無料ブログはココログ

リンク

リンク集

PV(ページビュー)

« LOWRANCE ホームページ 大改訂 !! | トップページ | ちょっとだけ艤装・・ (小改造デス) »

2012年10月 6日 (土)

LOWRANCE リーズナブルな機種に海岸線導入 1

2012/10/20 追記

機種によってはこのやり方で表示されない場合があります。
その場合
LOWRANCE リーズナブルな機種に海岸線導入 2に訂正版を載せていますのでその方法で作成願います。

2012/10/5 では前回予告どおり、 リーズナブルな機種に海岸・等深線を入れる方法について始めてみましょう。

追記 2012/10/6 9:05
リーズナブルとはHDSシリーズ以外のGPS魚探を指します。
具体的な機種を上げるとElite Series、Mark SeriesのGPS魚探です。


やり方としては2段階あります。

   ①海岸線など地形図をダウンロードして導入する。

   ②1で導入した海岸線に購入した等深線を追加する。

①は無料で出来ます。 スーパーショアラインという主に湖岸線を描いた地図がLORANCE用にありますが、大体そんなレベルだと思えばいいかなと思います。

②は更に細かく表示がされる、購入した等深線を追加する方法です。等深線が入ることによって、どう変化していくか予測を立てながらポイントを探せることになります。等深線データは6,300円位から購入することが出来ます。

①海岸線など地形図をダウンロードして導入する。

利用するのは国土交通省の国土数値情報ダウンロードサービス(無料)です。
詳細は次回ブログにて書きますが、まずは結果を見せたほうが手っ取り早いかなと思います。

LORANCEのホームページからダウンロードしたEmulatorでのデモ機にデータを入れてみてみます。
左からI-Finder Pro、m-56、m-68、LMS-332c
I-Finder Proは携帯用、m-56、m-68はそれぞれElite-4クラスの白黒とカラー、LMS-332cは現在のHDS相当になります。入れた海岸線は網代湾周辺を表示しています。
Emu_ifin_01_3 Emu_m56_01_6 Emu_m68_01_2 Emu_lms332c_01_3
この海岸線の地図は40kmレンジから、LORANCEの大雑把な地図から切り替わり、50mレンジまでズームアップできます。

使い方としては海岸線を加工して.lcmファイルというLORANCE専用のファイル形式にしてSDまたはマイクロSDカードに入れ、本体に入れるだけです。

そして、ここで今回の目玉!! ガチャガチャ書く前にサンプル海岸線のデータファイルを上げておきます。

サンプルとは言いながらも、関東のかなりメインな部分を分割して入れてありますので、細かいことを気にしなければ十分実用になるものです。

サンプル海岸線の範囲
Shizuoka_chiba02

ダウンロードコーナー

注意事項
「bousou.zip」「bousou_00.zip」と2種類のファイルがダウンロードできますが、いずれもzip形式で圧縮してありますので解凍して使ってください。

「bousou.zip」と00が付かないファイルはGPSMapEdit1.1でパソコンで見たり、編集、ファイル形式を変換することが出来るファイルですが、このままではLORANCEのGPS魚探には入れることができません。.lcmファイルに変換する必要があります。しかし、次回テーマの等深線を追加する場合は一から制作するか、このファイルを使用するかどちらかとなり、後述の.lcmファイルは使うことができません。

「bousou_00.zip」と00が付くファイルは解凍すると.lcmファイルとなります。そのままSDまたはマイクロSDカードに入れてLORANCEのGPS魚探に入れると、即使えます。しかしパソコンではGPSMapEdit1.1を使っても見ることができません。ただし、LORANCEのEmulatorをダウンロードしてその中に取り込めばデモ機を通して見ることが出来ます。(格納場所はC:\Program Files (x86)\Lowrance Electronics\Unit Demo\Maps0)  等深線を追加したい場合は.lcmファイルでは出来ません。上記の00の付かないファイルを使用してください。

以上ですが、ダウンロード及び実機への組み込みなど自己責任にてお願いします。

Bousou
「bousou.zip」をダウンロード
「bousou_00.zip」をダウンロード
Tokyowan
「tokyowan..zip」をダウンロード
「tokyowan_00.zip」をダウンロード
Sagamiwan
「sagamiwan.zip」をダウンロード
「sagamiwan_00.zip」をダウンロード
Surugawan
「surugawantoubu.zip」をダウンロード
「surugawantoubu_00.zip」をダウンロード

次回「海底地形図」カテゴリでは、ダウンロードの範囲では無かったり、オリジナルを作りたい方に、海岸線の切り出し方法詳細を載せたいと思います。

« LOWRANCE ホームページ 大改訂 !! | トップページ | ちょっとだけ艤装・・ (小改造デス) »

海底地形図」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!のりべんです。

LOWRANCE リーズナブルな機種シリーズ開始、ですね!!
メモメモ・・・プリントアウトですφ(・_・ )

iphoneのアプリで、GPSはDIYGPS、そして先日リリースされたiphone版ボート釣りナビを使っているのですが、最初に自分で地図をいれる、という事が共通しています。そうするとここでの操作が、精度を決定するひとつのポイントカモ・・・と思いました。面白いです!

「sagamiwan.zip」、もちろんダウンロードさせていただきました(^-^)/

こんばんわ、のりべんさん
今、海岸線導入 2を作ってますが苦戦中です。(笑)
いやー、かなり長いブログになりそうで心配です。
この3日連休は思い通りにいかない休みです。

土曜日は艤装で終わり、今日こそはと思っていたのだけど、荒れた天候で出られず仕舞い・・。
おかげで、ブログは進んでいるのだけどね。

明日はどうなることやら・・。(笑)

はじめまして。michigan3104ともうします。自作地図の読み込みが可能という記事に感動してUSにてElite 4を購入し、相模湾などのデータをダウンロードさせていただきました。が、、、うまく地図の表示が表示できないでいます。SDカードのルートディレクトリーに相模湾の保存しました(ファイル管理が面にはファイルが表示されます)。ファイルの置き方や、魚探側でのチャートの選択メニューなどがあるのでしょうか?なにせITものには弱く、さらに初めての魚探購入ということもあって四苦八苦しており、お力添えいただけますと幸いです。

michigan3104さん、こんにちわ
ダウンロードしたのは相模湾の海岸線データですか?
もしそうなら、海岸線データはすべてzipファイルという圧縮ファイルになっています。SDカードに入れる前に、zipファイルを解凍しなければなりません。
相模湾の海岸線データのzipファイルをWクリックすると解凍が始まりますが、始まらない場合は解凍するプログラムをパソコンに入れてください。
解凍して相模湾の海岸線データのslgファイルができれば、それをSDカードに入れてください。そうすれば見ることができます。
もしできないようならまた連絡ください。

ありがとうございます。zipは解凍して.lcmという拡張子のファイル(slgファイルというのはこのファイルですよね)を保存しました。ファイル管理画面で確認すると文字化けしていたので、半角英数のファイル名にも変えたりしてみましたがダメでした。
関係しているかもしれない現象として、東京湾付近にカーソルを持って行き100kmスケールよりもズームインすると、途端に画面全体がカーキー色一色(グローバルマップの陸地の色)になってしまい以降いくらズームしようが、カーソルをハワイ位まで移動させても海の色にならず、カーキー色一色のままです。再度100kmスケールよりも小さい表示までズームアウトさせると直り、遥か彼方まで移動させていたのがわかるような状況です。北米エリアで拡大する分には正しく表示されます。

michigan3104さん、おはようございます。

そうですか、zipファイルでは無かったのですね。
それとlcmファイルとslgファイルを言い間違っていました。すみませんでした。
ファイル名は日本語でも大丈夫です。自分もダウンロードしてみましたが正しく読めました。文字化けがなんでなるのかがわかりません。ちょっとこの辺が疑問ですね。それと100km位から色が変わるということですが、このあたりのズーム範囲から地図が変更されるのです。
つまり簡単な世界地図がLowranceには最初から入っています。最初は出来るだけズームダウンして自分が新しい地図を入れた範囲に位置合わせしてからズームアップします。今回海に照準を合わせてズームアップすると等深線が入っていないのでズームアップしすぎると何も映らなくなります。海岸線がありそうな位置にあわせてズームアップしてください。
もしそれでも見つからない場合は、ブログの最初に書いていた以下の部分が関係しているかもしれません。
港湾データが映らなくしているのです。
以下はこのブログからのコピーです。

「2012/10/20 追記

機種によってはこのやり方で表示されない場合があります。
その場合LOWRANCE リーズナブルな機種に海岸線導入 2に訂正版を載せていますのでその方法で作成願います。」

とりあえず、正確な海岸線の位置で拡大して見えるかやってみてください。色が変わるというのは地図が切り替わっているからと思えるので、地図は読み込まれていると思えるのです。
それでも駄目な場合はブログの訂正部分に沿って入れるしかないのだけど、やれそうでなければまた相談に乗ります。

以上、連絡待っています。

なんどもすみません。
カードを挿入しなくても、北米以外の地域で100kmスケール以上までズームするとカーキー色一色になります。海の上でも、境界でも、陸地でも同様に一色になってしまいます。一色になった以降はいくらカーソルを動かしてもカーキー色地帯から抜け出せません。
また、ファイル名称を半角英数にしてカードを入れると、それっぽいところに四角い線が現れました(一歩前進!)。それっぽいというのは、房総のデータを入れても、相模湾のデータを入れても、もう少し広いエリアを囲む四角です。ただし、そこの中に移動して拡大していっても100kmスケール以上はカーキー色はかわらず、頂いた地図の表示ができませんでした。
MapEditも有料になっているようなので、同様の機能を持っているように思えたDrDepthのライセンス購入をしました(まだキーを待っている状況ですが)。
もう少し苦戦してみますので。。。また相談に乗って下さい。

michigan3104さん、おはようございます。
仕事が遅かったので朝になりました。
そうですか、うまくいかないようだと、やはり港湾データが効いているのではと思えます。それならば最初から港湾データを抜いた海岸線にしなければ駄目かなと思います。
mapeditが有料という話ですが、以前からフルバージョンは有料じゃあなかったかな?無料の限定バージョンは今でもあると思います。
もし探せなかったらこのブログのコメントに再度来ていただき、メールアドレス欄にメールアドレス記入ください。こちらからmapeditを送りますし、それでもうまくいかない場合は、港湾データ抜きのものを送ります。
Dr,Depth購入はしましたか?
このソフトはデータを残せるHDS以上のシリーズとその旧型でのみしか使えません。Elite 4は水深データを記録していく機能が無いので使えないと思います。
Dr,Depthとmapeditは同じ使い方が出来ない、どちらも別の役割で使うものですから・・・。
今後HDS等を購入すればDr,Depthは強力なツールになります。
とにかくメールアドレスを入れてください。
そうすればサポートできます。
よろしくお願いします。

ありがとうございます。あれれ、間違ったものを買ってしまいましたか。。。シェープデータは読み込めそうなので使えるかな?って思ったのですがだめなんですね。どうりでうまく読み込めない(読み込むとDRDファイルになるんだけど、それを開くとこんがらがった線が表示される)。

MapEdit無償でも使えるんですね、おかげさまでインストールできました。ブログの手順にそって1から港湾データ抜きで作成してみましたが、症状は同じでした(四角い枠までは表示できますが、日本のエリアで100km以下のスケールまで拡大すると地面の色一色になってしまう)。US国内で販売されている機種は他国では使えない使用になっているような気がしてきました。購入前にLowranceのサポートには確認して、HDSシリーズ以外はGeoFanceはかかっていないと聞いていたのですが、、、。日本に帰国してからHDSを購入し直そうかなと考え始めています。私の作成した地図もチェックして頂けると助かるので、ぜひメールください(というか毎回メールアドレス記入してるんだけどな)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LOWRANCE リーズナブルな機種に海岸線導入 1:

« LOWRANCE ホームページ 大改訂 !! | トップページ | ちょっとだけ艤装・・ (小改造デス) »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ