無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« なんだかな・・・ | トップページ | 赤いの釣れました(笑) »

2012年10月11日 (木)

海底地形図デジタル等深線の入手方法

2012/10/11 さてと海岸線がSHAPEファイルで書けたとなると、これに等深線を入れて、さらに役立つデータにしたいものです。

残念ながら、等深線を無料で手に入れる術は今のところ見つけてないので、購入するしかありません。

今回はSHAPEファイルの等深線データの販売先を紹介します。

まずはテラ 株式会社です。この中の海底地形ファイルの中にSHAPEファイルの紹介が載っています。

Toushin01

発行海域です。基本的に日本水路協会の海底地形図(紙版)と同じ海域のようです。

Toushin02

海底地形ファイル価格表はこちらですがリーズナブルかなと思います。
自分が購入したのもここからでした。


Toushin03

セット販売というのがあって、更に安く買えるようです。

Toushin04

日本水路協会の海図ネットショップもあります。

Toushin05

海底地形デジタルデータというカテゴリがあり、M7000シリーズ海域区分図M5000シリーズ海域区分図があります。

Toushin06

M7000シリーズの区分図です。かなり大きな区分となっています。

Toushin07

M7000価格表です。かなり高いが、広い海域を欲しい方、テラ株式会社で販売してない区域はこれに頼るしかないです。

Toushin10

関東南部はこんな感じのようです。

Toushin09

M5000シリーズ海域区分図です。

Toushin08

M5000価格表です。内容的にはM7000の一部を切り出したもので、等深線の細かさは同じです。

Toushin11_3

個人的に興味深いのが、M5001 Ver.2.0 伊豆半島南東沖です。
この海域は紙の海底地形図も販売されていない区域なのです。
何故なんかな???

Toushin12

次回「海底地形図」カテゴリはいよいよ等深線取り込みです。
自分が今持っている、テラ株式会社の7T4B0001 関東相模湾、7T4B0002 関東相模湾北西部で紹介します。

« なんだかな・・・ | トップページ | 赤いの釣れました(笑) »

海底地形図」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!のりべんです。

今回も詳細かつ貴重な情報、ありがとうございます!
陸上の地図も大事ですが、ボート、カヤックフィッシングはやはり海図、海底地形図が欲しいところです(^O^)
しかし、微妙〜な金額です、6300円。もっと細かいグリット(1m間隔が理想ですよね!)迷わないと思うんですが…。いとうのボートが2回乗れちゃうな、と思ってしまいました(^_^;)

のりべんさん、こんばんわ
1m間隔の等深線あったらいいけど、干満の差とか考えると難しいでしょうね。(笑)
LowranceのHDSだったら40cm間隔でデータ取れるのだけど、嘘のデータも混じるので鵜呑みにはしていません。
結局、GPS魚探も道具ですから、最後は使う人の技術が物を言うのだと思います。
そういう意味だと、海岸線だけでもよかったり、10m間隔の等深線でも充分だったりとするのではないでしょうか?
しかし安い方がいいですね。(笑)

umeさん、こんにちは。
私の最新のブログ記事にumeさんの例のナブラの記事を
勝手にリンクさせていただきました。
ご了解をよろしくお願いします。

こんにちわ.五目漁師さん
リンクありがとうございます。
伊東がメインですか.カイワリなど魅力がある魚がいるみたいですね。
カヤックではまだ釣ったことがありません。
いつか網代で釣りたいです。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海底地形図デジタル等深線の入手方法:

« なんだかな・・・ | トップページ | 赤いの釣れました(笑) »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ