり大きなうねり・・・。
陸へ向かう風だからまだいいけど、釣れないところで頑張る必要はありません。
撤収です。

風は網代側へ吹いているので、逆らわずに漕ぐと、どうしても網代側へ寄っていきます。
長浜へ向かおうとすると横風を受けることになり、セールは畳んであるにもかかわらず、かなり傾きます。
ふとサイドキックのフロートを見ると右側の空気が若干抜けている・・・。

ヤバイ、これって先の糸が切れた時擦れて穴が開いたの??
この時は原因がわかっていませんでしたが、横風の時の踏ん張りが利かなくなります。
まだ、右側なので、常に踏ん張る左側でないのが不幸中の幸い。

空気が抜けかけると、フロートの固定が緩む構造なので、ドーンと波が当たるとフロートがクルクル水車みたく回りだします。

そのうちうねりが大きいところだとバウが波の底に突き刺さり、バウ側ハッチの周りの溝を海水が流れだした時はかなりひやっとしました。

なんとか長浜に着いた時はホッです。

帰ってから空気が抜けた原因探しです。
空気を入れる部分は2重構造で、上側のキャップを取ると空気が入れられます。
抜く時は下のねじ部分を回すと逆止弁の付いた部分が取れて空気が抜ける構造です。

Imgp4669_2

下のねじの部分の凸部に鋭利な跡が付いています。
空気を遮断する凸部に傷が付くと漏れてしまいます。
PEラインを強引に引張った時、ここに糸が入り、傷を付けたようです。

そういえばあの時、フロートが半回転持ちあがりました。
これなら傷を修復することで直せそうです。

Imgp4668_2

今日のボーズコースです。(笑)
先週の嫌な予感はモロ当たりでした。(笑)

Ggearth02

2012年12月16日 (日)

あぁぁ、鬼退治が・・・虎退治 ???

2012/12/16 強風で長らく釣りが出来ない日が続きました。

昨日は真っ平らな海面だったのだけど、冷たい雨・・・。

さてさて、今日はどうだろうと見てみると、穏やかな海でした。

長浜海岸前で釣っていると、網代からの遊漁船がもっと浅いところで釣っています。

アオリ??  ヒラメ??  五目??

Imgp4581
魚探の68.6はフィートなので約20m

自分もアオリ狙いで少しやってみましたがさっぱりです。

しかし、今日のメインは久しぶりの鬼カサゴ・・・。
ここ3カ月ほど顔を見ていません。
いつもの鬼の根に急ぎます。

あれ?? 遊漁船もウロウロ・・。
これって釣れていない???

そういえば水が澄んでいるけど、こんな時、遊漁船の船長がよく言っていたなーーー。
「今日は澄んでて駄目だーーっ」って・・・。

Imgp4583

鬼の根の1番目はトラギス・・・。

Imgp4586

金魚・・・。(サクラダイかな)

Imgp4587

ウツボ・・・。要らない外道のオンパレードです。

Imgp4590

結局、虎ギス退治に金魚迷惑、ヘビ(ウツボ)退治で今日は終わりました。(笑)

浮遊団や喜び組の方々、アカフォレさんなども来られていたけど、あまり芳しくなかったようです。

しかし、あまりにも単調だったせいか、ネタがこれしかありません。
困った、困った・・・。

年越すにもモー少し何か釣らねば…、

   そーいえば、去年の今頃のブログのタイトルが「クリスマスなのにボーズ」だったな・・。

   なにか嫌な予感がする・・・。(笑)

今日のコースです。

20121216

今までの全コース。

20121216all

2012年12月 8日 (土)

釣りに行けない ブルーな日

2012/12/8 「海快晴」何度かはずれが続いて、12月になりました。さて今週は?と見てみると??

ログイン出来ない・・??  あ、そうか月が変わった、月毎の契約かーー。

と、いうわけで予報が見れない状態でした。

そして今日の朝・・。なーーんだ、うねりもないしバッチリやんかー・・。

Dsc_02480001

しかし、遠くを見るとウサギだらけ・・。

Dsc_02510001_2

近くはうねりはありません。
でも、かなり風は強く、沖へ払い出す波紋が立っています。
なんとなく気も向かないし、沖へ払い出す風は命取り、今日は出ないと決めました。

Dsc_02530001

昼頃、ヨットが練習していたのだけど、転覆・・・。
練習みたいだから、よく転覆してますけど・・・。

Dsc_02570001

風が吹き抜けると凄い波紋・・。
沖へ沖へと吹いてます。

Dsc_02760001

強風の一日でしたが、沖はウサギ、湾内は波紋、変な一日でした。

Dsc_02890001

2012年12月 2日 (日)

~28 + 30 ・・・ (まだ言うかぁ??)

2012/12/1  今日は誕生日釣行です。(あまり騒ぎたくない歳デス。)
前から調べていた風も昼までは問題なく、自分の風邪も復調したようです。
狙いはアオリ & オニカサゴという豪華リレーの釣行の準備をしました。
Img_0612

長浜の駐車場に来たのですが、いつもの土曜日みたく、カヤックもボートもいません。
はてどうしたんだろ? いつもならたくさん来ているのに…。

そう思いながらよく見るとゴムボ発見 !!
なんとカッキーさんとDSKさん、カッキーさんはホビー2人乗りだったのですが、ゴムボに6馬力の船外機で登場です。
今日はヒラメ狙いとのことで、活きアジ積んでの釣行です。

Imgp45080001

DSKさんに撮っていただきました。
準備中です。
相変わらず、道具山盛りのレボ13です。

Imgp45090001

長浜出て、前回いい思いをした25mの長浜海岸前に急ぎます。
この時の海は、さざ波はあるもののうねりもなく良好でした。

何度か餌木を投入後、コンッと当たり・・・。
エイとばかり合わせるのだけど当たりません。
そのうち、少し風が強くなり、パラアンカー投入の釣りになりました。

Imgp45120001

長浜海岸前、2回ほどあたりはあったものの、フッキングには至りません。
仕方ないので定置側に移動です。

この時「ヒューーーーッ」と嫌な音です。
風がかなり強くなってきた、でもまだなんとかやれそうな気配・・・。?

少し出てきたうねりをかわしつつ、定置に近づきながら餌木を投入していきます。

この時点で沖のオニカサゴは完全に断念しました。

そのうちまたもやクンッ、グイーーーッと完全にフッキング。
やったーーー、ボーズ逃れたー、この引きは絶対アオリやーーー。

で、上がってきたのはかなり大きいエソ・・・。
えらの部分にかかったため、暴れることもしないので、アオリのような重さだけの引きになったようです。

思えばこれがこの日の暗いマックス クライマックスですた。(悲)

Imgp451400011
画像はえらの部分が少しエグイ写真なので処理してあります。

この後、うねりもかなり大きくなり、パラアンカー投入も無理な状況・・・。
この時沖方向から帰ってこられたオレンジのバイキングカヤックの方と挨拶をかわしました。
アオリは2つあげたけど、波風強くて退避するとのことです。

(バイキングの方、お疲れ様でした。今後ともよろしくお願いします。)

かなり、迷ったのだけど、自分はそのまま釣り続行です。
ヒューーーッ、ヒューーーッ・・・。
風が強くなるばかり・・。

波に突き進んでいる時は大丈夫だけど、大きな波と強い風を横から受けるとかなりヤバイ状態です。
SIDE KICKの踏ん張りで、なんとかなっている状態になりました。

小雨も降りだし、断念、撤収決定です。

今日のコース

201212010001_2

全てのコース

20121201all0001

撤収したのは10時頃だったでしょうか、その後13時頃は凪の海です。
そして、3時頃かな?ウサギが飛んでる海でした。
かなり難しい日だったようです。

Dsc_02410001

先週、マンボウさんの誕生日釣行記事に「自分も同じだったりして・・」なんて書いていたのがそのまんま再現しました。(笑)

マンボウさんはそれでもアオリ上げていたからいいけど、自分はボーズ・・・。

イカ師匠を抜くのは至難の業かも・・・。

今日、誕生日のプレゼントとして家内が鞄を買ってくれました。
なんでも、自分のパソコンの周りが乱雑だから、これに片付けろという意味のようデス。

でもこんな日のこのプレゼントは違う意味に取れます。

Imgp45260001

釣りの修行・・・、旅に出まつ・・・。

(笑)



今回の釣行記は題名がマンボウさんからのパクリ、
最後の言葉も笑壱師匠からのパクリですた。
ごめん・・(笑)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ