無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« 海底地形図デジタル等深線の入手方法 | トップページ | LOWRANCE リーズナブルな機種に等深線導入 »

2012年10月14日 (日)

赤いの釣れました(笑)

2012/10/13 レボ13になってチョコチョコとは浮いているものの、本来の能力を生かした釣りになっておりません。その訳はSailに慣れていないことや、まだ艇の艤装が満足でなかったことに起因しています。

でも、そろそろそんな釣りがしてみたくなりました。

つまりちょっとだけ深場狙いをしてみようかなということです。

ただ問題が一つあります。電動リール、レオブリッツが故障して修理に出ているのです。
仕方がないので手巻きのリールで勝負です。

そんな訳で色々考えた結果、向かったのは赤根崎沖でした。

Imgp4120


いつもよりは深いところということで、特に何メートルとかの目標はなかったのだけど、なんとなく来たら90mラインまで来てしまいました。
波は静かですが、初めての場所なのでどこがポイントかもわかりません。

Imgp4121

何回か降ろしてみて、反応がなければ移動、これを何度か繰り返し、90mラインで流し始めたところ、クンッと竿先が絞り込まれました。
上がってきたのは「やったーカヤック初の真鯛や~」と一瞬思ったものの、何か変???

青っぽいアイシャドウ無いし、大体サバタンで釣れたっけ??
よーく見ると目と口の間が黄色い・・・。
これってレンコちゃうか??  (あとでレンコとはっきりしました。)

ちょっと小さめだけどダブルです。
実はカヤック始めて1年半になりますが、真鯛系は初めての釣果です。

Imgp4124

もう一度同じ所から流すと、かなり型のいいのが釣れました。

Imgp4127

調子に乗ってもう一度・・・、ガツッ! 十分刺身サイズのイトヨリです。

Imgp4130

と、ここまでは調子が良かった。
釣れていると、手巻きのゴリゴリのしんどさも、腕が痛いなと思いつつも、そんなに気にはなりません。
しかし、いったん釣れなくなるとやはり重い・・・。
考えれば、100m近い上げ下げなんて、電動リール持っていなかった頃のアジ釣りにまでさかのぼります。
群れがいなくなったのか、レンコの釣れていたところもこの後当たりが無くなりました。

そうなればここはやはりオニカサゴの尾根しかありません。

赤根崎から反対側の網代まで大移動です。
しかし、潮が止まったのか、ここも当たりがありません。
60mの深さの上げ下げが延々繰り返されます。
そのうち妙に重いだけの当たり?がありました。
重いけど上がってくる・・・。
これは以前、ここでタコを釣った時と同じ感覚だ・・・。
なんだか水の入ったバケツを引張りあげている感じ・・・。
重い石のようにも感じる・・・。

上げてみると・・・まんま・・石だった。(笑)

石に着いたカキの殻に針が絡んでる・・。
タコの感覚って言ったのは誰なんだョー。(笑)

Imgp4133

この後網代側に行って釣ってみましたが、まったく釣れません。
ただびっくりしたのは、魚のボイルです。
網代の防波堤からバチャバチャ大きな音がします。
見ると防波堤の下がボイルで白くなっています。
おそらくイワシか何かがイナダクラスに追われて逃げ場がなく、海面で跳ねているようです。
防波堤の端から端まで真っ白だからかなりの量です。
上からはカモメが襲っているし、食われる側はたまったもんじゃない状態・・・。

こんなのが生簀側でも発生、ものすごい量の魚が入っていそうです。
生簀前では近くにいたのですが、ルアーを持っていないので、サバタン降ろすも反応なし・・・。

どうやらここまでとお昼には長浜へ帰ることにしました。
帰りは帆走です。風が少し弱いので、のんびりした帰りとなりました。
ここまで、ずっと足漕ぎだったので、これは助かります。

Renko01

今回のコース。

Renko02

全体のコース

大きいレンコとイトヨリは霜皮造りでいただきました。
レンコは真鯛のコリコリ感はないものの旨みがありますね。
イトヨリは今まで刺身したことはありますが、皮を取るのが結構大変だった。
その点、霜皮造りは楽だし、美味い・・。
このやり方がちょうどかもしれません。

小さなレンコは塩焼きの楽しみです。

Imgp41410001
しかしなー、脇と脚全体がだるい・・・。(笑)
久々の筋肉痛や・・・。

« 海底地形図デジタル等深線の入手方法 | トップページ | LOWRANCE リーズナブルな機種に等深線導入 »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

umeさん、おはようございます。
ポイント開拓はわくわくして楽しいですよね。
レンコ鯛にイトヨリ、いい釣りですね。
真鯛もサバタンは問題なしだと思いますよ。

ところで、セーリングですがカヤックにはセンターボードってついているんでしょうか。
基本的にローボートなので不要かと思っていたのですが。

私のブログにコメントを下さる方から紹介がありましたので、umeさんは
ご存知かもしれませんが、とりあえずご紹介まで。長崎のシーカヤックの
猛者さんらしいです。
http://blogs.yahoo.co.jp/otuu/54895486.html

こんにちは!のりべんです。

改めましてお疲れ様でした!
『90mラインで流し始めたところ、クンッと竿先が絞り込まれました。』
イイですね!この深さにこの反応。この深さで何が来たのか、
ときめきますよね!
(赤根崎の沖90mはまだ行ったことありません。経験は70mぐらいでしょうか。)

石、のりべんも良くありますよ~( ´艸`)
そうです。タコと思っちゃいますよね。
以前、サンゴが付いていたものがあり、早速水槽に入れました。小さくなりましたが、まだどっこい生きてます(^-^;
こういう展開もまた、面白いと感じます…。病みつきですね(^^)/

五目漁師さん、こんにちわ
真鯛、サバタンオッケーですか? 知らなかったーー。(笑)

ご質問のセンターボードの件ですが、単独でのセンターボードはありません。ただし、このカヤックのメーカーはホビーキャットというところでして、ヨットをかなり作っているところのようです。
純粋のカヤックとは言えない足漕ぎカヤックなのですが、この足漕ぎ、ミラージュドライブといいます。これがセンターボードの代わりをするということで、特許を取っているそうです。
自分の乗っているカヤックの上の大きさになるとミラージュドライブ以外にセンターボードも付くようです。
まぁ、本格的なヨットとは言えない、おまけのようなものでしょう。
http://www.hobiecat.com/kayaks/mirage/revolution-13/

紹介のブログ拝見させていただきます。
ありがとうございました。

のりべんさん、こんにちわ
えーーっ、手漕ぎボートで70m行っちゃったの? お客さん、そりゃああんまりだよーー。(笑)
十分のりべんさんは猛者のたぐいです。(笑)

しかしサンゴが付いてくるたぁ、いいモン釣りましたね。
今度いいモン釣ったら連絡しましょう。(笑)

いい釣果ですねー。レンコ鯛って釣ったことないです。赤根崎の沖合ですかぁ… 行動範囲がすごくひろがりましたね。網代湾を軌跡で埋め尽くす日もそう遠くはないですねw

Fishboneさん、こんばんわ
レンコうれしかったですよ。初めてだし、それに何つったって鯛デスからね。霜皮造りはおいしく食べれましたが、それより塩焼きがめっちゃ美味かった。自分が刺身より美味いというのはなかなかないですよ。刺身も美味いんですけどね。
これからも風と波と相談しながら、新しいポイント探していきたいですね。ちょっとアイデアがあって仕掛けをいじくるつもりです。何が釣れるか、早く行きたいのだけど、ポチポチやっていきますわ。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤いの釣れました(笑):

« 海底地形図デジタル等深線の入手方法 | トップページ | LOWRANCE リーズナブルな機種に等深線導入 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ